そぶえ元希 通信 

 日本共産党 足立地区副委員長・准中央委員 ★ 日々の活動や思いをつづります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3か月が過ぎました♪

2013年11月21日 | 日記

我が家のアイドルも、産まれて3か月が過ぎました。

顔を合わせるとニコっと笑う様子に心を奪われてしまいます。

ここ最近、夜の会議が続き、帰ったら寝ている姿が多かったのですが、

数日の間で、キャッキャとあげる声の大きさが確実に大きく、そして、意思をもって音を出そうとしている姿に成長を実感しました。

 

最近の写真をいつくか、ご紹介です

妻の職場の同僚に、カメラに詳しい方がいて、その方のアドバイスで中古ですが一眼デジカメがやってきました。

道具の力が大きく左右するのか、被写体がかわいいのか、写真がうまくなったような気がします

満面の笑みに心が癒されます。

 そろそろ、産まれてから100日目を迎えます。

「お食い初め」です。

コメント

第9回中央委員会総会 ~「大運動」目標総達成へ決意新たに!~

2013年11月13日 | 活動報告

12日、13日の日程で開催された「第9回中央委員会総会」が終わりました。

第26回党大会決議案と9中総決議案が全会一致で採択され、

来年1月15日~18日で招集される「第26回党大会」に向けて、すべての党支部が大会決議案を討議して英知を結集して練り上げながら、大運動目標総達成の「特別期間」の成功へ全力で取り組んでいきます

 

決議案では、冒頭で「日本の情勢が、『自共対決』時代の本格的な始まりというべき新たな時期を迎えている」と示し、

「これまでにない、新しい特徴」について解明されています。

日本経済全体の停滞・縮小や米軍基地問題の矛盾が限界点をこえるとともに、日本の経済主権・食料主権が根底から破壊される危機など、

アメリカ言いなりと極端な大企業中心主義を特徴とした自民党政治が、行き詰まりを深刻にし、崩壊的危機に陥っています。

日本社会は、60年余り続いた自民党型政治の総決算が求められる時期を迎えている

安倍政権があらゆる分野で暴走を開始している中、古い自民党型政治の継続か、その根本的転換か、2つの道の対決がこんなに鋭く問われているときはありません。

そのことが、志位委員長の報告でも、全国各地の中央役員の発言でも、深められ、確信になりました。

「対決」・「対案」・「共同」-----この3つの姿勢を堅持して、日本共産党は奮闘します

 

世界情勢論や統一戦線論、社会主義論など、今回の決議案は広範な国民の疑問にも答え、共感してもらえる中身を持っています。

党内での討議でも政治的、綱領的確信が深まり、「大運動」を加速・発展させる力になることは、間違いありません

「第3の躍進」を一過性のものに終わらせず、本格的な流れに発展させるために、強く大きな党をつくる「大運動」の成功へ、

この決議案を討議し、すべての支部と党員の運動に発展させるために、決意も新たにしました

 

今度の土曜日には、足立地区党で「9中総報告会」を開きますので、自分自身が決議案と9中総決定の感動を生き生きと語れるように、

実践しつつ、よく学び、身につけたいと思います。

コメント

「議案提案権、得たんだってね!」、「もう共産党しかない」…10月党勢拡大へ奔走しました。

2013年11月01日 | 活動報告

今日から11月になりました。

11月は11月12~13日の日程で第9回中央委員会総会が開催され、来年1月の第26回党大会決議案が発表されます。

消費税増税、秘密保護法、原発、TPP…あらゆる分野で国民のくらしと生活を深刻な事態に陥らせようとしている安倍政権の暴走に、正面から立ち向かう日本共産党のがんばり時の情勢です。

国民の期待にこたえる、政治的大激動を起していく必要があります。

そのためにも、党大会に向けて全党で取り組まれている、党勢拡大「大運動」を成功させていかなければなりません。

10月の党勢拡大の締めくくりとして、月末から今日にかけて、支部の皆さんとの行動で足立区内をまわり奔走しました。

秋の夕暮れ時の澄み切ったキレイな青空です(27日・日曜日)

 

荒川にかかる千住新橋からは、小雨の中、夕日が差し込み幻想的な風景です。(29日・火曜日)

 

各地をまわると、躍進した共産党への期待の声が次々に寄せられます。

先日は、区議事務所に突然、37歳の男性が「共産党に入党したい」と訪ねてきました。

原発ゼロ集会で志位委員長の話を聞き、「共産党に入って活動したい」との思いを強めてきたそうです。

日本共産党綱領を読み、「もう共産党しかない」と意を決した訪問でした。

 

今朝の足立区内の「読売新聞」と「朝日新聞」には、17議席に躍進した「日本共産党都議団報告」が折り込みされました。

今日の行動では「共産党はいま話題になっているね。議案提案権も得たんだってね。もっと大きくなってもらわないとね」との声も寄せられました。

現政権へ疑問抱き、事実が知りたい」と、足立区在住の方から党本部への「しんぶん赤旗」の購読申し込みも寄せられています。

 

安倍政権に唯一、立ち向かう日本共産党への期待の大きさを日々実感します。

国民の期待にこたえ、政治変革をおこすためにも、11月も支部のみなさんと力をあわせて取り組んでいきたいと思います。

コメント