縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

「ダサいコンビ名ランキング」1位は?

2017-08-31 08:21:48 | 芸能・スポーツ
「ダサいコンビ名ランキング」1位は?


2017年8月31日 1時28分

ナリナリドットコム

8月30日に放送されたバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、若手芸人200人が選ぶ「ダサいコンビ名ランキング」が発表された。

☆「ダサいコンビ名ランキング」(水曜日のダウンタウン調べ)

1位 NON STYLE(40票)
2位 X-GUN(20票)
3位 アリtoキリギリス(19票)
4位 コロコロチキチキペッパーズ(18票)
5位 フルーツポンチ(16票)
6位 ロンドンブーツ1号2号(15票)
7位 さらば青春の光(14票)
8位 うしろシティ(13票)
9位 雨上がり決死隊(12票)
10位 ANZEN漫才(10票)

数多のお笑いコンビの中で、今回1位に輝いたのは「NON STYLE」。その“ダサい”理由としては「“スタイルの無い幅の広いお笑いを目指そう”という由来っぽいコンビ名なのに、スタイルが固まった漫才をしているから」「英語を使うのがそもそもカッコつけててイヤ」などが挙げられたという。

そこで番組は本人たちを直撃し、そのコンビ名の由来をたずねた。

井上裕介は「当時、僕が好きやったバンドがあったんですよ。Hi-STANDARDっていう。それが好きで。“ハイスタ”って略されてたんですね。(だからコンビ名も)『○○スタ』にしたかったんです」と説明。

いろいろ調べた結果、「『ん』が入るコンビは売れる。じゃあ『ん』が入る『○○スタ』にしようと、NON STYLEにしました」と、現在のコンビ名に行き着いたそうだが、相方の石田明は「全部ダサいやん」とつぶやいていた。

ちなみに、ダウンタウンの松本人志は今回のランキングの中で「雨上がりはひどいな。オレの中では1位かも」とコメント。「だってお笑い目指すのに『死』ってつけるのも最悪やし、決死隊って気持ち悪いわぁ。オカッパやし」と語っていた。
コメント

一軒家に閉じ込めて放置、不法移民133人を救出 メキシコ

2017-08-31 08:20:38 | ニュースまとめ・総合
一軒家に閉じ込めて放置、不法移民133人を救出 メキシコ


2017年8月30日 15時19分

AFPBB News

【AFP=時事】メキシコ当局は29日、米国への密入国の途中で一軒家に閉じ込められて放置されたとみられる、子ども34人を含む中米出身の不法移民133人を救出したと発表した。匿名の情報提供がきっかけだという。

 検察の声明によると、133人はエルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス出身。メキシコ南部タバスコ(Tabasco)州のへき地の一軒家に「過密状態」で閉じ込められていた。

 この事件に絡み、2人が誘拐容疑で逮捕された。不法移民133人は移民当局に引き渡されている。

 不法移民は人身売買業者などの餌食になることもしばしばあり、先月には、米テキサス(Texas)州サンアントニオ(San Antonio)にあるスーパーマーケットの駐車場に止めてあった大型トレーラーの荷台で、多数の移民が詰め込まれているのが見つかり、10人が死亡した。
コメント

チケット転売禁止など、五輪に向け法整備検討へ

2017-08-31 08:17:11 | ニュースまとめ・総合

チケット転売禁止など、五輪に向け法整備検討へ


8/31(木) 6:07配信

読売新聞

 2020年東京五輪・パラリンピックで想定される課題に対応するため、政府や超党派の国会議員によるスポーツ議員連盟が、新たな法整備を検討することが分かった。

 対象は、チケットの高値転売禁止や大会関係者の日本滞在期間の延長などの5項目。議員立法による対応も含め、実現を目指す。

 大会組織委員会が31日、スポーツ議連に対し、法整備の検討を正式要請する。その後は関係省庁にも要望する方向で調整している。

 検討事項は〈1〉チケットの高値転売や転売を仲介する行為の規制〈2〉非スポンサー企業による不当な五輪関係の商品販売・営業などの規制〈3〉大会関係者の「短期滞在」在留資格を90日間から180日間に手続きなしで延長〈4〉日本に居住しない大会関係者の活動に関する所得税や法人税などの免除〈5〉大会のために使用する無線局免許申請の手数料などの免除。
コメント

 韓国メディア、日本称賛の一方で韓国政府に批判集中

2017-08-31 08:13:59 | ニュースまとめ・総合
【北ミサイル】「迅速で正確な日本の対応」「韓国の対応は悲しくなる」「3時間迷った」 韓国メディア、日本称賛の一方で韓国政府に批判集中



2017年8月30日 21時44分

産経新聞

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮が29日に発射した弾道ミサイルへの日本政府の対処に、韓国メディアは「迅速で正確な対応」(主要各紙)と評価する一方、韓国政府の対応には「3時間も迷った」(東亜日報)といった批判が集中している。

 韓国各紙が日本政府の対応でとくに注目したのは、ミサイル発射を受けて発令された全国瞬時警報システム(Jアラート)による迅速な情報発信だ。「韓国軍の自国メディアへの文字メッセージ伝達よりも日本は8分も早かった」(朝鮮日報など)と、その素早さを肯定的に伝えた。

 また、日本政府の対応にも関心が集中。安倍晋三首相が通常より2時間早く出勤し国家安全保障会議(NSC)を招集したことや、首相自らのメディア対応、菅義偉官房長官による緊急記者会見などを取り上げている。

 日本の迅速さと比較された韓国政府への評価は酷評一色だ。「文在寅(ムン・ジェイン)大統領がNSCを主宰しなかった」「安倍首相はトランプ米大統領と電話で40分間も話したのに、文大統領は日米首脳とは話さず、外相らとの15分の通話で終わった」「右往左往しているような様子」などと批判的な内容が並ぶ。

 ミサイル発射があった29日、韓国のネット上では日本の反応に対し「また騒いでいる」「大げさだ」などの否定的な意見が目立った。30日付のハンギョレ紙は、安倍首相がトランプ米大統領に泣きつく風刺画を掲載した。

 30日付朝鮮日報は論説委員のコラムで日本の対応を「大げさ過ぎると感じないこともない」としつつも、「危機や災害に予告はない。核とミサイルを頭上に抱え生活している韓国の安易な姿勢や対応の方が逆に心配になる」と韓国の危機意識の薄さに警鐘を鳴らした。
コメント

サムスンのスマホがまた?交換したGalaxyS7も爆発=韓国ネット「手製爆弾を作ったの?」「またユーザーのせいに…」

2017-08-31 08:11:31 | ニュースまとめ・総合
サムスンのスマホがまた?交換したGalaxyS7も爆発=韓国ネット「手製爆弾を作ったの?」「またユーザーのせいに…」



2017年8月30日 20時10分

Record China

2017年8月30日、サムスン電子のスマートフォン・Galaxy Note(ギャラクシーノート)7に続き、GALAXY S7でも爆発の疑いが浮上している。韓国・聯合ニュースTVが伝えた。

Galaxy S7はGalaxy Note7の発火事故を受けたリコール時にサムスン電子が交換したモデル。しかし、Galaxy S7ユーザーだったビョンさんによると、今月14日の午前3時ごろ、充電中のスマートフォンが突然爆発したという。公開された写真を見ると、ビョンさんのGalaxy S7は真っ黒焦げになっており、爆発の威力がうかがえる。

サムスン電子は「エックス線撮影の結果、外部衝撃などの要因で現れるバッテリーの偏りとバッテリー右側面の過度な出っ張りなどを発見した」と釈明したが、ビョンさんは「事故の申告日にサービスセンターで聞いた説明と違う」と主張している。サービスセンターでは「外部衝撃が加えられたようには見えない」とし、2日ほど経ってから最新機種への交換と60万ウォン(約5万9000円)の補償案の話が出たというのだ。

その後、ビョンさんは正確な原因究明に向け、韓国産業通商資源部・国家技術標準院に精密分析を依頼した。国家技術標準院は検査に約1カ月かかるものと予想している。

この他、今月7日には慶尚北道(キョンサンプクト)浦項(ポハン)でも充電中のGalaxy S7の爆発による火災が通報されており、サムスン側は「充電端子に入った異物により爆発したものと推定されるが、正確な原因を把握するには精密調査が必要」と説明したという。

聯合ニュースTVは「Galaxy Note7発火事故後、代替品として提供したGalaxy S7まで爆発が疑われており、再びスマートフォンの安全性に対する懸念が高まっている」と伝えた。

韓国のネットユーザーからは、サムスンに対し「手製爆弾を作ったの?」「またもユーザーの不注意にしようとしてるの?スマホは持ち歩く製品なのに、外部衝撃により発火・爆発するのは製造会社の設計ミス」「メディアで騒がれると釈明に大急ぎ。販売側としての基本的な良心を持て!」など非難の声が殺到している。

また、韓国の国政介入事件をめぐりサムスングループの事実上トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)被告に実刑判決が下ったことについて「サムスン民国の邪魔をするな!ジェヨンが(たったの)懲役5年受けたのを見ても分かるじゃないか」と皮肉めいたコメントも寄せられ、中には「米国での出来事だったらサムスンは相手にしてくれたかな?まだ国内の消費者をペット以下のように考えている」と「国内と海外での対応の違い」を指摘するユーザーもみられた。
コメント

天理市長、公務出張中に風俗サービスを利用 “本番行為”も要求

2017-08-31 08:10:18 | ニュースまとめ・総合
天理市長、公務出張中に風俗サービスを利用 “本番行為”も要求


2017年8月30日 16時59分

デイリー新潮


 2013年の選挙で初当選した並河健・天理市長(38)は、東大法学部、外務省、電通を経て政治家に転身したという華麗な経歴の持ち主である。今年10月の市長選でも再選が有力視されている“勝ち組エリート”が、公務出張中、ホテルに風俗嬢を呼んでいた。

 ***

 並河市長は、今年2月と6月、それぞれ予算の陳情と全国市長会出席のために上京。2回の公務出張で都内の同じホテルに宿泊し、“派遣型風俗エステ”を利用していたという。

「第一印象は乱暴そうな人ではないなと。洗面台にロクシタンやクリニークといったブランドの化粧品があって、身体からはローズの香りをさせ、清潔感がありました」

 と証言するのは、市長のお相手をした20代半ばのマッサージ嬢だ。同店は客が受け身の形になるシステムだが、

「彼は“したい”“入れたい”と2~3回言ってきて、私も断っていたんですけど……」
並河健市長(オフィシャルサイトより)

 交渉の末、5000円で“本番”行為に及んだという。

 管理売春とは違うため、罰則は伴わないものの、れっきとした違法行為である。当の並河市長に取材をすると、当初は「記憶にない」と回答したものの、その後、“本番要求”を否定した上で、「性的サービスが伴う店を、出張中、2度利用したことは深く反省したい」と認めた。
 
 ***
 
 公務での出張中に露わにしてしまった人間の性――。8月31日発売の「週刊新潮」で詳しく報じる。
コメント

かっこよすぎる……!オトコが惚れる女の「イケメン仕草」4パターン

2017-08-30 14:21:12 | 女性向き記事・コラム
かっこよすぎる……!オトコが惚れる女の「イケメン仕草」4パターン



2017年8月30日 12時0分

恋愛jp

女性からみても、自立したカッコいい女性には憧れますよね。
そんなカッコいい女性は、仕草や行動がイケメンです。
男性からみても、カッコいいイケメン女子は好感度が高いのです。

今回は、男が惚れる女のイケメン仕草について、紹介していきます。

●(1)女性が支払いを多めに出すor全額出す

『男が多く出すのが定説な中で、あえて女性が多く出そうとする心意気に敬服します』(24歳/営業)

支払い時に、女性が多めに出したり、全部奢ってくれたりすると、イケメンだなと男性は感じます。
奢られるのが当たり前だと思っている女子と比べて、対等に支払ってくれることが新鮮に映る のです。
奢るという行為は、経済的にも自立している行為なので、仕事もできる女性ということになります。

イケメン女子は、女性だから…という枠にこだわりません。
女性だから奢られて当然だとは思っていないのです。
男性に媚びない態度は、まさにイケメンといえますよね。

●(2)お酒の飲みっぷりがいい

『お酒が飲める女性ってかっこいいですよね』(29歳/飲食)

お酒が強く飲みっぷりがいいと楽しく一緒に飲めます。
お酒の飲みっぷりがいいと、かっこよく見えますよね。
またお酒が好きなので、お酒についての話でも盛り上がることができ、長い時間楽しく過ごせます。

ただし飲みすぎて醜態をさらしたり、酒癖が悪かったりするのはイケメン女子とはいえません。
お酒の飲みっぷりがよく、スマートに飲む姿がイケメン なのです。
女性が楽しそうにお酒を飲んでいる姿は、見ていても気持ちがいいですよね。そんな女性の飲みっぷりに、男性はイケメンを感じるのです。

●(3)悩んでいる時に力強く励ましてくれる

『弱いところを見せても引かない寛大なところがイケメン』(26歳/不動産)

男性でも弱っている時はあります。
しかしかっこ悪いと思ってしまい、なかなか他の人には相談できないものです。
そんな時に、力強く励ましてくれる女性はイケメンだと感じます。

話を聞いてくれるだけではなく、背中を押してもらえると救われますよね。
一緒にいて元気をもらえる女性は、魅力的に感じます。
年下男性や草食系男子には、頼れるイケメン女子に魅力を感じるのです。

●(4)細かいことは気にしない

『粘着質じゃないところが好き。さっぱりしている女性を見ると好印象』(27歳/商社)

小さな失敗を引きずらないなど、細かいことに気にしない女性は、イケメンと呼べます。
自分の軸がしっかりしているので、少しのことでは振り回されない強さを持っています。
また、頭で考えるよりも、行動する積極性があるので、思い切りが良い のです。

ただし、ガサツということではありません。
細かいことは気にしない、大胆さや積極性のことを言います。
自分の意思がしっかりしていて、責任を取れるからこそできる仕草ですよね。

----------

頼れるかっこよさが、イケメン女子に共通して言えることです。
自分を飾らず自然体でいる女性は、男性も女性も惚れる、イケメン女子といえるでしょう。
コメント

現在、「副業推奨」がブームになっている。そういわれて、冷ややかな態度をとる人は要注意だ。

2017-08-30 14:18:05 | ニュースまとめ・総合
副業」をバカにする社員がむかえる末路


2017年8月30日 9時15分

プレジデントオンライン

現在、「副業推奨」がブームになっている。そういわれて、冷ややかな態度をとる人は要注意だ。これから大企業でも「副業ができるかどうか」で人材のふるい落としを行うようになる。ソトで通用しない人材が、ウチで成り立つわけがない。いますぐ「変化」への対応をはじめるべきだ――。
■大企業が「副業奨励」に舵を切る背景

会社が社員の副業を認める「副業解禁」のニュースが世間をにぎわせている。だが「どうせ広がるはずがない」と考える読者もいるだろう。その認識はもっともだ。リクルートキャリアの「兼業・副業に対する企業の意識調査」(2017年)によれば、兼業・副業を容認しているという回答は22.6%、推進しているという回答は0.3%だった。副業を認めている企業は、まだ少数派にすぎない。

しかし、今後、兼業・副業を容認、さらには奨励する企業は増加していくはずだ。すでにベンチャー企業ではそうした動きが起こりつつある。EC事業を営むエンファクトリーは、「専業禁止」を宣言しており、社員の半数が「復業」に取り組んでいる。狙いは「人材の自立と育成」だという。ベンチャー企業はそもそも人材が流動的であり、待遇も一部の例外を除けば大手に劣るところが多い。「囲い込み」が難しいからこそ、副業も推奨したいという面がある。

副業を推奨したいのは、いわゆる「大企業」も同じだ。たしかに大企業では、まだまだイチ企業に尽くしてくれる人材を求めているのが現状で、それが前出の調査にも現れている。だが、これから大企業にも「雇用の流動化」という波がやってくる。タレント人材の発掘、「他社でも通用する人材」を確保することは、あらゆる企業で共通する課題になるだろう。そうなれば「副業を容認したほうがいい」という考え方に、企業全体が必然的に変わらざるを得ない。
■タレントはどのように開発されるか

ここで、「優秀な人材」と副業の推奨、その関係性について立ち止まって考えてみたい。

企業は、社員のために副業を推奨している訳ではない。企業はあくまで「優秀な人材」にとって望ましい、もっというと望ましいと思われる働き方を模索して、実現しようとしているにすぎない。

では、社員個人が優秀な人材であり続けるためにはどうしたら良いか。

それは、社員個人が常に時代環境の変化、その先頭に立って自らのキャリアにかかる「危機意識を醸成」し、労働市場における自らの「市場価値を把握」し、知識やスキルを積極的に更新することで「付加価値の向上」を図り、そして自分のキャリアを自分で経営する感覚を養っていくことだ。すなわち「経営感覚の醸成」である。

そして、企業はそんな社員の努力を支援したいのだ。その一環としての、「副業奨励」なのである。

だが、大企業で働くサラリーマンの多くは、まだまだ副業のチャンスをメリットとして活かす備えができていない。
■副業をチャンスとして捉える人材、思考停止する人材

ここで、副業奨励が企業にもたらすメリットを整理してみよう。大きくは3つある。

1つは停滞した組織や組織にぶら下がっている滞留人材の危機感を醸成することによる「組織と個人の活性化」。

2つめは、成果主義を徹底し、社員に任せている仕事や役割と本人の実年齢・勤続年数、家庭生活、そして雇用を切り離すことによる「カネとポストの抑制」。

3つめは、外でも活躍することのできる人材を見極めることによる「タレント人材の発掘」である。

したがって、経営環境や社会環境の変化を受けた企業側の対応に合わせ、本来であればサラリーマンは積極的に働き方を変えていく必要がある。そうでないと、ポストも与えられず、いつの間にか働く時間を減らされて給料も減らされて……ということになりかねない。

しかしながら、実際には、変化についていけないサラリーマンも多いのが実情だ(詳細は、拙著『すごい上司』(ぱる出版)をご参照いただきたい)。副業推奨と言われても、自分のキャリアで副業など考えたこともない、どうしよう、と困惑してしまう。

副業奨励に思考停止してしまう人材の特徴には、以下の様なものがある。
▼副業奨励に思考停止するサラリーマンの傾向

□唯一の収入は会社から受け取る給料である。
□転職エージェントとつき合ったことがない。
□副業のためにすぐ使えそうなスキルがない。
□会社に対する忠誠心は強いと自負している。
□会社の仕事が忙しすぎて他に手が回らない。

一方、副業奨励をチャンスとしてとらえるサラリーマンには以下のような特徴がある。
▼副業奨励をチャンスとしてとらえるサラリーマンの傾向

□いつでもどこでも、誰とでもすぐに仕事を始めることができる。
□特定の組織を離れても、使える人脈をもっている。
□スキルに市場性、汎用性があり、常に更新している。
□複数の収入源をもっている、自分の会社をもっている。
□自分と会社、仕事をつなぐエージェントとは友人としてつき合っている。
■副業に二の足を踏む社員の精神構造

今後とも、この日本において副業奨励をチャンスとしてとらえるサラリーマンが爆発的に増えるとは考えづらい。では、副業という言葉や事態に思考停止する、二の足を踏む、それは社員個人の、特に社外でも通用するようなスキルが不足していることが原因だろうか? 筆者は違うと考えている。

社員が副業に二の足を踏むように仕向けているのは、今となっては名門、優良と呼ばれるようになった巨大組織が、戦後から今に至るまで営々と社員に刷り込みつづけてきた人事施策によるものなのだ。では、半世紀にもわたり日本企業が守り続けてきた人事施策とはなにか?

さかのぼれば、この人事施策の背景には敗戦がある。戦後、日本経済の本格的な復興期に入ると、労働力不足を解消するため、大企業は地方から人材をかき集めた。そうして「集めた人材に長く働いてもらう」という施策を次々と打ち出していったのである。

それが三種の神器、すなわち(1)終身雇用制、(2)年功序列型賃金、(3)企業内組合の存在だ。
■「三種の神器」はもう通用しない

そしてこの合わせ技の施策は、人材に「就社」、「同じ釜の飯を食う」、「内と外」という意識を植え付け、強化していくのである(詳細は、拙著『いらない課長、すごい課長』『いらない部下、かわいい部下』(いずれも日経プレミアシリーズ)をご参照いただきたい)。

要は、このようなお膳立てのもとに、イチ個人は企業に一生涯忠誠を尽くすことを誓い、その結果としてサラリーマンという安定志向、自尊感情と過剰適応が結びつく悲劇が生まれた。

だが、日本企業が「集めた人材に長く働いてもらう」ための施策、(1)終身雇用制はすでに崩壊した。(2)年功序列型賃金も成果主義の導入に伴い、日本企業で課長になれるのは8人に1人、就社した企業から受け取るサラリーではご子息の大学在学中の学費も払えないなど崩壊しつつある。(3)は詳述すると長くなるのでここでは省くが、企業内組合の組織力の低下は周知のとおりである。

それでも一部の企業では、旧態依然とした村社会の論理で社員に過剰適応を強い、適応に疑問をもつ社員、適応に困難を感じる社員をおとしめ、つぶてを投げつける、ある種のマインドコントロール(村八分の心理)を野放しにしているのだ。
■「過剰適応」型組織の限界

今となっては、どんな企業(村)もイチ個人の生涯にわたる安定的なキャリアを保証してくれはしないのに、だ。そしてその過剰な適応が、過剰な労働を生み、最悪の事態としての過労自殺を招く――。日本の労働状況は、そんな事態に陥っている。

結論として、企業(村)という構造から社員個人が解き放たれなければ、副業社会への転換を企業が表向きいくら「推奨」したところで、その実現は難しい。それでも、ただ時は無情に過ぎていく。日本企業が拭いきれない過去の呪縛に絡めとられたまま、世界の潮流やイノベーションから取り残されていく。副業という働き方が、企業と社員双方にとっての最適解か、それは分からない。ただ、「過剰適応」型の働き方とその悲劇が、もはやどの業界でも通用しないのは確かなのである。
コメント

長谷川豊氏 北朝鮮のミサイル発射めぐり日本を批判「多くの日本人が平和ボケ」

2017-08-30 14:16:35 | 芸能・スポーツ
長谷川豊氏 北朝鮮のミサイル発射めぐり日本を批判「多くの日本人が平和ボケ」



2017年8月30日 10時52分

トピックニュース

29日、次期衆議院選挙立候補予定のフリーアナウンサー・長谷川豊氏が、自身の公式コラム「本気論 本音論」で、北朝鮮のミサイル発射をめぐり、日本の対応を批判した。

北朝鮮は同日早朝、弾道ミサイルを発射。ミサイルは北海道上空を飛行した後、北太平洋上に落下したという。発射を受け、政府は12道県に全国瞬時警報システム(Jアラート)を配信した他、安倍晋三首相は記者団に語った発言の中で北朝鮮を厳しく非難した。また、国連安全保障理事会は、緊急会合を開催している。

長谷川氏は「日本は迎撃態勢を取らず」と、今回の政府の対応に不満を漏らした上、Jアラートに疑問をぶつけた。国民が発射情報を受信してほどなく、ミサイルが北海道上空を通過したとみられるため、役に立っていなさそうだというのだ。長谷川氏は「こんなのに税金が100億円かかったのか? 冗談はやめて欲しい」とJアラートの現状を批判。

続けて長谷川氏は「多くの日本人が平和ボケしている間に北朝鮮の情勢は本当に緊迫の度を増している」と指摘し、「早急な対策を取らなければ、人が死んでからでは遅い。死んだ人間はもう戻ってこない」と訴える。

さらには、「まだサヨク集団は『9条で平和~~~』と言っているのか?」「頼むから現実を見て頂けないものか」と、国内の勢力に呆れていた。
コメント

「秋葉原に落ちてるゴミはメルカリで一袋8000円で売れる可能性がある」転売屋が暴露 現地検証した結果…

2017-08-30 14:14:30 | ニュースまとめ・総合
秋葉原に落ちてるゴミはメルカリで一袋8000円で売れる可能性がある」転売屋が暴露 現地検証した結果…



2017年8月30日 8時44分

日刊SPA!

 有名な副業のひとつに転売がある。

 価値の高い古本やゲーム、スニーカーなどの商品を安く買い、マニアに高く売るというシンプルなものだが、それだけに専門知識が必要だったり、出品のタイミングで値段が大きく左右されたりとなかなか難しい一面もある。

 先日、日刊SPA!でも25歳の現役転売屋の苦労はお伝えしたばかりだ。

 できる限り安く買い、仕入れのリスクを極力小さくするのが転売の普通だが、「誰かが廃棄したゴミをタダで拾って売れば仕入れリスクは当然ゼロで済む」と答えるのは、現役転売屋の佐々木太一氏(39歳・墨田区在住)。

 佐々木氏曰く、「世界中のオタクたちが足を運ぶ秋葉原には、無造作に捨てられたゴミの中にもキラリと光るお宝が埋もれていることがある」という。ポスターならば1万円以上、書籍やカードならば8000円程度の値がつくこともザラらしい。

 日刊SPA!取材班は、佐々木氏案内のもと、秋葉原のゴミ転売事情を解説してもらった。

◆転売対策?ポスターを破って捨てる業者も多い

 今回は末広町駅から万世橋まで中央通り沿いを中心にウロついてみるという。21時過ぎからぼちぼちゴミがシャッターを下ろした店先に捨てられ始め、段ボールを持ち去るホームレスたちの姿も見受けられる。

 「まだまだ人通りも多く、店先でゴミ袋を漁るのはさすがに人目が憚られるので、脇道に入りましょう」と佐々木氏。ゴミ袋には事業者名が書いてあるものもある。

 ドン・キホーテ周辺のゴミ袋には、商品の包装やフィギュアの箱などが見えるがマニアに喜ばされそうなものはないそうだ。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1385922

 ソフマップやメロンブックス周辺は特にていねいに見てみたが、こちらも不発。フィギュアの空箱や宣材用のポスターらしきものなどもあるが、どれもテープが貼りついたまま丸められ、破れたりしている。「殊勝な人間に荒らされないよう、値のつきそうなものはぱっと見でわからないように、破って捨ててあるケースが多いですね」と佐々木氏。

 しかし、ゴミを漁りながら街を彷徨い1時間ほど経った頃、とあるゴミ置場にこんなゴミ袋を発見。

 このゴミ袋、試しに持ってみるとずっしりと重く、ゴミ袋の底は破れかけている。途中エプロン姿の男性に「お疲れ様です」と声かけられつつも、そのゴミ袋を両手で抱きかかえ、人通りの少ない脇道へ運んで中身を漁る佐々木氏。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1385937

 ゴミ袋の中にはTCGカードがごっそり。クシャクシャに丸められたりしているわけでもなく、「保存状態は全体的に悪くないですね」(佐々木氏)。

 時折、ベタついているようなカードもあるにはあるが、おそらくほとんど中身を開けて、そのまますぐ捨てられたものと思われる。

 獲っても獲ってもどんどんカードが湧いてくるような感覚だ。しかもファイアーエンブレム0(サイファ)の公式ガイドまで付いてきた。それも5冊。いずれも100円の値段シールが貼られているが、これだけでその日の秋葉原までの交通費くらいは一応賄える計算だ。

 佐々木氏が持ってきた空っぽのビジネスカバンは、あっと言う間にいっぱいになってしまった。詰め込めるだけ詰め込んだ結果、148枚のマジック:ザ・ギャザリングのカードと、1609枚のファイアーエンブレム0(サイファ)、クルセイド1枚を入手できた。

 もちろんレアカードじゃないからこそ捨てられていたと思われるが、これだけ大量にあると妙な期待を抱いてしまうが……。

「TCGカードの相場は一枚5~10円。あくまで “参考価格”ですが、このゴミだけで単純計算で8000円相当の値段がついても不思議ではありませんね」

 拾ったカードのレアリティ(ランク)はN(ノーマル)とHN(ハイノーマル)というものがほとんどで、メルカリではレアカードと抱き合わせで1枚10円計算で販売されていた。

 さらに、マジック:ザ・ギャザリングのカードを見てみると、佐々木氏曰く「レア度はいずれも最低レベル」とのことだが、メルカリで1,000円で出品されていたマジック:ザ・ギャザリング10枚セットのうち4枚(「猛り狂うカバ」「オケチラの報復者」「孤高のラクダ」「致死の一刺し」)が混ざっていた。

 今回は手に入らなかったが、佐々木氏曰く、「販促用のポスターなど非売品はマニアが思わぬ高値をつける可能性もある。普通に空き缶や段ボールを拾うより秋葉原のゴミ袋漁りは効率が良いのは間違いないですね」とのこと。

 この話を聞いて実際にゴミを拾いに行く人は少ないと思われるが、単なるゴミでも地域によって資源に変わる可能性がある点は大変興味深いのではないだろうか。
コメント