縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

アパ・元谷芙美子社長「90歳までは帽子とミニスカートで」

2018-04-21 17:31:10 | ニュースまとめ・総合
アパ・元谷芙美子社長「90歳までは帽子とミニスカートで



2018年4月21日 16時0分

NEWSポストセブン


 グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。

「私が社長です」というキャッチフレーズと、カラフルで個性的な帽子をかぶった笑顔で知られるアパホテル社長の元谷芙美子氏が持ってきたのは、社長就任挨拶で被った帽子だ。

「“ホテル業界のジャンヌ・ダルクになる!”と、大風呂敷を広げた社長就任挨拶で被った帽子がこれ。被りながら頭を下げすぎて、飾りが4本も折れています」

 帽子は女性社長としての威厳や知性を華やかに演出する手段。1年分30個をまとめ買いするなど、数えきれないほど所有する。

 仮死状態で誕生し、1歳の時に起きた福井大地震では倒れてきた仏壇が防御壁となり命拾い。九死に一生を二度も得た少女は、自分にはすごい人生が待っているとプラス思考で生きてきた。

 ホテル経営は見事な成長を遂げたが、成功までは道半ばと謙遜する。終活どころか、引退もまだまだ先のようだ。

「僭越ながら、気持ちはまだ20代。90歳までは帽子とミニスカートで“私が社長です”と現役を貫きたいわ」。跡継ぎは性格がそっくりな孫娘を考えている。

「10年後、新聞の1面に私と孫娘の写真をど~んと載せてお披露目したい。インパクトあるでしょ」

 夢を見続ける気力には脱帽だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍首相「桜を見る会」で“不祥事”謝罪

2018-04-21 17:29:55 | ニュースまとめ・総合
安倍首相「桜を見る会」で“不祥事”謝罪


2018年4月21日 16時3分

日テレNEWS24


安倍首相主催の「桜を見る会」が東京の新宿御苑で開かれた。安倍首相は冒頭の挨拶で財務省の決裁文書改ざんや福田事務次官のセクハラ問題など一連の不祥事について謝罪した。

安倍首相「国民の皆様の行政に対する信頼を揺るがす事態となっております。行政の責任者として、その責任を痛感しているところであります。改めておわびを申し上げたいと思います」

さらに安倍首相は「膿(うみ)を出し切って組織を立て直していく」と述べた。

21日の「桜を見る会」には、閣僚や国会議員のほか平昌オリンピックやパラリンピックで活躍した選手、タレントの梅沢富美男さんやピコ太郎さんなど新緑の中、各界の著名人およそ1万7500人が招かれた。

安倍首相「『葉桜の 賑(にぎ)わいありて 杯重ね』葉桜になっているけれども、たくさんの賑わいできょうはお酒がおいしいなという気持ちを表現させていただきました」
終始笑顔を見せた安倍首相だが、週明けも厳しい政治状況が続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「病死」扱いの無念、犯罪被害者は2度殺される

2018-04-20 12:18:49 | ニュースまとめ・総合
「病死」扱いの無念、犯罪被害者は2度殺される



2018年4月20日 6時0分

東洋経済オンライン



死人はどうして死に至ったかを語ることはできない。しかし、遺体を解剖して医科学的知見を活用すればその代弁は可能となることも多い。現実には、我が国では警察が扱う遺体の解剖率は全国平均で12%しかなく、地域格差も大きい。

「法医学」という言葉を聞いたことがあるだろうか。それは犯罪捜査や裁判における法の適用に際して必要とされる医学的事項を研究する医学のことだ。その役割を担う医師が法医解剖医だ。犯罪を捜査するうえで必要な医学的知見を得るために行う解剖を指す「司法解剖」という言葉を聞いたことのある方も多いだろう。
異状死のほとんどで遺体解剖せず死因を判断

日本では年間約17万人が異状死として警察へ通報される。異状死は警察の検視官により検視され、犯罪の疑いがあれば司法解剖される。その役割を担うのが大学の法医学教室等だ。

ここで解剖などを担う法医解剖医は全国で200人にも満たない。殺人や事故死などの刑事責任を追及するための重要な社会的任務を負っているが、公的予算は不十分で、法医学教室の職場環境、待遇は劣悪だ。医学生が法医学の道を選ぼうとしても、開業医と比べても収入が低く、就職口が少ないので法医解剖医が増えないという悪循環が起きている。

日本では、警察の依頼で司法解剖を行う法医学教室等の総数は80にすぎず、1カ所だけのところが35県、そのうち解剖医が1名のみのところが13県にも及ぶ。したがって、定年退職や異動などで法医解剖医がゼロとなり、県警が隣接県の法医学教室に解剖を依頼しなければならないという状況も起きているという。

そもそも、犯罪の疑い、すなわち、事件性を判断してから解剖するということ自体問題がある。検視官(その役割を担う検察官や警官)が医師(委託を受けた一般の勤務医など)の判断(検案)を基に検視を行い、それを判断する。解剖の前に事件の可能性の有無が判定されるわけだ。しかし、解剖して初めて正確な死因が判明することもある。

事実、過去の有名なケースとして2007年に起きた相撲の時津風部屋における傷害致死事件がある。当時17歳だった力士が稽古中に急死し、最初に搬送された病院で急性心不全と診断された。

愛知県警は司法解剖を行わず、事件性なしと判断した。遺体を受け取った新潟に住む両親が不審に思い、新潟県警に相談し、遺族の強い希望で新潟大学の法医学教室で解剖が行われた。その結果、病死ではなく、激しい暴行によって死亡したことが明らかになった。

このような例は氷山の一角だとの専門家の指摘もある。日本では犯罪によって殺された被害者が病死として葬られている事例が数多くあるかもしれないのだ。それは犯人が逮捕されることなく社会で生活していることも意味し、新たな犯罪を起こす可能性もある。
「司法解剖」以外にも複数の解剖がある

さらに日本では「行政解剖」という制度もある。

「司法解剖」に対して、「行政解剖」は事件性が認められなくても死因を究明する必要がある場合に行われる。ところが行政解剖を行う主体となる「監察医」の制度があるのは東京23区、大阪市・名古屋市・神戸市の4地域だけだ。実質的に機能しているのは、東京23区と大阪市、神戸市だけと言われ、そのうち常勤解剖医を配置し、組織も比較的しっかりしているのは23区を対象とする東京都監察医務院だけだ。興味深いのはいずれも都府県の組織なのに中心部の東京23区や政令市地域内だけを対象としていることだ。

これは1947年に公衆衛生を目的として人口上位の7都市だけを対象にした経緯があるからだ。その後、京都市、福岡市、横浜市で廃止された。その他の自治体では、司法解剖と、遺族の承諾の下で遺族や自治体等が費用を負担する「承諾解剖」があるだけで、地域によって死因の究明体制に大きな格差があるのだ。

納税者の立場からも監察医の偏在はおかしい。たとえば、死因が事故死か病死かで個人が契約している保険の保険金額が変わることも多い。監察医のいる地域では事故死であることが明らかになる場合でも、いない地域では病死などで片付けられる場合もある。

こうした問題は折に触れて指摘され、立法府も対応はしてきた。2012年に死因究明等推進法(2年間の時限立法)、死因・身元調査法が議員立法で成立した。死因究明等推進法は死因究明の施策を進めていくことを国の責務と明文化した。死因・身元調査法は死因の究明を警察署長の義務と定め、司法解剖以外の解剖の道を広げた。この動きは大きな前進とされたが、肝心の解剖を行う組織を整備するための予算や人材は依然として足りないのが現状で、政府の対応に失望する声も大きい。

その結果、現在でも、監察医制度のある地域では約20%の死因不明の遺体が解剖されるが、それ以外の日本国内の約9000万人が暮らす地域の解剖率はわずか7%だ。これは他の先進国と比べても、かなり異常な状況だ。たとえば、スウェーデンでは異状死の約9割が、また英国では約半数が解剖されているという。

人を殺す罪といえば殺人罪だが、業務上過失致死のような過失による死亡事件もある。欠陥品による死亡事故などに解剖が活用されれば刑事責任追及とともに原因究明のきっかけともなり、新たな被害の防止につながる。1985年から2005年にかけて発生したパロマ工業製のガス湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故では死者は21人に上った。

同社の経営体質や、事故を放置した経済産業省の責任が厳しく問われた事件だが、警察のずさんな検視捜査が被害を拡大したことも指摘されている。
死体が解剖されないことで犯罪を見逃していないか

千葉大学大学院法医学教室の岩瀬博太郎教授は、「司法解剖では最小限の労力で犯罪死だけを見いだそうとしており、検視だけで事件性がないと判断された死体は司法解剖されず、自治体や遺族に死因究明の責任を転嫁した結果、ほとんどの死体は解剖されないこととなり、それが犯罪を見逃す結果となっている」と言う(同教授に対する筆者のインタビューによる)。

さらに、死因究明等推進法、死因・身元調査法による新体制への評価も手厳しい。岩瀬教授によれば、「解剖が複数種類あって、費用負担もバラバラであることから、各省庁、自治体が責任を回避しあっている現状」と言う。「先進国で見られる法医学研究所のような実務機関を作り、解剖や検査をする人と設備を増やさなければ、新しい解剖制度を作っても絵にかいた餅」ということだ。

日本法医学会は、調査法の立法の際に、法医学研究所設置法を作ることを要望してきたが、結果的に実効性に乏しい推進法の制定でごまかされてしまったというのが実情のようだ。

検視や解剖は人間が受ける最後の医療とも言われる。現在の制度はそれが十分ではなく、また地域格差を生んでいるということだ。死者の無念を晴らそうとしない社会は生きる者をも大事にしない社会だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長嶋一茂、セクハラは痴漢よりもひどいこと「大犯罪」

2018-04-20 10:23:10 | ニュースまとめ・総合
長嶋一茂、セクハラは痴漢よりもひどいこと「大犯罪」



2018年4月20日 9時59分

スポーツ報知

 タレントの長嶋一茂(52)が20日放送の同局系「羽鳥慎一 モーニングショー」(月~金曜・前8時)にコメンテーターとして生出演し、18日に事実上更迭された福田淳一・財務省事務次官(58)からセクハラ被害を受けていたとして、テレビ朝日の女性記者が週刊新潮に音源などを持ち込んだ問題について言及した。

 一茂は「痴漢というのは赤の他人に卑わいな行為をすること。セクハラは自分の地位を利用して卑わいな行為をすること」だと調べたといい、「自分の地位を利用して有無を言わさず卑わいなことをするって、痴漢よりもっとひどいこと。大犯罪」と断じた。

 さらに、「女性の方から声を上げられないというのは十分分かる。こういうことは後を絶たず、これからも出てくる」と私見を述べ、「今回はこの女性記者が声を上げたけど、まだまだこういう被害に遭っている方がいると思う。そこで声を上げられるような社会であって欲しい」と訴えた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本製品パクリ疑惑、食品大手ピングレの「二つの顔」

2018-04-20 10:21:06 | ニュースまとめ・総合
日本製品パクリ疑惑、食品大手ピングレの「二つの顔」



2018年4月18日 21時53分

朝鮮日報


 今月5日に新製品のアイスクリーム「スーパーコーン」を発売した韓国の食品メーカー、ピングレに「パクリ疑惑」が持ち上がっています。「スーパーコーン」はピングレが100億ウォン(約10億円)を投じて4年間かけて作った製品です。この「野心作」をめぐり、日本のグリコのアイス「ジャイアントコーン」とデザインやパッケージがそっくりだとの指摘が出ているのです。ジャイアントコーンは江崎グリコが1963年に発売したアイスで、国民のコーンアイスとも言うべき有名な商品です。

 パクリ騒動が拡大すると、ピングレは「昔のピングレのコーンアイス製品のパッケージを参考にしただけで、パクリではない」とコメントを発表しました。しかし、問題になったパッケージのデザイン変更を検討するなど、騒動拡大を防ぐために問題をうやむやにしようという雰囲気です。

 ピングレのパクリ騒動は今回が初めてではありません。2013年にオンエアされたたい焼き型アイスのCMは、コカ・コーラ社の2009年のCMにコンセプトが酷似しているとして物議を醸しました。また、ピングレは07年に発売した牛乳が、南陽乳業の「おいしい牛乳GT」のデザインとコンセプトにそっくりだとして提訴され、法廷闘争の末に生産を中止した「前科」もあります。

 ピングレはこれまで、自社製品をまねた企業に対しては厳しい対応を取ってきたことで有名です。16年にある中小企業がピングレの代表製品「バナナ味牛乳」のパッケージにそっくりなゼリー製品を作ると、裁判に持ち込んで販売を中止させました。このときピングレは「ピングレのブランド資産を侵害するいかなる行為に対しても、断固として対応する」と明言しました。

 日本の江崎グリコ側も、今回のパクリ疑惑について認識しているといいます。ある日本メディアは今回のパクリ疑惑について「日本にいいものがあれば、とりあえず取り入れて使う」というのが韓国人の発想」と報じました。「自分たちの行為は『参考』、他社の行為は『パクリ』」という態度が、国に恥をかかせているのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下校中の女児、通りがかりの男に目をふさがれ暴行受ける 和歌山

2018-04-20 10:19:31 | ニュースまとめ・総合
下校中の女児、通りがかりの男に目をふさがれ暴行受ける 和歌山



2018年4月20日 8時32分

産経新聞

 19日午後2時40分ごろ、和歌山県紀の川市杉原の路上で、同市内の小学生の女児が通りがかった男から腹部に暴行を受けた。

 岩出署が暴行事件として男の行方を追っている。

 同署によると、下校中だった女児は、通りがかった男に目をふさがれ、腹部を殴られたか、足蹴りされたとみられるという。

 女児が路上で仰向けに倒れているところを近隣住民が発見し、小学校教諭が近くの駐在所に届け出た。男は茶髪で、マスクをしていたという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「健康に悪い」は逆効果!?ヘビースモーカーの意識改革について考察してみた

2018-04-20 10:17:55 | ニュースまとめ・総合
「健康に悪い」は逆効果!?ヘビースモーカーの意識改革について考察してみた



2018年4月20日 8時0分

教えて!goo ウォッチ

度重なる値上げや禁煙スペースの拡大、健康への悪影響など、どれだけ逆風が吹いていてもたばこを吸い続けている人がいる。彼らが喫煙を続ける心理とは何なのだろうか。また、意識改革は可能なのだろうか。考えてみた。

■ヘビースモーカーにとってたばこは人生の一部

「病気になってもタバコを吸い続けますか?」という「教えて!goo」の質問には、「はい。死ぬまで吸い続けます」(Isatakeさん)などの回答が投稿されている。実際、このような人に家族や恋人がいくらたばこを止めて欲しいと働きかけたところで無駄に終わることが多い。心理カウンセラーの丸山泰令さんによると、

「たばこを止める気がない人は、たばこを吸うことが身体に悪いことは十分分かっていますが、それ以上にたばこを吸うことに対してメリットを感じています。ストレス解消、癒しなど、たばこは素晴らしいものだと思っています。恋人や友人という存在を超えて、人生の一部のようなものといって良いでしょう。つまり、彼らにとってたばこを手放すことなどありえないし、『好きなことを止めてまで長生きしたくない』と考えている人も多いのではないでしょうか」

とのこと。実は、丸山さん自身が以前はヘビースモーカーだった。たばこを止められないのはニコチン依存症になっているからだが、それ以外に元々の性格が起因することもあるのだろうか。

「現在はたばこを吸う場所もかなり限られていますし、喫煙者にとっては強い逆風が吹いていますよね。そんななかでも止めないという人は、周りに流されたくない、我が道を行くというタイプが多いのではないでしょうか。こういうタイプは周囲から『たばこを止めた方がいい』と言われれば言われるほど、頑なになります」(丸山さん)

また、昨今ブームの加熱式たばこに変えたことによって、「健康に気を遣っている」という安心感や、「周りに配慮している」という気持ちが生まれ、「止めなくて良いだろう」という気持ちにつながっている人も多い。

■ネガティブ面でのアプローチは逆効果!

たばこを吸ったことで病気になり、止める決意をしたという話を聞くことがある。こうした「ショック療法」は有効なのだろうか。

「死ぬ思いをしたことで健康の大切さに気付くことは、一時的には有効といえます。そこでたばこを手放す人もいますが、根本に『たばこは素晴らしいものだ』という意識が残っていると、時間が経つにつれて忘れてしまい、また吸う可能性があるでしょう」(丸山さん)

同じように、「家族のため」「健康のため」という意識で始めたとしても、根本の意識を変えない限りは再び吸ってしまう可能性があるようだ。そのため、カウンセリングでは主に喫煙者の「心の整理」、つまりたばこや禁煙に対する自分の考えを整理することから始めるのだという。

「そのうえで、生活パターンを変えていくこと、呼吸の仕方を変えていくことの2つが肝心です。たばこを吸う時って深く息を吸い込んで、深く息を吐きますよね。この深呼吸が、リラックス効果につながっていると考えられます。そのため、煙なしでも深い呼吸ができるように改善することが大切です」(丸山さん)

呼吸の仕方を変えることで自律神経が整い、さまざまな身体の不調が改善するといわれている。自然に深い呼吸法を身に付ければ、たばこの力を借りずに済むというわけだ。

■家族や恋人にたばこを止めてもらいたい場合はどうする?

しかし、カウンセリングに訪れる人は、すでに自分で「止めたい」という気持ちを持っている人。では、家族や恋人から働きかけを行う場合、どのようにすれば効果的なのだろうか?

「たばこを手放すことで得られるメリットを伝えた方がよいと思います。例えば、食事がおいしくなる、運動しても疲れにくい、空気がおいしいなどですね。一緒に山登りするとかハイキングするとか、楽しい時間を共有して、『たばこが無い方がいいかもな』と思わせた方が良いでしょう」(丸山さん)

丸山さんによると、「身体に悪いから」という理屈が通用する人であればもうとっくに止めているとのこと。結局のところ周囲がどんなに願ったところで本人の意識が変わらない限りは無理かもしれないが、相手の健康のことを思うのであればそっと見守りつつ、ポジティブな面を訴求するよう努めてみてはいかがだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謎の多いパトカーの車内に設置されている独特の装備6選

2018-04-20 10:16:03 | ニュースまとめ・総合
謎の多いパトカーの車内に設置されている独特の装備6選


2018年4月20日 6時45分

WEB CARTOP
パトカーならではの装備を一部抜粋してご紹介!

 できればお世話になりたくないけれど、お世話にならないとなかなか見ることができないパトカーの車内。無線機や取締用のスピードメーターなどが装着されていることは何となくわかるが、それ以外にはどんな装備が備わっているのだろうか? 今回は交通取締用車両(覆面パトカー)について調べてみた。
1)無線機格納装置

 取締用にかかわらずパトカーには装着されている無線機。実は自動車メーカーが用意するのは「無線機格納装置」であり、無線機本体ではない。一般車でいうところの「ナビ取り付け用パッケージ」みたいなものなのだ。
2)警光灯用スイッチ

 いわゆる赤色灯を点灯させるスイッチだが、“警光灯が反転する”、“警光灯が回転し、補助警光灯が点滅する”、“サイレンにより一挙動で、警光灯が反転、回転し、連動して補助警光灯が点滅する”スイッチがそれぞれ設けられている。また、助手席足下には、足踏み式スイッチが設けられ、これを踏むことでサイレンが鳴り、警光灯が点灯するものも設けられる。
3)ストップ装置付きスピードメーター

 スピード違反の取り締まりに用いられるスピードメーターももちろん装着される。もちろん、これにも細かい仕様が定められているのだが、仕様書には「スピードメーターの表示値は、40km/h~160km/hの範囲において」という一文がある。多くは語らないが、どうやらそういうことらしい。
4)筆記用ランプ(LED)

 違反があったときに渡される切符などを記入するためのランプも当然必須のアイテム。実は装着場所が指定されており、助手席上部左側及び後部座席上部中央と決められている。
5)警棒格納装置

 通常は腰に装着している警棒だが、座席に座るときは邪魔になるため、それを格納する装置が設けられている。もちろん助手席に座る警察官も同様なので、2本分の格納場所が用意されているのだ。
6)消火器

 普通車ではなかなか標準装備されることがない消火器も、パトカーには必ず装着されるアイテム。通常は助手席の下部に固定されている。

 今回は、一部を抜粋してご紹介したが、パトカーには一目で分かるものからじっくりみないと分からないものまで、普通車とは異なる装備が多数装着されているのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山・白浜で水難事故装い妻殺害で夫逮捕、直前に保険金3千万 「体内から多量の砂」決め手に

2018-04-20 10:13:37 | ニュースまとめ・総合
和歌山・白浜で水難事故装い妻殺害で夫逮捕、直前に保険金3千万 「体内から多量の砂」決め手に



2018年4月20日 7時52分

産経新聞


 和歌山県白浜町の海水浴場で昨年7月、シュノーケリング中に妻を溺れさせ、殺害したとして、和歌山県警捜査1課は19日、殺人容疑で、大阪市天王寺区堂ケ芝、自動車運転手、野田孝史容疑者(29)を逮捕した。

 捜査関係者によると妻には死亡前の同5月に3千万円の生命保険が掛けられ、野田容疑者が受取人になっていた。受給の手続きはしておらず、保険金は支払われていない。野田容疑者は黙秘しており、県警は慎重に動機を調べる。

スキューバのライセンス持ち泳ぎは得意、水深も浅く

 逮捕容疑は昨年7月18日午後4時50分ごろ、白浜町の臨海浦海水浴場の海で、妻で飲食店店長の志帆さん=当時(28)=を溺れさせ、殺害したとしている。志帆さんは2日後に搬送先の病院で死亡した。

 捜査関係者によると、当初は水難事故との見方もあったが、志帆さんはスキューバダイビングのライセンスを持ち、泳ぎも得意だったうえ、現場も水深が浅い岩場だったことから、事件性があるとみて県警が捜査していた。

 2人は事件当日の午後1時半ごろから、同海水浴場付近の岩場でシュノーケリングなどをしていたが、同日夕に野田容疑者が「妻が溺れている」と監視員に助けを求め、監視員が119番した。

 現場周辺には夫婦のほかに遊泳客がおらず、第三者が関与した形跡がないことから、県警は野田容疑者が水難事故に見せかけて殺害したと判断。殺人容疑での逮捕に踏み切った。

 捜査関係者によると、志帆さん名義の生命保険は昨年5月に契約され、野田容疑者のスマートフォンを通じてインターネット上で行われていた。手続きに必要なメールアドレスも野田容疑者のものだった。

 ただ野田容疑者は志帆さん死亡後に保険会社への手続きを行っておらず、県警は詳しい経緯を調べている。

 捜査の過程では、野田容疑者が元勤務先の大阪市内のペット用品会社からドッグウエアなどの商品を盗んだ疑いも浮上。県警は昨年12月以降、4回にわたって窃盗容疑などで野田容疑者を逮捕し、うち3件で起訴されている。

津波にでも遭ったのか―というほど大量の砂が体内に…

 津波の被害などに遭わない限り、こんな状態にはならない-。殺害に結びつくような直接的な証拠に乏しい中で、野田孝史容疑者を逮捕する決め手となったのは、志帆さんの体内から検出された多量の砂だった。

 捜査関係者によると、犯行当日の昨年7月18日夕、和歌山県田辺市の病院に搬送された志帆さんの体内からは溺れた際に飲み込んだ海水に混じって、水難事故としては異例ともいえる量の砂が見つかった。

 司法解剖にあたった医師は、志帆さんが浅瀬で何者かに体を押さえつけられ、その際に抵抗して海底の砂が巻き上がった、そしてその砂を、海水と一緒に飲み込んだと推測した。

 さらに、県警が意見を求めた別の専門家も、多量の砂について「大津波などの特殊な災害に巻き込まれない限り、考えにくい」との見解を示したという。

 こうした報告に加え、志帆さんに自殺の動機がなかったことや、突然死するような病歴がなかったことなど間接事実を積み上げ、最終的に志帆さんの死亡は他殺以外にないと判断、逮捕に踏み切った。

 志帆さんは事件前、野田容疑者への不満を口にしていたという。県警は夫婦関係に亀裂が生じていた可能性があるとみて、動機の解明を急ぐ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カリスマ販売員も脱帽。ジャパネットがバカ売れする3つの秘密

2018-04-19 20:50:55 | ニュースまとめ・総合
カリスマ販売員も脱帽。ジャパネットがバカ売れする3つの秘密



2018年4月19日 4時19分

まぐまぐニュース

毎日さまざまな局で放送されているテレビショッピング。1回の放送で莫大な売上を立てる手法は普段の営業や接客に活かせる、というのは接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさん。坂本さんは今回、自身の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』で、テレビショッピングを見てわかった「売るための3つのポイント」を紹介しています。
テレビショッピングから学んでみる

読者の皆様は、テレビショッピングをご覧になりますでしょうか?

私自身は、商品提案の参考にするために、見る機会が度々あるのですが、「やっぱりすごいなぁ」と思わされることが、見る度に見つかります(個人的には「ジャパネットたかた」のテレビショッピングが好きです)。テレビというメディアを通して、1回の放送で、とんでもない金額を販売する力を持っているテレビショッピング界の方々の販売法は、やはり勉強になることが多いのです。

販売の世界に生きていて、これをスルーして活かさないというのは、非常にもったいない。ということで、せっかくこういう話をしているので、普段の接客にも活かせるような注目のポイントをいくつかお伝えしたいと思います。

ひとつは「商品の扱い方」。

テレビショッピングでは、一つの商品をしっかり時間をかけて紹介していきます。その中で、機能について説明をしたり、どんな商品かを丁寧に説明していく際、商品に触れる機会が多々あるわけです。これは普通の販売員でも同じですよね。

しかし、よく見ていると、テレビショッピングのMCの方々は、とても丁寧に商品を扱います。商品に慣れて雑に扱ってしまうことは決してなく、とても見栄え良く丁寧に商品に触れるのです。ジャパネットたかたの高田明元社長に至っては、「たからものを扱うように商品を扱う」と評されるほどです。

一度注目してご覧いただくとわかりますが、指の添え方や、カメラからの取りやすさなども含めて、とても研究されているのだと感じさせられる商品の扱い方です。

続いて、「間の取り方」。

接客をしていると、会話の間が空いてしまうのが怖くて、一方的に話し続けてしまう人がいます。ですが、間のない会話というのは、聞く方にとっては非常に辛いものになります。たとえ自分が求めている情報だったとしても、そこに間がなければ、情報を整理する余裕もなくなり、何の話をされているのかわからなくなってしまうのです。

テレビショッピングでは、会話がないために、間をおかず話し続けているのではないかと思われがちですが、意外とそんなことはありません。ちゃんと視聴者が情報を整理する余裕を持てるように、合間合間に丁寧に間を入れています。

説明をしているMCの人によっても、間の取り方が違ったりするので、これも興味深いところです。

そして、「話の構成」。

これはもう、本当に勉強になります。

話の構成も、話す人によって当然変わってくるのですが、特に聞いていて引き込まれるような人の話は、シンプルな構成になっています。「導入→発展→結論」のようなイメージです。

まず、一番最初の30秒~1分程度の時間で、商品説明の導入が入ります。ここでは、とにかくわかりやすくイメージがしやすい言葉を使って話し出すのです。このタイミングで専門用語を使ってしまうと、聞く人の興味が削がれてしまうからでしょう。

そしてある程度興味が引けたところで、細かい商品説明を含めた発展が起こります。ここで必要な商品説明と、視聴者の生活に即したようなイメージが湧く話が聞けるので、納得を生みます。

最後に結論として、価格の話になり、一連の流れが完結します。「話の構成」に関しては、何度も見ていると、売れる構成というのが徐々に見えてくるので、かなり注目していただきたいポイントです。

テレビショッピングの面白いところは他にもいくつもあります。繰り返しの妙だったり、時間帯によって、視聴者層が変わることによる表現の仕方の変化などもそうです。

ぜひ、そういった視点でご覧いただき、自分の接客に活かせる部分を見つけ出していただきたいと思います。

今日のおさらいです。
テレビショッピングから販売の要素を学んでみる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加