そぶえ元希 通信 

 日本共産党 足立地区副委員長・准中央委員 ★ 日々の活動や思いをつづります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鈴木けんいち区議と「まちかど演説」&台風17号がせまる中の訪問行動

2012年09月30日 | 活動報告

29日(土)は鈴木けんいち区議と「まちかど演説

台風が迫っている影響か、蒸し暑さを感じましたが、力いっぱい訴えました。

スーパー前や商店街、団地前など、鈴木けんいち区議の地域を時間の限り、めいっぱいまわりました。

地域後援会の方が同乗していただき、チラシ配布を手伝ってくれました

尖閣諸島などの領土問題解決への関心高く、多くの方がビラを受け取ってくれたり、立ち止まって耳を傾けて頂く方がいました。

本当にありがとうございました

鈴木けんいち区議は前日まで、足立区長に提出する予算要望書作成等の議会活動で大奮闘。

ひと段落して、晴れ晴れとした気持ちで演説できたそうです

まちかど演説」終了後は、自転車で東和地域へ向かい訪問行動。

その後、急いで事務所に戻り、「あだち若者トークカフェ」へ向けての準備と本番と、かなりバタバタしてしまいました

初めての取り組みで手探り状態でしたが、「あだち若者トークカフェ」も無事成功しました(詳細は、また別に報告します)

 

そして30日も訪問行動などで足立区内を駆け巡ります

台風17号が迫るなか、徐々に天候も変化していきました。

午前中の鈴木けんいち区議との行動では、夏のような快晴・暑さ

午後の竹ノ塚北支部の方との行動では、徐々に雲が空を覆ってきます。

そして、夕方から、千住桜木地域での大島よしえ都議と西の原えみ子区議予定候補との行動では、いよいよ風が強くなり、雨もパラパラと。

暴風圏に入る前に私たちの訪問行動は終わりましたが、全国各地で大きな被害を出している台風17号。

被害が大きくならないことを心より願います。

 

 

 

 

 

 

コメント

吉良よし子参院予定候補&池内さおり12区予定候補と30代トリオで旋風!

2012年09月28日 | 活動報告

28日夕方、午後4時~5時で北千住駅西口デッキ上で日本共産党街頭演説を行いました

弁士は、吉良よし子参院東京選挙区予定候補、池内さおり衆院東京12区予定候補の30歳コンビと、

37歳の私、そぶえ元希でした。

若干、私が年齢を引き上げましたが、吉良さん、池内さんともに9月に30歳になったばかり。

30代トリオがそろって訴えると、アピール力抜群です

若い世代の方はじめ、多くの方々がチラシを受け取ってくれ、注目を集めました

高校生からも何人からも「頑張ってください~」と声援をいただきました

私は司会を兼ねながら、消費税問題と明日行われる「あだち若者トークカフェ」について訴えました

 

池内さおりさんは、原発問題での党の提言を中心に鋭く訴えます

 

吉良よし子さんは、米軍のオスプレイ配備や尖閣諸島などの領土問題について説得力ある訴えをします

 

最後に、来るべき総選挙では、北区・足立区西部の12区から池内さおりさんを、足立区中部・東部の13区から、わたくしそぶえ元希を、

来年の夏行われる参院選挙では東京選挙区から吉良よし子さんを、何としても国政に押し上げていただくことをお願いしました

若い力で、共産党の旋風を巻き起こしていきたいと思います

 

その後、吉良よし子さんと池内さおりさんは首相官邸前行動に向ったようです

私は、亀有駅北口はたの昭彦区議とともに夕方宣伝に合流しました

消費税増税、尖閣諸島など領土問題、原発再稼動…など、約50分間、たっぷりの時間を使って、縦横に訴えさせていただきました

ここでも、多くの方が、「しんぶん赤旗」の見本紙やチラシを受け取ってくれます

立ち止まってじっと聞いてくださる方や、領土問題を訴えていると引き返してビラを受け取ってくれるなど、関心の高さを実感します。

党の主張・政策を広く、訴えるために全力で頑張ります

 

 

 

コメント

「まちかど演説」&「つどい」&訪問行動で、領土問題解決の展望を広く、大きく!

2012年09月26日 | 活動報告

今日は午前中、はたの昭彦区議と中川地域、大谷田地域を「まちかど演説」に取り組みました。

秋晴れの清々しい天気の中、気持ちよく訴えることができました

移動距離が長いため、いつもより演説ヵ所が1つ少なくなりました。しかしその分、演説時間を少し長くすることが出来ました

消費税問題尖閣諸島など領土問題の2つのテーマで訴えます。

「まちかど演説」の折り込みしたチラシを見て、聞きに集まっていただいた方々、ありがとうございました

 

午後は、西の原えみ子区議予定候補と行動です

千住桜木地域で「つどい」を開催。西の原さんと一緒に参加しました

西の原さんは、昨日の東京都議会・大島よしえ都議の代表質問について報告

石原慎太郎都知事が「高齢者は高福祉低負担」と実態を無視した発言の様子が、西の原さんのブログで紹介されています。(http://blog.goo.ne.jp/nishinohara39/e/346468f9c81b86d7f511467e0f09b49c

私は、自己紹介とともに「財界・大企業優先」と「アメリカいいなり」政治のゆがみや、消費税増税や領土問題などを語らせていただきました。

 

毎日病院に通っているが、東武線・堀切駅の階段が急で怖い。北千住駅から堀切駅へコミュニティバスを走らせてほしい」(女性)などの地域の要望や、

以前、丸の内の大手企業の子会社で働いていた」という60代の男性は、職場内いじめで退職に追い込む手口や派遣労働者にはほんの一部に正社員化のエサをつら下げて競わせるなどの実態を話し、「財界・大企業だけが儲ける本当にひどい社会だ」と思いを語っていただきました。

尖閣諸島の領土問題の党の見解にも、みなさん「よくわかった。すっきりした」と共感していただき、とても有意義な「つどい」となりました

夕方からは梅島地域で、訪問行動。

かねてから、「ぜひ、党の仲間になって力を貸してほしい」とお誘いをしていた60代の男性を、西の原さんと地元支部の方で訪問しました。

昔、マルクス経済学の先生と親交があった方で、部屋には「資本論」などの文献がズラリと並んでいます。

大企業の内部留保の増大や貧困と格差をどう解消していくのか、

剰余価値や社会主義・共産主義論まで話しこんでいると、「これ、書いておいたから」と、お渡していた入党申込用紙を渡してくれました

 

選挙で勝ち抜くためにも、大きな党をつくるため、「大運動」目標総達成へ頑張ります 

 

 

コメント

歴史的事実と道理にたった解決策の提案に大反響!

2012年09月25日 | 活動報告

昨日は、宣伝・会議・宣伝・会議の1日でした。

24日朝は、ぬかが和子区議と西新井駅西口で宣伝です

いま、大好評の尖閣諸島・竹島・全千島の領土問題について解決の提案をしめした「しんぶん赤旗号外」を掲げながら、

20日に志位和夫委員長が、藤村官房長官へ申し入れを行った「外交交渉による尖閣諸島問題の解決を

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-21/2012092103_01_1.html)の中身を訴えました

この問題を訴えると、反響が大きく、ビラも次々と受け取られます

大学生らしき若い女性の方も、階段から引き返してきて、「そのチラシ、ください」と受け取っていただけました

多くの方が、日本と中国の両国の対立と緊張が深刻になり、心を痛めています。

 

日本への批判を暴力で表す行動は、いかなる理由であれ許されるものではありません

同時に、日中双方が、物理的対応の強化や軍事的対応論は厳に慎み、外交交渉による問題の解決を図ることが必要です。

いま行われている自民党総裁選(26日投開票)では、5氏そろって、軍事的対応論を全面に押し出し、

9月19日付「朝日新聞」には、「5氏タカ派前面」、「防衛力強化や集団的自衛権の行使容認など『タカ派路線』全開だ」と指摘されています。

領土問題は、歴史の事実と国際法の道理にたって、理詰めでやらないと絶対に解決できません。

感情論や軍事的対応では、問題をこじらせるだけです。

民主党政権もそうですが、過去・歴代の自民党政権も尖閣諸島の領有の正当性を主張してこなかった、その反省がまったくなく、

軍事的対応論しか言えない、この「外交力」のなさに、あきれてしまいます。

 

日本共産党は、尖閣諸島の歴史的経過や日清戦争の講和条約(下関条約)に関するすべての記録を調べた上で、

尖閣諸島は侵略や領土拡張主義によって奪ったものではなく、日本の領有は歴史的にも、国際法上も正当であることを明らかにしています。

この解明はいま、各方面で話題になっています。9月24日付の「日刊スポーツ」の「政界地獄耳」というコラムでは、

政府よりも外務省よりもどの党よりも明確に指摘している」、と評価しています。

平和的に解決してほしい…。この国民の願いに応えて、領土問題の解決策を訴えて、広げていきたいと思います 

 

夕方は、北千住駅西口浅子けい子区議と地元後援会の皆さんと一緒に、宣伝行動

駅一帯に訴えが広がりますデッキ上からも、「頑張れ~」と声援がかかり、ここでもチラシはよく受け取られます

途中、にわか雨にも降られましたが、尖閣諸島や消費税問題で訴えました

 

後半部分では、消費税増税阻止各界連のみなさんも合流して宣伝に。

ここでも国民運動を大きく広げ、消費税増税を実施させないために全力で頑張りたいと思います

 

コメント

いよいよ迫ってきました、あだち若者トークカフェ

2012年09月23日 | あだち若者トークカフェ

今日は、雨にも負けず、柳原地域・南花畑地域・西伊興地域を訪問で歩きました。

時折、強く振る雨ですが、訪問先では「こんな雨の中、ご苦労様ですね」と激励されます

本当にいまの政治はひどすぎるね~」、「息子の勤め先がつぶれちゃった」など切実な声がどのお宅でも寄せられます。

1人1人との出会いを大切に、頑張っていきたいと思います。

 

 

ところで、いよいよ。9月29日(土)に行われる「あだち若者トークカフェ」が迫ってきました。

いま、企画に向けての準備を着々とすすめています

連日、実行委員の方と一緒に、参加をお誘いしたい青年の方々に電話をかけて企画の中身を紹介しお誘いしています。

電話口で初めて対話する青年もいますが、どの方も快く話を聞いてくれます。

2つの質問で、みなさんの声を集めています

 いま、頑張っていることは何ですか?

 政治や社会で気になることは何ですか?

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

では、皆さん、「仕事」、「学業」など、それぞれやりがいを持って、頑張っている様子を教えてくれます。

給与を上げること」と答えてくれた人もいました。

基本給が低い。歩合制で月12~13万円。親元で住み、1人暮らしでないから生活はできるけど、貯金はできないし、将来を考えると不安」といいます。

就職活動」と答えてくれた人は「書類選考で落とされる。20社受けても決まらない」と切実な実態が語られます。

「音楽活動」や「趣味」などみなさん、多彩な分野で頑張っていましたが、低い賃金や休みが取れないなど、日本社会のゆがみが感じられます。

 

では、多いのが「尖閣諸島・領土問題」と「消費税」でした。

自民党総裁選」や「財政危機をどうするのか?」と回答する人や、「今の政治は終っている。期待することは何もない」と言う人もいます。

消費税については、「生活必需品が値上げされるのはイヤ」、「消費税が上がったら、業者が廃業になる」など、生活や営業に大きな負担がかぶさってくることに不安が出されます。

「尖閣諸島・領土問題」は、テレビでも連日報道されているので、青年の関心も高くあります。

対話になった場合、ニコニコ動画での志位委員長の発言の中身を紹介しています

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-23/2012092304_01_0.html)。

 

突然の電話にもかかわらず、多くの方が、政治や社会への思いを語っていただけました。

当日は、みんなで思いを語り合い、日本のこれからについて考えたいと思います。

ぜひ、ご参加ください

 

 

 

 

コメント