Michiyo Kamei "Shape of life"いのちのかたち  

画家 亀井三千代 記
「身体曼荼羅」春画と解剖図
michiyokamei diary

亀井三千代 HP/Michiyo Kamei official web site 

https://michika-6.wixsite.com/michiyokamei

座の会終了。ありがとうございました。

2021年09月09日 09時04分17秒 | EXHIBITION


画像は今回の座の会のパンフレット裏。
会をもう7年ほど見続けてくれている美術評論の野口さんのコメント、
「…しかし座の会の発表をオンラインに替えることが可能だろうか。答えは否、に違いあるまい。
この作家たちの伝えようとしていることの核は、作品の現実的な存在にこそ内容されているはずだ。
私たちはそのような作品こそ観たいと思う。…」
作品は空間に置いた時、そしてスポットをあてた瞬間になんて生き生きとすることか。
作品はそのサイズ以上の空間を把握して場を作る。
作家も、隣り合う他の作家の作品とシンパシーを感じながら、やる。
展覧会は空間だから当然オンラインでは難しい。
それは「その場で息を吸う」ということだからだ。



コロナが感染拡大を始めた頃、画廊や美術館は一斉にオンラインを導入した。
何なら切り替わりの早かった画廊は生き残っている、と感じる。
そしてオンラインで作品が売れて現在バブルなのだそうだ。

そうなれば、例えばだけどインスタ映えする作品の方が有利だろう。
それは悪いことではなく、今までだってずっとアートはそんなふうに社会環境を反映しながら
人の側にありつづけてきた。
ある美術評論家は、コロナ禍の現在、何故作家はマスクを描かないのかと吠えていたが、
そんなことしなくてもインスタ映えのする作品を描くことこそ、コロナ禍の現在を表わしていると
言えるだろう。
そして、そのコロナ禍だからこそ、オンラインの枠におさまりきらない空間展示の尊さに気づく。
座の会に参加したことで展示の意味を掘り起こせた。
もちろんそれはロシアンルーレットのように、感染と隣り合わせだが。


「ブラフマン」は引き取り手が決まり、これが最後の展示となった。
私がこれを描いた、というよりはさまざまな制約が描かせてくれた、愛おしい作品。
作品は、「私が描いた」などというちっぽけな意識を超えた瞬間に
いきなり尊いものになる。面白いな、と思います。

他メンバーの作品も少しご紹介します。

左より、羽田雄貴、米谷清和、藤原宇希子作品


左から金子健一郎、広田郁世作品


神保千絵作品


野崎慎作品


大西長利作品
大西先生は、今年からメンバーになった。御年88歳。
漆芸の大家、スーパースターだという人もいる。
初日に語った言葉の一言一言が磨かれていて心に響いた。
一度会っただけで人生が変わる、って信じられる。
まだまだ大切に人生を生きていこうと思います。

座の会にいらしてくださった方々、ありがとうございました。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

始まります。「座2021」@O美術館

2021年08月27日 08時51分53秒 | EXHIBITION
💖第10回座の会展「座2021」@O美術館(JR大崎駅すぐ)無事整いました!!ふ~~(@_@;) 
27日に初日を迎えます❣
亀井はshumiya art window に展示した「トーテム団結の装置」に新作2点を加えて展示しております。

座の会は、コロナウイルス感染防止の観点から
● 27日(金)、28日(土)、29日(日)は11時~18時
● 30日、31日、9月1日、2日は11時~16時 を開催時間とします。
変則的ですのでご注意ください。

詳細は 座の会→https://www.facebook.com/events/269191681211016/
O美術館アクセス:https://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000001500/hpg000001414.htm

↓ 画像は展示風景より。
全員お昼も食べずに作業に熱中、そして夕方には話しもできないほどヘロヘロに。
翌朝私は全身筋肉痛、といった感じです・笑
それにしても展示現場の脚立のある風景、私は大好き!!














 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第10回 座の会展「座2021」@O美術館

2021年08月16日 18時31分30秒 | EXHIBITION


「スカイ」18×18cm 墨・和紙 2021亀井三千代

秋雨前線、長雨が続き少し涼しくなってきました。
いつもより夏が短かったような気がします。
気のせいかな?オリンピックのせいかな?

座の会展はいつも7月に開催していた。
お客さまからは「暑くないときにやってくれ!!💢」と毎回言われていましたが
いやぁ~7月、確かに暑かったDEATH!



オリンピックは卓球の応援に熱が入った。卓球好き。
もともと水谷選手が好きだった。今年は伊藤選手との混合ダブルスから始まり
テレビにかぶりつきで応援できて幸せ。
「蜂の巣にしてやる!!」
伊藤選手のあの悪魔のような眼差しが好きだ。

私は卓球はできないけれど、あの動きを見ていると
身体がふわふわなんじゃないかと思ったりする。
0.0何秒とかの反射神経。秒速の世界で勝負している身体は
力が入っていたらきっと無理(だからノーパン理解できる)
でも打ち返す球は鋭いって一体どういうことだろうと思います。
ふわふわと鋭さ両方兼ね備えた身体ってかっこいい。

もちろんオリンピックに対してはいろいろ言われていますが
選手に罪はない。
命がけで燃える一瞬一瞬に寄り添えたのは本当に幸せでした。



オリンピックの話しになってしまいましたが、
座の会展「座2021」に出展します。卓球に比べて絵画の何てのんびりしていることか。
詳細↓
会期 :2021年8月27日(金)〜9月2日(木)  
時間 :11:00〜16:00(金土日は18:00)
会場 :O美術館  (JR線・りんかい線 大崎駅から1分、大崎ニューシティ2号館2階)

★O美術館
東京都品川区大崎1-6-2大崎ニューシティ2号2F
O美術館 (shinagawa-culture.or.jp)
TEL : 03(3495)4040



座の会展はO美術館の感染予防対策に則って開催いたします。
どうぞよろしくお願いいたします!!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

生きてます

2021年07月28日 08時39分21秒 | 日記

暑中お見舞い申し上げます。
ブログはあまり頻繁に更新していませんが、
私はなんとか元気です。



暑くて全く頭が働かない中、少しデリケートな問題もあり、
結論を出すのに時間がかかってしまいました。
それもやっとクリア

重大な事であれ、些細な事であれ
決断を下すシーンは人生で何度も訪れる。
その都度さまざまなケースを想定してじっくり考えるのだけど
前向きになれる要素が他のケースを上回る瞬間が来たら
その時にぐっと自分の気持ちを持ち上げて、決定するようにしている。
その前向きな要素はその後の自分を必ず助けてくれる。

以前までは、自分はできれば決断を下す立場になりたくないと思っていた。
精神的な負担が増えるので。
でもこれからは決断を楽しめるようになったらいいな、と思う。
そんな自分になりたいと思う。

そうするときっと、自分はどんな人と一緒に居たいかも分かってくる。
良い決断の時には、必ず良い人が側にいてくれた。



そんなことを思う盛夏
秋からは展覧会が重なる予定ですが
血まなこ制作のかいもあって何とか目処も立ちました。
これから8月の「座の会」というグループ展のための制作に入ります。

パラリンピックに重なるので状況は分かりませんが
このグループの中にも、共に居て前向きになれる仲間が居ます。
どんな展覧会になるのかわくわく。

★第10回座の会展「座2021」★
2021年8月27日~9月2日 @O美術館
時間帯など、詳細は後日お知らせ致します。
現在パンフと図録を制作中
よろしくお願いいたします!!\(^o^)/!!

亀井三千代HP 
Instagram : https://www.instagram.com/michiyokamei_/
Twitter: https://twitter.com/michiyokamei
Facebook Page: https://www.facebook.com/michiyokamei.bodymandara/
SNSフォローもおねがいいたしますm(__)m!!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジョーズとボヘミアンラプソディ

2021年07月03日 23時40分34秒 | 映画

とにかく映画が好きで、それが唯一の娯楽というか趣味というか。
テレビで放映される映画を録画しておいて、
昼ご飯食べながら見ます。

画像は「ジョーズ」のオープニング。
このスピルバーグの「ジョーズ」(Jaws 1975 米. Steven Spielberg)
子供の頃、父と弟と一緒に映画館で見た。
で、良くあることだけど、最近見てドはまりました。



これはサメのパニック映画というより、3人の人間の話だと思います。
絵に描いたような学者、漁師、警官
全く異なるキャラの3人が力を合わせるというのが、
何より見どころなのだと今更気がつきました。

フーパーは若い海洋学者。
サメの知識も豊富だし、最新の機器を持っている。
でも経験が浅くて力も弱いのか、ビックリするとすぐに何でも落としちゃう。

真反対の漁師クイントは、素手でサメと格闘するような肉体派。
でもそれには理由があって、インディアナポリスの乗組員だったという凄すぎる過去。
インディアナポリスの乗組員だなんて子供の頃に聞いても、分かるはずもなく。
でも今なら分かります。この人にどんな悲劇があったのか。
分からない人はニコラス・ケイジ主演の「パシフィック・ウォー」(2016 米)を観て下さい。
日本人なら観といていいかも。

二人はサメのプロだけど一人ド素人の警官、ブロディは海が似合わない。
拳銃の構え方もニューヨークポリス的だし、どこか島を見下してる感じがする。
で、すぐに無線で応援を呼ぶからクイントに叱られ、無線機をたたき壊されたりして
そのドサクサに逆ギレする姿が笑えます。

サメ以前に学者と漁師の小競り合いが最高に面白く、
間に挟まれるニューヨークポリスも自然とキャラが立つ。
「3」という数字は本当に示唆深い。
人間が巨大な化け物に立ち向かうには知恵(学者)と体力(漁師)、
そしてそのどちらでもない「第3の要素」も必要なんじゃないの?という
そんな問いかけを感じたりして…




最近は「ボヘミアンラプソディ」も放映されて
フレディ・マーキュリーって実際どんな顔だっけ?と思うほど
ラミ・マレックの顔が印象深い。濃い。

「友」とは何だ?「友」を持て!とたたみかけられつつ
ライブエイドに向かう展開には、やはり涙。そしてブワッと力涌いてきて
よーし、やるぞ~!!
でもすぐに疲れちゃう。私にとっての「第3の要素」は何でしょうね。
あと、私、友いるっけ?なんてはっとしたりして(笑)
映画は最高です。

Bohemian Rhapsody (2018 英・米.Bryan Singer)
エビぞるフレディ・マーキュリー


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする