信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

小石川後楽園 黄門様のお庭から

2021年12月07日 | 紅葉狩り




こんにちは、信です。
今日は午後の投稿となりました。

とりあえず六義園は終わりにして、小石川後楽園に移ります。
駒込から地下鉄南北線に乗り、3つ目の後楽園で降ります。
東京ドームの外側を廻り、南側に移動して西門(正門)から入ります


1







入口のモミジが印象的でした


2







入園料は同じ¥300です


3





このマップの右上が後楽園駅です。
東京ドームのアルバイトセンター外側を廻って、南の西門(正門)から入ります


map






正面、大泉水の向こうに東京ドームの屋根


4


こんな感じです 




入ってすぐ右手に西行堂跡。


5

藩祖 頼房の時代、西行法師の木像を安置したお堂があったようです。
残念ながら戦災で焼失しました。





そのまま竜田川を北上し紅葉林へ


6









7






     そのまま延段を上がり、木曽川を東上します

     
     8






向こう側は白雲台です


9






寝覚の滝です。木曽川の寝覚ノ床を模したのでしょうか


10







昨年12月に戦災で焼失した、唐門が復元されました


11






精緻な透かし彫りが施されています


12







唐門側から内庭です。
向こう側は道を挟んで黄色ビル。都会の真ん中です


13









14










15







左手の松からの内庭


16







六義園では来週と云っていましたが、ここはもう雪吊りが施工されています。
どちらかというと風物詩ですね


17


東京ではクリスマス・ツリーに近いのかも。





復元された唐門です。昔からこんな感じなのでしょうか


18









19









20










21







内庭の右手の高台に上がってみました


22



藤田東湖の遺構があります   



唐門は立派な細工でした


23


職人たちの意気が感じられます 



明日は松原から白糸の滝です。


 撮影日: 11月30日
 撮影場所:小石川後楽園


それでは皆様、ご機嫌よう。







コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 晩秋の六義園 水香江からつ... | トップ | 小石川後楽園 松原から音羽の滝 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2021-12-07 21:27:30
こんばんは。
大都会、東京のビル街の近くに、前回までの六義園もそうですが、
こんなに自然豊かな庭園があるなんて信じられないくらいです。
復元された唐門の造作が素晴らしいですね。
現在もこんな建築物を造れる匠がいることは、
この先で多くの文化財などの修復に際しても心強いことですね。
雪吊りと紅葉のコラボが綺麗です。
小石川後楽園は花菖蒲も有名なようですね。
4番の東京ドームが雪山のように見えました。
黄門様のお庭 ()
2021-12-08 13:00:23
takayan師匠>

こんにちは。
小石川後楽園は東京ドームの真横にあります。
駅を降りてドームを廻り込むように歩いて、後楽園西門にたどり着きます。
六義園は敷地が広く、外側に雑木林が並んでいますから、ビルがあっても隠れてしまいますが
流石にこちらはそうはいきません。
ドームやら、周りのビルがどうしても入ってしまいます。
それでも回遊式の庭園で、うまくそれらが目だないように楽しんで歩けます。

唐門復元工事はどれくらいかかっていたでしょうか。
多分、主要なパーツは匠の工房で作られ、現地は土台の土木工事だけしっかり施工して
えいやで持ち込んで組み上げたのだと思います。
日本の匠たちの腕が鈍らず、こういう形で活かされていくことが嬉しいですね。

松原の奥に稲田、菖蒲田があるのですが、今回は松原の紅葉に気を取られ、そちらの方は歩きませんでした。
名所である円月橋にも寄らず、惜しいことをしました。
コメント有難うございます。

コメントを投稿