こんにちは!山中ちえ子です

いのちが大切にされ、人間らしく働き、子育てできる社会を足立区から

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子どもの貧困対策と医療・介護の充実で質問!

2015年10月06日 | 子どもの貧困対策

9月25日足立区議会第3回定例会が開催されました。、29日、私は初めて一般質問を行いました。内容の概要を報告します。

区は今年を「子どもの貧困対策元年」と位置づけ全庁的な取り組みを開始しました。
 区の取り組みによってひとりでも多くの子どもたちの未来が開く事を願い質問します。
 貧困の連鎖を断ち切るためには、経済的な不安を取り除き安心して子育てができるようにするべきです。
 対策の基本方向について
/の保障学習権の保障9盥擦世韻任呂覆大学等の進学保障は働生活への連結施策
この4つの方向が必要と考えるがどうか。
 支援は要保護世帯のみならず働きながら子育てをしている低所得者層も対象に取り組リ組む必要があるがどうか。

子どもの貧困削減条例を提案


 以上の考え方を盛り込んで全国に先駆けて「子どもの貧困削減条例」をつくる考えはないか。
 答弁 四つの基本方向はどれも重要、生き抜く力を身に着けつける支援が重要。経済支援は国の仕事、と考えてる。区では考えてない。貧困削減条例の制定は考えてないが今、策定中の子どもの貧困対策実施計画に基づき切れ目のない対策を進めます。

給食の無料化など食の保障を提案 

ゝ訖費の無料化について
 子ども重視、貧困の連鎖を断ち切るというのであれば、真っ先に「子供たちの食の保障」が必要です。イギリスは2020年までに「貧困の子どもを根絶する」と宣誓し昼食だけにとどまらず「朝食クラブ」といって朝食の提供を小、中学校において登録制で行なっています。貧困対策という角度からも思い切って食の保障となる給食費の無料化を行い負担軽減を検討してはどうか 答弁 学校給食法で保護者負担が原則です。
△劼箸蠖得ぢ咾悗龍萋伴の支援として、親に対しての学業就労支援があるが保育園は入れず使えないケース多い。丁寧に対応するべきだがどうか    

答弁 保育園入所をひとり親指数加算で入りやすくしている。

給付制奨学金の創設など提案


9盥暫翅爐亮磴た討ひとり親となり困難な生活を送るケースも多い。暮らしに必要なだけの給付金の増額が必要だがどうか。答弁 事前相談の際に充分相談に応じている。増額は考えてない。
さ詆媽の奨学金制度を国に求めるとともに区独自でできる支援を行うべきだがどうか。答弁 支援策の充実がされているので給付制の奨学金制度は要望する考えはありません。
タ討関わる学習支援が学力向上に大変効果があるとの統計もあり、子育て中の労働者は夕方には仕事が終わる社会への法整備を求めるべきだがどうか。

答弁 国はフレックスタイムの導入、区はワークライフバランスの区内業者への波及に力入れていきます。 
 さらに子どもの生活の荒れに対して継続して寄り添えるか、必要に応じて関係機関と連携できる、スクールソーシャルワーカー(SSW)の役割が欠かせない。思い切った増員を考えるべきだがどうか。 

答弁:今、SSWは3人で7校を中心に活動中です。今年度の成果をみてから検討していきます。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

戦争法案ストップの声を足立区から!

2015年05月05日 | 日記

こんにちは!お元気にしてますか?山中ちえ子です!

皆さん、区議会議員選挙、区長選挙です!

今日の告示日から選挙本番、全力投球していきます!

さて、今、日本が戦争か平和かの別れ道にたってることご存知でしょうか?

自民党公明党が合意し安倍政権が強引に戦争法案を強引に今国会で提出し数の力で押し通そうとしています。

上智大学国際教養学部教授の中野晃一さん

「そもそも集団的自衛権の閣議決定も立憲主義否定、民主主義破壊の暴挙でしたが、安倍首相は米国でまだ閣議決定もされてない「戦争立法」の成立まで対外公約しました。これは沖縄基地問題と同様、粛々とやるから諦めろ!と反対運動に無力感を与える狙いがあります」。反対してる日本共産党はもちろん、他党も温度差はあれ慎重論や反対論ありあります。今、世論が野党の連帯と徹底審議を後押しし、「こんな重大な法案をとおしていいのか!」おうう議論が高まり、政権もぐらつかせるコトができる!とお話してます!

今、この5月の足立区議会選挙と区長選挙で審判下して世論はそんな法案許さないぞ、の声あげていきましょう!平和守る願い、憲法9条守れの願いは山中ちえ子へ託して下さい!(^^)/

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

こんにちは!お元気すか?山中ちえ子です(^_^)/

2015年05月05日 | 日記

緑ご豊かになる5月の爽やかな日々、お元気にお過ごしでしょうか?

いよいよ区議会議員選挙、区長選挙です。

四年間、認可保育園増設の運動を通して区議会をずっと見てきました。

オール与党が区長提案には何でも賛成してしまう。それもトイレを100以上も潰す計画や区役所の戸籍業務を民間企業に外部委託してしまう、消費税増税後も国保料、介護保険料、保育料も 値上げする、どれも、区民が望むものではないことです。一方で区民の願いてある陳情や請願にはことごとく反対、否決してしまうなんて許せない、そうして、くのため込み金だけは異常に過去最高の1190億円、23区でトップクラスです。こんな区議会を変えていかないと強く思ってます

地域でずっと訪問看護師、ケアマネジャーとして働いてきた経験から医療、介護の改悪を目の当たりにし、何とかしたい!命守る足立区にしたい!

この仕事を私、山中ちえ子にやらせてください!皆さんのお力で区議会に送ってください!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニュース NO21ご覧ください

2015年04月08日 | 日記

1面です

4月4日、事務所開きをおこないました。

多くのみなさんにご参加いただきありがとうございました。

石川後援会長はじめ地域の方、

大島都議会議員、伊藤区議会議員からも力強いあいさつをしていただきました。

あと30日余りで区議会議員選挙の告示となります。

やらなければならないことは山ほどあります。

地域のみなさんの輪を2倍、3倍、4倍に広げて

やりきるために全力を尽くす決意を新たにしました。

2面です

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ニュース NO20と介護報酬削減

2015年03月26日 | 日記

 今回のニュースで紹介し、以前お話を伺った社会福祉法人聖風会の近藤明理事長が、

3月26日付「しんぶん赤旗」に登場しています。記事の一部を紹介します。

集まらない人手

「60年やっていますが、今が一番厳しい」。改定で収支差は1%に落ち、収支は成り立ちません。

「収支差が3%ないと定期昇給は難しい。新しい処遇改善加算をとっても、主に各種手当ての引き上げで

対応せざるを得ません。しかし賃金を上げないと人は集まらない。行政はどう思っているのか」

たびたび広告を打っても職員が集まりません。人手不足を高額は「紹介料」がいる派遣社員でしのぎます。

同法人は、特養入所待機者が3700人を超える足立区で来年、160床の新特養ホームを開設します。

ところが約50人の新規採用職員のめどはたっていません。「開設時に全床オープンできない」。

近藤さんは嘆きます。

 

1面です

 

2面です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加