針谷みきおの一言

一日の出来事、足立区情報、映画感想、スポーツ、文化イベントなど
メール m-hariya@mx5.nisiq.net

東京10区など衆院補選での 野党共闘の協議開始も合意

2016-09-24 23:45:03 | 国民連合政府を

総選挙も 「できる 限りの協力」確認

日本共産党の志位和夫委員長、民進党の蓮 舫代表、生活の党の小沢一郎代表、社民党の 又市征治幹事長の4野党の代表者と参院会派 「沖縄の風」の糸数慶子代表による野党党首 会談が9月23日、国会内で開かれました。これまでの4野党党首による合意を確認 し、総選挙も「できる限りの協力」をしていくこ とを確認。10月の衆院補選を含め、具体化のための真剣な協議を開始することで合意しました。

党首会談で、志位氏は、野党4党が安倍政権と対決する 政治的内容として①安保法制(戦争法)の廃止、立憲 主義の回復②アベノミクスによる国民生活破壊、格差と 貧困を是正する③TPP(環太平洋連携協定)や沖縄問 題など、国民の声に耳を傾けない強権政治を許さない ④安倍政権のもとでの憲法改悪に反対する―の4点を 確認していると指摘。

さらに、総選挙でも「できる限りの協 力」を行うことは野党4党の党首会談、書記局長・幹事長 会談で繰り返し確認されていると強調。野党共闘は参院 選1人区でも大きな成果をあげたとして、「次の総選挙で の選挙協力を進めるために真剣な協議を開始しましょう」
と提起しました。

また、10月に行われる衆院東京10区な どの補選についても、野党共闘を実現すべく、協議を速 やかに開始することを提起しました。  

これに対し、民進党の蓮舫氏は「これまでの公党間の 党首の合意は大変重い。岡田前代表の路線を踏襲して いきます」と発言。今後、4野党の書記局長・幹事長の間 で、総選挙と衆院補選での選挙協力の具体化のための 協議を開始することで合意しました。  

会談で、志位氏は「総選挙での選挙協力を進めるた めには、新しい課題も出てくる」と指摘し、▽共通政策を 豊かにする▽政権問題で前向きの合意をつくる▽本格 的な相互協力を実現する―などの課題をあげつつ、「ま ずは協議に入り、協議の中で解決しましょう」と述べまし た。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日韓親善ゴルフ大会に参加

2016-09-20 23:47:30 | Weblog

9月16日(金)駐日韓国大使杯の日韓親善ゴルフ大会にはじめて参加しました。これまでも在日韓国民団のみなさんとの交流を深めて、従軍慰安婦問題など日本と韓国の親善の行事には積極的に参加してきましたが、今回、日韓親善議員連盟からの招待があり、参加しました。

韓国はゴルフの世界レベルは高く、世界のメジャー大会ではトップレベルにあり、特に女子はリオ五輪でも金メダルを獲得していて、ゴルフに対しては熱心な方が多いと思っていましたが、実際にプレーを一緒にするととてもかなわない印象を持ちましたが、188名参加して日本人が108名、韓国の方が80名参加しましたが、上位は韓国の方が多い状況でした。

終わってからの表彰式では来賓としてはじめて共産党の区議会議員として紹介していただきました。会場から大きな拍手をもらいました。これからも日韓の親善に役立ちたいと思いました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建物下に盛り土なし工事、石原元知事が契約承認

2016-09-19 22:33:41 | Weblog

TBSテレビによると豊洲新市場の盛り土問題について、小池知事へ週内に調査結果が報告されます。一方、2011年8月、豊洲新市場の建物の下に盛り土をしない工事の契約がかわされ、石原元知事が承認をしていたことがわかりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160919-00000049-jnn-soci

 「答えない。面倒くさい。同じことだ」

 18日、取材には答えないと話す石原元都知事。その石原元都知事の印鑑が押された工事契約書。タイトルは「豊洲新市場土壌汚染対策工事」。費用は333億4275万円、日付は2011年8月30日です。契約書に記された内容は・・・

 「豊洲新市場予定地における施設建築物の建設エリア以外の」
 「盛土」
 「汚染のおそれのない土で埋め戻すこと」

 新市場の建物以外に盛り土をする、つまり建物の下の盛り土を行わない契約書なのです。

 「私は下から聞いたことを皆さんに報告しただけ」
Q.下というのは?
 「市場長でしょ」(石原慎太郎元知事 今月15日)

 石原元知事は当初、2008年に市場長から、建物の地下を、盛り土ではなく、コンクリートの箱にする案を提案されたと主張。しかし、当時の市場長が反対に「石原知事から提案された」と主張すると、一転して自らの指示だったことを認めたのです。

Q.2、3聞きたいことが・・・
 「いいんです。同じことを繰り返すつもりはないから」(石原慎太郎元知事 18日)

 結局、この地下コンクリート案は採用されなかったものの、今回、2011年8月に豊洲新市場の建物の地下に盛り土をしない契約書を石原氏が承認していたことがわかりました。資料を入手した一級建築士の水谷和子氏は・・・

 「建設エリア以外については埋め戻すが、建設エリア以内は盛り土をしないということがここに明記されている」(一級建築士 水谷和子氏)

 契約書の日付については・・・

 「平成23年8月30日になっています」
Q.この時点では盛り土はしないと決まっていた?
 「そうです。それがあって、この契約に至ったということ」(一級建築士 水谷和子氏)

 19日、リオパラリンピックの閉会式後に小池知事は石原元都知事について・・・

 「当時のご担当の方の発言ということで、その意味では情報として意味があるのだろうと。私の出張中にこれまでの経緯を調べるように指示していたので、戻り次第、調査結果を知りたいと思っています」(東京都 小池百合子知事)

 新市場の移転に影を落とす地下空間。2009年7月まで市場長だった比留間英人氏によると、自分の任期中に地下を空間とする案はなかったといいます。地下を空間とする基本設計ができたのは2011年6月、そして、同じ年の8月、当時の石原知事が建物の地下に盛り土をしない契約書を承認。この間にどんな経緯があったのか、都は2009年以降の担当職員を中心に聴取を進めています。

 小池知事が直接、石原氏と話すことはあるのでしょうか。

Q.石原さんと話す?
 「結果を見て必要性あればと思うが、まずは結果を見ていきたい」(東京都 小池百合子知事)

 小池知事は、21日にリオから帰国、週内に調査結果の報告を受ける予定です。(19日17:05)

最終更新:9月19日(月)21時23分

TBS News i

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予算要望書づくりー北足立地域の要望を寄せて下さい

2016-09-18 23:09:47 | 区政情報

区議団はいま、来年度足立区に対する予算要望書の作成中です。9月末に近藤足立区長に提出の予定ですが、区政全般の要望とともに、北足立地域の要望を現在募集中です。ご意見、ご要望がありましたら、このブログのコメントにお書きいただき、区議団の予算要望に取り入れるものは要望書に書き込んで提出します。昨年度はこんな要望を提出しました。

27年度予算要望(北足立地域)

1、舎人公園に関して

①舎人公園駅付近にレストラン・コンビニなど観光客等が一日遊べることが可能となる施設を配置してほしい。

②長水路温水プールとトレーニングルームをつくること。

③陸上競技場でサテライトリークができるよう観覧席をふやすこと。

④トイレの清掃とペーパーを管理し、不足することがないようにすること。

⑤外周道路の適当に位置に自転車置き場を設置すること。

2、舎人・入谷地区など日暮里舎人ライナー沿線に進出するワンルームマンション建設による環境破壊を防止するため、ワンルームマンションなど指導基準を改定して、条例化すること。

貧困ビジネスの進出を規制すること。居住支援協議会を立ち上げ空き家・空き室の活用を図る仕組みをつくること。

3、バス路線の拡充について

①交通計画で交通不便地域に指定されている東伊興2・4丁目、古千谷本町3,4丁目を通過するコミバス

②舎人3・4丁目(シマチュウホームズ)を通過するコミバスを創設すること。

③皿沼循環バス路線を拡充し、加賀・皿沼・谷在家地域の交通過疎を改良すること。

④日暮里・舎人ライナーの各駅に接続するバス路線網の整備をすすめること。

4、谷在家(コモディ・イイダ)から加賀(西友)までの歩道に段差がある。車イスで通行できるように平らにすること。

5、入谷5丁目の補助294号線交差点に右折信号にあわせて道路上に右折、直進の示し記載することについて、実施時期を急ぐこと。

6、日暮里・舎人ライナーの混雑対策について

① 1編成を5両編成から6両編成にするとともに、車両の改善を要望すること。

② ロングシートを片側だけでなく、両側ロングシートとすること。

③ 吊り革を増設し車両の奥まで入りやすくすること。

●伊興・西竹の塚地域

1、竹ノ塚駅西口からはんのき橋までの赤山街道に自転車専用レーンを整備すること。その際、歩道の改善もあわせて行うこと。

2、竹ノ塚駅に関すること

東武鉄道は4工期にわけて竹ノ塚駅付近鉄道高架化工事は4JVで行っているが土木工事などで区内業者を活用するように働きかけること。

これは一例ですが、ぜひ、地域要望をお寄せ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

区民アンケートで明らかになったブラック企業の実態

2016-09-03 16:48:07 | 労働・雇用

第16回足立区民アンケートでは足立区民の中で、「あなたの身近で、ブラック企業やブラックバイトで困っている人がいますか? 具体的な実態をお聞かせ下さい。」と聞いてみました。リアルな実態が次々と告発されました。法律相談、労働相談になっているものも含めてまとめました。

非正規が4割
 
 区民アンケートでは約18%が困っている人が身近にいると答えています。具体的な事例をご覧下さい。
 職場名が記載されていないため、足立区内の企業かどうかは不明ですが、雇用を守るルールが壊されているのが特徴です。
 非正規雇用が増え続けています。総務省「労働力調査」で非正規雇用比率を見てみると2002年1~3月期には28.7%だったものが、直近の2016年4~6月期には37.1%。4割に迫っています。

格差と貧困拡大

 25歳~54歳でも非正規が増え続けていることは特に深刻です。
 安倍政権下の14年1~3月期に非正規雇用率が初めて30%を超えました。人生のなかで結婚や子育ての中心的な時期となる世代で3割が非正規という実態は放置できない事態です。
 厚労省「毎月勤労統計調査」によると、物価の影響を除いて賃金水準を示す実質賃金指数(2010年平均)は1997年をピークに減り続け、2015年には94・6%。過去26年間で最低です。
 ピークの109・5%から実に14%も減り、1カ月分を超える給料が飛んでしまった勘定です。年収300万円なら42万円がなくなったことになります。

今すぐ時給千円の実現と1500円めざせ
 
 安倍政権の目標は、平均1000円にするといっていますが、今すぐではなく、7年後の2023年となっており、本当に実施する意志があるのかとの批判もあります。

 労働組合や若者グループから「いますぐどこでも1000円にして、1500円をめざす」よう求める声があがっています。
 働く人間を「使い捨て」にする社会は、若者から希望を奪い、貧困と格差を広げ、日本社会から活力を奪っています。人間らしい労働(ディーセント・ワーク)の実現こそ、世界の流れです。ブラック企業の規制、非正規で働く労働者の権利を守り正社員化をすすめる、長時間労働の是正など、人間らしく働けるルールの確立こそ求められています。

足立区のできることは?

 地方自治体でも公契約条例の対象を広げるなどして、賃金格差を是正する区の役割を果たすべきときではないでしょうか。
 みなさんからのご意見・ご要望をお寄せ下さい。

 

具体的事例 区民アンケートより

子供が今月仕事を辞めさせられました。派遣で入ったのですが、入ってから1カ月ごとの更新を言われ、会社の判断で決められました。理由を聞いたら二日間熱で休んだからだそうです。人間誰でも病気にはなりますよね。どういうことでしょう。5月に入って6月に辞めさせられました。  (女性 47歳)

●サービス残業や休暇、手当てが納得いかず、転々と仕事を変える友もいる。上役のボーナスづくりみたいなこともあれば、働け働けとムチを打つようなパワハラもあったり、なんとかそういう企業はひねりつぶしてほしい。   (男性  25歳)

●残業しすぎ(60時間超え)
残業つけないよう上司からの指示もあり、休日サービス出勤があり、有給を取ると上司課長以上の役職から圧迫や嫌味を言われ、社員ほとんどが取れる環境は無い。ぜひブラック企業として、立ち入り調査などして下さい。    (女性 31歳)
●資本主義の腐敗、堕落の時期なのかと考えます。会社、企業、組織と言う実態が曖昧なものの利益を最大化するために人間がないがしろにされています。
 若者中心にそれが広がっているのは社会の末端にいる大人として申し訳なく思います。
       (男性 41歳)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足立区総合交通計画ー交通空白地域の解消へ

2016-08-27 23:42:35 | 交通網・都市整備

月23日、区議会交通網・都市基盤整備特別委員会が開催され、日暮里・舎人ライナーの混雑解消策、区内の交通空白地域の解消のために、バス路線の現状と区の交通空白地域解消策が審議されました。

 足立区の交通総合計画では「鉄道駅から1㎞以上、バス停から300m以上離れている地域を交通空白地域」(左記地図)と位置づけました。
 さらに交通総合計画では高齢者など外出支援としてきめ細かなサービスを提供するため、概ね5年以内に実現すべき路線として、東伊興四丁目付近に、新設バス路線をつくるなど、区内に5つの新設路線を推進するしていましたが、今年5年目に入りましたが見通しは立っていません。
 委員会の質疑で私は「5年以内に整備するとしてきた5つの新規路線については、バス事業者が採算ベースにならないとして導入できずにいることが判明している。不採算路線に財政支援すべきではないか」と問いました。
 さらに委員会では前委員会で私が資料提出を求めた「コミバスへの支援策」一覧表が配布され、それが議論になりました。


 それによると23区中、15区で運航経費補助をしていることや9区で車両購入費用補助をしていること。
 しかも、豊島区では一般バス路線にも、運行経費の補助をしていることがわかりました。
 自民党のS議員から「区が財政支援はしないという方針は議会側からいってきた事であり、こうした考え方を維持すべきだ」と発言がありました。
 これに対して、私は「それは議会全体の総意ではない。自民党の別の委員の中からも「交通権」を主張、財政支援をしないと新たな路線は導入できないとの発言も前委員会であった。交通権(移動権)を新基本構想に明記すべきだ。

 新規路線を導入することは区民との公約であり、財政支援をしないことは区民の願いに背を向けることになる」と主張しました。
 私はさらに「バス路線は1時間に3本以上をめざすべきとされており、交通空白地域の解消はこのレベルまで引き上げて実現することが、望ましい。この基準で空白地図をつくったことがあるか」と問いました。区は「つくったことはない」と答弁しました。
 新規路線を整備するために区が財政支援をしなければ、バス事業者は採算に合わないとして新規路線は実現しません。
 23区の運行補助一覧をみても、15区が運行経費補助をしており、何の財政支援もしていない区は都心区以外で実施していないのは足立区と江戸川区だけです。

※解説ー交通空白地域とは 足立区の交通総合計画では「鉄道駅から1㎞以上、バス停から300m以上離れている地域としていますが、さらにきめ細かなサービスを提供するとして区はバス路線は1時間に3本以上をめざすべきとされており、この基準を当てはめると空白地域は大幅に増えます。本来、こうした基準で計画をつくりなおすべきではないでしょうか。
 区民のみなさんのご意見・ご要望をお寄せ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防災無線が聞こえない地域の改善を(区民アンケート結果)

2016-08-20 22:06:05 | 防災、安全

防災無線が聞こえない368件中、86件から回答

第16回を迎えた区民アンケートに、2300件の回答が寄せられています。ご協力ありがとうございます。 震災対策として足立区に対する具体的な意見も多数寄せられました。上の画像をクリックすると拡大されます。

いただいた回答は、現在集計をしていますが、今回はアンケートの中の「防災無線が聞こえない」「聞こえにくい」地域が北足立地域(針谷みきお区議担当)で86件の回答がありました。

防災対策についての具体的意見

針谷みきお「区政通信」でも紹介

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

吉見百穴(1400年前の古墳)

2016-08-19 22:54:11 | 観光・旅行

埼玉県吉見町の吉見百穴に行ってきました。古墳時代の末期(6世紀末~7世紀末)に造られた横穴墓で、大正12年に国の史跡に指定されました。横穴墓は丘陵や台地の斜面を掘削して墓としたものですが、死者が埋葬された主体部の構造は古墳時代後期の横穴式石室とほとんど同じでです。

百穴のビデオを録ってきました。

https://youtu.be/fJd0i8g5JKo

百穴が分布する一帯は凝灰質砂岩と呼ばれる比較的掘削に適した岩盤が広がっており、当時の人々は掘削するのに適した場所を探して横穴墓を造ったと考られています。現在確認できる横穴の数は219基である。

吉見百穴の入口で記念撮影

施設案内の看板

古代米の水田です。

トルコの世界遺産カッパドキアによくにているといわれている吉見百穴

身分の高い人の墓ではないかと書かれていました。

関東地方では珍しいと言われているヒカリゴケです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

摩周湖と釧路湿原の旅

2016-08-17 06:24:52 | 観光・旅行

前回同様、夏休みの「摩周湖と釧路湿原の旅」のビデオです。

摩周湖から釧路湿原のカヌーとトレッキングのビデオを録りました。

https://youtu.be/UkG-yqafkoE

丹頂鶴の自然保護センターにいきました。

保護センターで飼育している丹頂鶴

フクロウの石像で記念撮影

台風が過ぎ去った後の夕日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釧路湿原の環境破壊を守る活動

2016-08-08 23:09:44 | 温暖化対策・エコ

昨日から夏休みで釧路湿原に来ています。

釧路湿原が1970年、国の日本列島改造論の影響で大規模開発がされようとしていたとき、釧路地域の人々が国立公園に指定することによって、釧路湿原の開発から自然と環境をまもったたたかいの記録をNHKプロジェクトXで放送していたことを知りました。

ぜひ、ビデオをご覧下さい。

https://youtu.be/LI_30Rs75rw

この電車に乗って釧路湿原に向かいました。

カヌーで釧路川を川下りしました。

エゾシカ親子と遭遇しました。子どものシカが授乳しているところを写真どビデオを撮りました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加