こんにちは!船橋SLネットワークです♪

地域で活動する災害ボランティア団体のあれこれアタシが勝手に報告

8月定例会

2022-08-07 11:29:09 | 活動

by tama

令和4年8月5日(土)

中央公民館で定例会を開催しました。

 

原則、月1回定例会を実施しているのですが、、、と以前、書込みをしていましたよね~。

しかし今回も、2か月ぶりの定例会です~。

7月は市のリーダー養成講座を受諾・実施した関係から、このようになりました。

また、このコロナ禍で、中止になった活動もでてきました。

それでも、団体の活動は続きます。

多様なイベントに、それぞれ会員が協力し合いながら、取組んでいます。

それでは活動報告から、、、

・7/13(水)市民協働課ボランティアセンター職員訓練に協力

・7/9~23 市リーダー養成講座を受諾、実施

・6/19、6/25夏の学生ボランティア体験マッチング会に参加、学生ボランティアの決定

・6/26、7/24女性のための市民防災力アップ講座実施

・7/23(日)勉強会実施

つぎは活動予定、、、

各担当者から説明があります!

・8/19(金)きららホール「親子防災講座・シールラリー」

 定員に達しましたので、募集は締め切りました。

・8/21(日)松が丘公民館「親子非常食講座」募集中!

・9/2(金)、9/3(土)、9/4(日)

 災害救援ボランティア養成講座(通称:船橋SL講座)募集中!

・9/8(木)、9/15(木)習志野市民カレッジ(2年生)

・9/11(日)、9/18(日)三田公民館講座

・9/15(木)八木が谷公民館寿大学

・9/17(土)男女参画フェスティバル 他

そして学習会は、、、

「要配慮者支援」について

障害者が被災生活で命を落とさないための、

当市のマニュアル整備や求められる仕組みづくりについて、

平田SLから、くわしく説明がありました。

最後は各会員から一言、、、

・報告:各地域での自身の防災の取組みついて。

・告知:本部@マンション談話室の講師として登壇します。

ではでは、みなさま

ご自身の健康を第一に、活動をしていきましょう!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月定例会

2022-06-14 19:12:40 | 活動

令和4年6月11日(土)

中央公民館で定例会を開催しました。

原則、月1回定例会を実施しているのですが、5月は県SLネットのイベントと重なり

2か月ぶりの定例会となりました。

7~9月、大きなイベントがいくつかあります。

7月には船橋市地域防災リーダー養成講座、

8月は市民協働課主催の夏の学生ボランティア体験として事業に学生も一緒に事業に参加します。

9月には災害救援ボランティア養成講座(通称:船橋SL講座)が開催されます。

それから、Sさんから自主勉強会のお知らせと

内容盛りだくさんでした。

後半は、外部講師をお呼びしての学習会

習志野市議会議員の清水大輔さん、SLでもいらっしゃいます。

令和元年台風15号、19号の時の災害ボランティアセンターの話など

被災地での活動の様子を伝えていただきました。

現場でたくさん活動していらっしゃる清水さんだからこそ伝えられる内容

とても勉強になりました。ありがとうございました。

by oami

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

逃げ遅れない!@西部公民館寿大学

2022-06-14 18:54:41 | 活動

令和4年6月8日(水)

二和公民館防災講座をやっているまさにその日その時間

西部公民館寿大学でも防災についてお伝えしています。

題して「逃げ遅れないために」

西部公民館がある船橋市西部地区には、ハザードマップ上、浸水が予想される箇所がいくつかあります。

そこで、みなさんに的確な判断で「避難スイッチ」を入れてほしいということで

おもに水害の避難行動についてお伝えしました。

後半は、「備え」について

避難所に行く場合と、自宅で暮らし続ける場合の「備え」は別のものです。

避難所にもっていく非常持出し品だけでなく

自宅で暮らし続ける場合の備えについてお伝えしました。

①食、②トイレ、③電気それぞれ便利グッズなども紹介しました。

防災用品だけでなく、キャンプ用品も有効です。

今日参加したみなさんのうち、半数以上の方が非常持出し品を用意していて

関心の高さがうかがえます。使うチャンスがないのが一番ですが

これを機に自宅の備え、検討していただければと思います。

by oami

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マイ・タイムラインの作成

2022-06-14 08:44:53 | 活動

二和公民館防災講座

令和4年6月8日(水)二和公民館

「台風に備えたタイムライン作成」

<2部構成>

前半:地域・自宅の被災状況を知る

後半:自分で避難行動プランを作る 

 

前半は、自宅を中心とした地域の台風災害の影響を知ってもらうことをテーマに「洪水・内水・土砂災害ハザードマップ」の見方を解説しました。

なんとなく地図を眺めるだけで終わりがちなハザードマップの重要性を知るために、

情報の記載個所や用語の説明を中心に、具体的な見方を解説しました。

その後、参加者が『我が家の防災メモ』を作成し、自宅近隣や地域の具体的な被災状況を再確認しました。

二和地区は、台風災害の影響が比較的小さいと予測されている地域であるため、

①気候変動の影響で予測を上回る災害が増えていること。

②二和地区以外にお住いの家族や職場の状況を知ることも重要であること。

以上の2つを付け加え、一人ひとりの防災意識を高めました。

 

後半は、『我が家の防災メモ』をもとに、ワークを中心に『マイ・タイムライン』を作成しました。

まずは、避難行動フローを見ながら、自身の避難のタイミングと避難場所や避難経路を考えます。

そして、警戒レベルや避難情報の伝達方法等の必要な知識を知ったうえで、自分の『マイ・タイムライン』を作成しました。

このワークは、

①座学で知った知識をもとに、「事前準備や避難行動を自分で考えてみる」こと。

②その後の発表会を通じて、「多くの人の考えを聞くことで、自分には無かった気づきを得る」こと。

を目的とするもの。

 

最後に、「今日の講座で学んだこと・気づいたことを持ち帰り、まずは家族に伝え、そして、ご家族で一緒に考えてください。」

とお伝えし終了しました。スタッフの皆さんも、お疲れ様でした。

@y.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小児・乳児の救命研修

2022-06-04 00:09:08 | 活動

526日 こあらっ子幼児教室

 

乳児・幼児心肺蘇生法を6組の親子で30分、2回行いました。

12組の親子さんの他にも参加者の方がいらっしゃいましたので、

耳で聞くだけのお話も出来たらよかったと思いました。

親子さんは慣れた様子で入ってすぐに玩具の所に行く子、

ママと離れられない子、ほのぼのとお迎えしました。

講座はまず幼児の流れを説明し、最初に胸骨圧迫を体験、その後に続けて流れを体験していただきました。

次はベビーちゃんを使って乳児のお話と実技体験をしていただきました。

手が足りず伝えられなかったことが有りちょっと心残りでした。

@yo.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

松が丘公民館非常食講座

2022-06-02 19:39:03 | 活動

令和4年5月27日(金)

松が丘公民館で全3回の防災講座3日目

「災害時!○○どうする?」と題して、初日は「避難どうする?」2日目は「在宅避難、トイレどうする」

そして今日は最終日「災害時!ごはんどうする?」ということで非常食を作りました。

非常用炊出袋をつかってご飯とおかず2品+1作りました。

 

写真はひじきの煮物とマーボー高野豆腐です。

でも、実は今日の講座、作ることだけが目的ではないのです。

在宅避難をしているなら、ライフラインが止まっていても排水ができない状態でも

なるべくいつもどおりの温かいご飯を召し上がっていただきたいのです。

ご飯を炊いている間に、災害時の食についてもお伝えしました。

災害用の市販の非常食をたくさん買わなくても

米びつのふたの裏側にこの炊出袋をつけていれば、いざというときにご飯は炊けます。

おかずだって家にあるものを袋に詰めて煮たらOK!

今回は、コロナ禍のため、試食は自宅に持ち帰ってからです。

講座に参加のみなさんにはおみやげで炊出袋2枚パックをつけています。

ぜひ、お宅で自分の家の味を作ってみてください。

こちらの炊出し袋は船橋SLネットワークにお問い合わせいただければ購入できます。

近隣の方は手渡し可能です!

問合せは船橋SLネットワークHPへ→ こちら

おかず調理のレシピ集もあります。→ こちら

ご活用ください。

by oami

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

松が丘公民館講座②「災害時!トイレどうする?」

2022-05-26 18:14:09 | 活動

令和4年5月20日(金)

松が丘公民館講座全3回の2回目、

「災害時!トイレどうする」と題し、在宅避難についてお伝えしました。

今日の講師はO氏、

トイレの話だけでなく、在宅避難全般について伝えました。

休憩時間には、講師自らが自宅で備えているものをいくつか紹介しました。

キャンプ用品も災害時役に立ちますよ~なんて話も。

実際に備えているものを受講者のみなさんは手に取って直接講師に質問をしていました。

後半は、トイレの凝固剤に水を入れて実際の様子を見てもらいました。

座学ももちろん大切ですが、自分でやってみた!という経験も大事ですね。

最後に講師から、備えも大切ですが

地震の時の自宅の安全についても考えてほしいということで、

船橋市HPの家庭内DIGを紹介しました。こちら→click

自宅の備え、これを機に見直していただければ…

by oami

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

災害時の、避難どうする?

2022-05-13 23:37:23 | 活動

tama

2022年5月18日(金)10:00~12:00

 松が丘公民館(第1回)

タイトル:「災害時の、避難どうする?」

目的:地域の特性を知り、風水害時の避難行動を考える

内容:アイスブレイク・・・防災クイズ

   ①座学・・・地区別防災カルテからハザードマップの見方を学ぶ

   ②個人ワーク・・・マイ・タイムラインの作成、発表

これから出水期に入る日本において、毎年巨大化する台風や豪雨から「命」を守るための講座を実施しました。

講座後半のワーク発表では、参加者それぞれが、自分では気付かなかった視点を仲間から学ぶ時間となりました。

「自宅前の側溝のお掃除」「ご近所さんへの声かけ」「備蓄の確認・点検」「気象情報の収集」など、具体的な行動が多く発表されました。

さいごに、「今回学んだ『地区の課題』をみなさんがしっかりと理解し、その対策にむけて行動を起こして欲しい。」とお伝えしました。

水害からの逃げ遅れ「ゼロ」に向けて。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和4年度定期総会

2022-04-16 22:20:52 | 団体紹介

tama

2022.4.16

中央公民館

みなさま、お久しぶりです。

一か月ぶりの、アップとなりました。

本日は、当団体の定期総会が開催され、

審議事項も承認され、無事終了いたしました。

会員数は、新規に5名の入会があり、

今年度は、48名でスタートです。

今年も9月に、SL養成講座(船橋)が開催されます。

「防災はひとりではできない」

多くの方に受講いただき、

地域の防災・減災につなげてほしいと考えております。

また、今年度は、船橋市の受託事業として

「女性のための市民防災力アップ講座」を実施します。

災害時にも、自分で考えて行動できる人を目指した、

市民(女性)のための講座です。

参加料無料の年間講座、そのうち公開講座も2回開催します。

多くの方の申し込みをお待ちしています。

詳しくは、当団体HPをごらんください こちらをクリック 

  「女性のための市民防災力アップ講座」

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3月定例会

2022-03-17 19:27:51 | 活動

令和4年3月12日(土)

中央公民館で今年度最後の定例会を実施しました。

広い和室で…宴会ではありません。

コロナ禍ソーシャルディスタンスがとれる広いお部屋です。

今回は学習会は無しで、

参加者みなさんから1年間の振り返りを発表してもらいました。

コロナ禍で何もできなかった…なんて人は皆無で

みなさん、地域で、個人で、いろいろなことに取り組んでいました。

防災以外の活動に取り組んでいる人も何人か…

いろいろな切り口で防災に取り組めるのもSLの良いところです。

最後にKさんから

3年かけて自宅のマンションで自治会・管理組合が協力して

防災活動ができるようになったお話を聞きました。

3年前、自分のマンションでも自主防災組織を立ち上げたいといっていたKさん

本当に3年でそれを実現しました。この3月に初の安否確認訓練をしたそうです。

継続して活動できるようにみんなで応援しています!

by oami

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

薬円台公民館講座「在宅避難について」

2022-03-16 20:20:32 | 活動

令和4年3月10日(木)

薬円台公民館にて「在宅避難について」と題して講座をしました。

この講座は公民館コーディネーターのみなさんが企画をして実施したものです。

前半は、地区別防災カルテの紹介

地域特性を把握して自宅にどのようなリスクがあるのか知ってもらうこと

そして身を守ること、家の中の安全について伝えました。

自分がけがをしたり命を落としたりしたら「備え」は役に立ちません。

休憩の前にコーディネーターのOさんから

在宅避難を考えた備蓄品を披露していただきました。

休憩時間には、受講者のみなさんからOさんに備蓄品について聞いていました。

後半は、在宅避難の具体的な備えについて

トイレ、食、電源についてお伝えしました。

下水が流せない場合のトイレの使い方や凝固剤の種類も何種類か。

経済性を優先するか、使い勝手を優先するのかご家族で話し合ってみましょう。

災害時の備えを見直してみてはいかがでしょうか。

by  oami

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

船橋市社協災害ボランティアセンター職員研修

2022-02-27 08:30:55 | 活動

令和4年2月26日(土)

例年、船橋市災害ボランティアセンター(VC)立上げ訓練を

船橋市教育センターを会場に実施するのですが

今年はコロナ禍ということで昨年同様Zoom研修となりました。

市社協職員向けの研修ですが、船橋市の関係各課、

県社協、千葉レスキューバイク、船橋SLネットワークなど

VC運営にかかわる人たちが一堂に会しての研修となりました。

発災から初動の市/市社協の動きについて説明があり、そのあと

VC設置・開設について、SLネットからお伝えしました。

そして今回は、株式会社コンサイドのVCシステムJOYLINKSの紹介、

(詳しくはこちら→JoyLinks | conside

JOYLINKSを使用した場合のVCの各班の流れをロールプレイを交えて紹介しました。

ロールプレイにはSLネットと千葉レスキューバイクのMさんにも参加いただきました。

いつもありがとうございます。

今回は、株式会社コンサイドさんのご厚意でコンサイドのオフィスからお伝えしました。

VC訓練の風景とは思えないおしゃれな空間でした

昨年、様式(台帳や個票)を中心にどこに何を書くのかお伝えしました。

これがすべてシステム導入により自動でできる形にはなりますが、

運営する立場の社協職員のみなさまには、仮にシステムを導入したとしても、

データをどのようにナンバリングして管理しているのか理解しておく必要があると思います。

VC運営をシステム化することは、時代の流れだと思っております。

作業効率を上げること、ひいてはボランティアにスムーズに作業に送り出す大きな力になると思います。

来年度こそ、教育センターで訓練が実施できるといいですね。

by oami

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

勤労市民センター講座 在宅避難について

2022-02-27 08:13:37 | 活動

令和4年2月25日(金)

船橋市勤労市民センターで防災講座を実施しました。

題して「コロナ禍の在宅避難について」

災害時、自宅が無事であれば無理に避難所に行く必要はありません。

このことはコロナの前からお伝えしていたことですが、

コロナ禍で在宅避難が見直されつつあります。

今日の講座は「在宅避難って何を用意したらいいの?」

という声にこたえる講座となりました。

在宅避難といってもお宅の状況や家族構成によっても異なるもの

ワークショップや発表を交えて進めさせていただきました。

後半は、食・トイレ・電源に焦点を当てて

具体的に何をどのくらい用意したらいいのか考えるヒントをお伝えしました。

トイレ対策もいろいろなものを試してご覧いただきました。

「準備品一覧が欲しい」というお声をいただくのですが

トイレの凝固剤一つをとっても、

お宅の家族人数、それから考え方(経済性、使い勝手、置く場所)によっても

そろえるモノ,個数がことなるのでは?

なので、今回は一覧は配りません!計算式を提示しました。

お宅に帰ってご家族と相談して

そのお宅の備蓄をカスタマイズしていただければと思います。

さて今日の講座、どこかでお見かけした方が何人か…

以前別の防災講座を受講した方がいらっしゃいました。

覚えていてくださってうれしいです。

きっとまたどこかでお会いできますね。

by oami

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和3年度/北部地区公民館合同事業

2022-02-25 07:59:58 | 活動

tama

令和3年度北部地区公民館合同事業

令和4年2月24日(木)

北部公民館をメイン会場とし、サテライト会場の二和公民館と坪井公民館、3つの会場をWebで繋いだ防災講座が開催されました。

「地震が起きたらどう行動する?」~地震発生直後からの行動を考える~

この講座の目的は、災害時をイメージし災害後~72時間までの自分の行動を時系列に書き出し、課題や不安を見つけ、その対策を考えること。

まず第1部では、

突然やってくる地震災害の対策、「1.生きのこる備え、2.判断力と行動力、3.生きのびる備え」を、時系列に各項目ポイントをおさえながら具体的に学びます。

第2部は、

発災直後の自分の行動を、時系列に書き出します。発生直後は初動が大切!いざという時に慌てないために、「発災後の3:3:3」(地震発生後3分間、3時間、3日間)について一人ひとりがワークに取組みます。考えたことがない事・やったことがない事は、いざという時にはできません。自分の行動計画を、一緒に暮らしている家族や離れて暮らしている家族にも共有しておきましょう。

メイン会場では、

起震車体験が実施されました。東日本大震災の震度7、揺れの時間約2分間を体験することにより、「生きのこる備え」そして、この激しい揺れのあとに、「落ち着いて自分で判断し行動する」ための、「自分計画の必要性」を強く感じたことと思います。

サテライト会場では、

各会場にいるSLスタッフが、ワークのふりかえりを担当しました。

Webの接続がうまくいかない時間もありましたが、それは想定内!

事前に対応策をスタッフみんなで共有していたので、

3会場とも、無事終了できました。

 

さいごに

自分の命、家族の命の安全が確かめられ自分の家が大丈夫であった時には、

・地域の復旧、復興へ力を貸してください

・前半でお話しした備えや判断の基準

・それを隣近所の方々と行動すること

これらが大切です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2月定例会

2022-02-13 13:54:55 | 活動

令和4年2月12日(土)

午前中は、松が丘公民館で講座がありましたが、午後からは定例会です。

今回もZoomと会場ののハイブリッド定例会です。

代表挨拶、講座の予定などの連絡事項の後、学習会です。

今日のテーマは「災害ボランティアセンターの基本のき」

毎年、船橋SLネットのメンバーは船橋市災害ボランティアセンター立ち上げ訓練に参加しています。

しかしながら令和元年の九都県市合同防災訓練以来、コロナ感染拡大で実際の会場での訓練をしていません。

そこで、新人さんも10年選手のベテランさんももう一度基本から学びましょう、という趣旨の学習会です。

マッチングで渡される一式をしっかり見ていますか?

また、令和元年の台風被害以降、災害ボランティアセンターの運営の流れも少しづつ変わってきました。

そこも紹介しながら進めました。

最後にみなさんからの感想

3.11の時の活動の様子や、その時の反省や教訓なども…いろいろと勉強になりました。

さて、船橋SLネットのメンバーには、町会・自治会の防災担当をしている人も多いです。

築30年以上のマンションにお住いのKさん、マンションの防災対策が進まないと嘆いていましたが

足掛け3年、ようやく自治会と管理組合合同で安否確認訓練ができるようになったといううれしい報告が。

ようやく動き出しましたね。

地域の情報交換ができるのも、防災担当同士相談しあえるのもこの団体の強みですね。

ご報告、おまちしてま~す!

by oami

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする