せんじのこれを食った洞

上海での3年間の生活を終えて日本に帰国。食べた美味しいものの話など。

家で作ったラーメン(函館麺や 一文字)

2011年08月31日 21時12分09秒 | 上海で家ラーメン

家で作ったラーメンシリーズです。

あと1食残っている
北海道ラーメン競演名店三品」(製造(株)アイランド食品)
の続きです。

【関連記事】
家で作ったラーメン(旭川らぅめん青葉)→こちら
家で作ったラーメン(札幌の名店 桑名)→こちら

今回は、塩ラーメン「函館麺や 一文字」です。


ここも初めて名前を聞いたお店ですが
ネット情報では函館、札幌に数店舗ある人気店のようです。
お店のHPによると
「今までの函館ラーメンとは一線を期する塩ラーメン。
青森産五穀味鶏をベースに海洋深層水から取る
天然塩や上質の昆布を使ったスープ。
普通の塩ラーメンとは味の深さが違います」
とのことです。

そっか今までの塩ラーメンとは一線を期するのか~
うーん、楽しみ楽しみ~。

早速作ってみましょう。

具は塩ラーメンということで
シンプルにねぎとメンマのみ。

たっぷりのお湯で麺をゆで湯切りした後に別途お湯に溶かしておいた
スープに投入して具をトッピングしたら出来上がりです。

うーん美味しそう~

いただきまーす!

うん美味い!
透き通ったスープがとてもきれいです。
見た目はあっさりですがけっこうコクがあります。
細麺との相性もばっちりです。


お店の味を再現しているかどうか、他の函館ラーメンとは一線を期しているのかは
分かりませんでしたが美味しい塩ラーメンでした!

ということで神奈川の後輩、いただいたお土産完食しましたー!
ありがとうございましたー!!

コメント

内モンゴルで食べた羊肉料理

2011年08月30日 20時09分20秒 | 旅先でごはん

突然ですがこの週末の土日を利用して妻と内モンゴルに1泊旅行に行ってきました。
暑い上海を脱出しようと情報誌広告で見つけたツアーに10日ほど前に申し込んだのですが
緑の濃い広々とした高原で馬に乗ったり、パオ風のコテージに泊まって
夜中に満天の星空を見れたりとなかなか貴重な体験が出来ました。
(夕方にゲリラ豪雨のような大雨およびひょうが降るというトラブルはありましたが。。。)


モンゴルといえば羊肉料理が有名ですが今回の旅行で食べた羊肉料理です。

羊肉の塩ゆで
塩のみでゆでた羊肉でこれが地元の人にとっては
一番オーソドックスな食べ方とのガイドさん談です。
好みで唐辛子入りの酢につけていただきますが
臭みもなく非常にあっさりしており美味しいです。


羊肉のスープ
これも塩コショーのみで味つけをした非常にあっさりしたスープです。

羊のモモ肉焼き
本来のコースには含まれていなかったのですが
せっかくなので別料金380元を払って頼みました。
2人で食べるには量が多いのでガイドさんと運転手さんにおすそわけ
しました。

2~3時間かけて焼きあげたという羊のもも肉は外側が
カリッと中はジューシーで大変美味しいです。
スパイシーな香辛料が美味しさを引き立てます。


ちなみに同時に食事した中国人の団体は羊の丸焼き
頼んでいました。
団体で一番偉い?おじさんが民族衣装を着て
ケーキ入刀のような包丁入れの儀式をしていました。

儀式が終わるとシェフが素早く切り分けます。


皆さん切り分けられた羊肉が配られると夢中でかぶりついていらっしゃいました。
羊1頭で2500元だそうです。
1頭20人くらいで食べていたので出せない金額ではないですね。

というように内モンゴルで食べた羊肉は一味違いました。
やっぱり名物はその土地土地で食べるのが一番美味しく感じます!
雄大な景色と美味しい料理でリフレッシュ出来ました!

旅行先:内モンゴル自治区フフホトから車で2時間ほど行ったシラムレン草原
旅行内容の詳細はこちら

http://www.cwts.hk/sh/d_neimeng2.html

コメント

サントリーPremium新鮮直送

2011年08月29日 20時03分17秒 | 上海で家ごはん

先々週の休みの朝に近所のしんせん館に行ったら
期間限定:本日生産の出来たてビール「サントリーPremium新鮮直送」という
瓶ビールが1本13元で売っていました。

ほうっと思って2本買ってみましたが
写真のとおり片方は瓶口のアルミ巻きがありません。


そのやっつけ仕事ぶりがいかにも本日生産という信憑性を感じました。

さて飲んでみましょう!

本当に新鮮なビールらしくいつもとは泡立ちが違います。
栓を開けただけで瓶の中で泡がじゅわっとたちました。

美味しそう~
乾杯~!

ぐびぐびぐびぷはー!
美味い!
あっさりした切れのあるビールです。

夕方買いに行ったらもう売り切れてました。
いつまで製造するのかとかしんせん館のどの店舗でも販売されているのか
とかは不明ですが貼紙によると私の行っている古北店では土日に店頭に並ぶようです。
次回見かけたらまた買ってみようと思います。

コメント

家で飲んでいる焼酎

2011年08月28日 07時49分12秒 | 上海で家ごはん

今日は私が家に常備している焼酎の話です。

私が酒好きと知っている妻の両親が上海に遊びに来るときに
お土産に持ってきてくれたり、私の一時帰国時にお土産にもたせてくれたり
もったいなくてなかなか飲めないプレミアム焼酎が我が家に3本もあります。

「伊佐美」「魔王」「赤兎馬」です。

こんなに贅沢なプレミアム焼酎を飲み比べる機会など滅多にないのですが
自分にご褒美をあげたいときや元気になりたいときに飲み比べしています。
飲み比べてみるとはっきり分かるのですが「魔王」は本当にすっきりしており飲みやすいです。
芋臭さが全然なくついつい飲みすぎてしまいそうになります。ロックがお薦めです。
「伊佐美」は芋の味がはっきりしており味がいい本格焼酎って感じ。
個人的な好みはあると思いますが私はお湯割りで飲んだほうが美味しい気がします。
「赤兎馬」は香りが本当に良くのど越しもすっきりです。飲みやすさと味のバランスのよくとれた
焼酎だと思います。

ということで3本とも大切に飲ませていただいています。
お義父さん、お義母さん本当にありがとうございます!


次は「赤霧島」です。


これは宮崎出身の後輩からの頂き物です。

3月10月にしか出荷しない霧島酒造の限定芋焼酎です。
北九州に住んでたときに百貨店に並んで買ったことありますが
なかなか手に入らず入手したら大事に飲んでいました。
さすがに上海では手に入らず(一部の居酒屋で高額な代金で飲めますが・・・)
後輩に頂いたときは本当にうれしかったです。
優しい後輩を持って幸せ者です!
ということでこれも大切に飲ませていただいています。
ありがとうございましたー!

これは「明るい農村」です。

先日の一時帰国の際に帰りの福岡空港の免税店で買いました。
数年前に妻と霧島に旅行に行ったことがあるのですが
そのときに製造元の霧島町蒸留所で工場見学して
試飲(私は運転だったので妻のみ)して買ったことがあります。
小さな蒸留所でラベル貼りも一本一本丁寧にしており
大切に作られた焼酎って感じがしました。
しみじみ美味しかったです。
今回買ったこれはまだ未開封ですがしかるべきときに開けたいと思います。


普段飲みには先日の一時帰国のときに持ち帰った
「島美人」を飲んでいます。


これが美味いのです!
会社の複数の人から「島美人」は安くて美味いよって教えてもらったのですが
確かに美味いです。

ということで上海にいても色んな焼酎を堪能している私でした。

コメント

麻辣湯拉面館(麻辣湯)

2011年08月27日 08時41分02秒 | 上海で外ごはん(中華)

こっちで人気の料理に麻辣湯っていう火鍋の一種があります。

セルフサービスでカゴに好きな具材を入れて会計を済ませると茹でてくれて
スープを注いで出来上がりというまあ1人用鍋って感じでしょうか。
麺を入れてちょっとしたラーメンのように仕上げることもできます。

妻が中国語の先生に付近で一番おいしいって評判の麻辣湯の店を
教えてもらったとのことで先週末に早速行ってきました。

楼山関路×天山路の交差点を楼山関路添いに北に
50mくらい進んだ右側にある「麻辣湯拉面館」という店です。
いかにも地元の人で賑わってる人気店って感じの店です。

さて具を選びましょう。


私はうずらの卵、卵豆腐、ソーセージ数種類、肉団子、ちんげん菜、白菜、たけのこの先、
麩、乾麺を選びました。

会計をすませると番号の札を渡されます。
出来あがったらその番号で呼んでくれるシステムです。

店先に大きな釜がありそこで1人前ずつ茹でてくれます。


待っていると「41番(私の番号)~!」と大声がしたので「我的、我的」と言って受け取ります。
出来ましたよー!

うーん見た目はごった煮みたいだけど食べてみましょう。
うん美味い!
特にスープが絶品です。四川風の出汁が効いててぴりっと山椒のアクセントがあるスープです。

あっという間に完食しました。
あー美味しかった。これだけ満足して料金はたったの15元。
しばらく麻辣湯にハマリそうです。

ごちそうさまでしたー!


麻辣湯拉面館
住所・電話番号不明:楼山関路×天山路の交差点を楼山関路添いに北に
          50mくらい進んだ右側

コメント