君は銀河の青い風  八木真由美 岡山

自然に沿って、自分につながって、
心地のよい光とともに。
竪琴ライア 自然農 ライトワーク

  

光の花 ゆたかな静寂

2014年03月31日 | 咲き咲きて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三月もめぐりゆくなか、梅の花、桃の花、桜の花々が 

野に山に 街に 日本の春を彩っています。

天からみると きよらかな光の帯のような・・・  

白や赤の濃淡 あわいあわいうす桃色の光を 

静かに放っているように見えるのでしょうか・・。

 

お花見は四月に入って 友人と・・、 家族と・・、 ひとりで・・・、

たぶん三回くらい 桜の木に会いに行くと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は 満開の白木蓮・・・・、

ご近所の方の畑に それはそれは見事な木蓮が三本あるのです。

それも我が家の真正面・・・という恵まれようですから、、、、

朝に昼に夕に、心をかわしながら その美しさにふれ

心を透きとおらせ 見上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫色の木蓮も 白木蓮にふんわりかさなるように開きはじめました。

ああ、美しい~。 

花々に どれほどの 光をいただいていることでしょう。

満開の華やかさに 静寂のかおり・・・、満ちたりて さわやかな姿です。 

わたしも人として光すきとおらせ いのち豊かに生きてゆきたいな・・と思う春です。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅のかおり、吉備路

2014年03月20日 | 咲き咲きて

みなさんは春のおとずれを なにで感じられますか・・?

わたしは光の明るさや 風のにおい 朧月夜  梅の花  うぐいす・・・・、

つぎつぎに浮かびますね。

 

三月になると やさしい花のかおりと 鳥のさえずりが春を告げ 

気持ちは野山へ野山へとさそわれます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先日 梅の花を愛でに 娘ふたりと吉備路の国分寺にゆきました。
 
やさしげに満開です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お弁当とおやつ ぽかぽか陽気に足取りも軽やかに、 
 
梅畑の小道をゆったりとお散歩し、
 
ピクニックシートを敷いてお花見をしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大地にそっと寝ころんで 水色の空と 木々をながめていると、
 
光あふれる春の日の やわらかな静寂が心地よく 
 
まどろみそうになりました・・・・。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘たちも楽しそうです。(写真は長女)
 
花も団子も・・・・という感じです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
末娘は・・・森で暮らすのが夢・・・・・。
 
大きな木を見ると そばに行きたくなるようです。
 
そして ちょっとだけ登らせてもらったりしていました。(笑)
 
 
私自身も 自然の中で過ごす時間を もっともっとふやしたいです。
 
これから始まる 花の季節 緑の季節を・・・、
 
すこやかな身体で 心に感じるまま 自然と一体になって・・・・・・・・。 
 
 
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農たのしい稲作教室・倉敷 三月

2014年03月18日 | 自然農 岡山 

 

自然農稲作教室の三回目は 3/16の日曜日でした。

うぐいすの声が やさしくひびいています。

その清らかなさえずりに わたしの心も透きとおってきます。

みなさんの姿も 春の彩りになってきましたね。

 

 
  










 photo by tomoka.k
 
                                 

 

田んぼに立つと 風はまだすこし冷たく感じましたが、

冬から春へめぐりゆくいのちの息吹が 

ふわりと心地よいのでした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬のあいだにすすめてきた畝作りも 

今回でほぼ出来上がりました。

田んぼの高低を 平らかにして 

いのち巡らせている草草を

ふかふかに重ねています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耕さず10年・・・・、 

休耕田にしていた4畝が みなさんの実習田です。

田んぼを覆っている草草は 昨夏に青々と茂っていたもので、 

2m以上に育った 葦、ススキ、茅などです。

その分 根っこも地中にたくましく張り巡らせています。

その場所で お米づくりをはじめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲作を続けている場所では 稲わらを返しています。

その足元には オオイヌフグリが 光をうけて 

やさしい水色の花を咲かせています。

うれしい草花です。 

ふんわりとやさしい気持ちになります。

かおりさんが 写真をとっていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ればみるほど かわいらしくて 

まるで銀河の星々のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食後は言葉を通しての学びの時間です。

今回は「妙なる巡りのなかで」のビデオを観賞いたしました。

川口由一さんの田畑の記録です。(約70分)

1991年から1993年の頃に撮影をされたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の小さなテレビですが みなさん 真剣に見てくださり、

感想のシェアや 質問などをしていただき、

わたしの知っていること 感じていることもお伝えさせていただき、

自然農の世界を それぞれにみつめる時となりました。 

 

これからのお米づくりに いかしていただけたらいいなと思います。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川口由一さんのご著書も 紹介させていただきました。

この春に刊行されました「自然農にいのち宿りて」は、

梅の花咲く うぐいすの声澄みわたる この春の季に

川口さんのこれまでの集大成として 待ち望まれ 完稿されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然農学習会 漢方学習会 芸術紀行、など・・・・・、

これまで教えていただいてきました多岐にわたる様々な分野の内容が

みごとに網羅され 一冊にまとめられています。

目覚め・悟り・成長への道すじとして、 

今ふたたび学びの書として授けて頂いたことを とてもうれしく思っています。

 

奥様の洋子さんの挿絵が 美しく清らかにページを彩られておられ、

芸術的なかおりとともに 明確に真理を示す書として、

川口さんの深い想いが伝わってまいります。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いのち奏でる よろこびに・・。

2014年03月05日 | 光あふれる日々のこと。

ぴーひょろろん びーひょろろん

鳶の声に さそわれて おもてにでると 

虹色の彩雲が光っている・・。 

 

心をすませて 心をあわせて

いのち奏でる よろこびを

わたしも なつかしいそらに ひびかせたよ・・・・。

 

いつもいつもありがとう・・・・・、

過去も今も未来も ありがとう。

宇宙はいつも 祝福の光をとどけてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

びーひょろの声にさそわれてお庭にでると、

三羽の鳶が ならんで東に向っていました。


美しい姿を目で追っていると

一羽が大きくUターンをして、

彩雲を教えてくれたのです

  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加