自由に五七五

季語を意識して画像を1枚載せて楽しんで行くつもりです。
川柳もどきになるのはスタートが万流だったから。

地蔵様抱いて千年大櫻

2024年04月13日 | 写真俳句
 二本松市芹沢の桜
 一枚写真撮ったらボケた。

桜大樹の根っこが分かれ向こう側見える。

行く途中道が狭い。

だが名前だけは知っていた。

現役時代この近くの会社に仕事に来ていた。

友人のさつき山公園にも近い。

この近くにはこんな桜が多い。



コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大桜樹齢三百肌若し | トップ | バイドラは大混雑や山笑う »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kitaura)
2024-04-13 08:29:17
春爛漫良い季節になりました。芹沢の
桜まだ見たことはありません。
安達ケ原ではなく塩ノ崎の桜を見て来ました
番付は大関見事な桜でした。
 (安のり)
2024-04-13 13:40:06
kitauraさん
 ここは余りお勧め出来ません。
残念は道が細い。
そして奥に駐車場はありますが坂道だらけ。
 今日も良い天気ですね。
子守なのでふるさと村で遊んできました。
隣の安達が原も満開。山もよく見えました。
Unknown (たんと)
2024-04-13 15:50:15
貫禄のある幹肌です♪
 (安のり)
2024-04-13 18:05:54
たんとさん
 もっと道が良いとおおくの人に見て貰えると
思います。私は慣れているので平気です。

コメントを投稿

写真俳句」カテゴリの最新記事