ハレ時々ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズの平良拳太郎投手の復活を願いながらベイスターズを応援しています。

8/31 ベイスターズvsカープ@ハマスタ

2021-08-31 23:41:51 | ベイスターズ
久しぶりの本拠地ハマスタでの試合はグダグダながらも辛くも勝ちを収めた。

8月のハマスタ広島戦は簡単には終わらない。
それはラミレス監督でなくなっても続くようだ。
ベイスターズの先発投手は濵口投手。相手は森下投手。
良い時の濵口投手でありますように、と手を合わせてハマスタに向かったが願いは聞き届けられなかった。
会議が夕方に設定されてしまいハマスタについた時は2回の表であった。
幸先よくベイスターズはオースティン選手のタイムリーで先制をしていた。
先制した後の大事な回だった。
ご挨拶のような四球。とはいえこの回はその後に打たれたヒット一本で何とか乗り切り同点。
相手の森下投手も制球には苦しんでいる様子が見て取れたが、やはり濵口投手と比べてしまうと全然マシに思えた。
3回。先頭打者は森下投手。彼を何とか三振にしたところまでは良かった。
続く野間選手にストレートの四球。
1回、2回と先頭打者四球。3回は投手を抑えてその後四球。
流れがこない。乗れない。
見ていて苦しい。久しぶりのハマスタ。やっと本拠地に戻ってこれて、ファンの前で良い試合を!という時にこの投球。
エラー自体は牧選手が悪いけれど間延びしたピッチングで野手のミスを誘発していた部分はあったと思う。
勿論今後牧選手にはこういうプレーがないように更なる進化を遂げてもらいたいが、濵口投手だってそろそろ進化してもいんじゃないか。
結局小園選手にタイムリーを打たれたところで交代となる。
その交代劇をバックネット裏で見ていたのだが、三浦監督は相当怒っていたのではないかと感じた。
もしかすると交代のタイミングは想定していたよりも早かったかもしれない。
主審が振り返った時、すぐに監督がベンチから飛び出していた。
木塚コーチがベンチを出たのはそれよりも大分後だ。
コーチが出てこないから最初何かクレームでも言っているのかと思った。
でも違った。普通に交代であった。
三浦監督は先発投手としてエースとして長らくベイスターズを支えてきた人だから、早い回に先発を下すことには忸怩たる思うがあるではないだろうか。
そんな人がまだ2失点しかしていない先発投手を、一応開幕投手を、早い回に交代するなんて相当にお冠だったに違いない。
それは理解できる。単に応援しているだけの私でさえもイライラしたのだから。
とはいえその代役が進藤投手で、濵口投手以上の制球難を疲労した時には「終わったな」と思った。
進藤投手は平田投手の代わりにファームから上がってきた投手。
少ないチャンスでアピールしなくてはいけない立場だ。
多分思った以上に早い出番だったと思うから同情の余地はあるけれど、それでも2つのアウトを取るのに2死球、1四球はいただけない。
「痛い!」と会澤選手の声が響いた時は申し訳ない気持ちになった。
本人には失点はつかなかったけれど今日の投球は評価されないでしょうね。
ノーコンが降板したと思ったら新たなノーコンが出現するのはちょっと笑ってしまった。
しかし進藤投手は今年は球速は抑え気味にしてコントロールを良くしていたと思ったけれど、やはり一軍のプレッシャーは大きいのかもしれない。
続く櫻井投手も四球2つとヒット2本で2失点。
それでも彼は回を跨ぎ、次の回は0で抑えているからまだ良かったと思う。
さてベイスターズの攻撃陣だが森下投手を打ちあぐねてはいたが、明らかに彼も調子が良くない。
ベイスターズの投手陣があんまりにも酷いから相対的に良く見えたが決して良くなかった。
特にコントロールがうまくいっていなかった。
4回裏ソト選手があわやホームランのフェンス直撃打を放つ。
それは相手のクッション処理がうまくなかったのもあるけれどスリーベースになった。
ソト選手にとってNPBで初めてのスリーベース。貴重なものを見られました。
続く牧選手が一球目をスタンド中段にツーランホームラン。




エラーを取り返すバッティングというのはまさにこれ。
エラーはダメだけれどエラーなしの選手はいないからその分を取り返せれるならば良いと考えている。
投手からしたら辛いとは思うが、エラーにならない酷い守備の方が成績悪化するから嫌だろう。
ともかく2点返して3点差に詰めた。
5回。佐野選手がレフトポール際にホームランを放った。
佐野選手は左打ちだから逆方向へのホームラン。正直入るとは思わない打球だったが存外伸びた。


2点差。少し分からなくなる。
6回は砂田投手が、7回はエスコバー投手が失点を与えずに抑えた。
そしてラッキー7の7回裏。
オースティン選手、宮﨑選手の連続ヒットで1点を返すと、続くソト選手が2ランホームランを放って逆転。


なんとグダグダな試合開始で5点差あったのにとうとう逆転してしまった。
8月のハマスタカープ戦だなぁとしみじみ思う。
1点差で迎えた9回裏。ベイスターズのクローザー三嶋投手がマウンドにたった。
このところ良いピッチングが出来ていない三嶋投手。
心配で心配で気が気じゃなかった。
雨脚も強くなっている。
連打をあびてノーアウト1,2塁のピンチを作る。
続いての小園選手はバントを選択。これはベイスターズ的にはラッキーだったと思う。
今日はとても当たっていた小園選手がバントでアウトを一つくれようとしている。
更に小園選手のバントが失敗した為、ワンアウト1,2塁になった。
あと二人がとても長い。
しかしその後暴投で結局ワンアウト2,3塁にしてしまう。
折角バントを三塁でさしたのに意味ないじゃん!とまたも憤慨。
結局鈴木誠也選手は申告敬遠で歩かせて満塁策をとることになった。
今思うとワイルドピッチが良かったのかもしれない。
鈴木誠也選手と対戦しなくて済んだ。
そのまま勝負していたら負けていたかもしれないと思う。
次の坂倉選手が6-6-3のダブルプレーで試合終了。
ハマスタ凱旋(?)試合は夏なのに薄氷を踏む勝利となった。
正直試合内容は攻撃面以外は良くなかったけれど、それでも勝てたことは嬉しいしチームに良い流れがきたのではないかと思う。
明日の大貫選手にはピリっとした投球を期待したい。
あと濵口投手には次の登板まで何とか立て直して欲しいです。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:83日目]






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宮國投手、支配下登録おめでとう

2021-08-30 23:37:00 | ベイスターズ
しかしゴールではなくスタートラインに立っただけだと思う。
これからどれだけベイスターズの一軍で戦力になれるのかファンは注目します。
少なくとも私の視点はそれ。
8/31、トレードなどの可能期限ギリギリに発表された支配下登録のニュース。
他の球団も数名同じタイミングで発表された。
ベイスターズは彼一人だけだった。
宮國投手の支配下登録はもう既定路線だったから驚きはしなかった。
オリンピック中断中の仙台の試合では期待を裏切る投球となってしまったが、その後ファームの試合に出る前にはコーチの談話として支配下チャレンジで本人も気合が入っていると報じられていた。
支配下登録への追試であったのは明白だったと思います。
その追試で良い結果を出したのだから当然そういう流れだ。
球団が支配下登録したがっているなと感じていました。
当然頑張って貰いたいし応援します。
育成契約とはいえ実績のある選手だから、味のあるピッチングを見せてくれるんじゃないかという期待もあります。
性格なんてファンから本当のところは分かりようがないけれど、優しい人に見える。
だから良いんじゃないかなと思った。
ただ育成契約の選手は他にもいる。
特に宮城投手は3年目。
今年支配下にならなければ一旦自由契約になる。
今年は投球回数は少ないものの成績だけで言えば宮城投手より上だ。
勿論シーズン終わってから支配下でも間に合うわけで球団はそちらで考えていると信じたい。
支配下登録してもファームでしか使わないのであれば、ドラフト前に枠を埋める必要はないのは分かっています。
それはしかし育成選手にとって辛いことだろうなぁと思ってしまいます。
ドラフトで良い選手がいれば自由契約にされてしまうかもしれないわけで。
そういう選手がいる中で今年の成績的は大したことないのに支配下登録された宮國投手は実績と経験を買われたのだと思っています。
今ベイスターズに必要なのはそういう選手だとフロントが判断しているならばそれは正しいのだろうと信じておきます。
なのでファームでチョロチョロ投げたくらいでは満足しないと思う。
一軍でどういう役割かはわからないけれど先発であれば谷間としてローテを守れるくらいを、中継ぎであれば勝ち試合でも負け試合でも投げる究極の便利屋にはなって欲しい。

育成契約ではないが今季二球団で戦力外のような扱いになった筒香選手がここにきて躍動している。
午前中のニュースでさよなら3ランを打ったことを知った。
嬉しくてニコニコ動画を見てしまいました。
本人がメジャーでの挑戦を諦めると言ったならば迷わずベイスターズに帰ってきて欲しいと思っていますが、本人が続けたいならば気が済むまで頑張ってほしいと心から思っていました。
調子が上がらなかった時は体付きも細くなり表情も冴えなかったけれど今はベイスターズにいた頃のような堂々とした風貌に戻ったように見えます。
ちょっとしたキッカケで変わるんだなぁとしみじみと思いました。

そういうのを見て、宮國投手にはベイスターズで何かきっかけを掴んでジャイアンツ時代の一番良かった時以上のキャリアハイの成績を残せるような活躍をしてほしいと願っています。

頑張れベイスターズ!頑張れ宮國投手!頑張れ宮城投手!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:82日目]





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

8/29 スワローズvsベイスターズ@東京ドーム

2021-08-29 23:37:03 | ベイスターズ
3連戦の最終戦。今日はエキサイトシート最前列からの観戦でした。
私はスワローズのファンクラブに入っており、且つプラチナ会員。ファンクラブのランクは一番上になります。
ベイスターズのファンクラブと違ってこちらのランクは金を積めば得られます。
なぜファンクラブについて語ったかといえば、今日のチケットはファンクラブの抽選で当たった席だったから。
ベイスターズの3連戦と広島との3連戦がスワローズの東京ドーム主催試合。
こちらはまずファンクラブで抽選。その後にランク別でチケットが発売されました。
抽選当選確率は会員種別毎に異なるそうです。
また抽選は全6試合の中で1試合のみ当たるという形式だったのでベイスターズのように各試合で抽選を行うよりも公平かなと感じています。
その抽選で第一希望が当たった上に、ベイスターズ主催試合でも取れなかった最前列の席を確保できました。
最前列といってもベースからは遠い席でしたが、それでもやはりウキウキすします。
最近野球観戦の頻度が多いからか試合開始直前にしか行かなくなっていましたが、
今日は練習も見ようと開場時間よりも前に東京ドームにつき、入場ゲートに並びました。
3塁側のエキサイトシートで多分一番のりだったと思う。
既にベイスターズのバッティング練習は始まっており、スタメン選手の打撃練習は終わっていました。
彼らは守備練習や走塁練習をしていました。
バッティング練習中はエキサイトシート前にネットが張られます。

バッティング練習が終わるとネットが外されます。

肩をならしている今永選手も近くで見られました。
野手は目の前でウォームアップをするからちょっと気恥ずかしい。



試合については見やすいかと言うと、どうだろうか。
状況にもよりますがマウンドは3塁塁審と被ることも多く、またバッターボックスは三塁コーチャーと被る。
仕方ないのだけれどちょっとカメラのレンズを向けて「うわぁ」となっていました。
それでも三塁やショートの守備は間近で見られますし、ネットもないし良い席だと思います。
ネットがないので打球にはよくよく気を付けないといけませんが、今日はほとんど3塁側のエキサイトエリアにはきませんでしたね。
危険防止のためにヘルメットとグローブが用意されています。
グローブをはめて取れないけれど取る気満々でバッターボックスを見つめていましたが、ついぞボールはこないので終いにはグローブは外してしまいました。
ヘルメットは用意されていたものをかぶってみましたがちょっと小さい。
被れなくもないけれど締め付けられる感じがしました。
私は頭が大きいのです。
子供のころはそれがとてもコンプレックスでした。
子供というのは残酷でそういう身体的特徴をいじることに大した抵抗もないのです。
大人になるとそんなことを言う人はいなくなりますが世間一般の価値観は「顔が小さい>大きい」なのはひしひしと感じて、
まぁいじけておりましたがおばさんになると「どうでもいいかな」と思えるようになりました。
おばさんになることは悪いことではありませんね。
というわけでヘルメットが小さいから大きいのに変えて欲しいとためらわずにお願いできました。
おかげですすぽっと簡単に被れて快適でしたよ。
話がそれました。
鋭い打球もゆるいフライもエキサイトシートに飛んでくることはなく安全に観戦できました。
試合は敗戦。
今永投手と原投手との対戦は原投手に軍配が上がりました。
ヒット打っては走塁死があり結局彼からは得点ができませんでした。
今永投手は失点した5回以外は危なげもなかったのにあの回だけは勿体なかった。
実はその前の回のベイスターズの攻撃で今永投手がツーベースを放つも3塁激走でアウト。
それで疲れてしまって投球に影響がでたわけではないだろうと三浦監督はおっしゃっていたが、流れを相手に渡してしまったとは思う。
ただその前のオースティン選手の2塁でアウトになるのも、一つでも前へ進もうという気を感じたから結果アウトだったけれどそんなに悪い気はしなかった。
オースティン選手のはちょっと足緩めていなかったか?と思わなくもないですが。
今永投手は6回1失点。
本人は物足りないだろうし私ももっと上を期待したいけれど、それは来年以降に観られる気がする。
だから今年は手術明けの調整期間と思っている。
調整でQSできちゃうのだから素晴らしい実力の持ち主だし来年以降ワクワクしませんか?
今日の試合を完全に決定付けたのはシャッケルフォード投手。
0.2回4失点。結局1回持たず。
1点差での登板だから期待されて送りだされている筈なのだけれど、彼は良い時と悪い時の差が激しい。
もしくは対戦相手との相性があるのかもしれない。
ともかく4点を入れられてThe End。
9回の表に関根選手がヒットで出塁し桑原選手がホームランを放って2点は返したものの敗戦。




ただシャッケルフォード投手だけの問題ではなく、打線は伊藤選手、佐野選手、ソト選手、牧選手がノーヒット。
牧選手以外は四球で出塁はしているけれど、まぁでもそれで満足できるわけがない。
逆に牧選手はルーキー。
ルーキーだって一軍戦にでるなら同じだという意見もあるだろうけれど、個人的にはすべて学びに繋がれば凡退もOKと思っている。
そもそも様々な球団のルーキー記録を塗り替える、ベイスターズの中では極上といってよいルーキー。
来年以降は四球をもっと選べるといいよね、とか思うけれど、今年は学びの年で良い。
牧選手に限らずルーキーはそれでいいかな、と思っています。
そういうルーキーを助けるのが先輩の役目。
というわけで今日の試合は完敗でした。
初戦素晴らしい勝ち方をしたから今日は冷静でいられました。
勿論優勝を狙っているとかAクラスを狙っているのであれば勝たないといけない試合だったと怒りも湧きそうだったけれど、
ベイスターズは既にそういう戦いから離脱しているから「まぁ、しゃあない」と案外冷静でした。
層は薄いけれど良い選手も多いから来年仕切り直して頑張ってほしいね。
ドラフトは即戦力で!
高卒であれば村上選手みたいな選手を希望します。



高望みしすぎ?

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:81日目]
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

8/28 スワローズvsベイスターズ@東京ドーム

2021-08-28 23:58:19 | ベイスターズ
昨日に引き続きスワローズ主催の東京ドームの試合。
東京ドームへは、みなとみらい線のぼり方面の最後車両に乗って池袋まで行く。
みなとみらい線は横浜からは東横線に、そして渋谷以降は副都心線となるのだが直通で乗り換えなしに行けるから楽だ。
池袋から丸の内線に乗って後楽園まで行くが乗換がホーム端からになるので乗車位置も重要になる。
東京ドームでの試合観戦が増えてやっと効率良い行き方を覚えた。

さて試合は引き分け。
ロメロ投手は立ち上がりこそ失点したもののその後ピンチは作っても失点は許さず、後続も含めて初回の2失点のみ済んだ。
正直、三嶋投手には不安しかないが、もう何とかしてもらうしかないだろう。
9回裏に逆転されなかったのはオースティン選手の肩が強かったからだと思う。
今日ノーヒットの彼だけれど守備で大きな役割を2回した。
2回も3塁でアウトをとった。
守備面では他の選手を守備固めに使いたい部分もあるが、肩は守備固めに出る選手と同等かそれ以上に感じる。
打席での期待値を含めたら、まぁ怪我以外はオースティン選手は使い続けますよね、となった。
投手は若干の不安は残ったものの何とかこらえたが、今度は攻撃が続かなかった。
それでも宮﨑選手の2試合連続弾、そして久しぶりのキャプテンの一発はどちらも素晴らしいホームランだったと思う。
佐野選手は打率も良いし、一時期のチャンスで打てない時からは既に脱却しているけれど、まだホームランは少ない。
そこは役割分担で良いかなと思うけれど、足の遅い佐野選手はそれでももう少し大きいのも打って欲しいかな。
今日の一発でまたホームランが沢山できるようになるといいなと思う。
少なくとも新人の牧選手よりは最終本数は上にいってもらいたい。
その牧選手は今日はツーベースを一本打った。
ヒット一本だけれど以前の調子の悪そうな時期は脱却できたように見える。
つば九郎から前日の3連発に対してパワハラ告発されたときにはにかんでいた牧選手は年相応にだった。

ベテランのような雰囲気をいでたちだがまだまだ若い。
これからどんな風に成長していくのか楽しみで仕方ない。
ところでつば九郎のちゃちゃに宮﨑選手もにっこりと笑っていた。

このところあんまり笑顔をみないけれど(シーズンオフの嫌な予感しかしない)、笑顔が見られて良かった。
つば九郎ありがとう。


ロメロ投手は以前に比べて格段に空振りがとれるようになったのが個人的に嬉しい。
あんな速い球を投げるのに全然空振りとれていなくて「なんで?」と思っていた。
もし日本の野球にアジャストできてきているなら来年以降も楽しみだ。



というか↓こんなスイングでホームランになる村上選手凄すぎでしたわ、、、





引き分けで終わったが、これでAチームビジター9戦は勝ち越しが決定した。
明日もし負けたとしてもだ。
少しでも借金を減らしたい。
もう1試合1試合勝つしかないのだから、勝ってハマスタに戻っておいで。

ファームについても少し。
今日は宮國投手が投げた。中継は見ていないけれど6回被安打6、無四死球、失点0の上々の出来。
支配下登録最終テストのようだがどうだろうか。
彼以外にも宮城投手、前回好投したディアス投手、石川投手あたりとの競争になりそう。
個人的には宮城投手を一番応援しているが、それでもより良い投手が支配下登録されて欲しいとは思う。
偽善的な書き方になるが、みんな好きなんです。
月曜日には分かるのかな。
ドキドキ待っていよう。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:80日目]

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3者連続ホームラン

2021-08-27 23:16:00 | ベイスターズ
ベイスターズはビジターチームとして戦い、場所は東京ドーム。
さて対戦相手はどこでしょうか。
答えは東京ヤクルトスワローズ。
またも変則な主催試合。ベイスターズは8月9試合東京ドームで戦う。
これはジャイアンツと一緒だ。

さて今日のチケットはスワローズのファンクラブの先行販売で購入済み。
だったのだが昨日の睡眠不足で非常に眠い。
場所も遠いしパスしようかと考えた。
でも良い席だったから仕事を早くに切り上げていくことにした。
お陰で今大変眠い。
仕方ないから今日も簡単に。


席はこんな席。




投手戦だったからこの席でよかった。



京山投手ナイスピッチングでした。
素晴らしい投球と、真夏の夜の三連発で非常に満足度の高い試合になった。

相手の奥川投手も大変素晴らしかった。





おいしかったけれど緑色の食べ物は見た目微妙。

気絶しそうに眠いので今日はここまで。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:79日目]



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする