縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

築地市場にいる1万匹のネズミたちが、閉鎖後一気に向かう先 移転まであと3週間、要チュー意!

2018-09-23 08:02:47 | ニュースまとめ・総合
築地市場にいる1万匹のネズミたちが、閉鎖後一気に向かう先 移転まであと3週間、要チュー意!



2018年9月21日 7時0分

現代ビジネス


10月6日に閉鎖される築地市場には、推定1万匹のネズミが生息している。解体工事が始まれば、正門は開けっ放し。それはネズミたちの大脱出が始まる合図でもある。本日発売の週刊現代では、東京都を襲うネズミ大繁殖の恐怖を報じている。
銀座の街で大繁殖

東京都中央区築地市場からわずか1km足らず。東銀座にあるインド料理専門店『ナイルレストラン』オーナーのG・M・ナイル氏はこのところ、銀座の街の異変を感じ取っていた。

ナイル氏が語る。

「最近、立て続けに子ネコほどの大きさのネズミを見かけました。飲食店の多い銀座7丁目や8丁目でも、何度もネズミを見ています。冬でも暖かい下水道があり、残飯などで食べ物も豊富な現在の銀座は、ネズミにとって繁殖に適した環境になっているのです。

10月6日には築地市場が閉じられようとしています。あそこには大量のネズミがいる。それらが逃げ出して大繁殖したら、銀座の街はパニックになるでしょう。そのうえ、赤坂や六本木、丸の内など、他の繁華街にも拡大しかねません」

ナイル氏の心配は大げさなことではない。

閉鎖された築地市場は10月18日から解体工事が始まるが、隣接する銀座をはじめとする周辺住民や店舗関係者からは、ネズミの大脱出に不安の声が相次いでいる。

「世界中から観光客が集まる銀座の真ん中でネズミを見たら、どう感じるでしょうか。もし高級飲食店の軒先にネズミがいたら、その店の魅力は半減するでしょう。衛生面でも、環境面でも、一般市民の生活に大きな影響が出ます。東京都は中途半端な対応ではなく、やるからには徹底的に駆除するべきです」(ナイル氏)

世界最大の魚市場、築地市場。世界中から魚介類が集まるこの場所は、ネズミが大量に暮らす場所でもあった。専門家によれば、その数はなんと1万匹にも及ぶという。

餌が豊富にある築地市場は、ネズミにとって最高の住処 photo by iStock

ネズミ駆除の専門家でねずみ駆除協議会会長の矢部辰男氏が言う。

「築地市場の内外を何度も視察した結果、生息しているネズミの数は1万匹、あるいはそれ以上という数字が妥当かと思います。築地市場にはクマネズミとドブネズミの2種類いて、クマネズミは穀物や果実、種子などを好んで食べますが、数の上ではそこまで脅威ではありません。

問題は大半を占めるドブネズミです。穴掘りが得意で寒さにも強く、大きな成体で25cm程度にもなり、しかも凶暴です。ドブネズミは動物性タンパク質を好みます。築地市場のように、常に餌が供給される場所は格好の棲息場所となるのです。

築地市場の営業が終われば、そのネズミたちの餌が不足します。それと同時に、餌を求めて流出が始まるでしょう」

ネズミが増えれば、病原菌を媒介するだけではなく、配電線を噛むことで火災を引き起こしかねない。もちろん、東京都も対策は取っている。都の築地市場管理課の職員はこう話す。

「ネズミの一斉駆除は計6回を予定しており、すでに2回実施しています。これまでの駆除ではそれぞれ約700匹ずつ捕獲しました。さらに市場の外周部にはポリカーボネート製の波板を設置し、外に流出しないように対策を講じています。工事車両の出入り口などは細かな隙間を埋めるべく対策を立てていきます。

これと並行して、毒餌を撒き、ネズミ捕りカゴや粘着シートを設置しています。市場周辺には病院や飲食店、住宅も数多くありますから、これらの対策で一網打尽となればいいのですが……」

豊洲市場への移転をひと月後に控えた9月中旬、本誌記者は築地市場を訪れた。そこで目にしたのは、都職員が話す対応策がまったく機能していない有り様であった。

たしかに築地市場の周囲には、ぐるりと白い波板が立てかけられてはいる。だが、10cm以上の隙間がところどころに空いており、ネズミの脱出を防ぐことはできそうにない。そもそも、正門などの出入り口は解体工事を行う業者のために開けっ放しになる。いくら周囲を囲ったところで、さして意味がない。
完全駆除は不可能

実際、すでに2回の駆除が行われていても、ネズミが減ったという実感はないようだ。築地場内で働く男性が話す。

「お客さんがいるときはあんまり姿を見せないけど、人影が少ない夕方には今でもいるよ。フンはそこいらじゅうに落ちているね。階段を伝って2階にも上がるし、箱を齧って穴を開けることもある。電話線だって齧られたこともある。

場内だけで駆除しても無駄だよ。あいつらどこにだって出入りするんだから、築地市場がなくなったら、別のどこかで生きるんじゃないの」

築地市場内には鮮魚の荷捌き場があり、船が接岸できる形状になっている。ここはネズミ対策が設けられておらず、自由に出入りができそうだ。眼の前は隅田川。勝鬨橋のたもとまで行けば、橋桁を伝って対岸にも行けるし、晴海通りに上がれば、植え込みを伝って銀座方面にも移動できる。

都は隅田川沿いにカゴ罠を設置していると言うが、その数も十分とは言い難い。そしてドブネズミは、泳ぎも得意だ。

「実験では4時間ほど泳ぎ続けたというデータもあります。隅田川の流れに乗れば、向こう岸に辿り着くのは困難だとしても、岸沿いに流出範囲はかなり広がります。

ドブネズミの行動範囲は餌場から約50mと言われていますが、餌がなければ移動距離はどんどん延びます。出入りする車の荷物に忍び込んで拡散することも考えられる。広い道路を横切ることはないでしょうが、地下に配管があれば、それを伝ってどこまででも移動します。

東京都が行っている駆除方法が間違っているとは言いませんが、あれだけ大きな規模の市場全体をすべて塞いで駆除するのは、物理的に難しいのではないでしょうか」(前出・矢部氏)

10月11日には豊洲市場がようやく開場する。華々しいスタートがニュースを彩るだろう。だが、それはネズミたちの大脱出の号砲でもある。

「ドブネズミは2~3ヵ月で成体になります。生殖機能が備わり、繁殖が可能になる。1匹が平均で8匹生むと考えれば、現実的なネズミ算の怖さがわかってもらえると思います。なにしろ推定1万匹ですからね」(矢部氏)

温暖化の影響か、ゴミが増えたためか、近頃、都内の繁華街や駅の線路などで、ネズミを見かけることが増えたと感じている人も多いだろう。今後、築地市場の解体が、それに拍車をかける。

東京五輪が開催される20年はネズミ年。ネズミだらけの都市で五輪とは笑うに笑えない。10月からの解体工事中、正門は開けっ放しになる。周囲を囲っても、ネズミの脱出は防げない。
コメント

献金を受領か 関西生コンの組合員逮捕で辻元清美氏との関係に注目集まる

2018-09-23 08:01:39 | ニュースまとめ・総合

献金を受領か 関西生コンの組合員逮捕で辻元清美氏との関係に注目集まる



2018年9月22日 17時11分
ざっくり言うと

関西生コン支部と辻元清美氏の関係について夕刊フジが取り上げた
同支部の組合員が逮捕されたことで、献金の受領が注目されていた辻元氏
1998年の政治資金収支報告書に50万円を受領していたことが記されていたそう

辻元清美氏と関西生コンとの関係… 大阪府警が組合員16人逮捕 週刊朝日「献金」報道に事務所「収支報告書の通り」
2018年9月22日 17時11分

ZAKZAK(夕刊フジ)
関生支部に家宅捜索に入る捜査員=8月28日、大阪市西区

写真拡大 (全2枚)

 生コン業界の激震が波及するのか-。大阪府警警備部は、運送業者のセメントの出荷業務を妨害したとして、威力業務妨害などの疑いで、「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生支部)」の副執行委員長ら、組合員16人を逮捕した。関生支部をめぐっては、インターネットサイト「AERAdot.(アエラドット)」に8月末に掲載された、立憲民主党の辻元清美国対委員長に関する週刊朝日の記事(オンライン限定)が、永田町で注目を集めていた。

 警察当局は今夏から、関生支部絡みの捜査を本格化させているようだ。

 大阪府警による逮捕(18日)に先立ち、滋賀県警は8月末、倉庫建設工事をめぐり、湖東生コン協同組合(滋賀県東近江市)の加盟業者と契約するよう商社の支店長を脅した恐喝未遂の疑いで、関生支部執行委員長の武(たけ)建一容疑者ら3人を逮捕した。大津地検は18日、恐喝未遂罪で、武容疑者ら3人を起訴した。

 武被告は、ゼネコンなどに生コンクリートを供給する業界に強い影響力があり、「生コン界のドン」の異名を持つ。

 週刊朝日は8月31日、武容疑者逮捕を受けて、前出のネット上に《辻元清美議員に“ブーメラン”? 生コン業界の“ドン”逮捕で永田町に衝撃》という見出しの記事を掲載した。

 永田町で注目されたのは、同誌が関生支部を「連帯」と表現して、野党議員との深い関係に切り込んだうえ、辻元氏の資金管理団体「ポリティカ=きよみと市民」の政治資金などに着目した点だ。

 記事によると、1998年分の政治資金収支報告書に「連帯がパーティー券50万円分を購入した」旨の記載があり、99年分の収支報告書にも「連帯幹部2人から計100万円の寄付をもらったことが記載されていた」と指摘していた。

 週刊朝日は当然、武被告とのつきあいや、「連帯」から献金を受けたことを問い合わせたが、辻元事務所は「ご指定の人物、団体から献金を受け取った事実はありません」と回答していた。

 だが、夕刊フジが改めて官報を確認したところ、98年分収支報告書に「政治資金パーティーの対価に係る収入」として、「全日本建設運輸連帯労働組合」から50万円を受領していたことが記されていた。99年分の収支報告書では、個人の寄付として、連帯労組や関生支部の関係者とみられる5人から50万円ずつ、計250万円を受け取ったとの記載もあった。

 捜査拡大を受けて、夕刊フジでは18日午後、辻元事務所に対し、(1)週刊朝日への回答で、献金の受領を否定しているが、間違いではないか(2)連帯労組や関生支部との関係(3)関生支部側から献金を受けたことの認識-などを質問状でただした。

 辻元事務所は19日夜、書面で「18日にいただいた問い合わせの件については、すべて収支報告書に記載された通りです」と回答した。

 国会での厳しい政権追及が注目される辻元氏だけに、国民が納得する説明を期待したい。
コメント

2016年のいじめ自殺問題 県教育長が遺族に初めて謝罪 新潟

2018-09-23 08:00:29 | ニュースまとめ・総合
2016年のいじめ自殺問題 県教育長が遺族に初めて謝罪 新潟



2018年9月22日 21時27分

ライブドアニュース速報
新潟県で2016年に、学校にいじめを相談していた男子高校生が自殺した問題で、新潟県教育委員会の教育長は22日、初めて生徒の自宅を訪れ遺族に「勇気を持って訴えてくれたのに学校が守ることができなくて申し訳ない思いです」と謝罪した。NHKニュースが報じた。

この問題を調査してきた新潟県教育委員会の第三者委員会は9月、学校が短期間に生徒から3回も相談を受けながら必要な措置を取らなかったことが自殺の根本的な原因になった、とする報告書をまとめていた。
コメント

30歳、年収450万で親のスネかじる彼の現実

2018-09-23 07:58:20 | ニュースまとめ・総合
30歳、年収450万で親のスネかじる彼の現実



2018年9月23日 6時0分

東洋経済オンライン


カードが止まるたびに親にお金を借りているというトモヒロさん(筆者撮影)

会社員一本、あるいは副業をしている人、結婚して家庭に入った人、夫婦共働きの人、フリーランスで活動している人など、人によってその働き方はさまざまだ。

一般的に30歳は節目の年と言われている。今の30歳は1987年、1988年生まれ。昭和生まれ最後の世代でもある。物心がついたときにはバブルが崩壊し、その後は長い不況にさらされる。就職活動を始める時期にはリーマンショックが起こったかと思えば、事あるごとに「これだからゆとりは……」といった言葉を投げかけられた世代でもある。

景気の良い時代を知らない現在の30歳は、お金に関してどんな価値観を抱いているのか。大成功をしていたり、特異だったりする人ばかりが注目されがちだが、等身大の人にこそ共感が集まる時代でもある。30歳とお金の向き合い方について洗い出す連載、第4回。

暗めのグループに所属することにダサさを感じていた

現在、書籍編集者として出版社で勤務しているトモヒロさん(仮名)。給与は年俸制で450万円。手取りにすると毎月31万円もらっている。数字だけ見ると、十分暮らしていけるように思えるが、実際には両親への借金が500万円以上に上り、手元の貯金は10万円ほどだという。いったいどういうことなのだろうか。


この連載一覧はこちら

トモヒロさんは東北出身。公務員の父とパートで働く母、そして8歳年下の弟がいる。子どもの頃は勉強もスポーツもできるタイプだったが、どちらかというと体育会系のノリが苦手だった。小学生の頃は数百円のお小遣いをもらい、CDシングルや漫画などを購入。特に漫画『るろうに剣心』は、当時好きだった女子が好きな作品だったので、話をしたくて買った。

「中学までは野球部でキャッチャーをやっていました。でもある日、イップスで野球を続けられなくなってしまったんです。イップスとは、精神的な原因で思うようプレーできなくなる症状です。イップスになるまでは明るいグループと一緒にいることが多かったのですが、野球部をやめてからは、少し暗めのグループと行動するようになりました。当時はそのコミュニティに所属することのダサさが気になっていましたね。やっぱり、スポーツができる人のほうがモテるので。でも、暗めのグループの中でも彼女はできました」

中学時代は毎月3000円のお小遣いをもらった。地元では、電車で片道30分かけて県庁所在地のある市内に出て、ボウリングや買い物に行くことが、最高にイケている遊び方だったため、月1回、お小遣いを持って街へ繰り出した。

高校は男子校の進学校に進み、吹奏楽部に入部。32万円もするクラリネットを親に買ってもらった。部が楽器を貸してくれる制度もあったが、ほかの部員も親に楽器を買ってもらっていたため「高い楽器を使わないと良い演奏ができない、ほかの部員に迷惑をかけてしまう」という思い込みから購入を決めた。買ってもらったからにはきちんと練習をせねばと部活に励んだ。

「高校は少しやんちゃな人もいる学校だったのですが、僕は暴力や非行は苦手なのでそっちには流れませんでした。でも一度、駅の前にあった自転車を軽く借りるノリで通学していたところ、私服警官に呼び止められ、1週間の停学処分を受けたことはありました。生活指導の先生が家に来て反省文を書かされました。後で聞いたところ、この自転車盗難事件で母は泣いていたらしいです。でも僕は、親よりも部活のみんなに申し訳ない気持ちでいっぱいでした」

英語が得意だったため、入試で英語の配点が多い大学を選んで計画的に受験勉強。無事、関西にある国公立の外国語大学に進学した。また、2001年に起こった9.11同時多発テロ事件の際、偶然父親が貿易センタービルの付近にいたことからイスラムに興味が湧き、中東系の言語を専攻した。

大学時代は一人暮らしで、家賃は月5万5000円。家賃とは別に生活費として5万円の仕送りを親からもらっていた。

「ラーメン屋や食堂でアルバイトも始めたのですが、職場の人間関係が嫌になったり、朝どうしても起きられなかったりして続かなくて……。今は高卒の人への偏見はないのですが、当時は店長に怒られると『大して頭も良くないくせにねたみで怒りやがって』と思ってしまうこともありました。

そのあたりからバイトに嫌気がさし始めました。時給800円だったので、自分の1時間を800円で売っているという感覚に抵抗が出てしまって。そして、自分はアルバイト自体が向いていない、大学生のうちにやれることをやっておこうと決め、親からの仕送りも増やしてもらい、奨学金も増やしました。大学での生活は自分への投資だと考えようとしたんです。

サークルや遊びでお金を使っていたので、足りなくなるたびに親に『3万円振り込んで』と言うと振り込んでくれる。当時から親も経済的に余裕があったわけではないはずなのですが、都合よく解釈し、『大学卒業して働いたらお金が貯まるはずだから、そのとき返せばいいや』と思っていました」
新聞記者になってすぐはお金が貯まる一方だった

トモヒロさんは大学4年のとき海外に10カ月留学。留年もしたため、大学には6年通った。就活を始めたのは2011年。リーマンショックから少し時間が経過していたのと、マスコミ系をメインに就活をしていたため、そこまで景気の悪さを感じることはなかったが、希望していた出版社にはなかなか受からなかった。

「大学に入ってから先輩に『本を読め』と言われるようになり、読んでみたらとても良い本ばかりで、純粋に本が好きになりました。また、留学をしていたときは日本語に飢えていたのもあり、余計日本語の本がおもしろく感じました。今なら、具体的にどんなメディアを作りたいかを伝えないと出版社に受からないことはわかるのですが、当時は本を作りたいという漠然としたあこがれを抱いて面接に臨んでいました」

出版社には受からなかったが、大手新聞社の関西支所の内定が出た。事件や事故を担当し、記者として日々走り回った。給料は手取り35万円。ボーナスも年に2回1.5カ月分出たが忙しすぎて使う暇がなく、お金は貯まる一方だった。しかし、あるときから貯まらなくなっていく。

「おそらく、タクシー移動に慣れすぎちゃったんだと思います。仕事でタクシーやハイヤーをガンガン使うので、プライベートでもちょっとしたことでタクシーを使うようになってしまいました。昔、親父が『困ったらタクシーに乗れ』と言っていたので、その教えもあって今でもすぐタクシーに乗ってしまいますね(笑)」

当初、トモヒロさんは文化部への配属を希望していたが、文化部は東京本社にしかない狭き門。しかも、ようやく希望の部署に行けたとしても、4~5年で異動になってしまう。専門の部に短い期間しかいられないのはもったいないのと、12~13年すると管理職となり、現場を離れてしまうのは面白みに欠けると考え、入社2年ちょっとで転職を決めた。

それまでも、記者として働きながら大手出版社への転職活動を続けていたが、同じ出版社を3回受けて、最終面接の1つ手前で落ちてしまっていた。ここで、出版社勤務の夢はあきらめた。
2番目に好きなものを仕事にしてみるもうまくいかない

「新聞も出版社もダメとなったら、2番目に好きなジャンルである映画を仕事にしようと、映画の興行会社に入りました。出版業界では、本屋大賞を開催したり書店員さん主導で棚を作ったりして、書店は頑張っている。でも映画業界は配給も現場の役者さん・スタッフさんは頑張っているのに、映画館スタッフが自発的にオススメをすることはないので、映画館側があまり頑張っていないように見えたんです。そこで、出版業界と同じ構造を当てはめて映画業界を盛り上げたいと思ったんです」

そんな夢を抱いて興行会社に入社したが、現実はうまくいかなかった。まず、映画館にはバイトも含め100人ほどスタッフがいる。自分よりも経験のある人たちの中に新入社員として入ったところ、自分の仕事のできなさに絶望した。現場の仕事をこなせないと、映画を盛り上げるための企画は通せない。自分に合わないと感じた。そのうえ、手取りは月17万円だった。

結局半年ほどで映画の仕事はやめた。そして、東京にある某出版社に入社。月刊誌を担当した。給料は手取りで22万~23万円。関西から引っ越しをしたため、お金がなくなってしまった。ここでも大学時代と同じよう、親にお金を振り込んでもらった。

希望していた出版業界で働いてみたものの、雑誌は編集長ありきな面もあり、自分の判断で決められないこともある。そこで、書籍編集者ならば自分に裁量がある部分が多いのではないかと考え、1年ほどで転職。現在は別の出版社で書籍編集者として働いて、ヒット本も世に生み出している。

「今の会社は年俸制。初年度は420万円で、最初に出した本が重版したので正社員にしてもらえました。これで給料も大幅に上がると思ったら、年収の上乗せは30万円だけ。本当は年収500万円欲しいけど、まだ2年目だし、本をたくさん出せているわけではないので、まあこんな感じだよなぁと」


もう親のすねをかじれない覚悟はあるというトモヒロさん(筆者撮影)

現在は都内で月額家賃6万8000円のアパートで一人暮らし。休日も何かしら仕事に関することをやっていて、お金をかける趣味は特にないはずなのに、相変わらずお金がないという。家賃の支払いも遅れがちで、遅れると大家から親に連絡がいく。手取りは月31万円あるが、浪費の大きな原因はクレジットカードだ。

月に10万~15万円がカードの引き落としで、奨学金を払うとその月使えるお金は5万~6万。クレジットカードを止められることも頻繁にあり、ここ1年ほどはカードが止まるたびに親にお金を借りている。取材した日は口座に10万円がある状態だったが、これは先月、カードが入っている財布ごとなくしてしまった結果カードを使えなくなり、たまたま10万円残っていたのだという。
新聞記者時代の生活水準を下げられていない

「僕、人に奢るのが好きなんです。新聞記者時代の生活水準を下げられていないんです。最近できた彼女は社会人なのでデート代は割り勘にしているけど、学生だと奢っちゃいますね。あと、なぜか結婚式に毎月呼ばれます。一度しか会ったことがない人からも呼ばれるので、多分数合わせでしょう。毎月ご祝儀を包まないといけないので、最近は1万円だけ入れて『お金がなくてごめんなさい』と一筆書いて包むようにしています(笑)」

学生時代から換算すると総額500万円以上親に借りているが、返せと言われたことはないので返したことはない。でも、親が来年65歳で定年退職してしまうため、もう親のすねをかじれない覚悟はある。

なかなかギリギリな経済状態に思えるトモヒロさんだが「すべて自分への投資と思っているので後悔はしていません」と、ひょうひょうと語っていた。もしかすると、お金に対してそれほどこだわりを持っていないのかもしれない。
コメント

高齢女性殺害 室内物色されるも財布残る

2018-09-23 07:56:16 | ニュースまとめ・総合
高齢女性殺害 室内物色されるも財布残る



2018年9月23日 0時52分

日テレNEWS24


21日、東京・町田市の高齢者向け住宅で、69歳の女性が殺害されているのが見つかった事件で、現場の部屋は物色されていたものの、財布は残されていたことが分かった。

この事件は、21日、町田市の高齢者向け住宅の一室で、入居者の関初枝さんが頭から血を流し殺害されているのが見つかったもの。

部屋のタンスの一部は、引き出しが開いた状態で、物色された形跡があったが、その後の警視庁への取材で、現金入りの関さんの財布はタンスの中に残されていたことが新たに分かった。

また、司法解剖の結果、関さんの死因は、鈍器のようなもので頭を殴られたことによる脳挫傷や外傷性くも膜下血腫と判明したという。ただ、解剖では、死亡した具体的な時間の絞り込みには至らなかった。
警視庁は23日も現場検証を行い、室内に犯人につながる痕跡が残っていないか調べるとともに、部屋への侵入経路の特定に向け捜査を進めることにしている。
コメント

【自民党総裁選】石破茂氏、死去した樹木希林さんの映画引き合いに「万引しないと暮らせない人も働ける環境を」 銀座で訴え

2018-09-18 10:45:27 | ニュースまとめ・総合
【自民党総裁選】石破茂氏、死去した樹木希林さんの映画引き合いに「万引しないと暮らせない人も働ける環境を」 銀座で訴え



2018年9月17日 18時38分

産経新聞

だから具体策を言えよ!


 自民党総裁選(20日投開票)に立候補した石破茂元幹事長は17日、東京・銀座で街頭演説を行い、15日に死去した女優の樹木希林さん出演の映画「万引き家族」を引き合いに「悪いことだが、万引しないと暮らせない家族がある。どうしたら幸せに暮らせていけるか。その人たちが働ける環境を作っていかないといけない」と語った。

 映画は、生活苦のため盗みを繰り返す一家を描いている。

 また、石破氏は「国民1人1人の所得を10年で3割伸ばす。消費税を上げてもやっていける経済環境を作るのが第一の仕事だ」と述べ、中小企業や農林水産業などで働く人の所得向上に力を入れるとした。

 街頭演説には中谷元・元防衛相や石井準一参院議員らも駆けつけ、通行人に石破氏への支持を呼びかけた。
コメント

関西生コン労組、運送業者の出荷業務妨害疑いで捜査 車の前に立ちふさがりか

2018-09-18 10:44:17 | ニュースまとめ・総合
関西生コン労組、運送業者の出荷業務妨害疑いで捜査 車の前に立ちふさがりか


2018年9月18日 7時57分

産経新聞


 セメント、生コン業界の労働者らでつくる「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(関生支部)の幹部や組合員が、運送業者のセメント出荷業務を妨害した疑いがあるとして、大阪府警が威力業務妨害容疑などで捜査していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

 府警はすでに大阪市西区の関生支部や関係先の家宅捜索を実施。府警は十数人が関与したとみて、近く幹部らから事情を聴く方針。

 捜査関係者によると、関生支部の幹部らは昨年12月12~14日、同市港区の大手セメント販売会社が出荷業務を行うサービスステーションで、同社から業務委託されていた運送会社の車の前に立ちふさがるなどして、業務を妨げた疑いが持たれている。運送会社の従業員は同支部に加入していないという。

 一部の幹部は運送会社に対し、セメント輸送業者などでつくる組合に加入するよう強要した疑いもある。運送会社は応じなかった。

 運送会社側からの被害相談を受けた府警が捜査したところ、同支部関係者が関与した疑いが浮上した。

 同支部をめぐっては先月、滋賀県の湖東生コン協同組合幹部らと共謀し、大阪市内の商社の男性支店長に対し、同組合加盟業者と生コンクリートの供給契約を結ぶよう脅したとして、恐喝未遂容疑でトップの執行委員長、武建一容疑者(76)らが滋賀県警に逮捕されている。
コメント

「就職したら結婚する。お前は就活しなくていい」そんな言葉を信じた女子大生の悲劇

2018-09-18 10:42:55 | ニュースまとめ・総合
「就職したら結婚する。お前は就活しなくていい」そんな言葉を信じた女子大生の悲劇


2018年9月18日 9時11分

弁護士ドットコム


ある学生カップルの「悲劇」ともいえるようなエピソードが、ツイッター上で話題となりました。

投稿によりますと、ある女子大生が、当時付き合っていた大学生の彼氏から「(俺が)就職したら結婚するから(お前は)就活しなくていいよ」と言われました。その言葉を真に受けて、女子大生が、ほんとうに就職活動をしなかったところ、その後、就職した彼氏にふられてしまったそうです。

結婚してもらえず、就職先もない女子大生は、彼氏を相手取って、慰謝料を請求したということです。投稿した人は、この話を聞いて「絶句した」とつづっています。真偽は不明ですが、男性のいい加減な言葉を信じてしまったために、不幸になる女性は、古今東西少なくありません。

はたして今回のような場合、慰謝料を請求できるのでしょうか。男女問題にくわしい泉田健司弁護士に聞きました。
●「婚約」が成立していれば、慰謝料請求できる

「男女関係を不当に解消したことを理由として、慰謝料請求権が類型的に成り立つのは、『婚姻』『内縁』『婚約』の3つの場合です。

単なる交際関係を一方的に解消したからといって、通常は、慰謝料は認められません。たとえば、交際中の相手方が浮気をしたからといって慰謝料を請求できるわけではありません」

今回のカップルの場合はどうなのでしょうか。

「『就職したら結婚するから』という彼氏の発言から、婚約が成立しており、その婚約の不当破棄である、という法律構成が考えられます。

婚約というのは、お互いの合意で成立する契約です(このような契約を法律用語では諾成契約といいます)。とすれば、『就職したら結婚するから』と言われ、女性もそれに応じていたのでしょうから、婚約が成立していると言えそうに思います。

しかし、裁判所は簡単に婚約を認定してくれません。

たとえば、岡山地裁は『将来の結婚に関する言辞が交わされていたとしても、それは両者間における恋愛感情を高め、男女関係を維持するためのものとみるのが相当であり、これをもって法的保護に値する婚約とまで認めることはできない』と述べています(2012年3月28日判決)。

結局、合意で成立する諾成契約でありながら、多くの事案において、将来の結婚に関する男女の会話は、『恋愛感情を高めるためのもの』に過ぎないとされているのです」
●婚約が成立したと言えるケース

では、どのような場合に、婚約が認められるのでしょうか。

「たとえば、結納を済ませていたとか、婚約指輪を贈っていたとか、結婚式場を予約していたなど、外形的事実があれば、問題なく婚約の成立が認められるでしょう。

今回のケースでは、一応、社会人一歩手前の大学生間で交わされた会話ですので、それなりに意味のある会話であるとは思います。

ただし、弁護士としては、この会話だけで婚約が成立していると考えて、裁判を起こすには、躊躇を覚えます。なぜなら、言った言わないの話にされてしまうリスクがあるうえに、先ほど述べた裁判例のように、『恋愛関係を高めるためのもの』に過ぎないと判断され、婚約と認められないリスクがあるからです。

結局、婚約が成立していると考えられる外形的事実と相応の証拠がなければ、弁護士としては裁判を引き受けることは難しいというのが実情です。

ただ、外形的事実といっても、昨今は、結納をしない人のほうが多いですし、結婚式をしない人も増えていますから、具体的に新居の契約をしていたとか、友人や家族に婚約者として紹介していたとか、婚姻届を提出する日を決めていたとか、そういった事情も総合的に検討されると思います。

そして、この種の裁判では、当事者間のメールやラインなどが証拠として提出されることが多いですので、今一度、見返してみるのも有益です」
●「裁判所は男女関係への介入は消極的」

仮に、裁判で慰謝料が認められるとしたら、いくらになるのでしょうか。

「賠償額はせいぜい数十万円にとどまると思います。婚姻にくらべて、精神的苦痛の程度が比較的重くないと考えられるからです。

さて、男女関係は、遠くから見ればまっすぐに見えても、近くから見れば、複雑ならせん状に渦巻いているということがよくあります。他人からはわかりにくいので、裁判所は男女関係への介入は全般的に消極的に思えます。

将来の結婚に関する言辞は、恋愛感情を高めるためのもの、と先述の裁判例はいいますが、結局、『言葉だけでは他人にはよくわからない』と言っているように聞こえますね」
コメント

米コカ・コーラ、大麻入り飲料参入か=カナダ企業と共同開発へ-報道

2018-09-18 10:41:00 | ニュースまとめ・総合
米コカ・コーラ、大麻入り飲料参入か=カナダ企業と共同開発へ-報道



2018年9月18日 7時17分

時事通信社

 【ニューヨーク時事】カナダの放送局BNNブルームバーグは17日、米清涼飲料大手コカ・コーラが、大麻成分の入った飲料分野への参入を検討していると伝えた。

 大麻を生産するカナダ企業オーロラ・カナビスと共同開発に向けて協議しているという。

 BNNによると、両社は炎症や痛み、けいれんなどの症状緩和を目的とした大麻成分入り飲料を開発する見通し。

 報道を受けてコカ・コーラは声明で「現時点では何も決まっていない」と述べた。一方で「多くの飲料業界他社と同様に、機能性飲料の成分として、精神作用のないCBD(カンナビジオール=大麻に含まれる化学物質)の世界での広がりに注目している」とコメントした。 
コメント

入居者の病死で“事故物件サイト”に乗せられ大迷惑…アパート大家の嘆き

2018-09-16 13:51:51 | ニュースまとめ・総合
入居者の病死で“事故物件サイト”に乗せられ大迷惑…アパート大家の嘆き



2018年9月15日 15時55分

日刊SPA!

 インターネットが身近となった現代では、自分の住んでいる物件が“事故物件”(過去に居住者が何らかの理由で死去している物件)なのか簡単に調べることができる。

 情報の信憑性は定かではないが、数多くのまとめ記事やサイトが存在している。引っ越しの際などに住所を検索し、自殺や事件などが起きた“いわくつきの物件”であるか調べる人も多いだろう。

 しかし、アパートやビルを管理する「大家」側からすると事故物件サイトは迷惑千万であるという。都内の中古アパートオーナーである瀬川学さん(52歳・仮名)が、こうした事故物件サイトについて「たまったもんじゃないですよ」と憤る。

◆居住者の病死で“事故物件”扱いに…

「私がアパートを管理するようになったのは、父親から2007年頃にアパートを引き継いでからになりますからもう10年ほど経ちます。管理を始めて2年経った冬頃に、ある部屋の居住者が病気で亡くなられていました。その際には警察を呼んで特殊清掃業者を派遣したり、もうてんてこ舞いでしたよ」

 瀬川さんのアパートでは、過去に居住者が病死していた部屋があった。特殊清掃業者を派遣し、今では居住に問題ない状態だという。後処理もスムーズに終わり、新たな居住者も見つかった。だが、その居住者が2年程で退去してからというもの、その部屋に新たな入居希望者が現れることはなかったのだ。

「ウチは中古ながらも立地は駅近で、近くにコンビニや商業施設もあるんです。なので、入居希望者は少なくないんですがその“病死”が発見された屋号だけは入居者が決まらないんです。おかしいなーと思っていたら、アパートの管理会社の人間から電話がかかってきまして、『○○室が事故物件サイトに掲載されています』と連絡が入ったんです」

 瀬川さんが聞かされたサイトを確認すると、自殺や事件ではなかったにも関わらず、管理しているアパートに事故物件の目印となるマークが付けられていたのだった……。

◆「家賃を下げないと、入居者が付かないかもしれません」

 ネットに所有アパートが事故物件として掲載されているという事実を確認した瀬川さんは途方に暮れた。

「たまったもんじゃないですよ、ウチが事故物件だなんて。だれの情報なのかわかりませんが、あの部屋で起きたのは殺人事件や自殺等ではなく病死です。病死なんて、どこにでもあるでしょう。管理会社の人間からは、他よりも貸し賃を下げないと入居希望者が現れないかもしれないと言われました。こんなことがあっていいんでしょうか……」

 瀬川さんは即刻、サイト側に異議申し立てと掲載情報の削除申請を行ったが、いまだに音沙汰はないという。サイトには、「誤った情報以外削除はしない」と明記されていた。

「どうにかサイトの主と連絡をとろうにも、なんのレスポンスもないんです。しかもそのサイトは、事故物件であるという書き込みを誰でも投稿ができるシステムらしいんです。そんなネットの匿名掲示板のようなサイトのせいで、こんなにも被害を受けなきゃならないなんて悔しくてたまりません」

 今でも、その部屋に入居者はいない--。

 たしかに、部屋で人が死んでしまったことは事実だ。しかし、単独世帯が増えていると言われる昨今、高齢者の孤独死や人知れず自室で病死してしまうケースも増えていくはずだ。そんな中、一度でも“事故物件”という情報が拡散されてしまえば、そのイメージを払拭することは難しいのかもしれない。とはいえ、瀬川さんは今後もサイト側への削除申請を続けていく所存だという。

 ネットやテレビ番組でも事故物件が注目を集めるようになって久しいが、その裏には大家側の悩みもあるということだ。
コメント