何かしら確からしいものにたどりつこうとするのが人間だが
そんなものは実は存在しないということを認めることからが本当の人間なのかもしれない

遂に自分自身を本当に疑い始めたときに
哲学は始まるのだろう

その存在の不確かさに恐れおののきながらも
手近な概念、すがりつけるイメージ、固着したファッション
といった公衆便所にかけこまずに
不確かな自分しかし自分でしかない自分で居続ける

死ぬまでこたえの出ないことの分かっている問題を考える
そしてそれに基づいて生きる
自問自答して疑問にこたえる

あからさまに絶望的な此の世の在り様や人間存在の愚かしさに
それでも絶望自体に落ち込むのではなく
希望ってやつを口にし続ける
ために生きる


音楽は其処にある


疑問が湧いたら
宇宙が広がる

パッションをサイエンス
感覚を言葉に
情熱を音に
我を他に
波動を具現化
神に人格
宇宙に数学
人に哲学
社会に統計学
時間に歴史
空間に地理
音に♬


芸術は其処に在る



間違いなくひとつ言える事は
ヒトはヒトが神と呼びたくなってしまうアレと此の世の媒介者として
それらを授かったということ

どうも
その事実を認めたがらない
「進歩的」人間が多い世の中で
他人を「スピリチュアル」呼ばわりする人々は
じゃあ一体どこの霊長類がスピリチュアルじゃないのかと
僕はむしろ疑問におもう

だが人間から「精神性」という高みと誇りを取り除いて
欲望という「もの」に陥れ
お金によって家畜化された大衆をそれでよしとして
王様ぶってる人たちが明確に存在する気がするのだが
その意図にみなさんは気づいているだろうか


大人なら眉間に皺よせなさい
と思う
芽の下に熊が居るよりは
眉間に皺のほうが
格好いい
と思う

ちゃんと悩んで
ちゃんと迷って
疑問を自分に突きつけた人たちが
これからのあたらしい世界を構築するのだ


踊らされた人たちに明日はない
求めたのは楽だ

踊った人たちは今を掴む
求めたのは真実だ


すべては疑問から始まるといっても
過言ではない




明日木曜日 吉祥寺旅人食堂でのソロライブでつ めっさ居心地いいお店だから是非とも足を運んでみてください 飯うま酒うま音うま人うま時間うま でいきやしょう 明日はのんびりとかましますら


三宅ブログ | コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )


人は誰でも弱者であり
それと同時に常に強者である

弱者の心と弱者の心が被害意識と被害意識をぶつけあう争いが
最も深いあつれきを生む

弱者の心に支配されると人は卑屈や嫉妬や焦燥や虚無感によって自己中心的な思考に陥りがちだ

だが、ふとした折に落ち着いて考えてみると
そんなイケテナイ自分がそんな今も手を差し伸べれば助けられる者が
此の世の中には常に居る
一人は必ず居る
本当はもっと居る

そして救いの渦は本来、間違いなく連鎖してぐるぐるとつながっている



昨年かつて犬式が非常に世話になった友人が急性の病気で全身の機能を麻痺した

先日見舞いに所沢のリハビリ病院まで行って来た

首から下を麻痺した友をみて
リリック書きが難儀して落ち込んでいた俺は
それでもこいつに対して俺の出来る事はたくさんあると思った
現実問題として

だが倒れて1年も経たないうちに病を心に受け入れてリハビリの日々を過ごし
もう開き直れた
と言う、奴の爛々とした目の輝きに
落ち込んでいた俺は前を向かされた

時間だけはあるから、と
膨大な時間を費やして
動かない手を動かして打って来た携帯メールには
以前の奴よりも100倍素敵な言葉たちが並んでいた

いずれバリアフリーのパーティを開催したいというから
その節には協力を惜しまないつもりだ

障害を持った音楽好きが遊べる一夜を開催したら
実体験の希薄な現代において
己を「健常者」だと思っている人たちも
たくさんの思い込みから解放されるだろう

人は誰でも弱者であり
それと同時に常に強者である

人の痛みを省みない強者は
最大の弱者であるから
やはりそれすらをも何処かの弱者が強者となって教えることができるだろう

全人類が一人づつ困っている者を助ければ
65億人が100億人に増えようとも
誰も困らないはずなのだ

生きるという現実がどんなに厳しく、虚ろなものであったとしても
例え独りの力じゃなくても
それを克服して希望を口ずさむことが出来れば幸せは其処に在る

そういう人類が
他の動植物にも気を配れば
楽園は其処に在る


人は誰でも弱者であり
それと同時に常に強者である


春徹頭徹尾のみどころシリーズ 好評連載中  


三宅ブログ | コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


子供は大変だ。親も大変だ。
親とて、自分の人生が順風満帆で金銭的に余裕があるならまだしも、二極化する経済格差の下に属するものは、狭いアパートで明日も明後日も仕事で具合も悪いのに子供が夜泣きしたりで、「あがががが」となったりは、当然これは普通だ。

俺も風雅の小さい頃に一度引っ叩き(寝転がって電話中に突然眼球に手を突っ込まれて反射的に)、二度放り投げた(積んだ布団のうえとソファーに)。

今は一緒に暮らしていない。
月に一度か二度会うために生きている。

毎日一緒に暮らした短い時間を鮮明に思い出す。


大阪寝屋川の6歳児重体

離婚をして一年が経った。(ライブの現場など以外では発表していないので、驚く方も多いだろうけれど、御免なさい。深くは詮索せんといてください。色々、あるのが人生です。)
いまでも街を歩く親子連れをみるたびに、自分が失ったものを痛感して心がきしむ。

幼児虐待のニュースには敏感にならざるをえない。

大阪寝屋川の6歳児の件は
以前に市の福祉課が一度保護をしているそうだ。
法体制、社会体制、経済状況、人心、何が乱れても構わないが
そのツケを子供に払わすのだけはやめようや。

日本より貧しい国や乱れた国をいくらひきあいに出してもしゃーない。


とにかく俺はもう我慢がならないよ。色々なことがねじ曲がったままなおざりにされている。

ちかごろ大麻で音楽仲間が連発でもってかれた。
2月が多いのは、警察組織的に年度末の点数稼ぎがノルマ化しているからだろう。
ということは「犯罪はある程度以上存在しなければならない」ということだ。
だから犯罪をねつ造しているのは、むしろ警察組織なのだ。

これはアメリカ経済が10年に一回戦争をしないと不況に陥るのと、同じようなものだ。
産業の10%が軍事だから。
ちかごろはやり方が巧妙になって、表立たない紛争をたくさん起こして
小口顧客を増やす作戦に出ているようだが
これらは「作戦」や「政策」などという大したものでもなく
独りの人間に例えるなら
ジャンキーが薬を求めてあり得ないくらいの知恵を働かせて
自分自身を巧妙に騙しながら正当化しているのと同じことだとおもう。


警察とて同じだよ。
たかが大麻で、人を捕まえるほうが理不尽なんじゃなかろか。
シャブで錯乱してる奴を捕まえるならわかるが。

人が人を捕まえるということのおこがましさを乗り越えたうえで初めて他人にお縄なんぞかけるもんじゃなかろか。

そもそも善悪などという観念に絶対性はあり得ず、常に相対的な価値観でしかないものに対して議論が起こる余地もなく断定されていくのがどうにも納得できない。それが現実だ、と簡単に認める人間ばかりじゃない。

どいつもこいつも、最高にいい奴らで、一体奴らが何の社会的危害を生み出したというのだろうか。
そもそも昨今、いくら音楽人をつかまえて根をたどったところで、出元に犯罪組織なんかないよ。
なんでもっとリアルをその目で見ようとしないんだろう。

つまり、彼らは犯罪組織をしょっぴくつもりなんか、ハナからないのである。(大筋)

むろん、上記の幼児虐待の増加と、ドラッグやアルコール依存症が関連深いのも事実だ。

営利が絡んで真実を伝えられない生活のかかったマスコミと
真実を掘ろうとしてはネット上のデマゴーグにあっちゃこっちゃ踊らされてる大多数の国民。
なーなーで来たこの日本社会は、明らかにいつからか、何処かが、完全に間違ってる。
己の人生経験から沸き起こる感情を発露し、それを「私の目からみた真実」として賛否巻き起こるのを当然とハラをくくって、「自分の意見」として出さない風潮が、これら全体の諸悪の根源でわなかろうか。


その多くの根幹は何処にあるんだろうか。

自分の名の元に生きている者が減り
組織の名の元に己の存在を曖昧にして生きる者が増えている
ことが日本の腐敗を招いていると思うよ。

自分の考え、とか「なーなー」で
とにかく状況に「慣れる」ことが優先で
慣れるとはつまり「鈍る」ということで
ほとんどのものが「仕事だから」と割り切って
それが此の世を構築しているのなら
やっぱりこの現状、この抗えない大きな波に
俺一人でも何かせねばと
何かをするものが必要なのだ。
一人でも多く。

自分のことがままならないのは、これは人の常で
それを理由にうごかなんだら
死ぬまで動かないだろう。


なんか莫大なテーマだから
今日はてんで言葉足らずなんだが

とにかく
もっとリアルなアクションを
起こしていこうと心に決めた。


思わずあつくなって
サッカーの試合に遅刻だやこれ。


春徹頭徹尾   今回はまさに春の百花繚乱 フレッシュな面子がそろったね 耳の早いやつぁ確実に集合だべこれ 武蔵野 春徹頭徹尾 踊らせろおおおおい!!!!!!これが文化だっつーのね  文化庁 国防省を格上げする前に、文化省にすべし 日本は喧嘩で勝てる国じゃない 文化で勝負の国です 


三宅ブログ | コメント ( 32 ) | Trackback ( 0 )


2月28日(木)
『旅人食堂ライブ vol.4』@ 吉祥寺 旅人食堂(バックパッカーズカフェ)

START 19:00

ticket \1500+order


<LIVE >
三宅洋平(from犬式a.k.a.Dogggystyle)

*30席限定(満席注意:ご予約をお薦めします)
お問い合わせは→旅人食堂 0422-23-3255

こんなお店→http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000014762.html

吉祥寺には仲間たちがやっている酒も飯も雰囲気もスタッフも美味いお店がたくさんありますが、この旅人食堂はその中でももはや老舗のひとつ。吉祥寺を代表するサウンドクルーだった元SUPREMACY(スプレマシー)のマー坊君ら、男として尊敬する人材を多く輩出しています。ちなみに今年のJO-LEAGUE(吉祥寺のお店対抗サッカーリーグ:ジョーリーグ)、私はこのバックパッカーズFCの登録選手として活躍しています。堀越サッカー部のキャプテンだったマー坊監督を胴上げしたい一心でございます。是非とも優勝して、此処で盛大に優勝パーティといきたいものです。
そんな旅人食堂で、アコライブやります。完全に吉祥寺にとけ込んだ異国の酒と異国の飯で、何処にいるのかわからなくなってください。



三宅ブログ | コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


先日のとある夜に
いつもどおりに グラスルーツへ。

小菅剛(クロマニオン)とconomarkが廻す木曜。
だからなんとなく皆が集合。
昼間親知らずを抜いて寝てた俺は遅めの登場。
4時過ぎのグラスはまさに絶頂。
集まる面子は皆濃厚で場は全員の独壇場。

そこでやってたVJが最高で
エレクトロなのに有機的で
その気持ちよさの出し手 に気づくのに
30分くらいかかってしまう俺。
まるで屏風絵のような空間としての存在感。

京都のやまちゃんというVJを「やべぇー」と剛に言った瞬間に
「ちょっと紹介するで」と紹介してくれた勢いで
今年の何処かで開催する西徹頭徹尾@大阪・シャングリラに
オーバーヘッズ蜃気楼ベータランドスモキングズらに続く俺的
視覚の刺客エリアにおける新しい発見としてご紹介したく
イヴェントの視覚を担当してもらいたいなとつまりその京都のやまちゃんに。

と思いました。


を楽しみに。


それにつけても剛っさんは「人をつなげる」のが非常に長けていて
高校からアメリカに居たというのも頷けるのは
そのコミュニケーション能力の高さが外人みたいだからで
人と人を紹介してはその間をとりもって人間関係の船出を手伝うという
そういう星のもとに生まれた人なのだろうと
なかば自覚的、なかば無意識にそれを行っているつよっさんをみて
その水の運びっぷりに
そのフロアの泳ぎっぷりに
「nbsa+×÷の鈴木啓太*」はこの人で決まりだと
勝手に思った。

*鈴木啓太(浦和レッズ) オシム体制以来、サッカー日本代表のボランチ(中盤の底)としてレギュラーに定着。旺盛な運動量と献身的なプレー、そして絶妙のポジショニングで中盤のいたるところに顔を出し、パスワークの活性化につとめる。

nbsa+×÷の鈴木啓太 小菅剛 を
どうぞよろしくお願いもうしあげます。

4/12 24:00- @ 代官山・UNIT nbsa+×÷ UNIT vol.1 開催! 犬式・クロマニオン・光(BLASTHEAD)・MITSTHEBEAT(GAGLE)


三宅ブログ | コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )


2月14日(木)
『虎バターナイト 24』@ 東京・吉祥寺 BAR CHEEKY

OPEN 22:00

entrance fee
music charge ¥1,000
------------------------------------------------------------------------


<LIVE >(25時~)
三宅洋平(犬式 a.k.a Dogggystyle)
三根星太郎(犬式 a.k.a.Dogggystyle)
live mix : 新谷"J"仁和(Cro-magnon)


<DJ >
MKY(inushiki / tetto-tetsbi)
山名昇(山名組/BLUE BEAT BOP)
新谷"J"仁和


どうもお世話になってます。
吉祥寺のbar-Cheekyです。
またまた告知させていただきます。

毎月恒例の三宅洋平企画「虎バターナイト」
今回もアコースティックライブやっちゃいます。
ライブゲストに犬式メンバーから三根☆太郎!
そしてlive mixerにお馴染み新谷J仁和from cro-magnon
ゲストDJには泣く子も踊る組長50過ぎてもバリバリ現役
あの山名 昇が初登場です。嬉いぃぃぃぃぃん!
毎回スペシャルですが、バレンタインスペシャルな夜をお贈りします。
ぜひとも,いいとも Cheeky is good♪でお待ちしてます◎

※三宅洋平はバレンタインは好きじゃないそうです。
 でも!そんなの関係ねぇ― オッパンピ―

吉祥寺BAR Cheeky 店主 ABEEE

Cheeky
tel.0422228005
武蔵野市吉祥寺本町1-30-10ウィスタリアB1F
http://www.bar-cheeky.com





ミヤケ談:チョコレートよりもレコードとかがいいです。レコード針だともっといいです。ヘッドホンとかレコードバッグが欲しいです。スピーカーは高いです。レコード卓マジ!?いま家には聴くようしかないので、ピッチコントロールしたいです。CDJはあるので要りません。手作り有機野菜、最高です。


三宅ブログ | コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


7枚目の作品、三枚目のアルバムの制作モードが加熱している犬式。
(犬式的にはアルバムやマキシの分け隔てなく、すべてを「作品」として捉えている。毎回、それだけの思いとコンセプトを詰めて来たからである。わかりやすくいうなら、すべてがアルバムと同等であるということ。)

いま造っているものについて此処で触れるのは、作曲のエネルギーを逃がしてしまいかねないので控えるが、これまでになく徹底的に追い込んでいる。むしろ、その追い込み方についても追い込んでいる。

気に入らないリリックは一切残さない。
だから、現状まだ何にも出来ていない。
音はどんどん仕上がって行くから、焦るものである。

自分の求めるものが高くなっているぶん、中途半端を許せなくなっている自分がいる。

2002年のマキシシングル『犬式』でポテンシャルの高い新人という評価で現れた犬式も盤を出し始めて今年で7年目に入る。
中堅に差し掛かったところで、色々な事情で紆余曲折を経たせいもあるが、ここいらで「疑いようのない結果」を出したい。

ライブで誰にも出来ないことも数多やってのけてきたし、これまでの盤にも一点の曇りもない。

でも、憧れて来た人たちにはまだ追いついていない。

時代の望むものとか、トレンドは俺たちにはあまり影響しない。

ただひとつ大事なのは、本当に人生を根本から影響されて血肉と化して来た、スライストーンやウエイラーズやピンクフロイドに頭を並べられるか、というそれのみなのだ。兄貴たちに、認めてもらえるか、というそれのみなのだ。或いは敬愛するDJの光くんがかける無数のドエライ格好いい盤たちに並べるのか、ということのみなのだ。ブルーハーブやドラへビやボアダムズやミュートビートやじゃがたらくらい、日本のシーンで光る孤高の存在感を築けるのかということなのだ。

結果、おれたちが正しいと信じるその思いが、世間や時代を少しでも良い方向に導けたならば、音楽が往年の力を取り戻した証になるだろう。マーケティングありきの「これなら売れるだろう」と伺ってはスタイルを変えて行くKYミュージックではなく、「格好いいってこういうことだろ!?」と叩き付けて空気を造る、KTミュージック、すなわち本当の「芸術」、アーティストと呼ぶにふさわしい生き様と腕と考え方と感じ方を持っているものが、いまこそ表舞台でブイブイいわさなくちゃならない。時間はかかっても、すこしづつ状況を変えて来たと思っている。nbsa+×÷VOL.4は914にAGEHAでやる。

そして今、決定打が、欲しい。

俺たちの新大陸を、見つけ出すための航海は、壮絶を極めつつある。
時間的制約、金銭的制約、才能の限界、人生の展開。
色んなことを感じつつ、やっぱりこのサイクルがやめられない俺がいる。

今回は、イメージに何処まで近づけるのだろうか。

そもそもおれはいま、何をやろうとしているのだろうか。
天は俺に何を与え、何を望んでいるのか。

何度も何度も堂々巡りに陥りながら、いまとなっては「造るとはだいたいそういうもんだ」と開き直っている自分がいるので、自分の築いて来たキャリアに少しは自負を持ちながら、それらを容易く吹き飛ばしてくれる次の作品のために、決してあきらめずに彫り進んでいく所存である。

皆様日々充実を得ようと、いやそんなに高尚でばかりはいられない日常の些末なことごとと向き合いながら、忙しくしているのでありましょうが、西東京東端らへんで、犬どもがこさえているこの愛の爆弾に、期待を膨らませておいてほしい。

そろそろ衛生軌道が地球の影に入るので、交信を終えます。

ガー   ピー    .......


三宅ブログ | コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )