君は銀河の青い風  八木真由美 岡山

自然に沿って、自分につながって、
心地のよい光とともに。
竪琴ライア 自然農 ライトワーク

  

お米大好き 二月分の籾摺りをしました。 

2017年01月31日 | 自然農 岡山 

 

収穫したお米は籾貯蔵をしておき、
我が家では約一か月分ずつ籾摺りをして、
新鮮で美味しいお米をいただきます。

籾殻のなかでお米は生きており・・・、
生きたまま貯蔵できるって、素晴らしいですね。

外した籾ガラは田に還してあげるのが基本で、
今年も稲わらと同様に巡らせています。

その他には、段ボールに籾ガラを敷いて、
その中で生姜やサツマイモを保存しています。
お台所の高めの棚でぬくぬくと厳寒期を越しています。

写真(上)の可愛い米袋は、
自然農稲作教室の卒業生の方々が
消しゴムハンコを手作りされ、
それを袋に押してプレゼントしてくださいました。
うれしいです。ありがとう。‼

 

あけぼの・・玄米です。 ↑
我が家は七分づきでいただくことが多いです。
精米した後の「糠」も大事に使います。
それからお米のとぎ汁も大切にしています。
ほんとうに、いのちまるごとありがたい恵みなのです。
 



 

コメント

未来を創る新年のWSを開催いたします。 1/29(日) 13:00~17:00 倉敷

2017年01月19日 | 私を生きる・ライトワーク勉強会

私を生きるlightwork「未来を創る新年WS」を開催いたします。 

1/29(日) 13:00~17:00 倉敷・自宅
・夢コーチング♡自己実現コーチングよるWS。
・ご希望の方は「易」「カードリーディング」も楽しみましょう。
・筆記用具とノート持参
・定員あり(少人数4~5人)
・参加費 4000円

新しい年の始まりは自分を見つめ夢を思い描くエネルギーにあふれています。私自身、昨年の暮れから新年にかけてたっぷりとその時間をとることができ清々しく気持ちの良いはじまりになっています。そのタイミングを逃してしまった方、または、もっとしっかり創造の源と繋がってイメージしてみたい方、旧暦のお正月に集いたいと思います。

◎お申し込みは、先着順でお受けいたします。
27日(金)までにメッセージをよろしくお願いいたします。

八木真由美

 

 

 

 

 

コメント

自然農 冬のいとなみ 畑

2017年01月18日 | 自然農 岡山 

もうすぐ大寒をむかえるこの時期、
畑ではエンドウが初々しく輝いています。
お日様にむいて光をあつめているのかな。
寒風や霜に負けず、静かに春を待っています。

 

ブロッコリー、ゆっくりの成長です。
花蕾が可愛く育ちはじめています。
自然農一年目の畝は亡骸の層もまだなく、
いのちの営みをこれから重ねてゆきます。

 

こちらは麦です。
冬草の麦は、この寒さの中でいのちを育みます。
初夏に収穫となりますが、成長過程がとても楽しみ。

 

あたたかな冬の日差しに恵まれた日には、
心はずませて畑に行きます。
そして、うれしい実りを日々いただいています。
おでん、煮もの、お味噌汁、おなます・・・、
葉も実もおいしです。

わたしの小さな楽園、自然農の畑、
何もかもこれからはじまるという感じですが、
自然に沿って生きる喜びがいつも足元にあることがうれしく、
さらに春から、私のスペースが今の倍ほどいただけることになり、
一年間の作付けを考え夢をふくらませているところです。

畑から見る南の空と山、あかるく輝く光・・、
やさしい木々のささやきも聞こえてきます。
今年も大いに楽しみましょう。  

 

コメント

先人の智恵、人類の全歴史を受け取る 川口由一

2017年01月08日 | 自然農 川口由一の世界

  『先人の智恵、人類の全歴史を受け取る』 
 

 百年前後の一人の一生で極められるものはごくわずかです。すべてにおいて、過去の人々の歴史の上に立っての今であり、過去の人々の智恵と経験の全歴史を受け取り、極め明らかにしてきたものを糧としての今日を生きる者の成長があります。それはすべての人にとって共通する基本の育ち方、生き方、在り方であり、そのことによって、親を超え、先人を超えて人類は成長いたすものです。身近なところでは、両親祖父母から、あるいは身を置いている集団から、あるいは活字に残されている書物から過去に生きた人類の智恵をもらって、豊かに育ってゆきます。

 成長の過程における真に必要とするものを、素直に誠実に謙虚に読み取り汲み取り、我が血肉とし、成長をなしてゆかねばなりません。智恵をもらい、授かるに必要な時間は与えられています。百年前後の時間を与えられているのですから、成長するに不足することはありません。一途に私のものにしてゆくことが大切です。そうして私の人生において、さらに私を生きないといけません。今を生きている人すべて、人類がかつて経験していなかった未知の世界を生きています。宇宙生命界自然界においても、同じく今までなかったところです。さらに明日は今までなかった新たな状況になり、常に刻々新た新たです。自然界においても、一人ひとりにおいても、人類全体においても常に新たなところであり、未知の今であります。人類は、生死に巡りながら歴史を重ねて今日に至り、明日また新たな人類の歴史を重ねます。

 未知にして未経験の今を生きるに、過去のものをすべて手中にしておかないと、同じ間違いを繰り返し、すでに明らかになっているところを、私の大切な時間を投入して、無駄な時を過ごすことになります。先人の過ちにも気づき、悟りとし、過ちは繰り返すことなきよう育たねばなりません。過去のいのちよりもさらに成長しないといけません。成長することによって、人類は人類の不幸から救われてゆきます。一人ひとりが成長することによって人間社会はよりよい社会に成長してゆきます。

 この今は過去の続きで、人類の始まりからの営みを知っているいのちの続きです。誕生した時に、人類の歴史がすべて刻み込まれています。あるいは人類を生むそれ以前のいのちの歴史が刻まれ、宇宙の全歴史が刻まれた続きの新たないのちの誕生です。過去のすべてを宿し、受け取り、引き継ぎ、一人ひとりがそれぞれの人生を同時に生きています。先人の智恵を受け取り、私は私の人生を生きなければなりません。 

新しい年のはじまりに、川口由一・著「自然農にいのち宿りて」より抜粋・掲載させていただきました。八木 

 

         

                   絵 川口由一さん

コメント

何に変身しましょうか~。

2017年01月07日 | 光あふれる日々のこと。

思いのほか暖ったかいレッグウォーマーが誕生したのは、
「母さん、縮んだのであげるわ。」と、
表はウール・裏は綿の二重になったニットを三枚も、
次女にもらったから。

わりと小柄な私ですが・・・・、
さすがに子供服サイズに縮んだものは無理よね~。
でも、生地がふかふかと暖かいので何かに変身させたくなります。

小さなお座布団が第一候補でしたが、
一着、レッグウォーマーとパジャマの下に巻く腹巻きにしてみましたら、
実に軽くて暖かくて最高なのです。

着用しているのを見て「わたしも欲しい。」と末娘。
そこで今日は残りの二着も変身です。
何かしら工夫して楽しんでいる時って、
小さなことでもワクワクうれしくなりますね。

 

 

コメント

2017年 新年明けましておめでとうごさいます。

2017年01月06日 | ごあいさつ

あたたかな光とともに新しい年がはじまりました。
お正月はいかがお過ごしでしたか。

私は今年も、
元旦は地元の氏神様にご挨拶をしてまいりました。
清々しい氣にふれ心身ともに清められ、
いのちの営み続く厳かな宇宙の静寂を感じてきました。



神社では、これまでのお礼を申し上げ、
今後のことでは、自分の意志を明確に述べさせていただき、
そして、それらをどうぞサポートしてください・・、
と、お頼みいたしました。


栗坂神社の木立にて。

さて、今年も・・、
魂の成長と自己実現へ向けて、
しっかりと、そしてやわらかな心で歩んでゆきたいです。

先ずは、基本となる宇宙自然界、いのちの世界、自然農の世界を深めてゆきたいです。
自然農一年目の畑では、これまでの倍の広さを頂けることになり、
すでに心は夏野菜へ、想いをはせ喜んでいます。

お米づくりにおいても、作付け面積をほんの少し広げたいなぁと思っています。
今年は自家製のお餅&甘酒をたっぷり作りたい・・というのが理由です。

一月スタートの稲作教室では、
新たな受講生の皆さんとの出会いも待っています。
私に出来る限りのことをお伝えさせていただき、
ともに学び楽しみたいと思います。
今からワクワクしています。

自然農を通して出会った皆さまを中心に、
月に一度、地球を生きる・いのちの講座を開いていますが、
こちらも大切な学びとして続けてゆきます。

そして、ライア・・、
静寂とともにある音の世界を愛するようになって二十年。
今年は自分自身の楽しみとしてのライアタイムも充実させたいですし、
その流れからの曲作りにもエネルギーを注ぎたいです。
ライアレッスンやライアのつどいも、
いつも新鮮な気持ちで取り組みたいと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

そしてもう一つ、
ずっとやってみたいと思っていることがありまして・・、
それを今年はチャレンジの項目に入れます。
期が熟しましたら発信いたしますので、
お楽しみに・・・。 

 

それでは、
皆様にとりまして今年も明るく穏やかな、
素晴らしい一年でありますよう心よりお祈りいたしております。

真由美




 


 

コメント