信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2021夏休み北アルプス漫遊記 ~1.プロローグ~

2021年08月04日 | 北アルプス(北部)




お早うございます、信です。
昨日、無事立山から帰ってきました。

立山雷鳥沢キャンプ場、2泊3日の還暦オヤジの漫遊記、始まりです。
一昨日、現地からスマホで2枚、リアルタイムで速報しましたが、天気はまあまあで午前中は快適に過ごせました。

ただ昨日、登った奥大日岳で、左目の瞼を虫に刺され、昨日も下山した街中でお岩さん状態で、とても白い眼で見られましたが
記事を書く今も、殆ど左目が見えず、もし誤字等ありましたら、お許し下さい。

昨日は帰って来て、サッカーを観戦して前後半戦で、もう耐えきれず眠ってしまいました。今朝結果を見てJAPAN惜敗、残念でしたが
3位決定戦で頑張って欲しいものです。


さてまた立山までの道のりです。
毎年のように同じような絵を載せていますが、本人的にはまったく違う印象なのでお許し下さい。

旅の始まりは黒部宇奈月温泉駅から


1









富山地鉄側にあるトロッコ列車


2









AM 9:27 新黒部駅で今回も連絡の良い、特急・立山アルペン号に乗り換え


3









居心地満天の車内です


4









長閑な田園地帯を走ります


5









お約束の千垣橋梁


6









常願寺川の流れは美しく


7










真夏の山々が迎えてくれます


8









そのまま間髪を入れず ケーブルカーへ


9









残念ながら高原バスはガッスガス
室堂到着はAM12:10でした


10









お花を愛でながら、売店で買った「ますのすし」お握り1個250円で腹ごしらえ


11


結局、3日間カップヌードル以外は、この「ますのすし」お握りを食べてました。






ミソガワソウでしょうか


12


今回も室堂園内でお花は撮りましたが、殆どカットです。
翌日の浄土山登山、そして3日目の奥大日岳の大お花畑で、改めてご紹介します。





室堂一帯は今、花の盛り


13










ミヤマキンバイの大株


14









多少天気が悪くても、お花で随分楽しめます


15










イワベンケイ


16








ミヤマダイモンジと、シナノオトギリ


17









思った通り、立山もコバイセイソウは大当たり
みくりが池です


18









見飽きてしまったチングルマとコイワカガミ


19











20









小雪渓の近くに ハクサンフウロ


21











22










地獄谷 立山は活きた火山なのだと実感します


23









賑やかな、みくりが池温泉


24










浄土山とみくりが池


25









血の池です


26









コバルトブルーのりんどう池と雷鳥荘


27









雷鳥荘を過ぎると


28










見えてきました、今日のお宿


29



正確には今日のお宿を設営する雷鳥沢キャンプ場です。

なんだかやっぱり絵がクドクドと多くなりました。

明日はスッキリと、雨が上がった夕日です。


 撮影日: 8月1日
 撮影場所:立山町 室堂平・雷鳥沢キャンプ場


それでは皆様、ご機嫌よう。







コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 立山雷鳥沢より | トップ | 2021夏・北アルプス漫遊記 ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2021-08-04 08:24:07
おはようございます&おかえりなさい。
雷鳥沢キャンプ場を拠点に二泊三日で
立山周辺の山を楽しまれましたね。
この時期は高山植物も1番の見頃なので
お花も十分に楽しまれたのではないですか。
このご時世での登山はテン泊がベストなので
私もテン泊で夏山に行きたいのですが
なかなかその一歩が踏み出せません(笑)
しばらくは山にも行けないので
北アルプス漫遊記を楽しませてもらいます。
立山漫遊 ()
2021-08-04 13:26:49
はりさん>

こんにちは。
既に下界の暑さにゲンナリしています。
この時期の立山は久しぶりだったので、お花畑の豊かさに感動しました。
はりさんが奥大日に登られていたのを思い出して
今年は私も登ってみました。
奥大日までの道はまったくのお花畑ロードで、疲れも忘れてルンルン気分で登れました。
ただ帰りが灼熱地獄で、下り坂を眩暈がしながら降りていました。
でも登った当日にテント撤収をして室堂BTまで歩くのは
地獄の演習のようでした。
ちょうど自衛隊の方々が、剣沢で訓練をするのだと登って来られていました。
今度はもう1泊して、朝、ゆっくり撤収するのが良いと学習しました。
コメント有難うございます。
Unknown (takayan)
2021-08-06 00:15:22
こんばんは。
立山の素晴らしい風景を堪能しています。
テント泊や登山は無理ですが、もう一度室堂平を歩いてみたいと思いました。
連日の猛暑でずっと自宅に籠ってますが、立山では、
夜は寒いくらいになるのでしょうね。
一時的に天気が悪い時間帯もあったようですが、
夕日に染まる立山の風景が見られたのは良かったですね。
錫杖さん夫婦とみくりが池温泉で泊まってから
5年の月日が過ぎましたが、もう一度訪れてみたい立山です。

しかしコロナが大変んなことになってきました。
とうとう滋賀県にもまん延防止等重点措置が出されることになり、
ますます出かけにくくなりそうです。
政府が発表した中等症者の自宅療養の方策は、
運の良いか悪いかで、生死が別れることになり、
感染しても診察さえ受けることなく、亡くなってしまうかもしれませんね。
誰が入院と自宅療養の選別をするのか?
信さんが言われるように、大人しく自宅療養している者が
酷い目に遭うことになるのでしょうね。
政府のお偉方が感染すれば、症状に関係なく即入院で、
手厚い医療と看護を受けられるのでしょう。
それとは逆に私たち平民は、医者にも診てもらえず、
運が悪ければ死ぬかもしれないということですね。
総理の記者会見のテレビ放送を見るたびに、
文句を言っているだけの自分が情けなく感じます。
早急にワクチン接種が進まなければ、全国一斉の緊急事態宣か、
強制力が強い都市封鎖でも実施しなければ感染拡大を
止めることはできないかもしれませんね。
今年の冬にはどうなっているのか?考えただけでも恐ろしくなります。

そんなコロナの事も少しの間だけでも忘れて、
色々な高山植物の撮影が楽しいでしょうね。takayanもゆっくり高山植物の撮影をしてみたいですが、
今年は伊吹山へも行けずに夏が終わるかもしれません。
次回の雨上がりの夕日も楽しみです。
雷鳥沢 ()
2021-08-06 07:45:40
takayan師匠>

お早うございます。
私がいた時で昼は20℃、夜は10℃くらいでしょうか
昼は20℃と云っても、日照の強さで体感は25℃を超えます。
今回はシェラフは秋用を持ち込んだので、夜はまあまあ快適でした。
それでも朝方は震えがとまらないこともありました。
永遠のみくりが温泉での撮影会、あれから5年ですか、早いものですね。
私は1年に1度はなんだかんだで来ています。

いよいよ東京も5,000人を突破しました。
新規感染者/日の人数です。
いくら医療関係者が豊富といっても、もう間に合いませんね。
その前に患者と医者を繋ぐ、自治体の保健所が完全にパンクしています。
医療を受けられる症状のスライスレベルを上げる。
そのスライオスレベルは誰が判断するのか?
それは医者だと云っていますが、既に機能しない(出来ない)自治体が介入しますから
こんな恐ろしいことはありません。
少しは若い人も目を覚ますのではないでしょうか
都会での立ち飲みも激減することでしょう。
早くこの異常事態から脱却して欲しいものです。
コメント有難うございます。

コメントを投稿