ハレ時々ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズの平良拳太郎投手の復活を願いながらベイスターズを応援しています。

試合がない木曜日

2021-09-16 23:15:00 | ベイスターズ

今日はセリーグの試合は全部なかった。ベイスターズは明日からマツダスタジアムで2連戦、その後ハマスタに戻ってきて8連戦。変則的ですね。
来週がシルバーウィークだからその影響か。
シルバーウィークは2日お休みだけれど、色々とやるべき仕事があってかなり忙しい。
在宅勤務だし休みの日に働いちゃおうかと思ってしまう。
嫌な負け方をしたベイスターズだけれど、今日一日で私の気持ちは落ち着いた。
所詮趣味だし、私が思い悩んでもどうしようもないからカラリと忘れる。
観戦した試合は余程印象に残らなければすぐに忘却の彼方だ。
今永投手がナゴドで山井投手に完璧なホームランを打たれた試合、あれは覚えている。
バックネット裏の良い席で見ていて呆気にとられたのだ。
当時は「何やってるの」とイラッとしたけれど今思えばレアなもの見られてラッキーだった。
岐阜長良川球場で当時中日に所属していた中村のりさんのホームランも印象に残っている。
ホームランボールが外野エリアにいた私のカバンに直撃したから。
打球がグングンと向かってくるのを冷静に見ていた。
自分は避けたけれどカバンはそのままで着弾した。
転々と転がるボールをイライラした気分で眺めていた記憶がある。
ホームラン前からベイスターズは劣勢でダメ押しだったのだけれど、不甲斐なさにボールを拾う気も起きなかった。
ピッチャーに怒りを覚えていた筈なのに、その時のピッチャーが誰だったかは覚えていない。そんなものだ。本気で怒っているわけではないから。
三嶋投手と言えば覚えているのは数年前に仙台で先発した試合。
全然ダメだったと思うけれど投球は記憶にない。
ただ試合前の練習時間に見せていた優しげで気の弱そうな笑顔だけ覚えている。
いけていない投球とリンクして気弱な笑顔だけが印象として残った。
先発として中々浮上できなくて中継ぎに回ってからの躍進。
挫折してから立ち直ったのだから今回もまた浮上できるよ。
無責任にそう考えている。

ベイスターズは明日から広島だ。
スカッと勝って欲しいが、どうやら台風らしい。
流石に中止だろうね。
嫌な記憶も雨に流してしまおうか。

シーズンも終盤。
ペナントレースの行方はもはや関心の外だが、戦力外通告の期間が発表されて少し心がざわつく。
予想はしない。
でも誰かが絶対にいなくなるのだ。
勿論ドラフトで新しい選手への期待もある。
牧選手の活躍にどうしたってドラフトは楽しみになる。
来るものあれば去るものあり。
嫌な季節がやってくる。


頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:99日目]


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

敗戦投手・三嶋

2021-09-15 21:13:52 | ベイスターズ
何回やれば気が済むのかとファンとしては言いたい。
でもまぁ弱いチームだからな。
弱いチームのクローザーなんだから仕方ありませんと納得している。
彼が悪いのではなく彼の代わりをやれる投手が出てこないこと、そして修正できない首脳陣が悪いのです。
本人も辛いだろうね。
誰がリードしても変わらないんだから、本人の能力というかメンタルの問題でしょう。
気持ちが負けているクローザーはクローザーと呼べないから9回を投げている人だと思えばこの成績も分かる。
去年まではよく投げてくれたけれど一度ファームでやり直してきてほしい。
彼以上の投手は残念ながらベイスターズにはあんまりいないけれど(他のチームにはいる)、彼の為にも一度一呼吸置かせてあげて欲しいと願う。
別にもう勝利なんてどうでもいいチームなわけですよ。
だったら勝利度外視して(まぁ今の状態なら勝利が減るとは思えないけれど)一人の投手を休ませて落ち着かせてあげるのも大切だと思います。

折角牧選手が2試合連続のホームランと猛打賞と素晴らしい活躍をした試合だったのにな。
前半戦に良くみたなぁというデジャヴ感。

今日は語りたい試合じゃない。
使った首脳陣が悪い。
それでいい。
ラミレス監督時代のハマスタ阪神戦みたいに相手を気持ち優位にさせてしまったら終わりなんですよ。
だからもう今シーズンは三嶋投手はジャイアンツ戦で投げなくてよい。
昨日折角3人で抑えた(大和選手のファインプレーありだけど)のが全部水の泡。
落馬した騎手を何度も何の対策もなく根性論で騎乗させ続け、落馬していたら選手生命絶たれそうよね。
三浦監督それでいいのか?
フォローするのが首脳陣の仕事だから仕事してくださいね。

現地じゃなくて良かったです。

頑張れベイスターズ!落ち着け三嶋!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:98日目]
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9/14 ベイスターズ連勝!

2021-09-14 23:55:02 | ベイスターズ
今日はチケットもなかったですしおとなしくおうちでお仕事。
ちょっとそちらに集中したかったので経過は追わず、最後にみたらベイスターズ勝ってる。
牧選手ホームラン打っている!

試合内容を確認しました。
紙一重の試合だった。両チームともにヒットは5本。点差も1点。
ホームランがでた方が勝ったという試合だったと思う。

先発はベイスターズがロメロ投手、ジャイアンツが山口投手。
ベイスターズファンである私の気持ちとしてはやはり山口投手には負けたくない。
誰が先発だったとしても負けたくないけれど特に負けたくないのだ。
出ていき方で怒っているわけじゃない。
ただFAで出ていった選手には一矢でも二矢でも報いてほしいと常に願っている。
とは言え悪い投手なわけないからそう簡単には勝てない。
序盤ベイスターズは得点できなかった。
後半戦は安定したピッチングを見せているロメロ投手も良いピッチングを披露していたようだ。
4回に1点を先制されるもその後はしっかりと抑えていた。
そのロメロ投手の好投に桑原選手が応える。
6回先頭打者ホームラン。同点に追いついた。
そして7回の表、試合が動く。
ソト選手の打席で山口投手が投じたボールはおそらくすっぽ抜けたのだろうけれど頭の方へと向かった。
ソト選手のヘルメットのつば辺りをかすめたのだろうか。
これが死球と判定され危険球退場。
ジャイアンツは緊急登板を余儀なくされた。
こういう場面での登板は誰であっても辛いだろう。
7回まで来ていたからブルペンで肩はできていたであろうけれど、心の準備はできていなかったと思う。
さてソト選手は全く問題なさそうに見えたものの代走が送られる。
森選手だ。これも戦略的な交代だったようだ。
足の速い森選手がいることでピッチャーは警戒をしなくてはいけない。
ただでさえ緊急登板で緊張を強いられるところにランナー警戒しなくてはいけない状況では失投の確率は増えるだろう。
そして対する牧選手もその点しっかりと考えて打席に入ったようで初球甘く入った球をしっかり振りぬいた。
東京ドーム中段に突き刺す完璧な当たりの勝ち越し打。
素晴らしい当たりでしたね。
もう17号。スーパールーキーだ。
それでも今のままだと新人王は栗林投手や佐藤選手が有利だろう。
私は新人王よりもベイスターズで長く活躍していれる方がよほど嬉しいが、でも一生に一回のチャンスなのだから本人は欲しいだろうし頑張っては欲しい。
東投手や康晃投手など投手の新人王はそこそこ見れているけれど野手の新人王は記憶にないから見てみたい気もする。
記録を遡ったら2000年に金城さんが受賞していた。
金城さんは私がベイスターズを応援し始めた時には外野のレギュラーであったけれど、2000年はまだベイスターズファンではなかったので記憶にないのが正しかった。
調べてみて、2000年の金城さんの前が1977年の斎藤明夫さんということに驚いた。
1956年秋山登さん
1959年桑田武さん(牧選手の記録更新で最近よくお名前をお見掛けする方ですね)
1964年高橋重行さん
1977年斎藤明夫さん
2000年金城龍彦さん
2015年山﨑康晃投手
2018年東克樹投手

最近新人王にならなくても新人王争いにちょくちょく名前が出るのはすごいことなんだなと思った。
ドラフトは本当によくやっている。

また話が飛んでしまった。現代の試合に戻ろう。
牧選手の強烈な一発で2点差になった。
ロメロ投手は8回のマウンドにも立った。
球数的にも内容的にも当然だったのだろう。
ただこの回先頭の大城選手にツーベースを打たれてしまう。
ウィーラー選手の進塁打とハイネマン選手の適時打で1点を返されてしまった。
ここでお役御免となった。丁度8回途中100球失点2。十分に素晴らしい。
火消し役で出てきたのはエスコバー投手。
動画でみたけれど今日のエスコバー投手はキレッキレだった。
あれは誰も打てないと思う。
見逃し三振をした北村選手を責めているGファンのツイートもあったが、代打であの投は中々攻略し難かっただろう。
勿論見逃し三振がイメージ悪いのは良く分かる。
ただ今日のエスコバー投手は坂本選手さえも寄せ付けない投球をしていたからしんどかったと思った。
8回はエスコバー投手の素晴らしい火消で0点に抑え、1点差のまま最終回の裏の攻撃になる。
マウンドに立ったのは三嶋投手だった。
東京ドームにいたベイスターズファンはどのような気持ちで交代のアナウンスを聞いていたのだろう。
さらに直近調子もよくなく相性最悪のジャイアンツ相手にどういう気持ちで三浦監督は送りだしたのか。
「やり返してこい!」だったのか。
1点差でかなりの賭けだったと思う。
その賭けにベイスターズは勝った。
最後大和選手のスーパープレイに助けられた感は否めないけれど、これが大きな転機になればよいなと思う。
前回同点に追いつかれてしまった9回表もキャッチャーファールフライをスーパープレイでキャッチしていたらそのまま勝利だった。
それは非常に難しいプレイだったし取れなかったことは責められるプレイではないけれど、運にも見放されていた。
その運を引き寄せる大和選手のプレイだ。
だからこの守備は単なる1勝よりも大きな意味を持つかもしれないと考えている。
あの打球が抜けたら2塁打になっていたかもしれない。
そこから逆転そこまでいかなくても同点にされてしまったら、三嶋投手のメンタルに大きな影響を及ぼしキャリアにも影響しかねない。
本当に大和サマサマだ。
スーパールーキーの牧選手に対してベイスターズなんかに指名されてしまって可哀想と思っている部分もあるけれど(チーム成績低迷)、メージャーリーガーオースティン選手、2年連続本塁打王のソト選手、首位打者になったことがあるバットコントロールのうまい宮﨑選手、佐野選手、華麗な2塁守備をみせる大和選手や柴田選手とバッティングでも守備でも素晴らしいお手本がそばにいてしかも出場機会の多いベイスターズは割と彼にとって良い環境だったと思う。
まだまだたくさん学べるところがあるだろうから大きく成長してほしいですね。

ところでロメロ投手のヒロインのアレは何なんだ。
寡聞にしてGo!皆川氏をしらなくて、ネタも分からないかった。
ロメロ投手よりも日本のお笑い知らないのか、私、、、
次はハマスタでやろうね。ビジターでやったからかなり驚きました。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:97日目]








コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

野球のない月曜日

2021-09-13 23:37:38 | Weblog
平日の月曜日は野球がない。
ベイスターズも試合がなかった。けれど一軍では一試合、ヤクルトvsドラゴンズの試合がバンテリンドームで行われていた。
経過だけは追っていた。
どちらを応援していたかと言えば、どちらかと言えばヤクルト。
理由はもうベイスターズはAクラスの芽はないと思っているから首位争いはどうでも良い。
しかしBクラス内では一つでも上の順位でいてほしいからだ。
そうなるとドラゴンズは目下ライバルなのである。
しかしバンテリンドームの中日は強い。
広くてフェンスが高いホームランのでにく球場の特性を存分に活かした野球をしている。
選手たちも自然ホームスタジアムの特性にそった選手となっていく。
ベイスターズとは真逆の野球だ。
どっちがいいとかではないが両方極端なのでお互いBクラスなのだと思う。
チームというのはやはりバランスが大事。特に長いペナントレースを思うと好守バランスが良いチームが強いと考えている。
とはいえAクラスチームのヤクルトはどちらかと言えば攻撃型だ。
ただ今年は投手もかなり頑張っている。
近年少し低迷していたがそれは投手がいつも燃えていたからだ。それが改善されれば核となるコアな日本人選手の能力は高く、
ベテランもバランス良く配合されているチームなのだから強くて当然だ。
コアの選手は打撃成績だけ見ればベイスターズも負けていないと思うけれど、守備走塁いれると完敗。
チームとしてのバランスも大切だし選手としてのバランスも大切だな、と思う。
ベイスターズは下位指名の野手が非常に活躍できているし、それは誇れることだ。
けれどやはり下位指名なのはそれこそワンツールだからだよな、と思わなくない。
コアの選手がワンツールだと脇を固める選手がその欠けている部分を補うことが重要になってしまうから編成が難しいだろうなと思う。
多分球団もそう考えているからこそ野手の上位指名をしている。
スーパールーキーの牧選手や久しぶりのドラ1野手の森選手への期待はそこだと思っている。
話がそれた。
バンテリンでの試合だ。
結局1回裏の1点でドラゴンズは勝利した。所謂スミ1というやつだ。
なんともらしい試合である。
ベイスターズもボコボコに打たれ、甲子園でもガンガン打っていたヤクルト打線がバンテリンドームでは沈黙するのだから面白い。
しかしこの試合のハイライトはそんなバンドらしい試合展開ではなく9回表ヤクルトの攻撃だった。
1点差だから当然クローザーが出てくる。
マルティネス投手だ。防御率1点台の素晴らしい投手で、ベイスターズ戦に出てきたらそれはすなわち試合の終了を意味する。
だけれど先日のカープ戦では4点差の9回に登板し5失点さよなら敗戦投手になっているから弘法だって筆を誤る。
ただヤクルトは下位打線。万事休すかと思われたが、ヒットと四球でノーアウト1,2塁のチャンスを作る。
逆転のランナーまで出た。
高津監督は手堅く送りバントをするも失敗。
1アウト1,2塁。
ここで代打川端選手がコールされる。
川端選手は初球を打つもセカンドゴロ。
川端選手の一塁はセーフだった。しかしセカンドへ送球されたボールを京田選手がつかむと一塁ランナーだった古賀選手がなぜか一塁に戻ろうとする。
京田選手はすかさず挟殺プレーにはいるものの実は2塁はフォースプレイ。
すぐに気が付いて2塁ベースをタッチして塁審にアピールしたものの何故か塁審は何もジャッジをしない。
そこで京田選手は引き続き2塁手にボールを渡してタッチプレイをしようとする。
でも川端選手は1塁セーフ判定だったから2塁はフォースプレイ。
塁審が何もジャッジをしないから3塁にいた2塁ランナーおよび3塁コーチャーは一塁アウトで挟殺プレイでアウトにあれば試合終了と判断したのだと思う。
一塁ランナーはすぐにアウトになりそうだったから一か八かでホームを狙ったのだろう。
しかし挟殺プレイ中の堂上選手が気が付いてホームへ送球。アウトになった。
一塁セーフ、二塁もセーフでツーアウト1,2塁となったが与田監督がリクエストをして2塁フォースアウトが認められ変則的なゲッツーで試合終了。
勿論ヤクルトベンチは納得できない。
試合後10分以上抗議を続け、選手も不満を隠さない。
当たり前だ。優勝争いしているチームなんだから。
0.5ゲーム差で優勝逃したりしたらこの試合を永遠に思い出すだろう。
判定は覆らず納得感のないまま試合は終了。
審判も人間で失敗はする。
とは言え失敗を減らす努力はしてほしいものだと思う。
ベイスターズの試合ではなるべくこのようなミスがないことを願っている。
勝っても負けても後味が悪い。

スワローズに少し同情した試合だった。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:96日目]
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9/12 ベイスターズvsタイガース タナケンさんおかえりなさい

2021-09-12 23:11:00 | ベイスターズ
キッズスターナイトは素晴らしい試合であった。
どれを一番にあげるべきか迷うけれど、今日はタナケンこと田中健二朗投手のハマスタ復活登板をあげたい。





私がただひたすらに待っている投手の前を走っている選手だ。
その姿にその投手の復活を重ねる。
だから私にとっても明るい話題なのだ。
動画で見たら泣いているファンの姿が映っていた。
気持ちが痛いほど分かる。多分私も号泣する。
今こんなこと書いているだけでじんわりと涙が出るのだ。
タナケンさん復帰登板おめでとうございます。
大差のついた試合で9回ツーアウトからの登板は首脳陣からのプレゼントだと思う。
粋だねぇ。
個人的には引退試合でもない試合で勝負以外の意図のある采配は好きではないけれど、コレはいいかなと思った。
それくらい嬉しいことですよ。
四球で一人塁に出したものの続く小野寺選手を見事に投ゴに抑えて試合終了。
球も走っていたと思う。
今日は再出発の記念すべき試合。
それがキッズスターナイトだったというのも良い。子供たちに夢を与えると思います。
挫折しそうになっても、大きな壁にぶつかってもまた輝けると。











さて試合について。
この試合唯一の瑕疵となる一回表。失点したことが問題なのではなく柴田選手の残念なプレーがその理由。ショートの脇の打球を捕球したまでは良かったが、くるりと回転してから投げるまでが遅かった。マルテ選手は一所懸命走っていた。
これで先制された。
この時は憤っていたけれどそれ以外今日は何も問題なかったからちょっとしたスパイスだと思うことにした。
ちょっと塩がないと甘味も引き立ちませんものね。
その裏。すぐさまキャプテンの一振りで試合をひっくり返したのが最高に良かった。
今日はオースティン選手が2ホームランと素晴らしい活躍をしてヒーローになるのだが、個人的には佐野選手のホームランが試合の行方を決めたと思っている。
凄い一発だった。
一回の少しぐだった空気を一振りで振り払ったのだ。
それで気持ちが乗ったのか今永投手の投手は尻上がりによくなり、8回112球、11奪三振の快投を見せる。四球ゼロも良い。
打線もオースティン選手の豪快な二発もあり8得点。まさに快勝。
いつも文句ばかり言ってしまうけれど今日は文句ないです。
大和選手のお洒落な二塁守備を2回も見られたのも嬉しかった。
これは牧くんなら抜けているだろうなと。
牧くんはよくやっているし文句の付け所のないスーパールーキーだけれど、これからレギュラーをガッチリ掴むためには守備も向上して欲しいと願っている。
二塁守備はやっぱりまだまだ大和選手や柴田選手が上。
吸収して自分のものにしてくれたら最高。
それでも6-4-3の送球は今でも一番好き。肩が強いのはアドバンテージ。

総括すると良い試合だった。
残り少なくなった試合、今日のような試合をできる限り多くやって欲しいです。







頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:95日目]


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9/11 スワローズvsベイスターズ@神宮球場

2021-09-11 23:05:27 | ベイスターズ
スワローズは2カ月ぶりの神宮球場だったらしい。
ベイスターズも8月の終わりにやっとハマスタに戻ってこられた。
この2球団はオリンピックでホームスタジアムを召し上げられて放浪の旅を続けていた。
やはりホーム球場では気持ちが上がるのかスワローズの快勝となった。




ただあんまり言いたくはないけれど、球審の判定はイマイチだったと思う。
私が見ていた席からは高さぐらいしか分からないけれどそれでも首をひねったし、ツイッターを見るとベイスターズにシビアでスワローズに緩い判定だったようです。
選手たちの打席でのしぐさからも多分そうだろうなとは思った。宮﨑選手がそんな空振りするか?と思った打席が2度ほどありました。
ホームアドバンテージなんだろうけれどあんまり露骨だと興ざめする。
それがなくても今日はスワローズが勝ったとは思っているけれど、それでも選手の成績にも関わってくるしやめてほしい。
せめて両チームに狭い、とか両チームに広いとか、両チームに可変とかにしてもらいたい。
判定に私情が入るのであればAIなど技術的なサポートを受け入れるべきだと思う。
少なくとも審判の判定エラー率をつけて成績をとった方が良いと思う。

さてその審判のせいもあったと思うが、このところ好投を続けていた京山投手が初回から4失点。
初回に限らずボテボテの内野安打に泣いた試合でもあったが、先頭打者を内野安打で出塁させてしまったのがけちの始まりだったと思う。
そしてベイスターズに厳しい審判でストライクが入らずストライクを取りにいった球を痛打。
今日の試合は仕方ないよ。気にするな、と言いたい。
勿論チームのエースであれば悪いなりにもう少し何とかして欲しいけれど、まだローテ定着を目指す若手ピッチャー。
引出しを増やしていければいいかな、と。







その後池谷投手が久々に一軍で登板。
2回無失点の好投。今日の一番のハイライトはこれかな。
















櫻井投手と風張投手はちょっと残念な投球ではあった。
櫻井投手も京山投手同様まだ若手ピッチャーなのでここからの成長に期待したいし、今日はアンラッキーなヒットもあった。
けれどコントロールは今日に限らず悪い。
ここは修正してほしいと願っている。
風張投手は古巣相手に被弾。
防御率も芳しくない。
立場的に盤石な選手ではないから何とか結果を残してもらいたい。

さて今日負けた事で自力CSが消滅したそうだ。
へぇ、まだ残っていたんだという感じ。
気にしても仕方ないことだ。
多分選手も大方諦めているだろうし、首脳陣も来季に切り替えているだろう。
大型連敗はしたくせに中型連勝さえもできないチームがここから順位をあげられるわけもない。
スターナイト最終日は引き分けとはいえ後味の悪い試合になったから、私は今日は何としてでも勝って欲しかった。
でも無理なんです。そういうチームなんです。
と考えると自力CSとかどうでもよいことに思える。
今季スワローズに沢山借金をしています。
これは昨年最下位だったスワローズがベイスターズを(ベイスターズだけではないと思うが)研究しているからだろう。
佐野シフトを強烈に敷くチームだ。
多分もっと分かりづらい対策も色々と実行しているだろう。
対するベイスターズは無策か、もしくは分析が間違っているか、分析した結果の作戦を遂行できる能力が選手にないか、どれかだと思う。
今日の試合、特に怒りなどは球審以外には感じなかったけれど、まぁ実力が足りないんだよねとだけはしみじみと実感した。

来季の巻き返しに期待することにする。
流出だけして補強しないなんてこと今年もやったら来年も早々に諦めることになるからオフはぜひ必死にやってほしい。

明日はキッズスターナイト。
ハマスタ阪神戦。
あんまり良いイメージはないけれど楽しい試合になるといいなと思っています。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:94日目]




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9/10 野球がない金曜日

2021-09-10 23:33:48 | Weblog
ベイスターズの1軍の試合はない金曜日。
残念なような安心するような不思議な感じがします。
順位も意味がなくなったのだからもっと気軽に楽しめばよいけれど、やっぱり負けると「きー」となってしまう。
勝って欲しいんですよね。言っても仕方ないことだけれど。

安穏とした金曜日の夜は他球団の速報などを見ながら過ごしました。
普段はベイスターズばかりを見ているからどうしたって不甲斐なく感じたり、成績が良くないとおもったり、とネガティブに思うことも多いけれど他球団のスタメンの成績を見て「え」となったりする。
今日はジャイアンツのスタメンの成績を見て打率二割に満たない選手が結構いて驚いた。
ベイスターズで「捕手が打てないよ」と嘆いてしまうのが可愛く思える。
ベイスターズの代打陣に足りないのはベテランがいないことで若手、中堅層で言えば他と比較して悪すぎるわけではないだろう。
ベテランがいないのは実績のある選手にはすぐに逃げられる球団であることが起因していると思うから、魅力ある球団づくりを頑張ってほしいな。

怪我人が多くてままならない先発や、負荷が高くて崩壊気味の中継ぎ陣はベイスターズの改善ポイントだけれど、ジャイアンツが菅野投手を中4日で使うという報道を見て驚いてしまった。
前の登板はベイスターズの試合だったけれど浅い回に降板したとはいえ球数はそこそこ投げていた。
それも確か中5日での登板だった筈。
シーズン初めに怪我をしている投手の使い方としてはちょっと荒いんじゃないですかね。
エースとしての投球に期待、とか根性論をコーチが言っているようだけれど。
まぁ優勝争いの肝となると試合と見ているのかもしれませんし、ジャイアンツの投手運用に興味はない。
ファームに良い投手いないのかしらね、と調べたら投手成績は分からないけれど、今イースタンで最下位らしい。
ベイスターズは外野全員捕手とかいう酷い状況でそこそこの期間戦い、ほとんど勝てない時期があったのにそれ以下って相当だなぁとビックリしました。
あちらは三軍まであって選手層は厚いはずなのに、なぜと驚く。
こんな感じだとシーズンオフのFA補強がまた激しそうだなぁとヒヤヒヤします。
今年ベイスターズは宮﨑選手がFA権を取得した。ただ流石に3塁には岡本選手がいるから取らないだろうけれど。
ドラフト次第でシーズンオフの動きは激しくなりそうです。
今年のドラフトは10/11。あと約1か月。早いですね。
投手がみんな手術をしているから投手中心になるとは思うけれど、足が速くて走塁が上手な社会人野手がいれば取って欲しいなと思います。
ベイスターズで走塁教えてもうまくならなそうだから、素材じゃなくて既に完成された技術をもっている選手を取って欲しい。

ただ誰をとってもウェルカムです。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:93日目]
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9/9スタナイスイープの夢消える

2021-09-09 22:00:09 | ベイスターズ
スターナイトのイベントはドローンとプロジェクトマッピングの世界から三嶋劇場に変わった。
8回の裏に追加点を入れて、これは勝てると、多分ハマスタにいた半分くらいのファンは思ったと思う。
私を含めて残り半分くらいは信じていなかったと思う。
信じられる実績がない。
そして悪い予感は当たってしまう。
そういう時もある。
と割り切れるほどの回数だろうか。こんなつまらない劇を何度も見せてくれなくていいのにね。
スターナイトメアというほどではなかったが、牧選手100安打達成と自身の500奪三振という素晴らしい記録を泥に塗ってしまうのはもう言葉がありませんね。
まぁ今日の試合に限らずこのところずっとこんな感じだったから使う方が悪いし、他にまともな投手がいないのは悪いと思う。
今日勝てなかった理由の90%は三嶋投手の責任だけれど、それ以外にも私が気になった点はいくつかある。
4回柴田選手と佐野選手のエラー。
どちらかがなければ2失点はなかったはず。
柴田選手は守備での貢献を期待されている選手なのだからしっかりして欲しい。
佐野選手は守備下手なのは分かっているけれど、投手が可哀想。
守備が良くないからと守備固め入れたら裏にサヨナラの場面で打順回ってきているのは皮肉。
そして9回の最後の3人は残念でしたが、まぁ仕方ない。
やっぱりレギュラースゲーとなる。
いやレギュラー陣が打ったかは分からないんですよ。
でも出てきた時の期待感が段違いです。
だってノーアウト1、2塁で佐野選手、オースティン選手だったらもうワクワクするじゃないですか。
関根選手や倉本選手が悪いわけではないけれど、さすがに比較するレベルにない。
倉本選手にはこういう場面で打ちそうと密かに期待していたのですが全然あっていなかったですね。四球選びたかったね。
関根選手は1,2塁の場面のバントは難しいけれどちゃんと決めないといけなかった。
蝦名選手はせめて振って欲しかった。
全体を通して「実力不足」以上で裏の攻撃については終わりでいいと思います。
せめて佐野選手かオースティン選手のどちらかが残っていたらと思うけれど(クローザー)を信じていないみたいになっちゃうから仕方ない。
次につなげてくださいませ。

今日はSS席で見ていましたが、堂々と缶ビールを持ち込んで飲んでいる方がいてビックリした。
後で係りの人が没収していたけれどコロナ関係なく缶飲料は持ち込み禁止ですよ。

最後こんな試合になってしまったけれど、スターナイトは2勝1分。
もうAクラスはないも等しいし順位になんの意味もないことを考えれば借金が2つ消えたね、キャッキャとしていれば良いですね。
この結果から選手が成長するかもしれないし、腐っていくかもしれないけれど、ファンには何もできないから。
できたら成長路線でお願いしたいですね。

阪口投手が右肘のクリーニング手術を受けた。
今季絶望。
でもクリーニング手術ならばうまくすれば来年頭、少なくとも前半には復活できるでしょう。
まだ若いしハリを気にして思い通りに投げられないより手術して全力で投げられるようになった方が良いと思います。
リハビリ組が沢山いるので(おかしいだろ)、寂しくないですし励ましあって復帰の道を歩んでもらいたいですね。

引き分けなので土曜日に勝てば連勝は続くから連勝してください。

頑張れベイスターズ!頑張れ阪口投手!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:92日目]



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9/8 ベイスターズvsジャイアンツ スタナイ2連勝

2021-09-08 23:31:43 | ベイスターズ
なんとまぁ。スターナイト2連勝ですよ。
相手はジャイアンツ。首位争いをしているチームでこちらは最下位争い。
ホームゲームとはいえ2連勝は素直にすごいなぁと感心しています。
まぁあちらさんは甲子園球場での首位攻防戦で手酷い負け方をして意気消沈している部分もある。
少なくとも明日までは意気消沈していてください。
こちとら借金返済しないといけないので貸した白星は耳をそろえて返してもらいたい。
来年は利子を付けて返してもらいましょう。
前半戦、対巨人戦は全く勝てなくて虎党さんたちに「犬、犬」言われていたけれど「ネズミ」もしくは「たぬき」です。

どちらにせよ彼らの為にベイスターズが勝っているわけではない。
ただもう1試合1試合を勝つしかないのだ。
と言うわけで明日も勝って、スターナイトスイープといきたいところですね。

さて今日の試合。
試合開始は17:45から。私は残念ながら18:15ごろまで会議があってハマスタ到着して席についたのは3回裏くらいだった。
今日はベイスターズFA応援席。スターサイドだけれど周りはベイスターズファンに囲まれているのが保証されている席。
雨にはほぼやられずに済みました。
ノベリティの箸が欲しいな、と思ったけれどどこもノベリティはなくなりました、と。
前日はもっと早い時間に買いにいったのになかったからもっと用意してほしいな、と思いました。
まぁ安定のピザーラ様のおかげでお箸は手に入りましたけれど。
オースティン様なのでホクホク。
私が到着した時は既に2点先制していました。
4回、5回の得点は見られましたが併殺崩れだったし、タイムリー見たかったなというのだけは残念。
でも大貫投手が好投し、エスコバー投手、康晃投手、三嶋投手という少々ドキドキしちゃう勝ちパターンがしっかり抑えてくれたので満足。
山口投手を負け投手にできたのもポイント高いし、オースティン選手の好返球と伊藤光選手の素晴らしいタッチ(ボールはそれていた)で岡本選手をホームでアウトにできたのを見られたのも良かった。
大貫投手は6回で被安打7だから、本人もお立ち台で言っていたように結構打たれている。
でも四球が少ないのが良かった。四球を出した4回、オースティン選手の肩がなければ失点していたかもしれないが好守備によって失点を防いだ。
だから流れがきたと思う。
逆に相手は2回の併殺チャンスを両方とも併殺できずに失点につなげているのだから流れはこない。
それ以上に相手打線が冷えていた。今日は坂本選手、丸選手がノーヒットだったから得点に結びつかなかったのだろう。
バッティングはどの球団も波がある。
ジャイアンツは今低調な時期なのだと思う。
是非明日まで低調でいて欲しい。その後の中日戦で復活してくれても構わない。

明日は坂本投手が先発だ。良い時の坂本投手でありますように。
また謎に強い援護力がいかんなく発揮できますように。

カード勝ち越しで満足せずに貪欲に一勝をもぎ取って欲しい。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:91日目]
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9/7 スターナイト1日目 宮國投手を古巣相手にベイスターズで初勝利

2021-09-07 23:37:11 | ベイスターズ
「まさか」と書いたら失礼にあたるかもしれませんね。
けれど宮國投手vs菅野投手と聞いて宮國投手有利と思う人は少なかった筈です。
戦力外になってしまった投手とそのチームのエースとの対決ですから。
でも勝負事というのは分からない。だからこそ面白い。

今日はダイヤモンドシートでの観戦でした(散財)。
私の近くでつまらないもめごとがあり雰囲気悪いなとちょっと嫌な気持ちになったのですが、原因の方が早々に怒って帰ってしまわれたので助かりました。お高い席でそういう揉め事を聞いていたくない。
しかし今日の試合を見逃すなんて何とも勿体ない。

今日はスターナイトとは思えないほどの快勝でした。
最近はスターナイトでも勝ってはいるのですが最初の頃のイメージがよろしくない。
真夏の夜の悪夢、スターナイトメア、、、
それも球団の歩んできた歴史の一つです。
10年間。凄いな、と思った。
私は2003年頃からベイスターズを応援するようになったのですが、もうDeNAになってからのファン歴の方が長くなっている。
DeNAになったのはつい最近と思っていたのにもう10年という時間が過ぎ去っていたのですね。
10年というのは長い。
今日先発の宮國投手がプロ11年目。2010年のドラフトで巨人に入団しているからDeNAより少し長いけれどほぼ同じ。
一人の選手が入団し期待され開幕投手まで務めるも長い不調の末戦力外になり、別の球団に育成契約される。それくらいの長さ。
やはり感慨深いですね。

私の隣の席にいた方がおそらくジャイアンツ時代からの宮國投手のファンの方で「勝ち投手」の権利が付いたころにはもう涙ぐんでおられました。
戦力外になるとファンも相当の衝撃を受けます。
選手にとっても茨の道ですが、ファンにとってもしんどい道だったのでしょう。
そう思うと彼のファンにとっても素晴らしい試合になったとおもいます。

試合はしかし2点のビハインドから始まる。
初回先頭打者をヒットで出塁させると、続く坂本選手は打ち取るも、その後連打で2失点。
岡本選手を二塁でアウトにできたのが良かったと思う。あれでズルズルいかなかった。
2回にも小林選手の打球をスーパーダイビングキャッチでとるのなど、やはり桑原選手は守備での貢献が非常に高い。
今日は打撃はふるわなかったけれど勝利への貢献度は高かったと思う。
対する菅野投手はマウンドの状態を気にして少し神経質になっているように見えた。
それでも1回は三者凡退だったからダメかと思ったけれど、それ以降の回は常に出塁できていた。
球数も四死球も多かったから調子は悪かったんでしょう。
そして5回の裏。四死球とヒットで3点をとり逆転。ただ2点はセーフリティーリードではない。
もっと点を取れと念じた。
祐大選手の打順だった。打率1割台とまだまだ調子が上がっていないからどうなるかと見守っていたところ2球目をスクイズ。
ピッチャーの前に転がったボールを菅野投手がうまくグラブトスして、タイミング的にはアウトでもおかしくなかった。
それを3塁ランナーだった牧選手がうまくかいくぐってセーフ。
現地ではアウトかな?と思ったけれど公式のインスタグラムにある写真で正しくセーフであったと納得できました。
しかしスクイズ。
応援始めてからベイスターズのスクイズなんて見たことあったかしら。
少なくともここ最近はないはず。
だからビックしました。多分相手もそうだろう。
そのプレーで足を少し痛めたのか菅野投手はそこで降板。
既に宮國投手の打順には楠本選手が準備していた。
左投手が出されたが代わり端を見事に一撃で粉砕してくれた。






これで勝負が決した。
と今なら言えるけれど、現地にいると6点差はセーフティリードではない。
いくら点があっても全く安心できない。
トラウマが多すぎる。
それでも今日は流れを渡さなかったので素晴らしかった。
シャッケルフォード投手が2回、櫻井投手と伊勢投手がそれぞれ1回投げて追加点を与えず試合を終わらせた。
宮國投手に勝ちがついて本当に良かった。
この一勝は単なる通過点ではあるけれどそれでも大きな第一歩だと思う。
ようこそ横浜へ。これからもよろしくお願いします。






















今日相手方で気になったのは、小林選手のファールがホームランではないかとリクエストされたこと。
バックネット裏から見ていたらきれたと確信があった。
それがリクエストされるものだから私の記憶違いかと思ったけれど、私の記憶の中で最速で検証が終わり結果ファール。
打席の小林選手もアピールしているように見えなかったし誰の判断なんだろうと思った。

さて初戦はとった。
明日も勝ってそろそろ長めの連勝をしてほしいところだ。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:90日目]






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする