地震・津波を想定した避難訓練

2021年05月28日 | 全校行事
今年の梅雨入りは過去最速。当初の実施予定日が雨天だったため、延期して5月28日(金)に実施しました。
コロナ禍の状況を考慮して、幼稚園・小学校との合同ではなく、昨年に続き中学校単独で行いました。
13時50分に地震が発生、まず一次避難場所のグランドに避難。
その後、大津波警報が発表されたと想定し、二次避難場所まで移動しました。
避難開始からの所要時間は20分を切りました。
実際に災害が発生したことを想像しながら、真剣に行動できていました。

ただ、大きな地震は授業中に発生するとは限りません。
雨が降っている中で発生するかもしれません。
避難するのは、幼稚園児や小学生はもちろん、地域の方も一緒です。
避難の途中に余震が起こる可能性もあります。
命を守り抜く行動ができるように、実際に地震・津波が発生した時のことを想像しておくことが大切です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 2年ぶりの新入生ガイダンス | トップ | 防災教育 -いざという時に... »
最新の画像もっと見る

全校行事」カテゴリの最新記事