ハレ時々ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズの平良拳太郎投手の復活を願いながらベイスターズを応援しています。

10/17 ベイスターズvsスワローズ@ハマスタ 普通に負け

2021-10-17 22:47:16 | ベイスターズ
最悪の負けではないし、なんというか実力差があるから仕方ないな、にっこりという試合でした。
まず京山投手。悪くないけれどこれで満足していいのか?という感じ。
もうちょっとやれると思うからこそ中途半端に感じる。悪くないけれど良くもない。
とはいえ大卒1年目と同じ年齢ですからこれからでしょう。
期待値は高いので頑張ってほしいですね。
ただ同じ年齢とはいえ一年目と複数年プロでやってきたのでは違いがある。
そのアドバンテージをもっと見せつけて欲しいな。大卒だったら競合ドラ1間違いなし!という感じの雰囲気が欲しい。
1点取り返したらすぐ失点を繰り返す投球は見ていて残念でした。
1点で防いだね、なんて満足しないで欲しい。



それからプロ入り初安打。おめでとうございます!
というか初安打なんだとビックりした。
結構な打席立っていたのに初なんだ。
もしエースになりたいならば自援護は必須かなと思う。そこは要改善。
ベイスターズのキャッチャーが打てるようになるのはもうずっと先だと思うから、ピッチャーが頑張らなきゃダメです。
そうキャッチャー。
最近の戸柱選手は打てていると思うけれど、将来のことも考えて山本選手と併用するのは納得。
ただ打撃はもうちょっと何とかしたい。
誰かのツイートでキャッチャーは山本選手が台頭してきてとあるのを見て「台頭?」と頭をかしげました。
台頭してきているかなぁ、、、配球は分からないけれど、別に彼だから勝ててる、負けているはないと思っている。
牧選手は台頭していると言っても良い。楠本選手もまぁそう言われて分からなくもない。
それ以外にその言葉使える選手は今いないでしょ、というのが今シーズンここまで見てきた私の正直な感想。
バッティングは少しずつ良くなっているような気もしているから頑張って(これでOKとか全く思っていないけれど)。
グチグチ系の最後は佐野選手。
守備が下手なのも足が遅いのも仕方ない。
ただせめて走塁の意識の低さを隠してくれ。
あれが許されるキャプテンなの本当に嫌。
負けるのはムカつきながらも仕方ないと思うけれど「一つでも先の塁へ、一点でも点数を!」というプレーを見せない上で負け試合見せられるの本当に勘弁して欲しいです。
そういう意味で、宮﨑選手が二塁へ走ってアウトになったプレーは、まぁ足遅いし多分走り出すタイミングも遅かったけれど、良い試みだったと納得している。
ベイスターズに足りないものは沢山あるけれど「一つでも先の塁へという意識」の欠如が目につく。
ホームラン野球だって走塁意識は高められると思うのです。
しかも三浦監督のやりたい野球に走塁意識は必須じゃないでしょうか。
やっぱり優勝を狙えるのは次の代でしょうね、と思う。しばらくは臥薪嘗胆でおりましょう。

さて良いところ。
①牧選手マルチヒット。3打数2安打で打率を0.298まで上げる。




最後のツーベースはラッキーヒットだったけれど、どんな選手だってそういうヒットあっての打率ですのでOK。
二塁打になってセリーグ新人二塁打記録が歴代3位に。そして新人塁打記録単独2位。1位がちょっと凄すぎる長嶋茂雄さん。
いや本当に素晴らしいルーキーです。
今年はどこのチームの新人も頑張っていて頼もしいですね。来年もルーキーたちが素晴らしい活躍をみせてくれたら楽しい。

②森選手のベーラン
速い。本当に速い。あとは塁に出るだけ。内野安打でも出塁できれば相手にとったら脅威だから頑張ってバットに当てていこう。




③神里選手のタイムリー
森選手の速さもあったけれど、あそこで打てて良かったなと思いました。

イベントでラミレスさんと中畑さんの和やかなお姿を拝見できたのも良かったです。

さて、試合後、慌てて横浜のヨドバシカメラへ行き洗濯機を買いました。
10年以上使った洗濯機が異音を発して修理を呼ぶのに2週間。耐えられないので新しいのを購入。
15万円也、、、
10年使うと思えば仕方ない。初のドラム式なのも楽しみです。
ただ配達が木曜日になってしまったのでそれまで小物は手洗いでしのごうと思う。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからもずっと応援している。
[平良拳太郎投手復帰の道:133日目]







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

野球のない土曜日

2021-10-16 23:28:33 | ベイスターズ
特に何もない土曜日。
独り身の自由さはあるけれど、何かやることがあった方がいいなと思う。
目的のない生き方はつまらない。
在宅勤務になって家にばかりいるのだから休みの日くらい外へ出た方が良いのは分かっているのにもう根が生えてしまってすべてが億劫だ。

それでも夜は&9で選手パスタを食べる。
正直今回のはあまり口に合わなかった。それでも久しぶりにベイスターズラガーをハーフサイズ飲んだ。
ハーフサイズで十分になっている自分にびっくりした。
ステイホームになって球場でビールを売らなくなって自分で一番変わったのはビールの消費量が減ったことだと思う。
もう昔にみたいには飲めないだろう。

さて野球。今日はフェニックスリーグの試合はありました。
こちらに関しては結果度外視で良いと考えております。
それでも結果から書くと4-4の引き分け。
ただこちらの先発が宮國投手であったことを考えると4失点はいただけないかな。
勿論意図ある投球での失点なら仕方ありません。
それでもその後の育成ピッチャーの二人、石川投手と加藤投手は0点で抑えて結果オーライ。
加藤投手は高卒育成なのでじっくりと育てて行く方針だと思いますが、石川投手は早めに支配下が期待されている投手。
一年目のイースタン成績も悪くないから期待したいですね。
育成といえばフェニックス参加メンバーに入っていない宮城選手が気になってならない。
コルデロ投手への惜別のインスタストーリーなどを見れば元気でいることは分かっているけれど、なぜフェニックス参加になっていないのか。
育成3年目で一度は自由契約にしないといけないからといってフェニックスは参加できますよね。
怪我なのでしょうか。

続いて野手。
まず先頭打者ホームランの宮本選手。左の俊足打者というカテゴリーは飽和状態になっているからどこかで違いを見せたいところ。
シーズンでの使われ方からしてベイスターズ首脳陣が思っている宮本選手像と私の像は違っていると感じた。
勿論首脳陣の方が正しくなくてはおかしいから正しいだろうけど。
私が見るベイスターズ首脳陣の宮本評は走力は素晴らしいが打力は期待できないと見えました。
でも個人的にはファームでの盗塁失敗とかみるにつけ代走一本で生きていけるほど走力ないけど、打力はもっと期待できるでしょということ。
だからホームランは嬉しかった。とはいえホームラン量産タイプではないとは思うからアベレージが上がるといいなと思う。
追い込まれたら内野安打打てるようになるといいですよね。足が速いなら。
足の速い選手で一軍で打率を残せないタイプを見る度に思い出すのが、初期型青木選手。ヤクルトのかの選手。
彼がヤクルトで出てきた頃、全盛期みたいにガンガン打てるようになるとは思わなかった。
多分初期型のころにホームラン打たれたの覚えていますが、「うわぁ、なんで青木なんかに(失礼)ホームランうたれるんだー」と思った記憶がある。
その後ガンガン打つようになって「当然でした」となったけれど、最初は内野安打が多かった。
俊足だから叩きつけて高いバウンドで内野安打を狙って打っていましたよね。
それはそれで嫌らしいなぁと思ったものです。率が付いてきたら大きいのも狙えるようになる。
そういうのを見ているから俊足型が出る度にそういう曲線を夢見ているのだけれど、相手は天才だからそう簡単にはできないのだろう。
ということでベイスターズの選手には普通に打撃を磨いてもらいたいです。

倉本選手とデラロサ選手がマルチヒット。倉本選手はさすがに一軍経験が長い選手。
デラロサ選手はどうだろう。そろそろ育成外国人選手から支配下になる選手が出てきて欲しいです。
今日は三打数1安打の伊藤裕季也選手もフェニックスにきてから結果がでているよう。
似たタイプの後輩の牧選手に成績で圧倒されて悔しいでしょうが、ここから返り咲いてもらいたい(似たタイプだけど打撃は全然似ていないと思う)。

そしてベイスターズファンの関心を今一番集めているのは勝又選手ではないかと思う。
投手としては戦力外になって野手として参加しているフェニックスリーグ。
3年間投手として練習をしてきて打撃練習なんてほとんどしていないだろうに、いくらファームの投手相手とはいえヒットが出ているのが凄い。
映像みているとまだぎこちないなと私なんかは感じるし、それが当たり前だと思うけれど、それでもバットコントロールが良いのか良く当てる。
流し打ちが多くて引っ張りがないというご意見も見たが、まぁまだ強くいけないのは当然かと思います。
打席の感覚を取り戻す中でのことで結果がでなくても良いくらいだけれど、才能があるんだなと思う。
ここから強く打つようになった時にどれだけバットコントロールを維持できるかは気になるけど、もしそれが出来たら今の外野控え層をバッティングでは簡単に凌駕できちゃいそう。
勿論そう簡単にはいかないと思いつつ、そうなったら楽しい。
守備面はこれはキャンプでしっかりと鍛えるしかない。育成に外野手二人もとって、もう一人追加するわけだから来年は当然ファームに外野守備コーチを置いてくれることでしょう。
多村さんとかどうかしら。守備コーチじゃなくて打撃コーチか。でも彼は守備もうまかった。
ベイスターズ出身で、あのソフトバンクの環境を知っている人なのだからコーチ陣に入るのプラスだと思うのだけれど何故かそういう動きないですよね。
勝又選手についてはもう一つ。足が遅いと本人も言っていたみたいだし入団時の50メートル走の記録は遅かったみたいだから鈍足というイメージがあったみたいだけれど、今日のショート内野安打と先日のスリーベースの走塁みるに普通に速い。
今日のは一塁到達前の最後の一蹴りが低く強かったからギリギリセーフになった感じで走塁がうまそうだなと思った。
元選手や詳しそうな方々に褒められていたスリーベースの時の2塁から3塁へ行く走塁も相手守備を確認せず三塁コーチャーを見て迷わず駆け抜けたのとかは高校時代にしっかりと教わっていたのだろうなと思うし、それを実践できたのも能力。

そう簡単なことではないと思うけれど、戦力外という辛い状況から羽ばたいてくれたらこんなに嬉しいことはない。
高卒3年目。来年一年間育成でファームだとしてもその次の年は大卒の年だからうまく育てばドラフトで良い野手をとったようなことになれる。
心から応援している。頑張れ。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからもずっと応援している。
[平良拳太郎投手復帰の道:132日目]

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

野球がない金曜日とチケット取りと引退セレモニー

2021-10-15 23:11:56 | ベイスターズ
こういう日がこれから増えていくのです。CS、そして日本シリーズとまだまだ楽しみがある球団が羨ましい。
来年はそこに行きつけるように頑張ろうね、ベイスターズちゃん。

暇だから他球団の経過を見ていたけれど、ヤクルトとロッテが熱すぎる。
いいなぁ。こういう熱さがベイスターズにも欲しいねぇ。
まぁ数年前はありました。

今日はジャイアンツも良かったみたい。
久しぶりに野球が活躍をしたようで今日こそ勝てるかもとファンは期待をもったと思う。
だけど今は勢いが違いますね。
村上選手との対戦は徹底的に避けたけれど、そしたら他に打たれる。
ベイスターズも大概だけどジャイアンツの中継ぎも中々火の車。来年大丈夫?
FAで中継ぎを取りに行くんじゃないですか。

そしてロッテは岡選手のサヨナラホームランでマジック8に。
今シーズン2度目のサヨナラホームランを打つ岡選手凄いわね。
国吉投手も活躍しているみたいだし、移籍も悪いことじゃないなと思います。
今日ホームランを打った加藤捕手ももともとは中日の選手。
移籍先で輝くのはいいね。有吉さん、来年はよろしくお願い致しますね。

さて今日はハマスタ最終戦のチケット発売日であった。
正確にはゴールド+民が今日からでシーズンシート客は前日から購入できていた。
平日だけれど流石に最終戦は行きたいのでチケット確保戦線に参加することにする。
とりあえずPCブラウザとスマホでそれぞれベイチケにログインをしておき時々セッション維持のリフレッシュを繰り返して12時まで仕事をしていました。
12時になる前にたまたまベイチケを眺めたら、22日のチケットが売りに出されていることに気が付いた。
22日のチケットを購入していないことに気が付いたのは1、2週間前。
その時には既にベイチケは空きがない状態。
ただ完売にはなっていないので時々流れる席に望みをかけてちょくちょくベイチケを確認するようにしていた。
しかし最終戦に近いからか中々出ない。
公式の流通サイトチケトレも見ていたが出てこない。
これはあきらめざるを得ないかなと考えていた時だったから嬉しくなって早速確保チャレンジを始めた。
まずエリアが選べるようになっていた。
そのエリアを選択して席選択画面に遷移するが選択できる席はない。
これはよくあるのでそのまま座席自動選択をする。
しかし「用意できる席はありません」と出てきてしまう。
はてさて誰かが既に確保してしまったのだろうか。
それまではスマホだったのでPCのブラウザで確認するとエリアが空いている表示にもなっていない。
うーん、ともう一度スマホで自動選択をしたら、なんと今度は座席が確保できたじゃないですか。
席番号は確認せずにそのまま購入手続きを済ませる。
その後PCをみたらエリアが空いている表示になっているが座席選択はできない。
スマホとPCとで表示にタイムラグがあるのだろうか。ちょっと不思議だった。
時間ができてからチケットの席番号を検索したら、そこそこ良い席で驚いた。
多分隣には誰も座らないだろうから通路側、中段の位置。
確証はないけれど1席だけリリースされたように思えたから不思議。なぜそんなことが起こるのか。
ベイチケはそういうことがあるので取れなかった試合も根気強く見ることは大切だ。
さて本題の最終戦は問題なく取れた。
ダイヤモンドかエキサイトかで迷って確保できた席を比較し結局ダイヤモンドにした。
シーズンシートが復活したらおそらく買えない席。
最後に楽しんでおこうと思った。

最後に引退セレモニーについて。
武藤投手と中井選手が今シーズンをもって引退することが発表された。
二人とも前所属球団から戦力外通告を受けてベイスターズに入団された選手。
派手な活躍ではなかったけれど地に足のついた野球をやってくれたと思う。
彼らが来てくれて本当に良かった。
引退セレモニーということは試合にはでないと思うが、選手本人がファンに思いを告げられる機会があるのは素晴らしい。
選手とその家族も、ファンもそこで一つ区切りが付けられる筈。
お互い古巣との試合でのセレモニーというのも良い。
こちらのチケットは両日ともに購入済み。しかも良い席の日だったので楽しみだ。
平良選手が戻るまで投手のクッズは買わない、使わないとしていたけれど、引退セレモニーだけは別枠にしようかな。
ユニフォームを持って行って、セレモニーの時だけ感謝の気持ちを込めて掲げようと思う。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからもずっと応援している。
[平良拳太郎投手復帰の道:131日目]


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミスの多い試合

2021-10-14 22:01:57 | ベイスターズ
ミスの多い試合だったようです。
相手先発は大瀬良投手。ベイスターズはロメロ投手。
ロメロ投手は5失点だけれど自責は2。
失策3ってなんだよ、と思う。
とはいえ、森選手を2番で使う布陣だから勝ち負けよりはもとより度外視でしょう。
森選手の送球エラーはファームでもよくあったし、それが直って守備がよくなって一軍に来たわけでも、下で打ちまくって上にきたわけでもないから今の成績は妥当だと思う。
特に落ち込む必要はない。実力通りでこれから成長していけば良いのだ。
ただ成長しない場合もあることをちゃんと織り込んで運用しなくてはならない。
今年はもう順位なんて気にしなくていいから一軍で起用することに文句はないけれど、中堅以上の選手との兼ね合いをしっかりと考えておくべきだと思う。
多分そこは考えていると思う。
ファームで無双していて一軍での慣れが必要なのであれば我慢する必要あるとは思うけれど(プロスペクトなら)、まだそこまででもないし、ファンの方が我慢して使い続けろというのは分からない。
試合に出さないと成長しない面はあると思うから、すぐにでもフェニックスでフル出場してもらえば良いと私は考えている。
それの方が彼の為になりそうだ。
まぁ全く当たらないわけじゃないし外野にボールが飛んだりもしているから成長の余地はありそうだからファームでしっかり鍛えれば良いのにと思う。
下で無双できたって上で打てるわけじゃないのがプロ野球だけれど、逆はほとんどないから。
イースタンで何度もスワローズの村上君をみた。
彼だって最初から打てていたわけじゃないけれど、そこから打てるようになってからファームで見ていると格が違うと感じた。
森君には残念ながらそれをまだ感じない。だからファームで鍛える余地が沢山残っていると思う。
プロスペクトだからこそもっと丁寧に運用しようよ。
上で見ているだけで勉強できるレベルにまで育てていないのにそれ期待している首脳陣が一番ムカついています。

あと気になったのは代打大和選手。
いや、勿論ベストな選択だったとは思う。
残りのメンツと勝ちにこだわるという点で考えたらその選択が正しいよ。
でも森くんを2番で使って勝ち負けにこだわっていないわけだから、そこは細川選手じゃないのかと思いました。
おそらくは打てないけれど、経験値をつませるが今の試合の目的ならばそこは割り切らないのかとモヤモヤ。
どっち目指しているの!となりました。

折角なので良かった点もあげましょう。
宮﨑選手、猛打賞で佐野選手の打率を抜く。
本当に素晴らしいよね。残って欲しい、彼以上に打てるサードはしばらく出てこないと思う。
小深田選手や今年とった高校生たちがうまく育ったとしても数年後から。
というわけで来年はオースティン選手も残ってくれるし順位を上げたいから彼の戦力も必要。
全力で慰留してほしい。

牧選手、ツーベースを含むマルチヒットで新人塁打数も新人二塁打数はレジェンドたちに並び、球団新人得点数も更新。
それでも新人王厳しいのは残念だが、来年はタイトルをとって見返そう。
首位打者がいいな。

楠本選手、2番から外れてのスタメンで1ヒット、1四球。
最高ではないかもしれないけれど良かったと思う。
四球選べたのがすごく良い。
ただ守備型と言われる柴田選手と打率がほぼ一緒でOPSもちょっと負けているから打撃型としては物足りないのはある。
もっと咲きほこれ。

明日あさってと試合はなく、日曜日のハマスタまで試合はお預け。
明後日は勝てますように。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからもずっと応援している。
[平良拳太郎投手復帰の道:130日目]
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

快勝

2021-10-13 23:13:57 | ベイスターズ
前日に情けない試合をしたら突然爆発。
躁鬱がすぎますね。
来年はもっと安定した勝ちをヨ・ロ・シ・ク。
とは言え勝てたことは素直に嬉しいです。
ベイスターズが勝つことが一番大切なのです。勝ち方は勿論望みはあるけれど相手もいることだし二の次。

先発は大貫投手。相手は床田投手。
床田投手は筒香選手へのデットボールの印象が非常に強くてフラットに見られない投手で、
私に当てられたわけじゃないから別に恨んではいないが毎回打ち崩してやれと願っている投手だ。

ベイスターズはBクラスが決定したことでようやく若者を使うようになった。
まぁこれは仕方ないとは思っている。
だって代打で出したときに結果を残せなかったからね。

今日の抜擢枠は、ショート知野選手とライト細川選手。
知野選手は5打数1安打。細川選手は2打数ヒットなし。
細川選手は途中で交代。
残りの試合で必死にアピールしてくださいね。

今日は途中出場の関根選手がマルチ(途中出場で4打席あったのだが)で結果を出せたのは良かった。
正直俊足左の外野手は飽和していると思う。
さらに育成とはいえ足だけであれば突出していそうな選手の似たタイプを二人も獲得したのは球団からのメッセージではないか。
そういう状況で結果を出すのはいいですね。
頑張って結果を出し続けて欲しい。

タイプは違いそうだけれど支配下の外野手も左だし、なんで外野の左をそろえようとするのか。
監督が左右気にせずに打席に立たせるタイプであれば偏っても良い選手をという気持ちも分かるけれど割と気にしていますよね。
気にしない監督のは方が少ないのでそれについて云々いうつもりはない。
(外野左打ち)
佐野 ← レギュラー
楠本
神里
関根
宮本
梶原 ←新人
村川 ←新人・育成
大橋 ←新人・育成

(外野右打ち)
オースティン ← 神
桑原 ← レギュラー
細川
蝦名
勝又 ←育成・投手から転向

人数はまだしもタイプも似ている感じがする。

ベイスターズは15安打の猛攻で9得点で勝利。
ただし先発大貫投手は5回表に代打を出されて4回3失点で彼としては納得できない結果かもしれない。
私としてはまたバント失敗したことが気になる。
3連続失敗になるのか。
やはりそこはしっかりとやって欲しい。
その後、ピープルズ投手→シャッケルフォード投手→櫻井投手→伊勢投手の無失点リレー。
ピープルズ投手が勝利投手。回またぎで2回投げているから妥当。
櫻井投手は四死球だしていないのがいい。

野手は佐野、牧の3番、4番で連発のホームランがでた。
両方とも見たが完璧でした。
特に佐野選手のホームランは技ありで感嘆してしまった。
やっぱり打力は抜けていると思う。
牧選手のは完璧な当たりでした。マツダの外野の後方にぶち込んでいた。
ドラフト時の評価だと中距離砲だったがタイプ的にはそうかもしれないがそれでもよく飛ばす新人だ。
このホームランで22本。25本いくと見栄えが更に良くなる。
個人的にはホームラン数よりも3割に乗せる方が大きいと思っているが、なんなら両方を達成したらいいよね。

あと個人的に戸柱選手の流し打ちがつぼ。ああいう打ち方見たことなかったわけじゃないけれどこのところ狙ってやっている気がする。
面白いし好き。
彼が打てるキャッチャーになるのならば、そっちの方がドラフトや取れないFAにかけたりするより良い。

さて今日は良いニュースがあった。
オースティン選手、エスコバー投手、ロメロ投手の残留が決まったらしい。
素晴らしい。ソト選手は複数年契約なのでもともと規定路線。
朗報!
あとはピープルズ投手とシャッケルフォード投手だがどうなるか。個人的には残って欲しいけれど。

フェニックスリーグは今日も中止。天気には勝てません。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからもずっと応援している。
[平良拳太郎投手復帰の道:129日目]
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする