鹿嶋春平太チャーチ

人は"見えない影響者”を思わずには生きられない存在です。ここは「神の存否は五分五分」を出発点として探究を続ける場です。

5.韓国の「ハヌニム」と「ハナニム」

2019年05月23日 | 西洋を知る基督教再入門

 

 

韓国語(ハングル)には、昔からハヌニムという言葉があります。

「ハヌ」は「上方に、空に」、「ニム」は「拝べき方」という意味で、ハヌニムは「空にすむ神様」となります。

韓国の人々は長年、「空の神様」というイメージの神概念を持ってきたわけです。


 
<ハヌニムは創造神の神イメージか>

この「ハヌニム」は宿物神イメージでしょうか、それとも創造神イメージでしょうか?

空は広大な空間で、晴れた日にはどこまでも青く澄み通っています。
これはもう物質ではないのではないか、そこに宿っておられる神は創造神なのでは?

~そう思いたくもなります。

だが筆者は、これまで物質とは、「五感で認知できるもの全て」としてきています。

空は目で認知することが出来るので物質です。
だからハナニムもまた、宿物神イメージの神となります。


実際、空は空気でできていて、空気は酸素や窒素などの物質で構成されています。
物理学的にもやはり、物質なのです。


 
<五感で認知できないものを総称して「霊」という>

ちなみに筆者は五感認知が「出来ないモノの総称」を「霊」としています。

五感で認知できないですから、「存在するも、しないも」100%は言えません。
けれども、存在する可能性もありますから、それを霊と名付けておこうというわけです。

これについてはまた、詳しく語ります。



<ハナニムは聖書の神との混同を避ける工夫>

聖書のハングル訳書は一九世紀に、中国にいた米人宣教師のグループによって作られ、韓国(朝鮮国)に導入されたそうです。

筆者の聞くところでは、長老派を中心とした宣教師チームだったそうですが、訳書作成に際して、ゴッドをどう訳すかが大きな課題だったそうです。

なぜなら、韓国には昔から、ハナニムという言葉がありました。
この「空の神様」というイメージ(概念)は広大であって、万物の創造神というゴッドのイメージと混同される可能性が大きかったのです。
 
 
けれども、創造神のイメージは、空の神様が宿る「空」をも創造した神のイメージです。
ハヌニムなど遥かに超えた巨大な神イメージです。

比較にもならない別物です。



そこで、翻訳者たちはこれを示すために「ハナニム」という言葉を考案しました。

「ハナ」は韓国語で「最初の」という意味を持っていました。

日本でも「ハナっから(最初から)問題にならない」などと言いますよね。
もしかしたらこれは朝鮮語の語源から来ているのかもしれませんね。

が、とにかく当時の李氏朝鮮国には、ハナニムという新語をゴッドに当てた韓国語聖書がつくられ、導入されました。

訳者たちは、それほどに創造神という神イメージが伝統的な宿物神イメージに混同されないよう、注意を払ったわけですね。


 

余談です。

その結果、現在韓国の社会には、ハナニムとハヌニムの二つの語が併存しているそうです。

私のゼミナールにキム君という韓国からの留学生がいました。
彼から面白い話を聞きました。

韓国語の国歌には、「ハヌニムが我らの国を守る、云々・・・」といった歌詞があるそうです。
小学生時代に学校でこれを歌うとき、よく「ハナニム」と間違って歌ったことがあった。

韓国ではクリスチャン人口比率が高く(30%ほどか?)、聖書語のハナニムも結構普及しているそうです。
だから、ちゃんと「ハヌニム」と歌うのに神経使いました、といっていた。

彼はクリスチャンホームの息子でした。

+++

かといって、七割近くはクリスチャンでないわけで、彼らにも感情移入してもらうためには、やはり昔からある「ハヌニム」で行くべきだ。

~戦後独立した韓国では、国歌作成者たちはそう考えたことでしょう。 

(続きます)
 
 
 
 
 
コメント

4.宿物神感情は根深い!

2019年05月19日 | 西洋を知る基督教再入門

 

 
<神イメージの「根深さ」を比較すると>
 
前回に示したように、創造神イメージは、かろうじて人の心に創られるものです。だから、心に張り巡らせている意識の根っこは、基本的に浅いです。

他方、宿物神イメージの根っこは、生来人の心に根ざしているものですから、その根っこは深いです。
 
+++
 
それ故に、人類の歴史では、創造神イメージが与えられても、いつのまにか、宿(在)物神イメージによって、イメージ侵入が起きるというのが常態となります。
 
創造神は、そういう侵入による混同を取り除こうと、しばしば人間に追加メッセージを送ります。
 
旧約聖書には、創造されてかなり時間のたった人間に対して「私(創造神)以外のものを拝んではならない」という戒め(命令)を創造神が発する場面も記されています。

ちなみに、この命令を聖書用語で「律法(りっぽう)」といいます。
律法については、また、後に追記します。



<新約聖書にさえ>
 
旧約聖書におけるだけではありません。

時代が下って新約聖書にもそれを示す場面がでてきます。
そのなかの、イエスの伝記~福音書ともいいますが~こんな話が記されています~。

 
<サマリヤの女>
 
一人のサマリヤの女が、次のような旨の問いかけをイエスにします。
 
「私たち(サマリヤ人)の先祖は、この山で創造神を礼拝しましたが、あなたがた(ユダヤ人)は礼拝すべき場所はエルサレム(の神殿)だとおっしゃいます。どちらが正しいのでしょう」と。
 
サマリヤ人というのは、大国アッシリアの混血政策によって出来た混血ユダヤ人ですが、ユダヤ人と変わらず聖書民族です。
ユダヤ人は彼らを混血の故に見下していましたが、精神的にはむしろユダヤ人以上に聖書吟味に熱心でした。
 
で、このときイエスは応えています~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「あなたがたが父なる創造神を礼拝するのは、この山でもなく、エルサレムでもない、そういうときが来ます。
・・・(中略)・・・真の礼拝者が、霊とまことによって父を礼拝するときが来ます」
              (「ヨハネによる福音書」、4章20-23節)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
この話は「サマリヤの女」としてクリスチャンたちには有名ですが、ここで注目すべきはこれです~、
 
つまり、イエスの時代になっても、サマリヤ人もユダヤ人も山や神殿の中に宿るものとして神をイメージしていた、のです。
 
彼らは代表的な聖書民族ですよ。
それでさえ、依然として創造神を宿物神感覚でみていた。

このことは、宿物神感情が人間に如何に深く根付いているものか、を如実に示しています。



でも、聖書の描く物語は「それを悟っておしまい」とはなりません。
クライマックスがある。

それは、この創造神イメージの実在感をイエスが確かなものとする場面です。
イエスは最後に「もう宿物神イメージとの混同は生まれないように」します。

このクライマックスも含めて物語は完結する。

これが聖書物語の鳥瞰図(全体像)です。
後に、詳しく見ることにしましょう。

 
(続きます)




 
コメント

3.創造神イメージの出来方

2019年05月15日 | 西洋を知る基督教再入門

 


前回創造神イメージは心中に自然発生しない、といいました。
ならば、創造神の理念は、どうやって人の心に存在するようになるでしょうか?

内に発生しないなら、残るは「外から刺激をあたえらて」しかありません。



<外から言葉で与えられて>

そんなこと実際にあるのか?
ありません。
通常にはありません。

だが、人類の歴史の中でそれが起きました。

外からの刺激は、言葉によってあたえられました。

まず言葉でそのありようが説明された。
それによって、はじめて心にその神イメージができるという事態がおきました。

その様子は、聖書という書物に記されています。

聖書は旧約聖書と新約聖書との2分冊でなっています。前半に旧約聖書があって、そのあとに新約聖書がくっついています。

この書物の成り立ちと構造については、追って述べます。
まずはそのなかの記述(聖句といいます)にみられる、神イメージをみてみましょう。

 
 

聖書の、冒頭の書物は、旧約聖書のなかの『創世記』です。
その冒頭に、「始めに、神が天と地を創造した」とあります。

普通に暮らしている人間にとって、天は上方にある全空間です。
地は下方にある全地です。
つまりわれわれの日常感覚では「天と地」は全存在世界です。

この全存在を創造した神がいる、とこの冒頭の聖句は言っています。
つまりここで示唆されている神は「創造神」です。
英語ではゴッドです。

「全存在」をちょっと詩的に洒落て言ったのが「万物」です。
聖書では。まずまっ先に「万物の創造神」の神イメージが与えられているのです。

そして上記の「始めに神が・・・」という聖句に続いて、創造神が万物を次々に創っていく光景が描かれています。
 
こういう「言葉によってはじめて」人は創造神という神イメージを持てるのです。
 
(続きます)
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

2. 宿物神と創造神

2019年05月13日 | 西洋を知る基督教再入門

 

前回の続きです。
人間が抱くその神イメージには、2種類があります。



<宿(在)物神>

一つは宿物神(しゅくぶつしん)ないしは在物神(ざいぶつしん)です。

「物」質のなかに「宿」っているとイメージする「神」ですね。

わたくしの造語ですが、そう難しくない言葉でしょう。

たとえば人は山を見て、あるいは山中を歩いていて巨大な樹木に遭遇して神聖な感じに打たれます。そのとき山や巨木の中に「見えない影響者」が宿っていると感じています。

あるいは木や石に刻んだ彫像などの中にも、人は神イメージを抱きます。
墓石もそうですね。
先祖の霊が宿っていると思うから、花を飾って、お線香を焚いて、手を合わせるのですね。

ただし、「宿っている」はもう少し一般的には「存在している」いうこともできます。
こちらは少し抽象的になりますが、この場合は在物神となります。

宿物神と在物神、当分は、この両方をつかっていくことにしましょう。



<(万物の)創造神>

人が抱くもう一つの神イメージは、「自分以外のすべての存在」を創った「神のイメージ」です。

この場合、物質は被造物です。
またその中に宿っているとイメージされる神々は、「被造霊」となります。

また「被造物」の語はより広く「両者を総称した意味」でつかうこともあります。
複雑なようですが、実際には前後の文脈をみるとどちらの意味で使ってるかが、割合容易にわかります。



<宿(在)物神は自然の心情>

在物神の神イメージは、人の心に自然発生するものです。

人間は五感認識の能力を与えられてはいますが、目に見えないものを認識する能力を与えられていません。

そこで、人はまず先に物質を認識します。
その上で、その中に「見えない影響者」がいると想像します。
こうした精神作業は、心の中でごく自然に進行します。

つまり、宿物神イメージは人の心に自然発生するのです。



<創造神は自然の心情にない神>

創造神イメージはそうではありません。
このイメージを誘発してくれる先行認知物は、ひとの心に自然発生しないからです。

「万物」という認識はものを見ても心に形成されることはありません。
人が行う物質の認知は、五感を通してのものです。

そしてその五感を通して認知される物質は、個々別々の具体的なものとしてしかなりえません。
リンゴでいえば「あのりんご、このリンゴ」というように、ですね。

「全ての物質」というような(一般的な)認識は心に形成されない。
ましてや、霊も含めた「存在すべて」というイメージが、心に自然に形成さることはありません。

(万物の)創造神イメージを喚起する、そういう先行認識物はこころに自然発生しない。
だから、創造神イメージは、宿物神イメージのように、人の心に自然発生することはないのです。

(続きます)





 
コメント

1. 人みな「見えない影響者」を心に抱く

2019年05月12日 | 西洋を知る基督教再入門

 


フェースブックで、こんな投稿が目についた~。


>ニッポンの保守は靖国前で腹を切るし、左巻きはお花畑の幻想に生きてるし、ほんとこの国は世界から浮いている。今もなお神話に生きる国。世界のベストセラー聖書を知らないことは致命傷なのだ。


~投稿者はルーク唐沢とかいうらしいが、事実判断としてその通りだ。
つまり、こういう発言を見ると大概の日本人は「ああこの人は自分の熱い信仰で語っているな、信仰は鰯の頭も信心だから盲目だ」と受け取る。

だが、冷静に事実判断してその通りなのだ。

+++

けれどもこのことはなかなか悟られない。
聖書とホンモノのキリスト教を知るのが、日本人に限らず、人間にとってとても難しいからだ。

「西洋を知る基督教再入門」まずはその原因から始めよう。


 
 
<神のイメージ>

人間というのは、目に「見えなくて影響を与えてくる存在」をイメージする本能を持っているようです。

もちろん「そんなイメージなんかオレは持たないよ」という人もいるでしょう。

だが、その人も暗い夜道で向こうから和服の女性が一人とぼとぼと歩いてくるのをみると、何か怖いものも感じます。

近付いてきたその女性の顔をみると、長い髪がバラリと垂れ下がっていて、その目が恨めしそうに自分を見たらどうか!
反射的にギョッとするどころか、寒気に襲われて全身が収縮・鳥肌となるでしょう。

 その女性が単なる肉体(物質)ではなく、その内に精神的な何か、霊的なモノが宿っていると思う気持ちがあるからです。「完全に」物質のみだと思っていたら、ギョッともなんともしないでしょう。

 あるいは夜、暗い窓辺に向かった机で勉強していて、突然窓に人の顔がぬっと現れても同じです。直後に友達だとわかっても、現れた瞬間にはギョッとする。それはその人物にも「見えない影響者」が内在しているという思いがあるからでしょう。

+++

 ことほど左様に、人間は「見えない影響者」をイメージする意識を持って生まれているのです。

そしてそれを我々は「神(カミ):英語はgodsまたはGod」という名で呼んでいます。

(続きます)

 


 
コメント