信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

プレイバック 黎明の時

2020年07月31日 | 山紀行





お早うございます、信です。
時の経つのは早いもので 梅雨も開けぬまま、7月文月も今日で終わり
明日からは 8月葉月に入ります。

昨日、東京ではこれまでで最高の367人の新規陽性者が出ました。
正確な陽性率はまだ分かりませんが、家庭内での市中感染が倍増しています。
心配ばかりしていても何も始まらないのですが・・

昨日、白馬山荘グループの予約センターに電話してみたところ、既に8/1からお盆明けまで
白馬大池のキャンプ場は満席でした。
やはり皆さん、この長い梅雨明けと、市中のコロナ禍からの脱出を満を持して待っていたようです。
ということで私の夏休み計画も、目下白紙になってしまいました。


今朝は槍ヶ岳の山頂から


1









朝 4:30 まだ夜明け前の笠ヶ岳


2








アルプス最奥の山々


3








目の前には表銀座の稜線


4








東鎌尾根に滝雲


5








北は順番待ち


6








突き出す北鎌独標と雲海の天上沢


7








眼下に槍ヶ岳山荘


8








ご来光を待ちます


9








今か 今かと


10








来た


11








大天井の上に


12








雲上に突き出す常念坊


13








燕の稜線でも歓喜の朝を迎えたことでしょう


14










15








新しい朝です


16








さあ 前を向いて歩こう


17


まずは近場で山登りのリハビリかな・・


 撮影日: 2017年 7月21日
 撮影場所:槍ヶ岳頂上


それでは皆様、ご機嫌よう。







コメント   この記事についてブログを書く
« プレイバック 花見平から黒... | トップ | プレイバック 紺碧の槍沢 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿