いしころとまとの花野果村(はなやかむら)

野菜ソムリエ全国大会金賞受賞料理教室『花野果村キッチンガーデン』主宰 
石館志保子のベジフルこぼれ話

ニラ饅頭で気力充実

2018-05-27 11:47:14 | 花野果村キッチンガーデン
ほぼ1か月ぶりの投稿。。。超多忙な日々の連続で、無精者は青息吐息の状態でした。     5月連休明けには帰省した息子にくっついて秋田に行って来ました。 二人で餃子を作り夕飯のおかずとし、冷凍餃子も作り置きすることに。   冷凍餃子を作る時は具に片栗粉を混ぜ、一旦片栗粉を薄くまぶして冷凍するとバラバラに冷凍でき、焼いた時にも肉汁が流れず、自然と羽根ができ . . . 本文を読む
コメント (2)

日々充実

2018-04-29 21:23:42 | 花野果村キッチンガーデン
           「 米粉で作る春色のクラムチャウダー 」   連休に突入しましたね。 今日は朝から庭の雑草取りと、トマトの植え付け用意と忙しい一日でした。 気が付くともう時計は12時を指し、負担をかけている体に 申し訳ない気持ちが起きてくるのですが、、、 ちょっと休むとまた庭に出て、庭仕事しちゃうのですから 全く反省なしです。   さて、4月後半は忙しい . . . 本文を読む
コメント (6)

心うきうきてんてんてまり寿司

2018-04-02 09:41:29 | 花野果村キッチンガーデン
 3月の料理教室「花野果村キッチンガーデン」のテーマは 春の食養生「心うきうきてんてんてまり寿司」 春が来て、梅が咲き、桜も開花となり、陽気に誘われて まりをつきたいほど心ウキウキとなりますが、 体のなかはまだまだついていけずに春未だき。 こんなときには、、解毒を進め細胞一つ一つを目覚めさせてくれる苦味の食材と 解毒でフル回転の肝の機能を助ける酸味の食材を体に取り入れることが . . . 本文を読む
コメント (6)

初めてのドイツ料理「ザワークラウトと自家製ソーセージ作り」

2018-03-03 08:25:24 | 花野果村キッチンガーデン
部屋の隅に張っていたカレンダー 2枚びりびりとはがして 気が付けば、あっという間に3月がやってきてました! . . . 本文を読む
コメント (2)

myブランドの七味唐辛子づくり

2018-01-24 20:10:12 | 花野果村キッチンガーデン
【保存食づくり】毎年恒例のワークショップ「myブランドの七味唐辛子づくり」が今週から始まりました。2月はドイツの代表的なお漬物「ザワークラウト」作り&手作りソーセージ作り他のドイツ料理、 . . . 本文を読む
コメント (4)

かわりおせち

2017-12-22 20:46:14 | 花野果村キッチンガーデン
料理教室花野果村キッチンガーデン12月のテーマは「かわりおせち」。ほぼ2週間続き、多くの方におせち料理を楽しんでいただきました。気が付けば、、、もうクリスマスが目の前です。 . . . 本文を読む
コメント (4)

韓国料理で体をじっくり温めスミダ~

2017-12-03 20:13:30 | 花野果村キッチンガーデン
「韓国料理でじっくり体を温めるスミダ~」        「韓国のり混ぜ込みごはん」        「宮城のセリで本格サムゲタンスープ」        「ゴボウタップリチャプチェ」        「ダイコンとシュンギクの韓国風サラダ」        「セロリとリンゴの水キムチ」   全6回に渡った「韓国料理でじっくり体を温めスミダ~」 も12月2日でやっと終わりました。 . . . 本文を読む
コメント

花野果村キッチンガーデン秋の遠足

2017-12-02 20:30:41 | 花野果村キッチンガーデン
11月27日火曜日 料理教室花野果村キッチンガーデンの秋の遠足。 日頃の行いがいいせいか天気にも恵まれ、 総勢17名で蔵王まで足をのばしました。 . . . 本文を読む
コメント (2)

初秋の食養生「残暑疲れを残さないで」

2017-09-12 07:30:57 | 花野果村キッチンガーデン
9月は珍しく初旬の開催となった花野果村キッチンガーデン。 最終日は重陽の節句を迎える日となった為、菊の花を混ぜ込んだ香り寿司と 秋の食材の代表である、「水も滴るいい・・・フルーツ」と 「夏の食材」を融合したメニューとしました。 . . . 本文を読む
コメント (4)

myシャンツァイでめでタイ料理

2017-07-29 15:20:43 | 花野果村キッチンガーデン
「my果実でミントソーダ」でカンパ~~イ(Sさん撮影)   「my果実でミントソーダ」は、庭から収穫していた、ラズベリーやスグリに  グースベリ―を冷凍しておき、これまた庭のミントで作ったミントシロップと  炭酸を加えて作ったものです。  右手手前の年取った手が私の手だそうで、左側は若い方の手だそうな . . . 本文を読む
コメント (6)