縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

「国民的美少女」工藤綾乃、22歳で酒におぼれるワケは…

2018-11-16 16:17:20 | 芸能・スポーツ
「国民的美少女」工藤綾乃、22歳で酒におぼれるワケは…



2018年11月16日 8時57分

スポニチアネックス

 09年の全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した女優・工藤綾乃(22)が15日放送のフジテレビ「アウト×デラックス」(木曜後11・00)にゲスト出演。「国民的美少女っていう肩書がちょっとストレスで」と酒におぼれていることを告白した。

 今年のプロ野球の公式戦で国歌独唱した際には、球場アナウンスで「本日、国歌独唱をしていただくのは第12回全日本国民的美少女コンテストにて史上初めてグランプリ及びモデル部門賞をダブル受賞した」と紹介されたといい「毎回毎回、仕事のたびに肩書があるんですよ」とため息。お笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之(47)が「その肩書がとれるくらいの代表作、それが先に来てほしいってことか」と話すと、「国民的美少女コンテストって大きすぎるので、自分の実力が全然見合ってないので」と力なく答えた。

 全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した当初は多くの仕事があったが、次第に仕事が減少。「今、全然仕事がないってことは、チャンスを与えてもらっていたのに、つかみきれていなかった自分が…。ストレス(のはけ口)が分からなくなっちゃって」と酒に走った理由を告白した。

 番組では、休日に居酒屋でウーロン杯を13杯飲む姿を紹介。酒を「その日を何事もなかったかのように終わらせてくれる相手」という工藤に対し、MCのマツコ・デラックス(46)は「あなた覚悟ができてないわ。女優として絶対に成功してやるっていうのがあったら変わると思う」とアドバイス。工藤が「おっしゃる通りなのかなって思う」と涙を流す場面もあった。
コメント

『相棒』の強烈すぎるキャラ“シャブ山シャブ子”にネット騒然「トラウマになる…」

2018-11-08 12:23:17 | 芸能・スポーツ
『相棒』の強烈すぎるキャラ“シャブ山シャブ子”にネット騒然「トラウマになる…」


2018年11月8日 12時3分

オリコン

 7日放送のテレビ朝日系ドラマ『相棒 Season17』の4話で、“シャブ山シャブ子”という強烈すぎる名前のキャラクターが登場し、「演技が怖すぎて話の内容が全く入ってこない!」「これはトラウマになる…」とネット上が騒然とした。トレンドワードにも入り、現在も話題となっている。


 シャブ山シャブ子が登場したのは、番組終盤。名前の通り覚醒剤中毒者で、日中の公園で電話している生活安全部の刑事・百田(長谷川公彦)にフラフラと近づいてきて、右手に持っていたハンマーでいきなり百田を襲撃する。何度も殴って百田を殺した直後、発狂したように「ワハハ!」と奇声を発しながらうろついた。

 次は取調室でのシーンとなるが、名前を聞かれると「シャブ山シャブ子です!17歳です!」と回答。出演はここまでで時間にしてわずか1分ほどだったが、強烈なルックスと暴行シーンの怪演、そしてインパクトの強すぎる名前で視聴者の心に大きな印象を残した。

 放送直後から「ジャブ山シャブ子死ぬほど怖かった…」「シャブ山シャブ子のせいで最後のほう全然頭に入ってこなかった」「出演自体は1分くらいなのに、絶対に忘れられない」など反響が続々。トレンドワードの上位にも入り、角田課長役で出演する山西惇も「シャブ山シャブ子、トレンド入り!?」とつぶやくなど、大きな盛り上がりを見せている。

 なお、シャブ山シャブ子こと西田信子を演じたのは、女優の江藤あや。自身のTwitterで反響をリツイートしている。

オリコン
コメント

カトパンは“埼玉出身”隠してる? 若槻千夏が指摘

2018-11-08 12:22:21 | 芸能・スポーツ
カトパンは“埼玉出身”隠してる? 若槻千夏が指摘



2018年11月8日 10時51分

ナリナリドットコム

タレントの若槻千夏(34歳)が、11月7日に放送されたバラエティ番組「ホンマでっか!? TV」(フジテレビ系)に出演。“埼玉県出身者は自分の出身をあまり言わない”というテーマで、番組アシスタントの加藤綾子(33歳)に対し、「加藤さんも隠してますよね!?」とツッコむ一幕があった。

この日のテーマ“埼玉県出身者は自分の出身をあまり言わない”では、ダンカンや菅野美穂、そして番組MCの明石家さんまの元妻・大竹しのぶも埼玉県出身でありながら、あまり出身については言わないという話が出る。

さんまは「東京出身のフリしてますよ、うちの前の奥さんは。ほんで寝てるときに突然起きて、『私フランス人かもしれない』とか言うんですよ」といったエピソードを披露。

ここで若槻が「それで言うと、加藤(綾子)さんも隠してますよね? っていう話なんですよ」と、番組アシスタントの加藤に対してツッコミ。加藤は「隠してないですよ!」と否定するが、若槻は「加藤さんが住んでいらっしゃる三郷市って東京にめちゃめちゃ近いんですよ。なのでそこのヘリ側に住んでる人たちは全員東京出身ぶるんですよ」と語り、加藤を苦笑させた。

そして若槻は「だから加藤さんも今日東京寄りの服着てる。私が加藤さんだったら今日アイラブ埼玉Tシャツ着てますよ。さっき楽屋でいっぱい話したじゃないですか。なんで盛り上げないんですか?」と話すと、加藤は「盛り上げてますよ、盛り上げてますけど…」と若槻の押しにたじろいでいた。
コメント

希林さん 娘・也哉子を社長にした理由は夫・裕也への遺産「対策」…TVで

2018-10-07 06:50:17 | 芸能・スポーツ
希林さん 娘・也哉子を社長にした理由は夫・裕也への遺産「対策」…TVで



2018年10月6日 16時43分

デイリースポーツ

 9月15日に亡くなった女優・樹木希林さん(享年75)が出演したドキュメンタリー「樹木希林の居酒屋ばぁば」が6日、カンテレ(関西テレビ)で追悼番組として再放送された。

 希林さんは、名古屋近郊の高蔵寺ニュータウンに暮らす高齢夫婦の日常を取材した東海テレビ製作のドキュメンタリー「人生フルーツ」のナレーションを担当しており、「-居酒屋ばぁば」は主人公である津端英子さんとの対談を収めたもの。17年に放送され、希林さんからの珠玉のメッセージが散りばめられている。

 希林さんはマネージャーをつけず、仕事の依頼などにもすべて自身で対応。その個人事務所についても「私はね、全部自分一人での会社(やってるの)。そこに仕事入れて、月々給料もらってる。随分前から、娘を社長にしてるの」と1人娘の内田也哉子に社長の肩書きを任せていることを明かしていた。

 その理由についても「そうすると、私が死んでも、そこの会社の収入は夫(内田裕也)にいかない、と思ってね。じゃないと半分は(遺産相続で)夫にいっちゃうから。夫に(お金が)いくとね、一晩で使っちゃうような人だからね」。

 さらに40年以上別居している夫・裕也からは「お前な、ハンコの置き場所は大丈夫か」と聞かれ、「あたしの(お金を)持って行くつもりなの?!」と聞き返したエピソードも笑いながら披露し、「もう随分前から(遺産の)対策を。いつ死んでも…」と2004年に乳がんを患って以降は、残された家族のために、“終活”をしていることを明かしていた。
コメント

サッカー試合中に前歯2本折る重傷神戸・須磨学園高が被害届

2018-10-06 13:24:53 | 芸能・スポーツ
サッカー試合中に前歯2本折る重傷神戸・須磨学園高が被害届



2018年10月5日 21時22分

産経新聞

 須磨学園高校(神戸市須磨区)は5日、サッカーの公式戦の試合中に、2年の男子部員(16)が対戦相手の神港学園高校(同市中央区)の選手に顔を蹴られ前歯2本を折る重傷を負ったと発表した。

 須磨学園側は、兵庫県警神戸北署に傷害容疑で被害届を提出し、受理された。神港学園側は「故意ではなかった」と主張している。

 須磨側によると、両校は市サッカー協会主催の試合で9月29日に市内のグラウンドで対戦。けがをした男子部員は、プレー中に神港学園の選手に押し倒され足で顔を蹴られたという。保護者が動画を撮影しており、須磨側は「故意にけがをさせた」としている。

 一方、神港学園の増尾礼二校長は産経新聞の取材に「(神港学園の)生徒は一貫して故意ではないと言っている」と主張。5日に同市内で会見した須磨学園の西和彦学園長は「神港学園の対応はあまりに無責任で被害届もやむを得ない」と強調した。
コメント

大食いキャラ・水卜麻美アナ、NHKの食堂に大興奮「こんなメニューあるの!?」

2018-09-24 15:44:31 | 芸能・スポーツ
大食いキャラ・水卜麻美アナ、NHKの食堂に大興奮「こんなメニューあるの!?」



2018年9月24日 12時37分

RBB TODAY
 日本テレビの水卜麻美アナウンサーが24日、『スッキリ』(日本テレビ)に出演。NHKの食堂を訪れた際の興奮を語った。

 NHKと日本テレビの開局65周年を記念して22日に実施されたコラボデーに日本テレビのアナウンサーとして出演していた水卜アナ。

 番組の冒頭で水卜アナは「加藤さん、春菜さん、土曜日にNHKに乗り込んでまいりましたよ」と報告。NHKを訪れた感想を聞かれると「広いですね。(どこにいるか)分かんないので、言われるがままに動いたんですけども、1人だと一生出てこれないと思う」とNHKの広さに衝撃を受けた様子。

 さらに、2人から行くことをお勧めされていた食堂にも行ったことを明かし、「時間がなくて食べれはしなかったんですけど、全メニュー偵察はしてきました」と水卜アナ。「すごいですね。びっくりしました。こんなメニューあるの!?って。ご当地ラーメンとか丼とか、いろいろあって、『いいな、いいな、いいな』ってずっと言ってたんですけど、あんまり言いすぎると自分の会社に悪いなって思って」と興奮した様子で大食いキャラをさく裂させた。

RBB TODAY
コメント

脱税疑惑の女優ファン・ビンビンの失踪騒ぎ、中国当局が初めて言及「現在も調査中」―台湾メディア

2018-09-24 15:43:30 | 芸能・スポーツ
脱税疑惑の女優ファン・ビンビンの失踪騒ぎ、中国当局が初めて言及「現在も調査中」―台湾メディア



2018年9月24日 12時0分

Record China

2018年9月23日、脱税疑惑で社会の注目を集めるファン・ビンビン(范冰冰)について、中国当局が初めて言及。現在も調査中であることを示した。聯合報が伝えた。

「X-MEN:フューチャー&パスト」などハリウッド映画でも活躍する国際派女優のファン・ビンビンに、脱税疑惑が浮上したのは今年5月末のこと。二重契約書による脱税があったとネット上で告発があり、それから間もなく姿を消したまま、すでに3カ月以上も行方不明状態となっている。

中国メディアはこのほど、「すでに調査が終了したが、自宅で軟禁状態にある」と報じていた。しかし今月22日、国家税務総局が「現在も調査中」と表明、ファン・ビンビンをめぐる一連の騒動の中で、中国当局が初めて言及した。

これとは別に、中国の経済誌・証券時報によると、江蘇省税務局は芸能界に関わる人々の納税問題について、「現在も調査中であり、具体的な結果は公告として告知する」と表明。同税務局は今年6月、二重契約書について調査中であることを明らかにし、中国メディアはファン・ビンビンを含む複数の芸能人の名前を報じていた。

ファン・ビンビンについては今後数年間の「封殺」など、連日さまざまなうわさが流れているため、1日も早い調査報告が待たれる状態となっている。
コメント

白鵬立ち合いに審判部長苦言、3度目成立に「いただけない」

2018-09-23 07:59:16 | 芸能・スポーツ
白鵬立ち合いに審判部長苦言、3度目成立に「いただけない」



2018年9月23日 7時0分

スポニチアネックス
 ◇大相撲秋場所14日目 ○白鵬―豪栄道●(2018年9月22日 両国国技館)

 白鵬の立ち合いに阿武松審判部長(元関脇・益荒雄)が苦言を呈した。最初の立ち合いで先に立ち、2度目に待った。3度目で成立したが「あの待ったはちょっといただけない。これだけの優勝を重ねている横綱ですから、きちっと合わせることはできたはず」と注文した。

 一方で相撲内容については「さすが」と評価した。また、八角理事長(元横綱・北勝海)は「たいしたもんです。休場明けで不安もあったと思うが、だんだん気持ちが乗っていった」と話した。

スポニチアネックス
コメント

「池上彰MeToo炎上」専門家は使い捨て、テレビの軽さに潜むリスク

2018-09-23 07:57:15 | 芸能・スポーツ
「池上彰MeToo炎上」専門家は使い捨て、テレビの軽さに潜むリスク



2018年9月19日 6時9分

iRONNA


 ジャーナリストの池上彰氏が司会を務める番組について、インターネットを中心に批判が相次いでいる。きっかけは、徳島文理大教授で評論家の八幡和郎氏によるフェイスブックでの投稿だ。

 八幡氏は池上氏の番組制作スタッフから、八幡氏の意見を池上氏のものとして番組で利用したいという申し出があったことを明かした。八幡氏はその申し出を断ったという。この八幡発言をきっかけにして、ネット上で似た経験のある著名な識者たちが続出し、ユーチューバーで政治活動家のKAZUYA氏によれば「謎のMeToo(ミートゥー)運動」が発生した。

 池上氏はメディアの取材に対し、「特定の先生が言ったことを自分の意見として言うことはありえない」と全面否定したという。

 実は、筆者も2012年初頭、池上氏がメーンキャスターを務めた番組に関わったことがある。そのときの不満も、当時の筆者のツイッターに記録されている。いわば「プレ池上番組MeToo」といえる一人だ。

 ただ、八幡氏や他の識者たちの経験とはかなり異なる。そのときの経緯をざっとまとめると、次のようになる。

 番組では東日本大震災の復興需要や欧州の経済危機など、当時の経済問題が話題になった。特に復興需要関連のパートで、番組制作の助言者となった。ただし、筆者のクレジットを表記しないということは、制作スタッフから事前に告げられていた。

2015年10月、著書『池上彰のそこが知りたい!ロシア』刊行イベントを行った池上彰氏

 助言者を引き受けた筆者は、台本を事前に受け取り、それをチェックしていくのだが、残念なことにスタッフの経済に関する知識にひどい偏りがあった。これが大きな摩擦となった。そこで、スタッフと話し合いの機会を設け、筆者の不満をぶつけた上で、このままでは番組の助言者を降りるということを告げた。

 ただ、話し合いのおかげでスタッフとの考えの齟齬(そご)がかなり埋まり、筆者は番組への助言を続けることにした。結果として、復興需要関連で、緊縮財政批判や積極財政や金融緩和の話を番組の中に盛り込むことにつながった。

 当時の日本は民主党政権の下で、アベノミクスの「ア」の字の可能性もなく、デフレは深まっていった。しかも、政策の関心といえば、復興増税、そして消費増税という緊縮政策ばかりだった。

 この中で、リフレ的な主張を、人気のある池上氏の番組で放送できることは、筆者のクレジットや報酬を度外視しても最優先で行う必要があるように思えた。結果、放送された番組は、制作スタッフとの齟齬を乗り越えた、それなりにましな内容になったと思う。

 ただ、後から考えても、この番組の制作スタッフの専門的な知識に対する軽い扱いは、後々も嫌な思いとして残った。筆者が強く主張しなければ、いったいどんな番組になってしまったのだろうか。

 今回の池上番組MeToo運動においても、識者たちが自分たちの専門的知見を都合のいいように番組スタッフに利用されているという強い批判は、このときに筆者が感じた番組スタッフの「軽さ」につながるものだろう。

 その後、筆者は扱いにくいと思われたのか、この番組とはそれっきりである。ただこの前後で、筆者と似た主張を持つ経済学者やエコノミストたちにも、別の放送内容について依頼がなされていたという。そして、そのたびに何か摩擦めいたことを起こしたとも聞く。さらにここが肝心だが、それ1回きりの付き合いが定番のようである。

2016年7月、テレビ東京系「池上彰の参院選ライブ」に出演するジャーナリストの池上彰氏(中央)ら

 つまり、われわれ専門家はただの「使い捨てツール」でしかない。まさに、専門知を軽んじる態度である。

 嘉悦大教授の高橋洋一氏は、池上氏の番組の問題について、専門家の知見を利用した旨のクレジットを入れることを提案している。それはある意味正しいだろう。

 ただ、以前、池上氏の番組とは別のワイドショーに出演したとき、事前の確認なくスタジオに流された映像資料に「田中秀臣氏による」というクレジットが出された。ところが、筆者はそんなことに全く関与していなかった。たまたまスタジオにいたので、その場で「僕が調べたのではなく、番組のスタッフが調べたもの」と急ぎ訂正したことがある。

 これは恐ろしいことだな、と思った。自分の関与していないものにクレジットを付されて、それが広範囲に放送されてしまう。その場で訂正できたからいいようなものを、これができなかったらどんなことになっていただろうか。

 だから、クレジットをつけることも一案だが、筆者のようなケースもあることは注意を促したい。つまりは、テレビの番組制作において、現場ベースではかなりずさんな実態があるのではないか。

 例えば、今回の運動も、番組スタッフだけではなく、番組の中心である池上氏本人がスタッフや専門家とともに一緒に議論する時間を設けたら違う展開にもなるだろう。また助言を求める専門家を使い捨てのように毎回代えるのではなく、長期的な助言者として参画させるのも一案ではないか。

 そんなに手間暇をかけられない、というのであれば、今回のようなMeToo運動に似た社会的問題が繰り返されるだろう。それが番組のリスクとして顕在化すれば、手間暇かけるコストなど問題にならなくなる可能性さえも出てくるのではないか。

 ちなみに、池上氏自身の経済観、特に日本銀行の金融政策の考え方については、批判すべき点もある。一例だが、彼の『改訂新版 日銀を知れば経済がわかる』(平凡社新書)には注文をつけたい、いや全力で批判したい箇所がかなりある。

 例えば、日銀の出口政策のとらえ方を、国債暴落といったあまりにも安易なあおりに結び付けている点などだ。ただ、池上氏の番組と大きく異なるのは、本書にはきちんと主要参考文献が付されていることだ。つまり、クレジットが明記されているのである。

 ただ、池上氏の他の膨大な書籍を検証することはできていない。だが、少なくとも池上氏の番組を批判することと、池上氏の考えとの関係をどう見るか、そこは慎重に区別し、その上で議論していく必要があるだろう。
コメント

女子アナが泥から出られない「北海道大地震」液状化の恐怖

2018-09-15 13:40:41 | 芸能・スポーツ
女子アナが泥から出られない「北海道大地震」液状化の恐怖



2018年9月14日 21時0分

Smart FLASH

 9月10日、北海道テレビ放送は公式サイトで、こんな「お詫び」文を掲載した。

《このたびの地震の報道活動の中で、9月6日(木)当社のスタッフ2名が札幌市清田区での取材中、誤って液状化した泥に足を取られ、身動きが取れなくなり、消防に救助される事態となりました。

【関連記事:税金滞納で…ももクロ・百田の自宅が差押さえられていた】

 救助にご協力いただいた住民の皆様と消防をはじめ関係機関に心からお礼申し上げます。本来の活動に支障を生じさせてしまいましたことについて深く反省いたしますとともに、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます》

 お詫び文にあったスタッフ2名とは、同社所属の土屋まりアナ(25)と報道部員だった。現場でいったい何があったのか。その一部始終を見ていた地元在住のフリーライターが証言する。

「地震のあった当日、被害が大きかった清田区で取材をしていたところ、この現場に遭遇したんです。私が見たときには、女性が一人腰の部分まで埋まっていた。液状化現象が出ている住宅街で、噴き出した泥が道路を覆っていた場所です」

 ライターが現場に着いたとき、すでに土屋アナは埋まっている状態だったという。

 札幌市清田区の現場付近は、市内で最も被害が大きかった場所。9月6日の未明に地震が起きた後、報道陣は一斉に現場に入り、中継などをしていた。

「最初は近所の住民が何人も助けに来ました。手にはスコップやショベルを持って集まった。ところが、あたり一帯が液状化しているので、埋まっている土屋アナの近くに行って、泥をかき出すことができない。

 一緒に埋まった男性のスタッフは、自力で抜け出したようで、土屋アナに『頑張れ』と声を掛けていました。住民の一人は消防に救助を求めて連絡をしていました。ところが、実際に消防が駆け付けたのは、電話してから1時間半も経過してからでした。

 当日は天気がよかったこともあり、救急が到着する間に液状化した泥がどんどん固まっていったんです。まるで石のように固くなっていた。写真では埋まった土屋アナのすぐ隣に救急隊員が立っていますが、それは泥が乾燥して固くなり、立つことができたからなんです。

 救急隊員は梯子を横に寝かせて足場を作り、少しずつ彼女を引き上げようとしていました。でもなかなか引き上げることができない。周りにいる住民たちも、心配そうに救助劇を見つめ『頑張って』と声をかけていました」

 付近の住民らが見守るなか、土屋アナらを救い出す作業が続いたが、液状化した泥に埋まると身動きできなくなることがわかる。

「ようやく救助できたのは夕方の5時半ごろ。彼女が埋まってからじつに6時間半もかかって救出できたんです。住民らは一斉に拍手を送り、救出できてよかったと口々に言っていました。

 現場は安堵した雰囲気に包まれていました。でも、6時間以上も泥に埋まった彼女は、体力を消耗したようで、ぐったりとしていました。救急隊員に背負われて運ばれていきました」

 泥に埋もれた女子アナは、現場の様子を伝えようと必死だった。にもかかわらず、ネットでは非難が殺到したという。現場を見たライターはこう思ったという。

「北海道テレビ放送は謝罪文を出しましたが、取材中の不慮の出来事です。『マスコミはどうしようもない』、なんて言われるのは、あまりにもかわいそうです」

 本誌も北海道入りし、現場となった札幌市清田区も取材した。地震の影響で、道路が大きく陥没し、今にも倒れそうな住宅を何軒も見た。住民たちの不安な日々は、まだ続いている。
コメント