ハレ時々ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズの平良拳太郎投手の復活を願いながらベイスターズを応援しています。

メルカリ

2017-09-29 08:24:38 | Weblog
使っていない応援グッズとか誰かにあげたいと思っていました。
ただ方法がないのでずっとタンスの肥やしに。
あげるにしろ送料は欲しい。
でも出来れば個人情報は開示したくない。

最近話題のメルカリは気にはなっていたものの、なんとなく躊躇っていました。
ただ、仕事のお勉強にもなるし、利用してみようと一念発起。

昨夜酔った勢いでアプリをダウンロード。
今朝、サイズ間違って購入していたレプリカユニを表、裏、サイズタグ写真を撮って、出品。

先ほど無事購入されました。
なので週末に発送手配です。
これが面倒なのですが、ある意味、ここがシステムとして優れていて一番気になる部分なので、
興味津々です。

今回のでうまくいったら、いらないもの沢山出品してみようと考えてます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日のベイスターズ 9/27 お笑い

2017-09-28 20:03:58 | ベイスターズ
うん。楽しいわ。

選手が頑張ってないとは言わない。
頑張ってこのレベルであった。
それは仕方ないよね。

じ・つ・り・ょ・く・ぶ・そ・く♡

この時期にもうラミレス監督大好きなレギュラー変えろとは言いません。
意味ないから。
そのままやるべき。責任は監督ですけど。
でも、来季は選手層を厚くすることも考えて欲しいわ。
その為に必要な捨て試合だってあるはず。
調子の悪いレギュラー固定反対。使い続けて終盤に冷えるんなら、意味ないよね。
実力出せないのにプライド優先って面白いなぁ。
会社でそんな上司いたら、怒りから笑いになりますわ。

今年は野手は諦めてるんで、もう受け入れていますが、一番受け入れられないのが、
平田投手や三嶋投手に代わる敗戦処理がいないこと。
横須賀軍の投手どうなってるのよ。。。
これなら本調子でなくても須田投手見たいし、そろそろ尾仲投手をあげられる?
どうせ変わらないなら、敗戦処理は平田投手、三嶋投手以外でお願いします。

来季これを反省して死ぬ気で這い上がってほしい、平田投手と三嶋投手には。

でも野手も大概ですが、これはラミレス監督である限り来季も変わらないと思うので、
こちらが耐えることを覚えましかない。

来季も監督、一緒なんですよね?






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

送別会と野球

2017-09-27 08:38:35 | Weblog
今日は会社で送別会があります。
私はその方への敬意は毛の先くらいしかありませんが、かといって去られる方への惜別の宴くらいは出ようという社会人マナーはあります。

昨日、虎女ちゃんが「明日は(ハマスタへ)行きますか?」と聞いてきました。
私行きます!
と。。。

「明日は送別会でしょ。流石にそっちでるよ」
と、伝えると、一瞬虚を突かれたような顔をして、その後、
「そっかー、そうですよね〜。メッセージでも送ろうと思ってます」

と、その後野球話に戻りました。
おそらく彼女は契約社員ですし、参加の義理はないと言えばないです。
私が働いている会社は誰が正社員で誰が契約社員だか分かりません。
なんとなく想像できる部分もありますが、普段待遇の違いは全く見えません。
それは派遣でいらっしゃる方もそう。
彼女は今日14時〜15時にかけて会社を出るようですが、それは上司の許可さえあればどの待遇の人も可能です。

彼女が野球優先するのは理解できます。
私も今年は野球を優先と決めた一年でした。

でも、やはり、送別会は不参加できないですね。
付き合いというのは大事だと、しみじみと感じています。

というわけで、今日は行けませんが、ベイスターズには是非頑張って欲しい。
何故か、甲子園よりも勝率の悪いハマスタというのを克服して欲しいですね。

今のスワローズは昔のベイスターズを彷彿とさせて懐かしいです。
残り試合は頑張って欲しいですけれど、なんか気力がなさそうですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日のベイスターズ 9/23 石田投手よかった!

2017-09-25 06:51:51 | ベイスターズ
久しぶりに見る猛攻。
相手伊藤投手が調子悪いというのもあったのでしょう。2/3回での降板は私が現地観戦した中で一番早い降板でした。案外詰まった当たりも多く、不運な一面もあったと思います。
公示を確認して抹消されていないので、もう一度使われるのでしょうか?中継ぎに戻る?

中日ファンのフェイスブック友達から、

ベイスターズの攻撃が終わらないのですが、、、

と連絡が来ました。
まぁ、ホームのファイナルシリーズと銘打った試合で、序盤にこんな展開になったら堪らないですね。
ベイスターズファンは大盛り上がりでしたが、段々と、

こんなに打つと、明日は全然打たないのでは?

という経験からくる至極真っ当な不安を口にする方も出て来て、

あ、皆、考えることは一緒だ!と親近感を覚えました。
実際翌日は初回の2点を守りきる野球に逆戻りしていましたね。
それでも勝ちをもぎ取ったのは流石ですが。

さて、石田投手は6回被安打0の無失点。
今日は彼比テンポは良かったと思います(飽くまで石田投手基準で)。
しかし、どうしてか球数多いですね〜。
すっごく粘られてというよりもボール球を見極められているって感じでしょうか。
これはずっと続いてますね。来季の課題にして欲しいです。
でもやはり試合を作れる投手の一人には違いない。



ノーヒットノーランが続いてましたが、石田投手は6回で降板。
これは残り試合を中5日でまわすらしいベイスターズからしたら仕方ないことだと思います。
球数も多かったですし。中6日でまわしていたら、7回は行ったと思いますけど。
大量点があったので、中継ぎも勝ちパターンを使う必要がないのも大きかったと思います。


その中継ぎが、エスコバー投手以外、酷くて流石に残念でした。


敗戦処理だとしても、最後の戦いにこの二人か、と思わざるを得ません。
二人とも満塁にしちゃう。
ネット上の評判を見ると、三嶋投手の方が評判悪いですが、50歩100歩とは言え、
私は平田投手に厳しい目を向けています。
まぁ、同じナゴヤドームで大島選手へのデットボールを見てしまったことと、
その後の試合でもデットボールを繰り返したことが印象悪すぎ。
この中日戦も外野よりの内野席からはコントロールまで見えなかったのですが、押し出しの四球を出してることから相変わらずのコントロールだと判断しました。

どちらにせよ、相当な状況じゃないと出せない敗戦処理というのは厳しいですね。
石田投手もエスコバー投手も野手陣も気合を見せている中、この二人だけが別世界で戦っているみたいでした。とはいえ、このメンバーで戦うときめているのでしょう。
二人にはしっかりと反省してもらって、次の機会があれば汚名返上して欲しいです。

この日はファイナルシリーズということで、中日ファングラウンドに降りて二次会をやるという企画が実施されていました。応援団が壇上でマイク片手に応援指導という、面白い企画でした。


円陣で気合いを入れる






心配そうに見守る


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

遠征計画

2017-09-21 22:23:38 | Weblog
このタイトルで記事を書いたのは何度目でしょうか。
連番をつけようと考えたこともありましたが、管理自体が面倒です。

今回は名古屋ドーム日帰り。
節約モードで臨みたい。

試合は1400開始。当然、1200の入場には間に合いたいです。
そうなると、余裕をもって1100頃に名古屋へ着くプランとしたい。

通常であれば、往復新幹線のぞみです。
0900頃に家を出れば余裕で名古屋につきます。
片道10,000円強。

既に予約が難しい段階に来ていますが、ぷらっとこだまを使う方法。片道8,000円強。

在来線という手もあります。
0530頃に家を出ます。この場合は金山がJRの目的地になります。
5,620円。

夜行バスも候補。横浜から出ているのは、4列シートで5,500円(バスによります)。
3列シートで6,500円くらい。
豪華なリクライニングのが10,000円くらいでした。

豪華リクライニングバスは気になりますけど、それならば、のぞみで普通に行きたい。
帰りのバスならばありかも?と思いましたが、検索に引っかからず。

往路の夜行バスは早朝に名古屋放り出されても困るという問題もあります。

そうなると、往路在来線、復路夜行バスがいい。
試合後、名古屋でゆっくりごはん食べられるのもいい。
一つだけ不安があるとすれば、人身事故などで在来線が止まる確率は新幹線よりもよほど高いということです。

とは言え、そのリスクを考えたら新幹線だって止まる確率はゼロではありません。
昔一度だけ新幹線の人身事故で、特急料金返金を経験しているので。

うーん、悩ましいです




コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする