日々思うこと

日常と、
日常につながるもの。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「セクハラ」という言葉で思い出す昔話

2018-01-16 | 独り言
# Metoo? ←なんちゃってハッシュタグ(笑)

センシティブな話です。(長文)
リアルの場ではこの話は一切しません。
また、話を振られても「何のこと?」と、とぼけます。
ご了承ください。


1.まだ大学に通っていた頃(笑)
小さな不動産会社の事務のバイトをしていたことがあった。

バブル期だったこともあり、会社は飛ぶ鳥を落とす勢い
若手と呼べるほどではないけれど中年というほどでもない(笑)社長は、腰が低く優しい人で、社会経験の少ない私に丁寧に仕事を教えてくれた。
来客はそれなりにあったが、小さな事務所に二人きりでいることも少なくなかった。

何か月か経って、
事務所で一緒にお弁当を食べているときに、社長はためらいながらこんなことを言った。
「あなたにもしその気があるなら、月に何日かでいいので私と付き合ってくれませんか。お礼はしますよ。」
そう言って結構な額の金額を提示してきた。
社長は既婚者。
要はこれは「愛人にならないか」という誘い(笑)だった。

私は動揺し、そして落胆した。
時給〇百円の仕事でもやりがいを感じており、それなりに役に立っている実感もあったのに、
「女だ」というだけでこれほどの値がつけられるのか、
これが世の中というものなのか、と…
(これがもしも、
「あなたを好きになってしまった。妻と別れて一緒になりたい」
のような真剣な告白だったら、まだしも(動揺はしても)自尊心は保たれたような気がする。笑)

何といって返答したのか覚えていないが、
その会社はやはり居づらくなって間もなく辞めた。


2.地域活動で
PTA活動は、大変なこともあったが楽しいことのほうが多かった。

活動を通じて、意識の高い地域の方々と知り合うこともできた。
そういう方々との親睦会が楽しくないはずがない。
自然と杯も進んで酔いも回る。🍺

とある飲み会で、ある方の隣席になった。
お子さんが卒業された後も長年学校を見守ってくださっている方で、陽気でノリがよく、それでいて権力欲のようなものも感じない、とてもいい方だった。
…が、
そろそろ会がお開きになろうかというときに、ご機嫌で飲んでいたその方が、一瞬の虚を突いて私の胸を触った。
それも「何かの拍子にうっかり」という感じではない、不快な触り方で…
私はとても驚いたが、とっさのことで何も言えなかった。

かなり酔っていらしたので、覚えていらっしゃらない可能性もある。
それでも、以来その方を見る目は決定的に変わってしまった。

そうこうするうちにその方は地域活動とも疎遠になり、
今では全く音沙汰もない。


(思い出話終わり)

何が言いたいかというと…

女性にとっては、
 (その人に対して特別な好意を抱いている場合は別として)
男性から性的対象として見られることは、自尊心が傷つくばかりで嬉しくもなんともない、ということ。

性的魅力を「感じる」だけなら自由。
しかし、
「あなたには性的魅力がある」ということを表明することには、よほど慎重になってほしい。
相手との距離感を誤ると、関係を致命的・不可逆的に壊すことになる。

一方で、
私は、今一大ムーブメントとなっているセクハラ告発の流れに乗る気はない。
これらはあくまで私の個人的問題だから。
私との距離を測り誤った相手、
相手との距離を測り誤った自分自身に対する怒りや後悔はある。
しかし、それを普遍的な男性(人間)の瑕疵として糾弾したくはない。

元々、ビジネスの場を除けば
人と人との関係における意思確認なんて曖昧なものだ。
男女間では特に。

たとえばキスをするときだって、
「はいっ、私はあなたにキスする気100%です!あなたはどうですか!?」
「はいっ、私もキスする気100%ですっ」
「ではっ!」
なんて相手の意思を確認してからキスをする人はいないだろう。(笑)
最初は50%くらいでも、お互いの顔が近づくうちに、少々のためらいとともに…
という要素がなければ、ロマンチックでも何でもない。

もちろん、
犯罪的に相手の意思を確認しないのは「無し」だ。
相手に対して何かしらのアクションを起こしたいときは、
とにかく慎重に。

距離感を気にすることなく安心してハグしていいのは、
相手が笑って両腕を広げているときだけ。(笑)
あなたにとっては「ごめーん」で済むようなことも、
相手にとってはそれでは済まないこともある。
コメント (1)

「大前提」

2017-06-09 | 独り言

ルポライター等ならわかるが、たとえば

学校の先生が、

教育委員が(笑)

はたまた総理大臣が(笑)

「女性の貧困問題の調査のため」と称して出会い系バーに足繫く通ったとしても

「現場から学ぼうとする姿勢は大切だ」との大前提は適用されるのか??

 

言うまでもないことだが、

「現場から学ぶ」とは、単なる一消費者になることではない。

ふさわしい立場で、慎重を期して行われなければならないものだ。

それが満たされないとき、「大前提」はただの醜い言い訳に成り下がる。

 

大前提というのは「すべてに通じる真理」などではない。

ときに都合よく使われる口実になりうる、危うい「一理」でしかない。

 

まあ、

前川氏が崇高な目的のもとに出会い系バーに通っていたのか、そうでないかは

文科省関連の事実の認定には何の関係もない。これは確かだ。(笑)

 

きちんと分けて考えられる人は、無理くりな理屈を持ち出してまで擁護しようとしたりはしないだろう。

ただ、ある種の興味を持って、黙って眺めているのみ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yuasamakoto/20170531-00071542/

コメント (1)

教育という分野

2014-07-04 | 独り言

政治の世界に片足踏み入れて見る教育界は、一保護者だった頃よりさらに混沌として見える。

私の立場の難しさをわかってくれるある方は、ご自身の経験を元にこんなことを言われた。

大いに納得したので少々改変の上、ご紹介させていただこうと思う。

 

「教育という分野は、誰もが口を出しやすい。

なぜなら、誰もが昔、子供だった。誰もが昔、親だった。だから『わかったつもり』になりやすいのです。

つまり、誰もが教育においては一言居士。

しかも教育の場合、自分の意見を否定されると、自分の子育て方法や自分自身を否定されたように受け取られてしまう。」

 

…今更ながらに、教育行政という立場の難しさを実感しているこの頃だ。

コメント (2)

時期が時期だけに

2014-07-03 | 独り言

普段は政治のことなんて書かない友人たちまで、ここぞとばかりに取り上げている例の権、じゃなかった件。

中には「あ~あ、やめとけばいいのにな…」という主張も。

…フェイスブックやめてよかったかも。私も一言云わずにいられなくなりそうだから(笑)

 

権力者だろうがそうでなかろうが、戦争がしたい人なんていませんって。

戦争が割に合わないことくらいみんな百も承知。

自分が思うより周りは頭がいいと思っていたほうがいい。

周りがバカにしか見えなくなってきたら、それはアブナイ兆候です(笑)

コメント (6)

小さな喜び

2014-06-30 | 独り言

帰宅が遅くなって、バタバタと15分くらいで作った夕食(笑)

赤魚の一夜干しとアボカドサラダ、豆腐の味噌汁。

食べ終えた息子は「ごちそうさま!!メッチャ美味かった!!」

「どれが美味しかった?」と尋ねると、「全部!!」

…こんな瞬間にこの上ない喜びを感じる。

 

疲れてる…んだろうな、きっと。

でも少しずつ癒やされていく自分を感じる。

 

…たいした料理じゃないけど、写真撮っとけばよかったな(笑)

コメント (4)

政治と女性

2014-06-29 | 独り言

私は、そんなこんなで(...今までの私の記事を追ってくださっている方にはお分かりかと思いますが笑)薄っぺらい男女平等主義が大嫌いなので、例えば「何でもかんでも男女同数にせよ」みたいな主張を冷めた目で見ていた。

でも...

全く違う観点だが、特に政治家には、もっと女性が増えてほしいと最近切に思う。

というのは、

最近立て続けに、政治の場に身を置く男性が(恐らくは心労で...)倒れられたから。

うちお一人は、私に非常に近いところにいらっしゃる方...

回復を祈るしかないのが本当に歯がゆい。

 

知らない間に限界を超えてしまって体に変調を来してしまう男性が、周りにあまりにも多い...

これが女性なら、そうなる前に気晴らしを見つけたり、仲間とおしゃべりしたり(ときにはキレてみたり笑)しながら、うまくやり過ごせるんじゃないか...

そんなことを考えてしまう。

...なんだかんだ言って、女性のほうがストレス発散も上手いような気がする。(何しろ定期的にやって来るストレスフルな時期を、長年にわたって耐えてるしw)


意外に女性は政治家向きなのかも。

ある日突然限界を迎えてしまう男性を少しでも減らすためにも、より多くの女性の政界進出に期待したい。

コメント (6)

思い出

2014-06-26 | 独り言

先日、娘といきなり思い立ってディズニーシーに行った。

園内で、ふと迷子のお知らせの放送に耳が止まる。唐突に私は娘に聞いてみたくなって、尋ねた。

「小さいころ、こんなふうに親とお出かけしているときに、迷子になってそのまま置き去りにされたらどうしよう?って考えたこと、ある?」

娘は即座に「何それ?ナイに決まってるじゃん♪」と笑って返した。

これを聞いて私は、自分の子供時代を思い返して感慨に耽ってしまった…

なぜなら私の子供時代には、いつも「見捨てられ不安」のようなものがあったから。

 

どこかに出かけても、なるべく親の姿が視界に入っているように気をつけていたし、

もしも迷子になったとしても、自分の親は迎えに来てくれないだろうと、なんとなく思っていた。

まだろくに字も学んでいないころから、自分の家と親戚の家の電話番号と住所を一生懸命暗記して、迷った時のために備えていた。

 

私が親に育ててもらえているのは、「いい子だから」にすぎないと思い込んでいた。

だから例えば、自分があと三ヶ月の命だと知ったら、育てるのは無駄だから親は自分を捨てるだろう、という変な確信があった。

 

そんな私も紆余曲折を経て大人になり、親との確執も乗り越えて、そんな「見捨てられ不安」は克服した…と思っていたのだけれど。

まだ時々、その不安に行動や思考を支配されている自分を感じてしまって、とまどってしまう。

しばらくは自分を心地よくしてくれる人やモノとだけ付き合おう。それが第一歩だ。

コメント (1)

最近の実感

2014-06-26 | 教育
>・・・残念ながら、今日の学校教育が直面している危機は無数の行為の複合的効果である。
そして、たぶんそのほとんどの行為は「善意」に基づいて行われている。
日本の教育をダメにしてやろうと陰謀を画策している好都合な「張本人」はどこにもいない。
文教族も、文科省の官僚も、教育委員会も、自治体の首長も、現場の教師も、保護者も、メディアも、教育学者も、もちろん子どもたちも・・・全員が「日本の教育を良くしたい」と思ってさまざまなことを行ってきた、その集積が今日のこのありさまなのである。

・・・・・

単一の「有責者」を名指して、それを排除すれば話が終わると言うような知性の怠惰が許される場面ではない。
その簡単な話がなかなか通じない。
国家や自治体が管理し、教育行政が箸の上げ下ろしまで指示し、政治家がそれぞれの教育理念をかざして介入し、メディアが口やかましくコメントし、保護者や地域社会がそれぞれ注文をつけてきた結果、教育の現場は「こんなふう」になった。

今の教育はあまりに多くの人々の要求を受け容れたせいで、「誰の要求も満たしていないもの」になったのである。

教育に関係している人間の誰一人として教育の現状を「私の要求が実現した結果だ」と思っていない。
だから全員が教育の現状に対して腹を立てている。
でも、これは「みなさんの要求」が無文脈的・断片的に実現した結果なのである。
現状がご不満であることはよくわかる。
でも、だからといって、また「みなさん」がそれぞれの立場からこれまでの要求をさらにエスカレートさせても、それは混乱をより深める結果をしかもたらさない。
最終的には、全員が「オレ以外の全員を黙らせろ」ということになる。
「オレ以外のものの教育への干渉が教育を悪くしているのである。みんなひっこんで、オレひとりで仕切れば、教育はよくなる」とみなさんおっしゃっている。
なるほど。論理的には筋が通っている。
でも、それはできない相談である。・・・


ーーーどうやら私も、この現実と向き合うところから始めなければならないようだ。


教育について思うこと (内田樹の研究室)

コメント (4)

・・・そして更に、二年半のおさらい(^^;

2014-06-18 | 未分類

「ブログ再開」を宣言してから早幾年月…

まあ、深くは触れないことにして(笑)さりげな~く更新します♪

まずはすっかり恒例となりました(笑)我が家のおさらいを…

振り返ればこの二年半は、これまでの人生で一番の「激動期」だったかもしれません。

 

娘が大学生になる(笑)

 

前回の記事で書いた高校から、そのまま上の大学へ…

幸い希望した学部に入れた…までは良かったのですが、大学が超郊外(娘は「山(ヤマ)」と呼んでいる笑)にあるので、高校時代に比べると気分も下がり気味のようです…

というわけで海外留学を考えて着々と準備中。

TOEICの点数はナント950点!!(IPテストですが)

私の点数(850点)をアッサリと越えていきました…

ぶっちゃけ性格も私よりずっとしっかりしています。外見が少々チャラいという他は、何も言うことはありません(笑)

 

息子が高校生になる(笑)

 

早いもので、この間中学に入学したと思ったらあっという間に高校生に…

高校受験は、それはもう~大変でした。

娘のときは何も悩むことはなかったと言っていいくらいだったのに…

そしてなぜか私も、息子のアタマはそれなりにいいはずと思い込んでいて…

娘のときにはお世話にならなかった「塾」にも通わせました。(実はこの塾、娘がバイト講師として勤めているところでしたw)

決して努力していないわけではなかったのに、入試が目前に迫ってから合否可能性判定が少しずつ下がってきてしまったのには、心が折れそうになりました。志望先を落としたほうがいいのか?と…

結果から言えば、落とさなくて正解でした。今は楽しそうに通っています♪

部活は、卓球部とバドミントン部とで迷った挙句、なぜか「フォーク部」に…(笑)

自由な校風にゆる~い部活、大学受験が早くも心配です…

 

ダンナ

 

今年の3月に、父親が突然亡くなりました。

その少し前にお母様にガンが見つかったのですが、その治療がうまく行き始めて喜んでいた矢先のことです。

お父様とはいろいろありましたが、あまりにもあっけないお別れ…

ダンナやお母様はどう受け止められたのか…私には言うべき言葉が見つかりません。

 

あとは…そうそう、

たまに大学のサークルOB会のライブで演奏するようになりました。

私もたまに観客として行きます。「歌声喫茶」(行ったことないけど)のような会場が毎回新鮮です☆

 

 

いろいろなことがありました。

まずは、前回ブログ更新時から急転直下の展開で、子供の中学のPTA会長に就任することに。

そして一年の任期終了後、縁あって市の教育行政の一端を担うことになりました。

昔から教育には関心が高かったのですが、まさかこんな展開になるとは…

至らないながらに、アタマとココロを所沢市の教育のために全力で傾ける毎日です。

 

一方、合唱のほうもますます好調です!今や所属合唱団は4つ!(第九のシーズンに入ると5つに♪笑)

その他にも「いっちょやってやるか~」的に、更なる進化を画策中です♪

 

 ・・・・・・

とまあ、ざっと振り返ってみましたが…

実は今回ブログを再開しようと思い立ったのは、実名のフェイスブックでは書けないことを書きたいと思ったからです。

とはいえ、フェイスブックのほうからはこのブログの存在はわかるようになっているので、もちろんウソや無責任なことは書きません。

しかしここでは「基本匿名」のブログの特性を活かして、もう少し踏み込んだ個人的教育観を書いてみたいと思っています。

乞うご期待!

コメント (4)

3年間のおさらい(笑)

2012-01-21 | 未分類

ブログ再開にあたって(早くも更新が滞りがちですが^^;)休止中の三年間をざっと振り返ってみます。

娘が高校生になる

 とある私立大学付属高校を見に行ったところ、親子ともに大変気に入って(親は設備が、娘は自由な校風が^^;)、当初考えていた方向とはまるで違う方向へ。入試も推薦だったので、いわゆる受験勉強とはあまり縁なく楽に(というと娘に怒られそうだが)済んでしまった感じだ。
 今チャラチャラと(失礼)高校に通っている娘を見ていると、硬派な親!?たる私としては「これでよかったのか?」とのギネンがわかなくもない・・・が、ダンス部で楽しそうに踊っている娘を見ると、やはりこの高校でよかったと思う(ことにしている^^;)。

息子が中学生になる

  ブログ開始当初は幼稚園(!!)だった息子も、いまや中学生。とはいえ背もまだ小さく、顔も童顔なので、私服だとまだ小学生で通る(←というと怒られるけど)。
 吹奏楽部と卓球部で迷ったが、結局卓球部でがんばっている。でも相変わらず(私に似て)ゲーム好き・ドラクエ好き。ボーイスカウトとピアノはまだ続けている。

私・・・小学校PTA役員→育成会役員→中学校PTA役員へ。そのほか地域の活動にいくつか参加。

  正直言うと、初めて役員が苦痛だと思ったときもありました・・・が、その時期を除いては仲間にも恵まれ、相変わらず楽しくやっています♪合唱関連は前々エントリで触れたので省略。小学校の金管バンドの演奏活動は、子どもが卒業後も続けている。定職らしきものはナシ。

ダンナ・・・特に変わりナシ^^;

その他ビッグニュース
  やはりこれに触れなければ!
 「県会議員Fさん」の記事にも書いたFさんこと藤本正人さんが、去る2011年10月、所沢市の市長になられた。
それ以前にご縁ができて、私も微力ながら選挙のお手伝いをさせていただいたのだが、いろいろな人とのご縁がさらに広がって、忙しいながらとても楽しかった。
大いに社会勉強・社会経験をさせていただいて、しみじみ「私ってオトナになったんだな~」と感慨深いものがありました・・・(今頃オトナかい

コメント (6)