常夏ならば振り向くかも

語り部である私が提供する、今そこにあるチープでホットな噺の数々を口承するブログ。一話解決を目指して今日も喋ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

炎の転校生

2006年10月31日 | 『光源Xを探れ』 殿(私)の見物検証記
プールから上がると採暖室がある。
サウナのようでサウナではない、濡れた体を乾かし温めるだけのものだ。
休憩時間の間ぞろぞろ入室していく。私もその一人だ。

この間ある人と同室になった。
その人入ってくるなり
「フン!フン!」と屈伸運動を始めた。
その中ではおとなしく座っているのが通常なのだが、立ったり座ったりのストレッチを始めたからみんな驚いた。
室内は少なかったのでそこまで迷惑ではないが、全員その方が気になりチラ見する。

隅っこで足をがばっと開脚して座り、前屈を始めた。見事とというしかない。
「フン!フン!」少し上機嫌だ。
続いて座りながらのY字バランスにと移った。
「フ…フン!フ…フン!」見事までのY字!良くぞ曲がり綺麗なものだ。
オジサンの顔は、せんだみつおに似ている。
体のほうはなかなかのマッスル体系といったところだ。こういう人はブーメランパンツ愛好が多い。

更にハッと気づいた。
汗の量が凄い。室内の温度はじわっと汗が出るくらいなのに、そのオジサンの周りは水溜りが出来始めている。

今度は立ち上がった。こちら側にケツを向けてアキレス腱伸ばしが始まった。吐息は更に激しくなる。
「フッフッフー、フッフッフー」上機嫌なのが少しムカついた。
部屋から二人去った。気持ちは分かる。

まだ休憩時間は終わらないし、やることが無いからぼっとしていると、オジサンは次の段階へと進んだ。
足と手を広げて体を壁に向ける。首をうなだれるように壁につける。どうやら背筋と尻を鍛える気だ(多分)。膝のニーバックは完璧だ。

「フッ!ハァー、フッ!ハァー!」
汗の池は更に増水。私は座っているだけなのだが暑く感じる。これもオジサンによるものに違いない。

ここで一人が部屋を出て、ついにせんだみつお似のフッ!フッ!おじさんと二人っきりになってしまった。

ここで私は次にくる動作を考えてみた。
直ぐに予想はつく。

入室してくるなり独特の雰囲気があった。皆気にはなっていたが、どこかとっつきにくい存在だった。
ストレッチとY字バランスは見事だった。こんな才能があったのかと皆が褒めた。
だがアキレス腱伸ばしになって事態は変る。調子に乗りすぎて見向きもされなくなる。現に同室の方々は去っている。そして壁にうな垂れる。即ちスランプだ。
背を向けるのは弱さを見せてくれたに違いない。
ハッ
こ、これは

初心(ウブ)な転校生が恋していくパターンじゃないか!

仕方ないとはいえ私は傍観していた。始めはただの珍しいもの見たさだった。しかしある時から好奇心は変り…

ええっ!!!

そして次に来るお決まりのシーンといえばっ!!





人が出逢いと別れを重ねるのは長い人生多く訪れる。
また同じく、勝手に求愛と勘違いする機会も非常に多く訪れる。

せんだみつお
1947年7月29日生。主に自虐ネタを使うタレント。
近年では自分を持ち上げるネタも使う。代表作「ナハッナハッ」「せんだ偉い、せんだ偉い」
コメント (2)

トラトラトラ

2006年10月27日 | 『半落ち』 トラ練のお題に答える
あなたの「無駄遣い」教えてください(10月20日)
http://blog.goo.ne.jp/themesalon/e/34bc756a3539cb673c86d6331bd855ff


教えない教えない 教えないよ!



あっそうだな。未だに気に入った財布を持っていないね。
そこをちゃんとせずに、どうでもいいので妥協しているのが無駄遣いかもしれないな。



教えてるジャン!(ユンソナ)

♪くるーま うるならー りーあっぷ
コメント

どん底の次は前のどん底ではないっす

2006年10月26日 | 『今そこにある既知』 今これが言いたい
今日は自分のことから日記を導入していこう。

 私は4月に手痛い決断をしてから市役所試験を受けていた。それも9月まで失敗の連続で結果として駄目だった。それから民間企業を受けるべく各種書類を作り提出。就職支援セミナーに行ったりしている。

 近況は本当に最悪の事態で、もう受けれるだけ受けなきゃならんという気持ちの反面、これまでの進路方面と外れたことに戸惑いの毎日である。
枕を高くして寝られなく、寝ても冷め、不安で疲労感が抜けない状態だ。とはいっても社会で働いている人達はもっと苦しいのだから、こんなことでめげてはいけないと言い聞かせて、何とかしている。

悩み疲れたときににある本を思い出す。

「僕らはみんな生きている 18歳で記憶を無くした青年の手記」
 バイク事故で記憶を殆んどなくし、読み書きですら出来なくなった坪倉優介が仕事をするまで綴った本である。本書冒頭から平仮名の幼稚な文が続き、本当に自分が何者かも分からない時というのはこういう状態なのかと、分かりえない世界を観ることが出来る。
 自分の行動だけではなく家族や周りの人達がする行動に「何で?何でそうしなくてはならないの」という問いが多い。理屈を述べて答えても同じ繰り返しが続く。二度も養育しなくてはならない親の気持ちはとても苦しいものの。性格こそまで変った坪倉優介を支えたのは、かつて事故にあうまでの自分が残した進路のみだった。
 私はこの本で特化した能力でなくても食べること物を買うこと、人と喋ることなど当たり前に積み重ねてきた能力というのは、大切なのだなと思った。日頃自分に対して感謝をすることは無いが、当たり前のものに感謝する気持ちは忘れてはならないと誓う本となった。
 
 毎日テレビではいじめの事件が繰り返し報道されている。いじめはする方にもされる方にも問題があるという理屈は絶対に通らない。それと死にたいと思うのは勝手だが、やはり生きてみなきゃいつまでたっても悔しいので駄目だ。それが苦で学校を辞めるケースもある。嫌なら筋を通して相談して辞めてもいい。若いからドロップアウトするのは苦しいが、いい年齢をして仕事を辞めてからの方がもっと苦しい。その年齢のくせにそうなのぉ~ってバカにされて、擁護してくれる声も皆無だというのが苦しいのだ。
 私は今の日本、小中高校生が学業を満了するのを1、2年遅れてもいいと思っている。そのような救済制度があればいいかなと最近の報道と、私の近況を重ねて考えたりしているのだ。
コメント

あなただけよ

2006年10月24日 | 『今そこにある既知』 今これが言いたい
テレビやラジオを朝方までつけていると「緊急警報放送の試験中です」という画面に切り替わることがある。同じくピロピロピロと電子音が流れる。
皆さんこれ知ってますか?

災害や武力攻撃に対して政府が危険を察知した時に、市民に対しての警告手段として使われる。具体的にはテレビやラジオに緊急警報放送受信機を設置していれば、このピロピロ電子音と共にテレビやラジオがつくというものである。

いやはや実をいうと緊急警報放送の試験中を勘違いしていた時期があった。
深夜帯に行われるので(NHKでは電子音を毎月1日昼に流している)、国内にいるスパイか宇宙人への伝言だろうと思っていた。

漫画「マスターキートン」では突発的な事故が英国で発生した時に、国内外にいるエージェント達を招集するためにテレビ放送を通じて、暗号めいた放送を流すと描かれていた。この本自体がフィクションのようなノンフィクションのような所があるのでどうとも考えれるのだが、この内容は私の中の都市伝説として位置付けされてある。

普段何気もない映像だけれども、ある特定の人物を呼び出す為に、深い意味を投げかけている映像もあるかも。
そんなことを考えながら今日は終わる。
コメント (6)

サイクリング

2006年10月22日 | 『今そこにある既知』 今これが言いたい
東京都北区、岩渕水門の辺りまで自転車を走らせた。
キャスティングの練習を一先ず終えて、ベトナムコーヒーで一息つく。
寒い体がジワジワと温まりだしたのだろう、か少し眠くなった。
原因もう一つある。
昨夜、気になっていた古服の選別をしていた。サイズが合わない物の中に以前、京都の土産ということで貰ったTシャツが出てきた。
捨てるに捨てられないし、何処ぞの奴にあげて祟られては忍びない。物をバシバシ棄てるのが好きな私だが、流石にこれには困った。
それよりも書かれているロゴがどこか良いのだ。
布団に入ったものの、どうやって有効に使おうかと頭を悩ませ、これだ!と閃いてからは夢中で作業に徹した。だから眠い。
出来上がったのは釣竿袋だ。縫い目は…男縫い。可憐さはちっともない。
コーヒーを味わいながら、少し思い出に浸った。
コメント

波浪注意報 ①

2006年10月19日 | 『ハゼラvsコワッパ』 大懐柔銚場決戦

こんな父と息子のやり取りが世界にまだある事を夢見て…

一方日本、東京湾の傍では

「今週のジャンプ(=週刊少年ジャンプ)、ONE PIECEやってなかったし!超萎える!」
「ほんとだよぉ!」
「まったくなぁーw」

これが現実です…。


〈登場キャラ〉
殿でいい
このブログの管理人。街を練り歩く際はあくまでお忍びを貫いているものの、所々で留まってトークするので目立つ。声変わりが中途半端に終わったのがコンプレックス。好きな雑誌は「BE-PAL」

KANJI
殿でいいとは高校3年生からのトーク仲間。夏に病気で倒れたものの闘病を乗り越え最近退院。アパートには猫が住み着いており何時食おうかと模索中。お前は『アルフ』かよっ。好きな雑誌は「B.L.T」

まっさん
高校の部活仲間。謎のリュックサックを愛用しており、私達の前で渋らず中身をご開帳するのは幾年に一回あるかないか。そして謎のCD-Rをたまに渡してくれる。漬物が嫌い。好きな雑誌は「クリエイト」


この日記にも時折出てくる二人を交えて遊びに行くことにしました。
その場所は再び若洲海浜公園。東京湾、新木場駅の近くにある公園。ちょっと行けばお台場や東京ビックサイトが近いです。まっさんは夏と冬にビックサイトに行くので到着するなりニコニコしてました。そんなに可愛くはありません。

「えーと、これからハゼ釣りをしたいと思います」
「いいんだけど俺、初心気味な釣り者よ」
「おれもおれも!」
「まっさん!初心気味な釣り者っていう言葉は、大変固っ苦しいですよ。素人というのが今の流行な言い方です。」
「KANJIは一度ハゼ釣りを一緒にしたんだから、仕掛けとか諸々は自分でやれ

それからまっさんの準備を終えて、KANJIの方も拝見していたら

「殿!これぐにょぐにょ動くんだけど…」
イソメだからね~口に牙みたいなのあるしね~」





「え!?」
「ん!?どした?」
「お、おまえ…、イソメ触れないの!?」
「つけたことないし…そもそも虫自体苦手だし

世の女性達よ!『男=ワイルドして、男=虫ヘッチャラ』という構図、決してないからな!

「俺も餌虫にはトラウマがあって、苦手っすよ」
「Traumaって浜崎あゆみかよっ!」
「また懐かしい曲を…」
「知らん」


↓つづく
コメント

波浪注意報 ②

2006年10月19日 | 『ハゼラvsコワッパ』 大懐柔銚場決戦
二人とも虫嫌いなこともあって、虫が果たす自然界の役割を説いてあげました。
餌を付ける見本と竿の投げ方をレクチャーしてから
早速、勝負が始まります。

「まったくトークも長いことながら、ようやく始まりだよ」
「天ぷら、焼き魚をする用意が出来ているから、大いに釣ってくれ!」

開始直ぐ
「あれ!まっさん!なんかきてるんじゃないのっ!!」
きたっぽい
「引っ張るのか!?はっきりしろっ!」
「つうか…なんというか…地球が釣れた!!」

地球
世界規模で環境活動が進められている中、ゴミ問題も依然として深刻とのこと。釣り場では自分達のゴミだけでなく、周りのゴミも拾ってあげましょう。

「ち、ちきゅう!?」
「要は底に引っかかったということ、とれねぇーや」

うわっ
「どうした!?」
スポーンと飛んでいってしまった…」
「スッポーンじゃなくスポーンなのね!どれどれ」

この時私は、まっさんの方に集中していたのでKANJIの方には目がいってませんでした。仕掛けをうまく遠くに飛ばせたことかなと思い、急いで近寄ると
竿が短くなっていました。釣り糸は手前の海底へと続いております。


「なんじゃこれ…」
「竿の先が飛んでいっちゃったよ。」

「あ」
「こんどこそ!」
「殿~、地球が~、つうか取れねー」

↓つづく…
コメント

波浪注意報 ③

2006年10月19日 | 『ハゼラvsコワッパ』 大懐柔銚場決戦
それからしばらくして

「あーそうかなるほどな。投げる時は人差し指で糸を抑えて、こうか
「そうそう!こううまいうまい!」
「引き上げる時は、リールを巻いては引き!巻いては引きをしながらね。竿を下に倒したまま巻くと、海底を引きずったまま戻ってくるからさ


「さて俺もやり始めるかっ!あれ」



気にしなくていいよ…


竿は半分だけ残り、それだけでチャレンジしようとしたものの、今度は投げた早々
糸がぶち切れて仕掛けだけが飛んでいってしまったKANJI
やっぱ安物だと…
をただ繰り返していた。その姿はとても悲しかった。

兵共が夢の跡(使い方は間違っています
あまりの儚さに私の心を痛めた。
そこで彼が満足するように、値を張る新品の竿を勧める事にした。

「…」


↓つづく
コメント

波浪注意報 ④

2006年10月19日 | 『ハゼラvsコワッパ』 大懐柔銚場決戦
2時半から始めて1時間以上が経ったのにピクリとも当たりがこない。
釣れるのはよく分からない貝殻に、捨てられた仕掛け、ヘドロの類。

どれもこれも魚屋で並んでないものばかり。周囲の方達も似たような状況。さあどうする!?


「こないなぁ~今日は駄目なのかなぁ~。駄目ってことは無いと思うんだけどなぁ~。でも流石にここまできたらなぁ~
もう、殿でいい思考回路はパニック状態。CPUはペンティアムに到底及びません。

「まっさん、どう思うよ?」



「KANJIさん餌つけて」
「いや俺も…苦手だ」
「ニュロニョロ動いてさ挟まんないのね」
「ひゃっ!こいつら暴れるからね」

またかよ

「貸してみろ!こうやって針の形通して、垂らしてあげると…」
ここで私思うことがありまして一言
「お前らさ~今、俺のこと残酷な奴だと映ってない!?」
「いやいやいや!立派ですよワイルドですよ
「ほんとかなぁ~何の気なしにイソメをするすると針に通して、付いていた古い餌を胴体指でぶった切って海に捨てたんだぜ」

振り返ってみれば怖いこと言っていたんだなぁ。
すんません。感謝しています。イソメさん


⑤につづけ↓
コメント

波浪注意報 ⑤

2006年10月19日 | 『ハゼラvsコワッパ』 大懐柔銚場決戦
陽が東に沈み出してきたので、そろそろ打ち切りにする事にしました。

「ま、やってもあと10分くらいだね」
「いい夕焼けだな~」

「そうだ、まっさんに俺のハットを被らせれば、どうだ」
「おっ!しかも上下ともデニム生地だから、なんかEDWINですね」
「ブラットピットとは無理してもならないが、カナダとかそっちでの釣りの感じが出ていいねぇ」






こうして大半を喋りと餌付けに費やした釣りは終わりました。
釣果は0。釣れればハマルものですが
玄人でない我々は釣れなければ飽きてしまうものです。
帰り道あまりの期待はずれに、3人で意味も無く笑ってしまいました。
採れなくてもオチとしてはこんなんでいい気がします。

とりあえず
KANJIは新しい釣竿買ってください。
まっさんは、ちゃんと家族へ釣りに行くことを告げてから来て下さい。

水・光・風・人・愛。
この地球での幾万の出会い、幾千の縁に感謝して
今日もまた千夜釣行。

(パクリ
コメント