星月夜に逢えたら

[hoshizukiyo ni aetara] 古都散策や仏像、文楽、DEAN FUJIOKAさんのことなどを・・・。 

「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」感想一覧など。

2022-05-30 | DEAN FUJIOKA

ついに「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐」の配信が開始されました。
さっそく見たけど、1話がまたほんとに凄い展開!なんでこんなことが、、、アイツとコイツ、この人間、すべての登場人物が素通りできなくていちいち食い入るように見てしまう。この暖が真海となって帰ってくるんだね。うっ、ううっ。
そう、とても素通りすることなんてできないこの名作ドラマを一人でも多くの人に見て欲しいから。2018年にリアルタイムで見た時の感想を再アップ。ついでに、振り返りに役立つブログ内の関連投稿も置いておきます。

<2022年5月30日からの配信サイト>

●TVerはこちら

 
 
 
予告動画は全部削除されてしまってるのでその記事はスキップするとして、私のブログ上の直接関係ある記事や、配信と併せて見たら楽しめる投稿をまとめてみました。
 
<このブログ内の関連投稿>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
●微博より。(2018/5/1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」祝!復活の日。

2022-05-30 | DEAN FUJIOKA

5月30日は復活の日。

6/17の映画「バスカヴィル家の犬」公開を記念して過去の出演者関連作品が見られるようになりました。何がうれしいかって「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」の再配信ですよ!

事前にディーンさんの匂わせツイもあったり、また、モンテ・クリスト伯から映画『Pure Japanese』誕生にいたるディーンさんの艱難辛苦の思いをあらためて知ることになったり。日本のドラマの名作にして大人の事情などという理不尽な理由のためにお蔵入りとなってしまった作品がようやく(感涙)。
これを機にもちろんTVでの再放送をお願いしたく。公式サイトの「番組へのメッセージ」→「メッセージを送る」に引き続きメッセージを送りましょう!
「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」は5月30日(月)から、FODとTVerで配信開始。
ただ視聴開始の時間がまだわからないんだけど・・・
 
 
 
もう配信始まっています!!
 
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

誕生日の夜、桜は。

2022-03-30 | その他のイロイロなこと
全勤務が終了した日、ちょうど1年前に一緒に見たあの町の桜のことを思い出してた。
私の誕生日の前夜だったね。ちょっと生暖かいような肌寒いような春の宵。制約の多い不自由な日々が続き、誰もが桜のせいにして外に出たがっていたんだと思う。ただ、あれが夜見る桜の最後になるとは全然思っていなかった。いや、思わないでいようとしていた。まだ時間はあると思ってた。
 
大好きな花は今は見なくていい。桜は去年のまま上書きしなくていい。
キミがいなくなって初めて一人で迎えた誕生日。二人で遠ざけていた甘いケーキは今年から解禁にしたよ。
それに今日はうれしい報告ができてよかった。昨日までの長く重く不安な日々がひとまず解消。とりあえずまた1年頑張ってみるよ。いつも(きっと今も)応援してくれてありがとう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

祈りの日。

2022-03-11 | その他のイロイロなこと

東日本大震災が起きて11年。今日3月11日はあの日に起きたことを思い多くの方々に哀悼の気持ちを捧げるとともに、いまも続く痛みと悲しみのために祈りの日としよう。

 

DEAN FUJIOKAさんが生まれ故郷福島を想って作った歌を置いておきます。

DEAN FUJIOKA - “Fukushima” Lyric Video <3rd Album “Transmute” 2021.12.08 Release>

 

そして、世界に平和を!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「Pure Japanese」フジテレビュー!!編集部のインタビュー。

2022-01-29 | DEAN FUJIOKA

何を描きたかったか、という部分をたっぷり語ってますね。

●フジテレビュー!!

「日本人としてのアイデンティティを見直す」映画「Pure Japanese」ディーン・フジオカ×蒔田彩珠インタビュー



(一部を引用させていただきます)
――「Pure Japanese」(純粋な日本人)というタイトル、テーマを選んだ経緯について

ディーン:この作品は現代社会において「日本人の定義とは一体何なのか」というところからスタートしています。DNA的にまったくジャパニーズが入っていなくても日本で生まれ育った人はいるし、逆に両親が日本人でもまったく日本語がしゃべれない人もいるし、国籍が違う人もいる。

この日本という“コミュニティ”の参加者として、「どのあたりで輪郭線が引かれるのか」ということを自分なりに考えていましたが、結局は「日本語という言語を使ってものを考えて行動をする人たち=日本語人(にほんごびと)」が日本人なのではないかと仮定しました。

使用する“道具”である日本語という“言語OS”が、人間のDNAを未来に届けるために人間を乗りこなして使っているだけだとしたら、「この日本語という言語OSは日本語人をどこに連れて行こうとしているんでしょうね?」と発想しました。

――この作品を見る人にメッセージ

ディーン:この作品を楽しんでもらうために、ちょっとお手間を取らせてしまいますが、パンフレットやホームページにあるこの作品の取扱説明書のようなものを読んでから劇場で観ていただけると、スッと作品の中に入っていけると思います。

予備知識ゼロでこの映画を観ると、良い意味で「一体何を目撃してしまったんだ?」「こんな劇場体験してしまったら、これからどうすればいいの?」っていうショックを受けると思います。だからぜひ行き場のない気持ちにならないよう、先に予備知識を入れていただいてからこの作品に触れることで、自分がどう感じるのか、自分との対話を楽しんでいただけたらうれしいです。

 

******************************
パンフレットは売ってなかったからサイトの解説をもう一度読んでから行きます。。。。。。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

公開初日のメッセージ。

2022-01-29 | DEAN FUJIOKA

公開初日の1/28にディーンさんからのメッセージが!熱が下がったようでまずはよかったね。
舞台挨拶、やりたかったんだよねー。インスタにアップされた文面からも熱い思いが伝わってくるなあ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「Pure Japanese」初日の感想〜Twitterより。

2022-01-29 | DEAN FUJIOKA

大阪の梅田ブルク7で映画「Pure Japanese」を見ました。
まったく目が離せない!バトルシーンはすっごい力が入ってしまい、もうフラフラ。見た直後の感想はTwitterにアップしました。






公開から3日間は毎日出勤なので、朝イチとレイトショーを利用して頑張る!劇場で遭遇したみんなは初日から2回とか3回見るって言ってたなあ。私は出勤前の1回だけ。土日はレイトショーで!!
映画のタイトルというかテーマに寄せた感想はまたあらためてということで。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画「Pure Japanese」本日、1月28日公開!

2022-01-28 | DEAN FUJIOKA

いよいよ!ついに!とうとう!

映画「Pure Japanese」本日公開。初日、大阪に行きまーす!!

土曜日も、日曜日も!! #立ち上がれ立石

ディーン・フジオカさん&蒔田彩珠さん 映画『Pure Japanese』スペシャルメッセージ!お気に入りのシーンは?

インタビューはこちら
●ディーン・フジオカさん&蒔田彩珠さんが挑むジャパニーズ・レオン!

 




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画「Pure Japanese」インタビュー(MOVIE Collection)

2022-01-25 | DEAN FUJIOKA

映画「Pure Japanese」1月28日公開。
作品のプロデューサーとしてのディーンさんと監督へのインタビュー。動画とテキストが見られます。
ただのふつうのバイオレンスアクションムービーのように思わせておいて、今ディーンさんがどうしても伝えておきたいメッセージがある。思想がある。そんな作品のようです。オリジナル脚本でないと表現できなかった内容とは? それはディーンさん本人の辿ってきたキャリアと密接な関係があり、発想、着眼のオリジナリティーもそこから生まれているんだなと思います。私もまだ見てないのですが、28日公開日が楽しみ!!尊敬する人が三島由紀夫と吉田松陰だというヤバイ男、立石に早く会いたい。

そうそう、昨日発表されたんだけど、ディーンさんがコロナウィルスに感染してしまい、1/28の初日舞台挨拶が延期になったそうです。ここまでがどれだけ苦労を重ね、初日をどれだけ楽しみにしていたかと想像すると辛いし、そして何より一番悔しい思いをしているのはもちろんディーンさん本人のはず。ここ最近のメディア露出の凄さ!自分の思いやメッセージを伝えるために会う人の数も尋常ではなかったでしょう。もしかしたら初日の生番組とかも予定されてたかも。そう思うと私たちファンのやることは公開されたらすぐに映画館で作品を見て感想をどんどんアップすること。それをミッションにして映画を楽しみたいと思います。

●MOVIE Collection
ディーン・フジオカ、企画・プロデュースの苦悩を語る/映画『Pure Japanese』ディーン・フジオカ × 松永大司監督インタビュー

●MOVIE Collection
『Pure Japanese』ディーン・フジオカ×松永大司監督インタビュー  
新作で意気投合したふたりが語る日本で映画を作ることとは?
>> 詳しいテキスト版がこちらで読めます。

(一部を引用させていただきます)

ディーン
:『Pure Japanese』はたぶん4~5個目ぐらいの企画だったと思うんです。要はこれがエンタメとして面白いかどうか。自分にとって、やる意味があるのか。これだけコンテンツがあふれている中で、面白ければそれだけでいいのか、儲かればそれだけでいいのか、ということもあるけれど、そこで経済的に成立させることも必要です。この三方が成り立たないと、企画って前に進まないと思います。
それで最初に目処がついて転がり始めたのが、この作品でした。その後、今もいろいろ進行して作っていますが、やっぱり難しいです。正直、そういう環境の中で『Pure Japanese』がここまで来れたのは、日本という国の中で映画を作っていくことにおいては、かなり奇跡的なバランスで成立してるなあ、というのが実感としてありますね。

監督
:ディーンさんは商業性と作家性を兼ね備えるものを作る覚悟を持っている。映画だけじゃなくて、クリエイティブに関してチームとして動いている土台があるから。日本語だけじゃない多言語化の中で、チームとして世界に発信する土台があったからこそ、できている企画だと思います。垣根をつくってない。国境だけじゃなくて、いろんなものが独立しているチームであることに感心しました。今回、ものづくりの過程でそれを随所で感じることがたくさんありました。たぶん1年とか2年とかでできるものではなくて。世界にはいろいろな人たちがいる。そういう人たちと作った自分たちのものを届けたいという、それが1つ結実した形のタイミングだったと思います。
簡単なことじゃないから、根本的なところから整えていかないといけない。ディーンさんは相当な覚悟で立ち上がって、最後まで一緒に走ってくれました。

──主人公の立石について(物語はオーソドックスなジャンル映画ですが、立石が動くたびにそれが裏切られていく面白さがあります。)

ディーン:その矛盾した行動や概念は、企画の最初からすごく大切にしていた部分です。立石という人間が、矛盾に押しつぶされて、いけにえのように消えていく。虚言癖という設定になってますが、程度の大小はあれ、結構そういう人、世の中に普通にいますよね、みたいな話は何度もしていたんです。

監督:タイトルにすごくインパクトがありますから。日本人が『Pure Japanese』というタイトルで、どんな映画を撮るんだということに対して、臆してはいないですが、それなりに責任があると思うんです。立石というキャラクターが分かりやすい1つの見え方ではなく、多面的であっていいと考えた。時に加害者、時に被害者みたいなものであると。それは僕らみんながそうだと思うんです。
ディーンさんが演じることで、いいあんばいで立石の面白さが伝わり、時にシンパシーを感じてしまったりもする。彼が暴力的な行動に出たときに、どこかで共感や同情が生まれる映画になれば、と。この危うさというものを伝えられたらいいなと思いました。立石はディーンさんにしかできなかったと思います。

 

【予告編】
ディーン・フジオカ、狂気が宿る!“孤独な少女”蒔田彩珠を救うため/映画『Pure Japanese』予告編

●映画「Pure Japanese」公式サイト

試写会で見た人の感想も面白い。特にいとうせいこうさんのコメントになるほど、これは行かなアカンやろって思いました。




【ラジオ】
先日のラジオ「ROPPONGI PASSION PIT」での二人の話もめちゃめちゃ面白かった。タイムフリーでまだ聴けます。
関東エリアは J-WAVEで(1/22放送タイムフリー)
関西エリアはFM802で(1/23放送タイムフリー

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

祈りの日。

2022-01-17 | その他のイロイロなこと

午前5時46分、黙祷。
今年は一人で迎えたこの日。窓の外にはちゃんと日常の風景、毎日の営みが広がっているのを確認した。あの直後、窓から見た風景を決して忘れない。今生きていることの意味をあらためて思う。



阪神淡路大震災と震災関連で亡くなられた方たちのことを思い、今日も1月17日を祈りの日にしよう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする