そぶえ元希 通信 

 日本共産党 足立地区副委員長・准中央委員 ★ 日々の活動や思いをつづります

「教え子をふたたび戦場に送らない」…教職員の皆さんの固い決意語られた決起集会!

2016年05月22日 | 活動報告

20日、足立教職員後援会決起集会が行われました。

決起集会には、池内さおり衆院議員(東京12区予定候補)も駆けつけてくれ、東京12区で自公連合を打ち破って勝利するために奮闘する決意表明してくれました!

北海道から大分県と、全国各地で遊説にも参加する池内さおり衆院議員は各地で広がる野党共闘の広がりを紹介しながら、広範な有権者に日本共産党への信頼が広がっている状況を報告してくれました。

同時に、国会内でも民進党議員との共闘が広がっていることも紹介してくれました。

性暴力の被害根絶を追求した70分の内閣委員会での質問は、民進党が質問時間を10分間を分けてくれたことをはじめ、

政策的な一致点もどんどん広がっていることに、世論と運動の力で民進党内にも変化をつくりだしていることを実感しました。

 

私は地区委員会より、5中総の中身にもふれながら情勢報告を行い、参加者の皆さんとの交流、討論に参加しました。

参加者の方々からの発言では、戦争法廃止の2千万署名をはじめ、様々な要求運動に参加して情勢の変化をつくりだしてきた確信が口々に語られ、戦後最も深刻な権力者による政治破壊への道か、立憲主義・民主主義・平和主義の新しい政治かが問われる一大政治決戦に挑む決意が交流され、「ふたたび教え子を戦場に送らない」との教職員の熱い思いをひしひしと感じました。

 

同時に、管理強化や長時間労働、学力テストの押し付けなどの教育現場での深刻な実態も紹介されました。

ある教員の方は、授業の進度の遅れの背景に「学力テスト」の問題を指摘します。

「学力テスト」の評価に、「通過率」(テストの基準点が示され、それを上回った人が何人か、下回った人が何人か、という率で判断するそうです。)を用いるため、理解できなかった生徒の尻を叩くような教育になってしまうと訴えていました。

テストの点数をあげるために、過去問をといたり、くり返しテストをしたり…。

一人ひとりの生徒に寄り添った、ていねいな教育とは、大きくかけ離れており、『学級崩壊』も続発しているといいます。

 

生徒も教師も学力テストによる競争に追い立てられ、苦しめられている。

教育分野でも、自民党政治によるゆがみが深刻です。

そんな実態も変えていくチャンスが、今度の参院選。公示まであと1ヶ月。

野党共闘の勝利と日本共産党の躍進でこの現実を変えていくために、頑張りたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月3日憲法記念日宣伝!斉藤まりこ衆院13区予定候補も足立区内を駆ける!

2016年05月03日 | 活動報告

3月半ばの第二子出産から、4月10~11日の第五回中央委員会総会、4月22日区政報告・演説会に、月末の4月党勢拡大の大攻防と、日々が目まぐるしく過ぎていきます…

いよいよ参院選の公示まで2ヶ月をきり、参院選での勝利を正面に掲げながら、解散総選挙にも備え、諸課題を着実にすすめていきたいと思います。

さて、今日、5月3日憲法記念日。憲法集会(有明)には5万人が集まり、戦争法廃止の2千万署名は全国で1200万が集計されているとの報告があったようです。

足立地区委員会でも、毎年恒例の憲法記念日宣伝行動を、宣伝カーを運行し、区内3駅頭(北千住駅西口、綾瀬駅東口、竹ノ塚駅東口)にて行いました

 

私も、大島よしえ都議、斉藤まりこ13区予定候補、とともに各駅を回りました。

北千住駅西口では6人が弁士!

写真左から、ぬかが和子区議、西の原えみ子区議、斉藤まりこ衆院13区予定候補、浅子けい子区議、あさひ将地区青年雇用対策室長、大島よしえ都議です。

 

綾瀬駅東口では、はたの昭彦区議、鈴木けんいち区議も訴えます。

 

竹ノ塚駅東口では、針谷みきお区議、山中ちえ子区議も訴えます。

各弁士それぞれが自らの思いと照らし合わせつつ、憲法と政治について、そして来るべき参院選勝利への決意を聴衆に訴えました。

斉藤まりこ13区予定候補は、5歳の息子さんと南スーダンの少年兵の実態を重ねつつ憲法9条、戦争法廃止への思いを述べ、ブラック企業や過労死を生み出す「ルールなき資本主義」の日本を憲法を生かした政治への転換への決意に聴衆からは拍手が起こります。

認可保育園増設運動のパイオニア的存在の斉藤まりこさん。

何としても国会に送り出して、子育て世代の願い実現の先頭にたっていただきたいと、私も強く思いました

演説後には聴衆の方々と固い握手。斉藤まりこさんの右となりは、同じく子育て世代の山中ちえ子区議会議員。

区議会でも都議会でも国会でも、1人ひとりの声を取り上げて、その実現のために奮闘する議席が必要です。

みなさんと力を合わせて、当面する参院選での勝利に全力です

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加