僕の今が過去になる時

寄り道しながらまっすぐに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

14歳の浅葱さんへ

2017-02-24 23:43:45 | 未分類

……壁|д・)チラチラ

10年前の自分にどうしても話したい出来事があって 。
10年後ならともかく、過去の自分にメッセージを送るなんてできないんだけど
置いておくとしたらここだろうな、という気持ち。

あまり更新してないブログだし、誰も見てないだろうと思って
こういうこっ恥ずかしいことをしてみるよ
(なんか多分もうちょっとちゃんとした感想はどこかに書いとく)。
…………………………


10年前、まさに中学2~3年生で中二病まっさかりだった浅葱さんへ。
2月25日の放送回が、ウラタロス登場回の「僕に釣られてみる?」だったようなので
ちょうど電王の面白さに気づき始めたころでしょうか。
1話は確か見てなかったんだよね。リアルタイムで見始めたのは2話から。

君はもうすぐ、そのライダーに信じられないくらいハマることになります。
仮面ライダー電王が大好きで、お年玉やらお小遣いやらから
中高生とは思えぬ金額をフィギュアやムック、DVDに投資することになります。
今思い返すと、電王以外の好きなものぜんぶ我慢してたのがこの時期なので、
まあよく頑張ったなと褒めてあげたいくらい。

ついでに、主演の佐藤健くんにハマります。
あ、2007年の2月にはもうハマってたかもしれない。

とはいっても、まだまだ中学生・高校生。
特撮にこういうのめり込み方をしたことのなかった君は、各種イベントの存在もよく知らないはず。
申し込み時期が終わってから知ったり、知っていたとしても地方だから行かれなかったりで
残念ながら結局、行けたイベントは1回だけ
(高校生になってから、声優さんたちが登壇する舞台挨拶に行くのです)。
こんなに好きなのに…と悔しくて泣いたこともあります。

会いたかったんだよね。
大好きな良太郎に、侑斗に。
当時の気持ち、今でも、よく覚えています。

その思いは、10年後の2月23日に叶うことになります。

電王が面白いと気付いたのは君だけじゃなくて。
すごくたくさんの人が、このライダーは面白い、とハマることになる。
だから電王は、本編終了後も何度か映画化されます。
君をはじめ多くのファンはそれにイライラしたりもするんだけど、それはまた別の話で。笑

10年経った昨日、新宿バルト9で『俺、誕生!』の上映会がありました。
その上映会にはトークショーがついていて、中村優一くん、秋山莉奈ちゃん、松本若菜さん、
白倉P、小林靖子にゃんが登壇して。
そう、キャストに会えたんです。初めて。10年越しで。

優一くん、君がムックで読んだりDVDで観ていたりした姿と全然変わっていなかった。
相変わらずふわふわしてて、1ミリも侑斗っぽくなくて(笑)、泣き虫で、デネブが大好きで
(ほうちゅうさんとは今でも時々連絡をとるんだって、すごく素敵)。
若菜さんはとっても綺麗。放送当時より綺麗になってたんじゃないかってくらい。
髪を少し短くした姿が、とても似合ってた。
莉奈ちゃんは、もう「莉奈ちゃん」って感じではなくて「莉奈さん」って感じだったな。
相変わらず可愛らしいんだけど、芯の強さみたいなものを感じた。

その3人と一緒に、侑斗の登場回を観ました。生・オーディオコメンタリー。笑
「侑斗チョッキみたいな服好きだよね」とか「このシーン寒くてね」とか、
10年前の撮影秘話をたっっっっっくさん聞いてきた。
DVDを全巻揃えられなかったから、この作品、好きな割にそんなに見返したわけではないんだけど、
結構覚えてるもので。知らないセリフは一つもなかった。

それで、イベントの最後に、
優一くんがある人に電話をかけました。「手がふるえる」って言いながら。
「俺の相棒、ゆうと、ゆうとって言ってくれるやつ」って。
ほうちゅうさんかな?って思ったら電話の声がどう聞いても全く違って、
まさか…と思ってたら、優一くんが「お名前をどうぞ」って言って。
そしたら「佐藤健です」って。

まさかだよね。
たけるくんは「さらば電王」以来、電王には出演してなかったのに。
こんなに経ってから、こんなところで、たけるくんの良太郎と再会できるなんて夢にも思わなかったよね。
「良太郎!」って呼び掛けたら「はーい」って答えてくれて、あまりにも嬉しくて涙が出た。
たけるくんに「優一さん、全然変わらないね」って声掛けられて、優一くんもめちゃくちゃ泣いてた(笑)

たけるくん、電王をこれからも愛してくれたら幸せだと話してました。
幸せなのはこっちの方だよね。本当に良い同窓会でした。
電王をずっと好きでいて、忘れずにいてよかったなぁと、心から。


君の10年後は相変わらずこんな感じです。
ちょっと趣味が増えるけど、相変わらず好きなものにはお金を惜しまないし、
むしろ使える金額が増えただけ大変なことになっています。


さて、14歳の浅葱さんの悩みのタネは、部活と肌質、それから将来とでもいったところでしょうか。

部活はどうとでもなるよ、終わってみれば毎日楽しさしかなかった。
全員と今でも連絡取り合ってるかと言ったら全くそんなことはないんだけれど(笑)、
会いたい人とはちゃんと会えるような関係を築けているよ。

肌質、これは残念ながら変わりません。涙
肌質は24歳になった今でも悩みの一つだし、コンプレックスのままです。
けど、良い化粧品と出会えるので、14歳の頃よりは悩んでないかな。
もう多分一生付き合わなきゃいけない悩みだと思うので、いつか自分の肌を好きになれたらいいよねぇ。

それで、将来。
中学生から高校生にかけて、将来自分は何になるんだろうって悩んでたのをすごく覚えてます。
中学2年の終わり頃って多分、小学生のときからぼんやり抱いてた「ピアノの先生になりたい」って夢が
いろんな事情であまり現実的じゃないって気づき始めた頃
(多分、はっきり自覚するのは高校生になってから。散々泣いたっけな)。
結局ぼんやりしたまま大学に行って、諦めきれずに大学では音楽学を専攻して。
20歳になるまで明確な夢や目標は見えないままだけれど、
結局、ピアノと同じくらい小さい頃から好きだった「書く」ことが君の仕事になります。
だから何も心配せず、好きなように日記やブログを書いてればいい。
それがちゃんと、未来につながっていきます。

10年前の自分が想像した未来とは、多分ちょっと違う大人になってます。
仕事をバリバリしてるのは、想像通り。
けど、アイドルを好きになるとか、想像もつかないでしょ(笑)
電王のMADがきっかけでバンドを好きになるのも、まだほんの少しだけ先の話。
でも、わたしは今の自分が嫌いじゃないし、多分10年前の自分が今の自分を見たとしても
まあ悪くないかなって思ってもらえる自信がある。

あ、彼氏は、たまにしかできません。そこはあしからず。
たまにはできるから、それで勘弁してくれ(しかし、そろそろ少しは落ち着きたいぞ)。

じいちゃんばあちゃん孝行は、しっかりね。頼むから。
かく言う自分はそろそろ、親孝行に本腰を入れなければいけない年齢にさしかかるのかな、
などと思うとすぐに鼻の奥がツンとする。

Blu-ray BOXが手元に届いて、それで久しぶりに本編を見直したりなんかすると
その進行と同時に、またいろんなことを思い出すんだろうなー!
これまた楽しみ。

安心して、好きなものは好きなままで、未来においで。
10年後、君が思ってる以上にいろんな夢が叶うから。
全部うまくいくわけじゃないけど、大丈夫だから。


…………………………
って声をかけられたら10年前の自分は多分、いろんなことに安心しただろうなぁ。
読み返したら本当に気持ち悪いブログなんだけれど、
当時電王に一緒にはまってた友達が結婚したりなんかして、
ちょっと感傷的な気分なので勘弁してくれ。

そういやこのブログも今年で10年ですか。
10年前の文体見ると、痛くて痒くてもんどり打つしかなくなるのだけれど(笑)
間違いなくここが原点なので、ちょっと時間かけて読み直してみようかな。

ではまた、いつになるかわからないけれど、そのうち。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

佐藤健さんをたけるんと呼べなくなった話(?)

2015-06-07 00:25:16 | 未分類

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」を、初めて見た。

思い返せばそろそろ8年くらい佐藤健のファンをしている。
恐ろしい話である。

この映画、劇場公開時には、見に行っていません。
何でだっけな。見に行きたかったんだけどな。
ゆえに本日初見でした。
原作のマンガも知らないので、あくまでも映画を見た感想。
というか、佐藤健の感想。

兎にも角にも、一つ一つの表情や言葉がめっっっっちゃくちゃ良い。
そもそも綺麗な顔してるのに、角度も絶妙だし、衣装もいい感じだし、何あれ。
これ撮った監督絶対佐藤健の大ファンだわ。知らないけど。
原作知らないけどこれもう佐藤健のプロモーション・ムービーってことでいいよ。

佐藤健とキスしたら絶対レモンの味するよね。知らないけど。
多分窪田正孝はレモンの味ではないと思う。もうちょっとほろ苦い感じ。
佐藤健がシュガーソングだとしたら、窪田正孝はビターステップな感じ。
知らないけど。知る由もないけど。

学ランの佐藤健尊いし、パーカーのフードでちょっと顔隠してる佐藤健尊いし、
アコギ弾いてる佐藤健尊いし、ベース弾いてる佐藤健尊いし、
寝た振りしてる佐藤健尊いし、泣いてる佐藤健尊いし、
佐藤健って単語がゲシュタルト崩壊してきたからそろそろ黙る。

黙ると言いつつもうちょっとだけ喋る。

佐藤健の何がすごいって、何を演じていても
その役の人生を感じさせるところだと思う。
私たちは、映画やドラマでは登場人物の人生の一瞬しか見ることはできない。
そもそも、登場人物は架空の人物なんだから人生も半生も何もあったものではない。
だけど、佐藤健の演じる人は、ちゃんと過去を持っているような気がしてならないのです。
20年とか25年とかのその人の歴史を、佐藤健はちゃんと背負って演じてるように思えるんだよね。
だから、私は俳優・佐藤健がとても好き。

いい俳優になったな、って思う。
電王やってた時から、きっと大きくなるぞって思ってたけど。
特撮俳優でこんなにうまい人珍しいなって思ってたけど、
いつの間にか、本当に良い俳優さんになっていたなと思ったのです。

もう、あの頃の「たけるん」は居ないのかもな、と思った。
そんな呼び方するのはおこがましい、ような気が、した。

この映画、ちゃんと映画館で見たかったなー。
すごくいい表情をたくさんしていたので、スクリーンで見たかったー。

録画溜めててちゃんと見てない「天皇の料理番」も、ちゃんと見ようと思いました
(1話だけ見たんだけど、これまたカノ嘘とは全然違う雰囲気なのだけど
佐藤健さんがすごく良いのですよ。)

ここまで書いて、読み返して狂気以外何も感じなかったので消そうかなと思ったんだけど
あまりにも気持ち悪いので自戒の意味も込めて投稿しておきます…。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

inside

2015-05-10 01:22:11 | 未分類
割と人生始まって以来くらいの多趣味な時期をむかえています。

そもそも、好きな人やものはありすぎる程ある方だと自負しています。
ただ、広く浅くっていうのが苦手で。
好きになるなら一直線。使うお金は厭わない。そういう性格です。

この性格のせいで、中高生の頃はそこそこ苦労しました(金銭的に)。
当時はまり倒した某特撮番組に費やした金額を後に概算してみたら
とんでもなく頭の痛くなる事態が発生しておりました、
っていうか中学生が使っていい金額じゃなかったですアレは。

その後はまった某バンド(今も好きだけど)にも、ハマった当初は
グッズだの雑誌だの全部買ってたから割とすごい金額費やしてたし、
本当に一度好きになるとハマり倒さないと収拾がつかないっていう
傍迷惑な性格をしているんですけれども。
そして大体、一度ハマると妹を巻き込むのですけれども(笑)

前の戦隊から、実に7年振りくらいにニチアサにドはまりしております。
これは前にも書いたっけ。
トッキュウジャーにハマって、ついでに仮面ライダードライブにハマったもので
一週間が日曜日を中心に回っております。

ここまではいいんだ。
何か一つにのめりこむだけなら通常運転なんだ。

どういうわけだか、アイドルにはまりました。
現在リリースも何もないのにCD買いまくってDVD買いまくってという
訳の分からない生活を送っています。
ここんとこブログ書いたりTwitterでぐちぐち言ったりする時間もないくらい、
何なら誰かと会う予定を立てるのも億劫なくらいに毎晩アイドルを愛でております。

アイドルの低年齢化が進んでいますが、わたしは歳上しか認めない。
絶対に認めない。

ずっとずっとSMAPだけ追いかけてたんだけどなぁ。笑

アイドルでもなんでも、一生懸命やってる人って
かっこいいなぁって思うのです。
一生懸命やって、かっこいいものを作って、みんなからキャーキャー言われてって
最高だよなぁって。
自分も一生懸命やったら、誰かにかっこいいって思ってもらえるかなって
そんなことをふと考えたりするのです。


アイドルのDVD見ながら、見切れまくってる1人だけを目で追ってるって
生まれて初めての経験だぞ!




寝ろよ!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

誕生

2015-04-05 23:24:06 | 未分類
中高時代の部活の友人がママになりました。

友人って言っていいかな?
そんなにちゃんと仲良かったわけじゃないような気がするけど、
5年間一緒に部活やってたんだから友人って言わせてね。笑

赤ちゃんを抱いた彼女の写真を見て、
嬉しいような信じられないようなめでたいような。
いや、間違いなく嬉しいしめでたいのだけれども、
率先してバカやってた彼女がお母さんかー、って思うと
もうとにかく信じられなくて(笑)

きっとこれから徐々に、結婚だったり出産だったり
こういう報告が増えていくのかなー。
それとも、報告すらもしなくなるのかなあ、だんだん。

高校の卒業間際に、いろんな先生が
「この中高で知り合った友人は一生の友人になるよ」と言っていて
そんなこと無いんじゃないかな~って割とドライに思っていたけれど、
未だに何かあった時にいちばんに頼るのは中高の友人だし
こういう報告をもらうと本当に嬉しいなって思うし、
悔しいけれど先生の言う通りだったのかなぁって思っています。

まだ卒業して5年しか経ってないから分からないけど。

卒業してから一度も彼女に会いたいと思ったことはないんだけど、
彼女に会ったら訊いてみたいことができたよ。
なので、次はちゃんと会いたいなぁと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

みようみまね

2015-04-05 01:00:13 | 未分類
本格的に、Kis-My-Ft2の二階堂くんを好きになりました。
前からずっと気になってはいたけれど、
笑った時に顔がくしゃってなる感じがものすっごい可愛い。
が、そんな話を書こうと思ったわけではないのだ。

一応、社会人第一週目が終わりました。
と言っても3日しか出勤していないのだけれど

うちの会社は、研修らしい研修がありません。

仕事内容はひと通り入社前に教わっているし、
マナーとかは、社会人やってればそのうち身につくよってスタンスらしい。
変なとこがあったら指摘するよ、ということらしい。

周囲の友達はみんなそれぞれの就職先で研修を受けていて、
自分はそうじゃなくていきなり仕事を任せてもらっているのが
不安といえば不安です。とても。

見よう見まねでいろんなことを覚える毎日。
人にものを聞くのが苦手なので、得意になりたい。

自分で考えても分からないことはちゃんと聞けるようにならないといけない。
全部自分で答が出せると思ってるのは違う気がする。

あと、拘束時間が長くて座りっぱなしなのが地味にきつい。
早起きよりそっちがきつい。

早起きは、やってみたら何てことないなという印象です。
もともと3時近くまで起きてて9時くらいに起きて、
という生活をしてたのがそのまま
3時間前倒しになっただけかなぁ、という感じ。

この間も書いたけれど、起きる時間が決まっているので
自然と寝なければいけない時間も決まってきて、
締切が近づかないと何もしない自分にはある意味
ちょうどいい生活になっているような気がします。

でも、金曜と土曜の夜くらいはニコニコプレミアム会員のアカウントを
フル活用しようかな、などと思う夜。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヘルスケア

2015-04-02 22:31:20 | 未分類
いやほんと。
大事。

社会人生活二日目にして、風邪を引きました。
咳と鼻づまりと喉の痛みと。もう、典型的です。
花粉症ではない以上、これは不摂生による風邪なのだと思います。

3月のテーマは「自堕落」でした。
ゆえに、あまりお布団で寝ていません。
まあ、そんな風にてきとーに過ごす時間も素敵だったのだが。
先日友人から指摘を受けたとおり、わたしは自分で思っているほど頑強ではないみたいなので
社会人1年目のテーマは「自己管理」かなぁ、というところです。

マスクしてても視界が曇らないってすごい。
コンタクト入れた初日以来の感動。

明日行ったら今週は終わりだよー
薬飲んで今日は早く寝る。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はじまりはじまり

2015-04-01 23:19:02 | 未分類
もうちょっと劇的に何かが変わるかと思ったら全くの気のせいだったよ。
そういえば、二十歳になった時もそうでした。
節目ってほんとに節目以外のなんでもないなぁと。

そんなわけで本日より、社会人になりました。
慣れないスーツを着て、慣れない早起きをして、
どきどきしながら職場に行ってきました。
小さな会社で、新入社員もわたし一人なので
本当にこぢんまりとした入社式をしていただいて。
ああ、いよいよだなって思いはあるけれど
それ以外はあんまり変化のない今日でした。

唯一変わったのは、研修中と席が違うことくらいかな。笑

一応、半年くらいアルバイトという形で仕事をさせてもらっていて。
業務内容自体は当面その延長なので、そういう意味では
あんまり新しいことをやる!っていう感覚ではありません。

職種としては一応、「編集者」ということになるらしい
(名刺見て感動した)
自分が「編集者」ってなのれるのがとっても嬉しい。
名前って大事。

今のところ、新生活の予感としては
否が応でも規則正しい生活をしなければいけなくなるので、
不要なことをダラダラとしなくなるかな、という気がします。
ダラダラするの好きだけれど、それは3月にたくさんやったので
しばらくは必要なことに専念しようと思います。
考えてることとかを記録しとくのは必要ななことだと思うので
ブログはちょこちょこ書けたらなと思っています。

職場で仕事をする以外にも、自分にはやりたいことが沢山あって。
文章書くのもやめたくないし、もっともっと色々書きたいし。
当面は、できる範囲で両立させていきたいと思っています。
仕事でも文章書くから、今月からは今まで以上に言葉を使う人になる予感。
というか、四六時中言葉のことを考えている人になる予感。
どんな風に自分の語彙が変わっていくのか、楽しみでもあります。

今日のところは、考えているのはこんな感じのこと。

どこまでプラス思考で頑張れるか全く見当もつかないけれど、
今のところ、前途には希望がいっぱいあるような気がしています。
よきかなよきかな。

1年後の自分はどんな言葉を使うようになっているかな、
どんな考え方ができるようになっているかな。
地続きなんだろうけど、でも、劇的に変わっていたら面白いなと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

to be continued

2015-03-31 23:57:23 | 未分類
モラトリアム最終日でございました。

明日から社会人とかもう笑うしかない
ふふふふふふふふははははは

大学を先週卒業しまして。
それでも3月31日までは学生気分でいてやるぞって思って、
今日まで存分に学生気分を謳歌していたのですけれども
明日からは社会人でございます。

思い出に浸る間もない3月でした。
なんか、毎日何かしらしてたような気がする。
あとでじっくりスケジュール帳を見返してみようと思うけど、
本当に、毎日毎日処理できないくらいいろんなことがありました。
キャパオーバーでした、確実に。
もうね、文字通りに、真っ青な春でございました。
人生で1番濃い1ヶ月を過ごしたんじゃないかな。

明日からは、すごく小さなベンチャー企業で働きます。
とっても嫌な言い方をするならば、5年後あるかどうかも分からないくらい。笑
社員の人数も少ないけど、だからこそ
自分が成長できる場としてはこの上ない環境ではないかと思っております。

大学の卒業式の帰り道に友達に言われたのが、
「これから自分で履歴書を作っていくんだね」って。
ほんと、その通りだなと思うのです。
将来の目標みたいなものは一応ぼんやりと見えているので、
まだまだ回り道ばっかりだと思うけれど少しずつそこに向かっていく作業。
そう考えると、今までと何一つ変わることはないのかもしれないなって。

たどりつくまでに死んじゃうかもしれないけどね。笑
そんなことは分からないので、ちょっとずつ進んでいくだけです。

明日から何時に家に帰ってこられるのかなぁとか、
毎朝5時半に起きるのできるかなぁとか、
お弁当作り本当にできるのかなぁとか、
電話対応ちゃんとできるかなぁとか、
不安を口にしたらとにかくきりがなくて。

きっと、明日から毎日ぐちぐち言うんだと思います。
不安や不満を言語化して吐き出して。
きっと相変わらず泣き虫だし子供だしヘタレだし陰キャラだけど、
ちょっとずつ順応していくんだと思います。
今までもずっとそうやって生きてきたわけだしな。

キャパオーバー気味だって感じてるくらいがちょうどいいのです、自分は。
問題は、仕事だけでキャパオーバーになるのは嫌だなってことだけで。
とはいえしばらくは仕方ないのかなー。

早く、仕事が楽しいって自信持って言えるようになりたいな。
がんばろ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Harmonious

2015-03-31 01:56:46 | 吹奏楽・ピアノ
ブログでは卒業式のことをすっ飛ばしてるんだけども
(Facebookに書いたら満足しちゃった)
今日は部活の後輩ちゃんたちの定期演奏会でした。

もう、今の現役の子たちのことはよく知りません(笑)
我々、幹部の子たちが中1の時の高3だもの。
彼らからしてみても我々はもう「知らない人」なんだろうなぁ。
とはいえこちらからしてみたら勝手に、可愛い可愛い後輩ちゃんたちです。

去年までは直接関わりを持った後輩たちがぞくぞくと引退していって、
それを涙ながらに見守っていたわけなのですけれども。
今年も引退セレモニー見てたけど、なんていうかな、
ただただ愛おしかったです(笑)。
よく頑張ったね、おめでとうって。
歳を重ねるというのはこういうことなのかな。

もうね、毎年毎年書いている気がするのだけれど
わたしは出身校の吹奏楽部が大好きなのです。
キラッキラで、パワフルで。
先輩の欲目が入っているとは思うけれど、わたしは
出身校吹奏楽部のファンなのであります。

自分が現役で吹いていた頃は、いろいろ過渡期でありました。
コーチが変わって、トレーナーがつくようになって。
定期演奏会を大きなホールでやれるようになって。
同期とも先輩とも後輩ともいっぱいぶつかったし、
思い通りにならないことだらけでいっぱい泣いたこともありました。

あの5年間は文字通り吹奏楽に捧げた5年間で。
たぶんもう一生、あんなにも1つのことに打ち込むなんてことはあり得なくて。

そろそろ、またあのくらい打ち込める何かと出会えればいいんだけど、
なんて思ったりしないわけでもないんだけれど。笑

そんな5年間を、今日引退した後輩たちも過ごせてたらいいなと思います。
本当に、かろうじて顔と名前を知ってる程度の後輩たちなのだけれど、
彼女らにとってこの5年間が一生の誇りとなるものであれば良いなと。

引退した後輩も、卒業した後輩も、
ついでに我々も、みんなみんな希望に満ちた前途を歩んでいけば良いなと思うわけです。

フルート吹きたいぞ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まとめレポート

2015-03-23 01:19:30 | 未分類
4年間のまとめレポートを書かなきゃいけなかったことを思い出して、
ついさっきまで書いていました。
って言っても200語(英語)なんですけれども。
10,000語(英語)を超える卒論を書き終えた後だからすぐだろ、と思ったら
100書いたくらいで手が止まってしまって大苦戦しておりました。

わたしの4年間、100語かよっていうとそんなことは多分なくて
ただ、卒業とかって思うとただただ胸がいっぱいになってしまうんです。
全く言葉が出てこなくなる。不思議。

春がとっても苦手です。
気候はちょうどいいけど(寝やすいしね)

今週は、火曜日がアルバイトの最終出勤日。
そして水曜日が、大学の卒業式です。
どうしたもんかなぁ。最後って考えるだけですぐに涙が滲みます。
22にもなって人前で泣くの、結構嫌なんだけどなぁ(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする