おかずブログ

ここでは主に撮影画像を発表します。
近場で撮影した植物などがメインとなります。

190318植物園他

2019年03月19日 | 京都

190318植物園他

彼岸入りした初日の3月18日、植物園と長徳寺に行ってきた。

それにしても、もう彼岸である。彼岸の中日の春分の日は春になってから
半分が過ぎたということだ。春もすでに後半である。
むろん体感的・感覚的にはソメイヨシノもまだ開花していないのに、
春の半ばを過ぎたといっても???だろうけど、暦の上では
そのようになる。

まず初めに「オカメ桜」が門前にある長徳寺。二年に一度程度の割合いで
行ってはいる。この日はちょうど満開の桜が出迎えてくれた。

長徳寺からほど近い某所に行って「イヌノフグリ」の撮影。今年三度目で
やっと開花しているイヌノフグリに出会う。イヌノフグリは3.4ミリの小さな花で、
しかもたくさん群生しているわけではない。ごく限られた範囲で、あちこちに一株、
一株と散らばってある。合計で4株発見。そのうちの一株しか花がなかった。

風媒や虫媒ではなくてアリが媒介しているということだし、さもあらん。
遠からず絶滅することだろう。

下のオランダフウロは3月15日に拙宅近くでの撮影。この花も普通に見かける花ではないのだが、
根茎を延ばすことによって広がるから絶滅の心配はない。
植物に興味のある方でないとオバコ科やクワガタソウ属やイヌノフグリと言った所で何が何やら
ご存じないとは思うも、イヌノフグリは京都府の絶滅危惧種でもあり、撮影地は秘匿したい。

長徳寺から植物園。15日から18日まで「山野草展」を開催しているので行ってみた。
植物園も今年になってから4度目である。たくさんの春の花たちが楽しませてくれる。
花好きの私にとっては植物園は至福のひと時でもあるとも言える。

桜もいくつかの品種が新しく咲き出し、いくつかの品種はそろそろ終わりに近づいている。
河津桜も植栽されていて、やはりこの桜は華やかである。以下は植物園での撮影。

なんと偶然にカワセミも撮影。多少ボケてはいるがこれは仕方ない。距離が遠くなれば、
撮影はどうしても無理がある。

この日の撮影の花は多い。すべてに花名のテキストを入れようかとも思ったのだが、
ズルをして入れない。変わりにワンドライブでキャプションを入れました。
レタッチソフトで花名を入れる作業にはどうしてもかなりの時間を要します。


もし花名を知りたいようでしたらワンドライブのキャブションを参照願います。
画像は下に置いています。御覧願います。不鮮明な画像も多いものです。

190318植物園他


 

 

コメント

190316 井手

2019年03月17日 | 京都

190316 井手町

3月16日、朝方に強い雨が降り、天気は良い方ではなかったのだが、
回復するという報を信じて雨の上がった昼前に家を出て、
奈良に近い「井手町」に向かう。

京都からは「みやこ路快速」も停車するようになっていて、
わずか30分ほどで行けるようになったのは、ありがたい。
前回は2012年4月10日に行っていて、それから7年が経つ。
奈良には昨年だけでも12回だったか行っているというのに、
井手町には随分とご無沙汰である。
それも見どころが乏しい以上は仕方ないというものだ。

1 山吹の花咲く里に成ぬればここにもゐでとおもほゆるかな
  (岩波文庫山家集41P春歌・新潮166番・西行上人集・山家心中集)
                   
2 山吹の花咲く井出の里こそはやしうゐたりと思はざらなむ
            (岩波文庫山家集173P雑歌・新潮1169番)

現在の井手は六玉川の一つである「井手の玉川」の堤に植栽された
500本ほどの桜並木で有名だ。でも西行歌にもあるように古くは
「山吹」で有名な里であった。井手にはもう一つの歌枕があって、
それは「カエル」。しかしカエルの詠みこまれた歌は多くはない。

前回に行った時には玉川沿いの満開の桜を見た。
近くの地蔵禅院には京都の円山公園を代表する枝垂れ桜と親樹が兄弟木という
有名な枝垂れ桜もある。この桜は京都府の天然記念物でもある。
この樹も老樹なのだが満開のころは素晴らしいものだ。

それにしても円山公園の桜は極端に短命だ。おそらくは付近の環境が
木のためには劣悪すぎるのだろう。どう考えても自動車の騒音と排気ガス、
かがり火、、花のころのライトアップや夜通しの花見客の喧騒…etc。
桜にとって迷惑なものであろうと思う。

御覧のように玉川の桜も現在は枯れ木のように花の姿はない。それなのになぜ今の
時期に行ったかというと、
来月の満開のころに再び行くので、その下見としてのものである。

地蔵禅院からの道すがら10本近い河津桜を発見。花の盛りは過ぎてはいたが、まだまだ見ごろだ。
華やかな桜ではある。

ついでに橘諸兄の旧跡にも行く。諸兄の別業跡である。諸兄は生まれは美努王の子、諸兄の子の
奈良麻呂の娘が橘 嘉智子。この橘 嘉智子が嵯峨天皇の皇后となっていて、この系譜が現在も
続いているということができる。

この日の画像は下にあります。ついでに古いのも出しておきます。

190316井手

120410井手


                    

コメント

20190312・13水族館

2019年03月14日 | 京都

20190312・13京都水族館

暦の上ではもう旬日程度で春分の日になる12日。
機会を得て「京都水族館」に行ってきた。

この水族館建設前は様々な問題が起きたらしくて新聞紙面を
賑わせていた事が記憶にある。とまれ、2012年3月の開業からすでに7年が経つ。

過ぎてしまえば、早いものである。私はなんと、この開業日にふらっと
入館している。なぜ入館するような仕儀になったのか皆目覚えてはいない。
おそらくはあの近くで平清盛関係の旧跡を訪ねているうちに、
開業しているのを知ってふらっと入ったのではなかろうかと思う。

以後も大阪に住む甥一家とともに行ったことがある。
だから今回で三回目だ。今回は写真同好会グループの撮影会として行った。

なんとかうまく撮影できればとは思っていたのだが、結果は惨憺たるもの。
アクリル板越しの水槽の中の撮影は極めて難しい。
暗くて光が不十分であるがもちろんフラッシュは厳禁。かつ動きものの撮影には
それなりの設定が必要だが当然に三脚も使えない。
水槽の向こうに人影などが映りこんでいたり、被写界深度を稼ぐために絞りを
絞ったら今度は間延びした写真になる。自然光でないことも原因の一つだろう。
結果としてボケ画像量産である。
カメラの液晶画面で見たら、結構それなりのものが撮影できたとは思ったのだが、
それが大誤算。仕方ないのでリベンジとして急遽次の日の13日にも行ってみる。


うまくいかない原因の一番はカメラの設定なのだが、当然にレンズの性能もある。
この日は12日には使わなかったレンズを主に使う。
それでまあ何とかなったのではないかと思う。でも納得まではいかない。
結論としては、難しいシーンなので慣れるしかないということだろう。

一番下の鳩はなんと衆人環視のもとで臆面もなくラブラブだった。気持ちとしては、
もう枯れ葉てて、
枯れ木のような爺さんに見せつけられてもなー・・・という感もする。

水族館の画像は下にあります。御覧願います。
110枚あります。ボケ画像や同様の画像も結構あります。スライドショウが良いかと思います。
ビデオも御覧ください。ビデオは事実上初めてで編集はしていません。

190312・13京都水族館


190313ビデオ

 

 

コメント (2)

190308 奈良 石光寺と二月堂

2019年03月10日 | その他

190308 奈良 石光寺と二月堂

天気が良いという情報を得て、春まだ浅い8日に奈良に行く。
今年二度目の奈良行きである。

初めに二上山のふもと近くにある石光寺。電車の待ち時間などが多い場合は、
自宅から3時間ほどを要するので、時間は結構かかる。

このお寺をはじめて訪ねたのは、もう35年ほど前にもなる。
京都の拙宅からの自転車による奈良一周の途次に立ち寄ったもの。
それだけに奈良では愛着のあるお寺だともいえる。
広いとは言えない境内には多くの花が植栽されていて、目を楽しませてくれる。
さすがに「花の寺」である。
10日ほど後の彼岸の頃に、また行く予定にもしている。土筆と花桃以外は石光寺での撮影。

石光寺を辞してから、急に逢うことになったKさんと当麻寺門前で待ち合わせて、
近くの喫茶店で1時間半ほどを過ごす。
長く教職にあったK氏は退職してからも歴史的な会館の要職にも就き、
ことに河内地方一円の歴史についての造詣が深い。私も彼の薫陶を受けている一人である。

K氏と別れてからは奈良に向かう。片岡梅林に立ち寄って梅を見る。咲きそろっている。



次には「万葉植物園」に行ったのだが、時刻はすでに4時半を過ぎていて閉園したばかり。
仕方がないので東大寺大仏殿から二月堂。5時になるかならないかという時刻でも、
二月堂の付近には人が集まっている。私も二月堂舞台下の広場に入り込んで19時すぐに
挙行される「お松明」を待つ。寒い。何もしないで、ただ待つしかないのは、ちょっと辛い。

17時10分頃に付近のライトが消されて、火を灯された松明が登楼を上がっていく。
そして二月堂の舞台の上で松明をくるくると回したりしながら、最後は舞台の
端まで走って行き、終わる。ちょっとした迫力ではある。



なんでも火の粉を浴びたらご利益があるとかいうらしい。私はというと撮影のために
程よい距離が必要なのだが、人が多くて場所の移動はほぼ無理である。
それでなくても目の前にある「良弁杉」が舞台の半分しか見えないようにしている。
撮影場所としてはとても悪い。
合計8本か10本ほどの松明が順番に舞台を駆け抜けたことになる。その間20分ほど。
12日の修二会(お水取り)の日には松明の数も多く、それらが一本ずつではなくて、
10本以上が同時に舞台の上で勢ぞろいするようだ。さぞかし壮観だろう。

動画も撮影してワンドライブに出したのですが、なぜか再生できない。
MPGという一般的な拡張子なのに苦慮しています。動画は初めてのアップだからわからないのです。
どうしたら再生できるのか少し研究してから、大丈夫なら、お知らせします。
画像は下に置いています。よろしければ御覧願います。

190308 奈良 石光寺と二月堂

 

 

コメント (4)

190305城南宮

2019年03月06日 | 京都

190305城南宮


当然のことだが季節は移り行き、啓蟄前の昨日5日、
天気も良いので城南宮に行ってみた。

昼過ぎまでは用事があり、城南宮着は14時頃。
城南宮の春先は梅の香で満たされる。しだれ梅が有名になって久しい。

ここは古くは邑の鎮守社のような役割を担っていたのだろうけど、
平安時代に72代白河天皇・74代鳥羽天皇が院政を執った所として、
にわかに開けて、「都移り」の感を呈したらしい。
この社の歴史についての詳述はしないが、明治維新の時の鳥羽伏見の
戦いの場としても知られている。
そのように歴史的には非常に重要な位置を占めていることは論をまたない。

さて、しだれ梅。飽きもせずに毎年のように見に行っているが、今年は
花が少し少ないか?という気もした。ひょっとしたら昨年9月の台風禍の
影響がほんの少しはあるのかもしれないとも思う。
ともあれ、ほぼ満開の梅が競うように咲き誇っていて、花に酔い痴れる。

初めの写真は安楽寿院の近衛天皇陵。ここはもともとは美福門院の陵墓と
して建立されたものだが近衛天皇が夭折したために近衛天皇陵としたらしい。
もちろん建立当時のものではなくて豊臣秀頼の寄進になる。

下の4枚は城南宮でのもの。散った花弁が水路に浮かんでいたけれども、設定が悪い。
花弁がぼけても良いので、わずかにあった水流を感じさせる写真でないとダメ。味がない。
絵になっていない。もう一度撮り直しにとは思ったが、行かないままである。

以下はしだれ梅。

城南宮での写真は下にあります。御覧願います。

190305城南宮



コメント

190227 植物園

2019年03月02日 | 京都

190227 植物園

如月も2月28日で晦日、如月仁である。旧暦では2月27日は1月13日。
春になってまだ13日である。立春からは20日余り。春はまだまだ浅い。

春は浅いとはいえ、今年三度目の植物園に行ってみた。
早春の花々も多く咲き始めて眼を楽しませてくれる。眼福である。
ヒメウズなどの雑草ももう開いていて、月日の経過の早さを思い知る。

植物園では、あと1か月か2か月で百花繚乱の様相を呈することになる。
持病も深刻で、老いさらばえた(?)爺さんなのに、しかも男なのに花が好きなんて
笑われることに違いないのだが、好きなものはなんとも致し方ない。

10年ほども前になるのか花のホームページを作っていて、その関係もあって、
花の撮影は欠かせなくもあるのだが・・・
そののこともあって、これからの季節には、花を求めてあちこちをさまよい歩くと
いうことになるのだろう。毎年のことである。それは、いわば変人のたぐいである。

20年近く前から中世和歌文学のマガジンも出し続けている関係で時間はいくらあっても
足りない思いもするのだが、その時ごとに臨機応変に処して行きたいものだという思いで
やってきた。今後もそれは不変なのだが、少しでも充実したものを味わえたらと思う。

この日の画像は下にあります。

190227植物園

 



 

コメント

190226旧二条城と御苑

2019年02月27日 | 京都

190226旧二条城と御苑


三月の声も聴こうとする時節になれば、さすがに暖かさも増してくる。
持病のためもあり寒い時には用心して、閑居しがちであったが、
この暖かさではもう冬眠でもないだろう。啓蟄も近い。

さてこの日、同好会の撮影日。梅の花も咲き、天気もよろしくで、
良い撮影日和だ。

初めに旧二条城。私はと言えば梅よりもハシバミとコケの撮影を中心にする。
新しいカメラの設定が難しくて、なかなかうまくはいかない。

設定によっては真昼間でも背景が真っ黒になる。真っ黒は「黒つぶれ」で、「白飛び」と
同程度に良くないことなのだが、あえて黒背景にしてみる。黒背景にすると被写体が
浮き上がってきて、被写体そのものが主張する。だから私は黒つぶれはそれほど
気にはならないのだが、使い方に習熟してから臨機応変に考えたい。

コケの写真は梅の枝でのもの。コケ越しに背後の梅がうまく撮れないかと思ったのだが、
押しなべてコケからの位置が良くない。絞れば味がなくなるとも考えて多くは
開き気味の写真である。良い悪いは別にしても撮影自体を楽しめた。

旧二条城から御苑。

この日、午後から先約がある関係で、御苑は皆さんと離れて私一人で御苑の気になる
所を歩いてみた。要するに御苑の東側部分である。迎賓館などがある場所だ。
足早に歩いたので御苑の画像は4葉しかありません。



昨年9月の台風以来、二度歩いているのだが、現在も台風被害の後がそのままに
なっている部分もある。たくさんの木が被害に遭っていて、見ているだけで痛々しい。
何とか以前の景観をと思うが、むろん一朝一夕のことではない。

この日の画像は下にあります。御覧願います。

190226旧二条城と御苑

本日27日は植物園に行ったので、おそらくは明後日にそのアップします。


コメント (2)

190225 梅宮大社と車折神社

2019年02月26日 | 京都

190225梅宮大社と車折神社

昼までかかるだけの所用を済ませてから、天気が良く暖かな日で
あったので、昼過ぎから自転車で出かけてみた。


25日は官公祭(梅花祭)なのだが、2/23日に北野天満宮近くの知り合いの所に
用事があったついでに天満宮を覗いていたのでパスする。

笑われそうなのだが、梅宮大社も飽きもせずに毎年行っている。
もちろん目的は観梅である。梅宮大社も古刹の一社で、歴史的には松尾大社と
並び称されるほどの社ではあるのだが、このブログはそんなことには触れない。

ここの梅は品種が多くて長く楽しめはするのだが、境内敷地がそれほど広くは
ないので咲いている本数は少ない。もう終わりかけのと、まだまだ蕾のとが混在する。
同じ季節にたくさん咲いてほしい気もするが、それは仕方がない。
それでもまずまず楽しめる。




梅宮大社からは車折神社。ここは5月に桂川で「三船祭」を主宰する神社である。
境内には芸能人たちの名前を記入した玉垣用の赤い板がたくさんある。

もちろん私は芸能人たちに興味があるわけではなくて、境内の河津桜の進み具合を観に
行ったのだが、4.5本ある木によっては五分咲き程度のも見られた。
やはり河津桜は大輪の花弁でもあり、あでやかさがある。華のある桜だと思う。




もう数日してからまた、この桜を見に行くかどうか迷うところではあるのだが、はてさて・・・
車折神社からは罧原堤沿いに自転車を走らせて帰宅する。
天気も良くて、まずまずの早春の日であった。

画像は少しですが下にあります。花の画像ばかりです。

190225 梅宮大社と車折神社

 

コメント (2)

190218 桜咲く

2019年02月19日 | 京都

190218 桜咲く

ちょっと思わせぶりなタイトルなのだが、なんということはない、
咲いたのは「寒桜」である。
ソメイヨシノの開花はもちろん1か月有余を待たなくてはならない。

桜も品種がとても多くて、夏以外は咲いているともいえるのだが、
このカンザクラはソメイヨシノに先駆けて、見事に枝一杯に花をつける。
それで私も何年も通っている。昨年は確か2月16日。

場所の特定できることは書かない方が良いのだろうけど画像にテキストを入れてみた。
配慮が足りないと思われる方もいるのだろうが、ご容赦をと思う。
木は一本しかないのだが、たわわにつけた花は素晴らしい。
例年のように、この花を見てから私の今年の桜行脚は始まるともいえる。

初めは、この桜を見てから淀緑地に行き、早咲きの満開になっているはずの川津桜を
見るつもりだった。でも今年は暮れから新年と続いて病臥していた関係もあり、
気持ちも身体も甘やかせてしまっている。それでも完調には遠い。そんな状態なので、
淀に行くのは早々と断念して、宇治川派流をゆっくりと散策しただけで、家路へと向かった。
まあ、それも良しだと思う。自身に何ら恥じることでもないだろう。



宇治川派流は川底を浚渫していた。今年の10石船の就航のためだろう。
あとの雑草も散歩中に撮影したもの。ツグミも撮ったが、ちょっと難しい。
テレコンをつけて1000くらいになるようにカメラをアップグレードしないと無理だとは
思うが、目下のところ鳥を撮るつもりがない。眼のことも考えると無理過ぎる。

この日の画像は下にあります。

190218寒桜と宇治川派流

はてさて、今年の桜撮影はどうなるのだろう。そろそろ予定を立てたいものである。



コメント

190214植物園

2019年02月15日 | 京都

 

190214植物園

半月ぶりの植物園である。前回は1月30日。

当日はときおり小雪がちらつく寒い日であり、行くべきか迷っていて
自宅を出発したのは13時前。

植物園に行くには、ほぼ1時間を要するので、植物園着は14時前。
3時間ほどしか居られないので、足早に見て回る。結果的には3時間いたのだけど、
やはり半分程度しか見ることができない。いつものように5.6時間は欲しい。

植物園はまだまだ冬枯れのさなかではあるけれど、少しは春の息吹が感じられた。
あと、一か月もすると春らしい植物園になるだろう。

例によって例のごとくに初めは「生態圏」を見て回る。植物園だから自生というのは
おかしいけれど、地植えのフクジュソウやセツブンソウやフキが見られた。春はもう少しである。

生態圏から観覧温室。猿面のドラクラも咲き残っているのではと、わずかに期待したのだが、
残念ながら無理。当然のように花は枯れる。

イワタバコ科の「ヒポキルティフロラ」をなんとか絵になるように撮れないものかと
思ったのだがうまく撮れない。全体的に開放にし過ぎたと思う。設定替えを
忘れたなどというのは恥ずかしい。たいていは一枚ごと、一シーンごとに設定を変えては
いるのだし、今回も替えはしたのだが・・・。

観覧温室なので温度が高くて、レンズが曇ってフォーカスがうまくいかない。
でもなんと粘って撮ってはみた。結果は良くはないのだが、接写はまあまあだろう。

温室から「早春の草花展」を見て回る。まあまあ良い展観だと思う。人もそれほど
いないのが良い。

時間を見ればすでに16時20分。なんとか梅園で梅の花の接写。梅は早先きは見ごろ、普通のは
これからである。

当日の画像は下にあります。御覧願います。

190214京都植物園


これから多くの花たちが咲き始める。花好きの私としては、植物園に行くのが楽しくなりそうだ。
昔に作った花のホームページもほったらかしだが、少しずつでも更新したいものである。

 

コメント (4)