絵じゃないかおじさん

言いたい放題、自由きまま、気楽など・・・
ピカ輪世代です。
(傘;傘;)←かさかさ、しわしわ、よれよれまーくです。

仮想はてな・ストーリィver0.01  五ヶ所湾太平洋は、きらめきて

2014-10-26 07:01:32 | 仮想はてな物語 
copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ
                       英訳短歌version0.01
                       平成はじめのころです。
 

 * 五ヶ所湾太平洋は、きらめきて(041)


 165号、23号を通って伊勢道路に入る予定であった。
 季節は初夏。
 夏休みに志摩の民宿に一泊する家族の為に、
 下見に行くことにしたのだ。

 内宮のあたりで道を間違えて、
 とんだ峠越えの山路に入りこんでしまった。

 途中サイクリング中の二人の中学生に出会ったので、
 道を聞くと、このまま進めば五ヶ所湾に出られるという。


 舗装もしていない道が続く。
 木々がうっそうと茂っていてうす暗い。
 道幅も狭い。
 軽自動車同士でも、すれ違いは難しそうだった。

 五十鈴川沿いに走っている。
 ひんやりとして寒い。
 20kmぐらいのスピードで、ゆっくりゆっくりと進んでいく。
 対向車にも会わない。

 中学生の言葉を聞いていなかったら、
 即、引き返したいような道だ。
 蝮や蛭が、今にも飛び付いて来そうな感じがして、
 そんなことを想像するだけでも、
 背筋がぞくぞくとしてくる。
 何としても抜け切らなければならない。

 [行くぞ、サヤカ]
 サヤカは答えない。
 こんな山のなかにでも1km以内に人が居るのだろう。
 誰かが山仕事でもしているのだろうか?
 わずか20kmあまりの道程なのに1時間以上かかった。
 目の前に五ヶ所湾が見えた時には、ホッとした。
 ドライブ・インでカツカレーを食べ時間を見たが
1時過ぎであった。

 民宿を見て帰っても、十分時間が余りそうだったので、
 国道260号を離れて、海岸沿いの小道に入った。

 太平洋は穏やかだった。
 海面がキラキラキラッと光り輝いている。
 私は、サヤカのエンジンを切り、海岸を歩いてみようと思った。

 その時である。
 [キー切らないで!]

 サヤカが、突然叫んだ。
 [私、泳いでくる]
 ぱっと女性になった。

 ワッ、裸だ!
 見てはならない。
 そう思ったが遅かった。
 サヤカは、15~6才の感じがした。
 乳房がこんもりとしか盛り上がっていない。
 すぐに目を逸らす。

 私は、目が潰れるのではないかと思った。
 Oさん以外の女性のそういう姿を見るのは悪いことだと、
 思っている。

 何故、悪いのか?
 それは、私自身よくは分からない。
 しかし、Oさん以外の女性に女性を感じるのは
悪いことだと思う。
 そういう心の動きはコントロールすべきものだと
思い込んでいる。
 それがOさんに対する私のせめてもの礼儀だと
思っているのだ。



 でも仕方なく、サヤカの裸を見てしまった。
 見てしまったものは、どう仕様もない。
 サヤカも悪いのだ。
 私がオッさんでも、男であるのを忘れてしまって、
 あんな事するものだから。


 サヤカは、私がOさんを初めて知った年頃の女の子だった。
 私は、その頃のOさんの裸の姿を知らない。
 きっとあんなものだったのだなと思って、
 鼻の下を長くして想像する。


 イヤらしいオッさん、そのもの!
 許せ、Oさん。


 サヤカは、キラメク太平洋の海面を、
 スイスイと飛び跳ねるように泳ぎ回っている。
 あんなことも出来るのか、と感心して見ていた。
 顔と足先が見えるだけである。

 遠くで車の音が聞こえたように思ったので左の方へと
振り向いた。
 顔を元に戻すとサヤカがいない。
 アレッと思って、右後を見ると、
 黒いバイクのサヤカが海水を滴らせながら、
 キラーッとヘッドライトを光らせていた。

 さあ、水洗いをしてやらなくては、とゆっくり腰をあげた。



 きらきらと 零れんばかりの 宝物
  太平洋の ハイ・プレゼント
                         ち ふ


                        この項おわり

コメント

あ@英訳ドン作川柳集812 大しわに小じわ振り掛けしわ合わせ

2014-10-26 06:59:36 | ぶろぐ(迷瞑謎名英訳付き)


                         copyright (c)ち ふ
                         絵じゃないかグループ
                         仮想はてなグループ

                       

   *  大しわに小じわ振り掛けしわ合わせ



      しあわせ、って?2




  (ドン作川柳 → 無料 英訳 → 無料 和訳戻し)

   大しわに小じわ振り掛けしわ合わせ         ドン作(ちふ+)

            ↓
    Alignment wrinkles fine lines sprinkled in large wrinkles  

            ↓           
    位置合わせは、大きなしわに振りかけ小じわしわ  
 


                               おわり


仮想はてな Oあゆか
仮想はてな ドン作


コメント

あ@つぶつぶ(日々)206 今日もまた日が過ぎてゆく鎖犬

2014-10-26 06:58:18 | ぶろぐ(迷瞑謎名英訳付き)


多層構造ぶろぐ→Multilayer structure blog

ピカ輪世代(世に団塊とも)の一断面を目指して。


  copyright (c)地  宇
                                  ち ふ
絵じゃないかぐるーぷ
                       


*  English translation 


  206 今日もまた日が過ぎてゆく鎖犬



        ↓
      (ほんやっ君のとある無料の英訳)

    Chain dog day Yuku past also today
         ↓
      (ほんやっ君のとある無料の和訳戻し)

チェーンの犬の日ゆく過去にも、今日






     この項おわり



つぶつぶ(22”22”)・・・・・

コメント

あ@オレとXX妄想集088 オレと君この後どうなるかすれ声

2014-10-26 06:56:52 | ぶろぐ(迷瞑謎名英訳付き)


                         copyright (c)ち ふ
                         絵じゃないかグループ
                         

                       

   *  088 オレと君この後どうなるかすれ声






  (もと文 → 無料 英訳 → 無料 和訳戻し)

    

            ↓
     How hoarse voice made ​​after this you and I

            ↓           
     あなたと私にこの後に行われたどのようにしわがれ声
 
 


                               おわり


コメント

a@(Quiz-my answer)671 43072 10110101 13104

2014-10-26 06:53:55 | Num川柳 


0843=おはようさん→Good morning Mr.→おはようさん

ピカ輪世代(世に団塊とも)の一断面を目指して。

英語は、お強い。
けれど、日本語も、ちょこっとは世界語に? と・・・・・
数字を書き連ねるだけで、世界に通用する。
すべてでは無く、話のついでに。
日本語のちょこっとの主張です。


   ・NUM川柳=NUMERICの川柳

【 WWW対応=だぶさん備え=ワープロ感覚でのネット参加 】


数字日本語の世界語化を夢見て213(じいさん)。


                         copyright (c)ち ふ
                         絵じゃないかオジさんグループ
                         仮想はてなグループ
ヘタな英語にて。


 * 721046? (傘;傘;)  my answer


  671 43072 10110101 13104

      読み同じ 逃避と頭皮 意味遠し 


      YOMIONAJI  TOUHITOTOUHI  IMITOOSI
   

      ほんやっ君のとある英訳→とある和訳戻し ;
       
       Is passed through the scalp meaning the same escape to read
               ↓
       読むために同じの脱出を意味頭皮を通過する
       



                           8”18”1 


411270!=YOI1NITIO!→よい1日を!→Have a good day!→良い一日を!

8”18”1=バイバイ.→Bye-bye→バイバイ

914”=QUIZ


コメント