医療法人真正会霞ヶ関南病院スタッフブログ

病棟・外来・部署のチームスタッフからの情報発信していきます!

☆地域感謝祭☆

2012年11月26日 19時14分35秒 | 外来
こんにちは!入院受付 朝日です


寒い季節がやってきましたが、
みなさん、体調は大丈夫ですか??
気を付けてくださいね。
また、食べ物の美味しい季節です!
食べすぎには注意しましょう




10月27日(土)に毎年恒例の地域感謝祭が開催されました。
地域の方たちが楽しみにしている行事です。

 私たち事務部は

          会長うどん
                     を出店しました。



斉藤会長から伝授された こだわり手づくりうどん です!!


材料・うどんの打ち方・斉藤会長の手ほどきによる
とっても、
とーっても美味しいうどんです。



今年も販売開始時間と同時に長蛇の列
用意しておいた400食も、すぐに完売しました。


毎年、食べに来てくれる方

「さっき買って美味しかったから、また買いに来ちゃった~」とおかわりされる方

一度、食べたら忘れられない味です




みなさんは、食べたことありますか




「えっ!? 食べたか?」ですって??
私は、いただきました


残念ながら、口に入らずでした……(事務 残り番のため)
という方も




一度、食べたことのある方も
まだ、食べたことのない方も

来年の地域感謝祭で
お待ちしておりま~す


美味しいうどんを召し上がってください。
コメント

けやき病棟のおやつ作り

2012年11月20日 08時28分31秒 | けやき病棟
はじめまして!!! けやき病棟言語聴覚士の川口です

経験年数は2年目になります。

東京は調布市にて生まれ育ちました。

川越に引っ越して2年になりますが、川越での生活にもようやく慣れてきたこの頃でございます



今日はけやき病棟で、毎月行なわれている、「おやつ作り」を紹介したいと思います



おやつ作りは、毎月第2週の水曜日に患者さんとスタッフが一緒に楽しんで行なっています。


今月は「五平餅」を作りました



ホットプレートにこねたご飯を小判状にして並べまーーす。




いい感じに焼けました!!!!




味噌を塗って、完成でーーーす!




作っている最中は、スタッフも真剣です




こんな感じで、毎月楽しいおやつ作りが開催されており、患者さんからも好評を頂いております。


患者さんも、自分で作ったものは、一層おいしく召し上がられているのではないでしょうか!
コメント

自分の心と向き合う

2012年11月12日 12時04分49秒 | すみれ病棟
  こんにちは!すみれ病棟看護師の米田です。

 私のマイブームは山登りです。

 今年の夏になんと!3年越しにあこがれた富士山に登ることができました。

 ただし、それが、、、、、

 川越市からツアーに参加。バスで富士山に向かうバスの中で、小学生が二人。

 私の後ろの座席で騒ぎ、眠れず。山では人、人、人。

 山小屋では、また人がごちゃごちゃ。さらに休む時間もなく夜中に出発。

 いろいろな困難が、私の心を蝕み、頭痛、嘔気、、、、つまり高山病にかかってしまい

 9合目でとどまってしまいました。

 ちょっとイケメンの添乗員さんにその場で待つように言われ、夏なのに2℃の9合目で

 高山病と戦うことに。

 もう、ご来光どころではなく、オエッツ!ばかりで困った。

 普段、強じんだと思っていたけど、心はとっても弱いんだと思ったのでした。


  でもでも、やっぱりご来光は、、、、美しかった~

 
 富士山やそのほか美しい山の景色を、患者さんや皆さんに見て頂きたい

 機会があったら見てくださいね
コメント

おもてなしと思いやりの心

2012年11月12日 12時03分29秒 | すみれ病棟
こんにちは
すみれ病棟ベテラン看護師坂元と新米看護師島田がブログ初投稿します。

今回は坂元看護師の体験談とそこで感じた想いをお届けします。


先日 数年ぶりに会う友人と親友一人と共にあるホテルのお料理屋さんで和食の会席料理を頂きました。
お店の入口から笑顔で迎えられ、部屋に通され食事を始めました。
しばらくして、料理長を初め3人の方が次々と忙しい中挨拶に見えました。おしゃべりに花が咲いているので、ゆっくり食事をしている私達に合わせて、食事もペースに合わせて持ってきてくださり、料理も美味しく、楽しく心地よい時間を過ごしました
このおもてなしは、高級料亭だからではなく、おもてなしの心、思いやりの心が行き届いているお店は繁盛すると思います。
この事があって、思い出しますと、どのようなお店でも、もてなしの心があるお店は心地良い空気の漂った又行きたくなるお店です。
美容院でも『思いやりの心、おもてなし』で、対応されスタッフの方々も常に学習されていて、技術も伴っているので、私達看護の仕事と重なる部分があり仕事ぶりを見ては自分を振り返っています。看護の仕事も患者さんと正面から向き合い、患者さんの思いや気持ちを良く正しく知る事がまず第一に大切な仕事だと思います。

 その患者さんの心を引き出す為には、話しやすい雰囲気を作らないと、話したい気持ちになりません。話のできない人に対しては、心で身体全体で伝えてもらいます。その為にはそれぞれの人に心から向き合い気持ちを受け取るように自分の心を開きます。笑顔と温かい心を持って向き合います。心が通じたら、問題の解決策も見つけやすくなると思います。それができると自分でも心地よくなります。その喜びを味わいたく、今後も笑顔、思いやりの心、温かい心で接していけるように努力していけたら、温かさのある、思いやりのあるすみれ病棟にしたいです。

  いかがでしたでしょうか

  これから寒くなりますがこの体験談を読んでみなさんもぽっかぽっかした気持ちになっていただけると嬉しいです
コメント

実りの秋を満喫しましょう(^-^)/

2012年11月05日 17時30分40秒 | さくら病棟

こんにちは さくら病棟です

先月10月31日のハロウィンの日に、さくら病棟で昼食会を行いました
食事メニューは、トロトロたまごのせ煮込みハンバーグ・カボチャのスープ・デザートでした




係りを中心に、会場準備は病棟スタッフ総出で作ります
年に4回『昼食会』という形で、スタッフも一緒になって行っています。

大勢で食べる食事は本当に、賑やかで美味しいですね。

今回はワンプレートに盛り付けて、ちょっとしたカフェ気分でした。

患者さんからのおかわりも多く、お腹いっぱいにいただきました。

食欲の秋と言えば、さくら病棟の中庭にある畑で、今年もたくさんのさつま芋が収穫できました
夏にじゃがいもを収穫したと思ったら、いつの間にかさつま芋畑になっていました
今月のおやつ作りで、自家製のさつま芋を使ったお菓子を作る予定です。


季節ごとに旬の物をいただくって、季節を満喫するためにも大切だと思います
そう考えると、「春夏秋冬それぞれの楽しみがある日本ってすばらしいっ」と感じる今日この頃です。

作業療法士 上野
コメント