レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

相棒(12)第10話元日スペシャル

2014年01月01日 23時25分05秒 | 2014年ドラマ

『ボマー』
「ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」

内容
有休の消化のため、海外へ向かおうとする享(成宮寛貴)
そのことを花の里で、右京(水谷豊)幸子(鈴木杏樹)に話をしていた。
上海で悦子(真飛聖)と落ち合ったあと、イギリスへ向かう予定だと。

その翌日、健康診断の帰り道、享は、交番が爆破されるのを目撃する。
そして近くから、怪しげな成年・北村悠馬(大和田健介)が逃げていくのを目撃。
追いかけはじめたところ“ぼくに近づくと、あなたも殺される”と言う悠馬。
すると首から提げられたスマートフォンから、男(宇崎竜童)が声をかけてくる。
悠馬の体には爆弾が巻き付けられていた!
“JB”と名乗る男により監視されているようだった。

一方、交番の爆破現場にやって来た伊丹(川原和久)芹沢(山中崇史)は
捜査をはじめたところ、米沢(六角精児)が、妙な男に何かを言われていた。
男たちは、公安部外事三課の犬飼孝則たちのよう。
そこへ右京も現れ、近くに裸足で走り去っていく妙な少年がいたことが判明する。

その後、内村刑事部長(片桐竜次)中園参事官(小野了)を中心に
警視庁内で捜査本部が立ち上げられるのだが、
そこに新公安部長の正木浩輔(中村橋之助)が部下の井出聡とともに現れる。
容疑者は、通称J・ボマーと呼ばれている天才的な爆弾クリエイターだと。
1ヶ月ほど前に、日本に入国した情報があり、手口も同じだという。
日本のテロ組織が、テロを計画し、依頼した可能性が高いと言うことだった。
少年の似顔絵を作り、捜査本部に現れた右京だったが、
正木たちに一蹴されてしまい。。。

そんななか、逃げる事が出来なくなった享は、
悠馬とともに、“JB”に命じられるがまま、とあるビルへと向かう。
だがすでに警察の張り込みがあると気づいた“JB”は、ふたりに逃亡を命じる。

偶然にも、そのふたりを見つけた右京と伊丹たちは、追跡をはじめるが、
享は、少年を人質にとり逃亡をする。
その姿に、右京は、ふたりに何かがあると感じ取る。
そしてある事に気づき、右京は、その事を伊丹に伝えた上で、
単独で捜査をはじめ、少年の身元を見つけ出すのだった。

事情を伝えに悦子のもとへ行った右京は、
最近、享達の部屋で妙なことが起きたという話を聞いたことで、
享が犯人に狙われていたことを確信する。

右京は、裕馬の周辺の聞き込みをはじめたところ、
母・喜子、妹・真紀とともに悠馬が旅行中だと知る。
そのうえ、悠馬のバイト先に、ある殺人事件の新聞記事があった。
財団理事長の山王美紀子が、知人のジャーナリストの桂木涼(佐藤藍子)により
殺害されたとされる事件だった。
弁護をする田所信一の話では、涼の部屋に入った山王美紀子が
間違われて殺された可能性があるという。
涼の話では、ただの空き巣ではないと断言。
だが、裁判では黙秘した上。。。何も事情を語らないらしい。
ただ。。。その涼は、現在、入院中で昏睡状態。

一方、享と悠馬は、“JB”から新たな指令を受け、ある公園へ向かったところ、
そこには、
享の父・峯秋(石坂浩二)と正木公安部長、内村刑事部長たちの姿があった。
次の瞬間、享達の目の前で、内村部長が狙撃されてしまう。

そんななか、防犯カメラ映像などから、様々なことを分析、推理。
そして真犯人らしき男を見つけた右京は、角田(山西惇)に伝えた上で、
涼の同僚記者の柳沢晃(川野太郎)のもとを訪ねる。

同じ頃、享は、悠馬から事情を聞いていた。。。

そして右京もまた、涼が関わっていたのが
長峰真という人物に関わることだと気づき。。。

敬称略



今回は、太田愛さん




SPらしく、描こうとしている物語は、テロと言うことで大きく見せているが、

“実は。。。。”ということで、

太田愛さんらしい、ひねりのあるオモシロ味のある物語に。


まあ、右京に頼り過ぎになっているのが、気になるところであるが、

SPなので、黙認。

これは、“相棒”を助けるための奮闘としておきます。

ついでにいえば、享。。。超能力があるのか?と思えるほどの推理力でビックリ!

そこも気になるところなのだが、

物語が楽しいのでokでしょう。

だから

本当の真犯人がバレバレなのも、横に置いておくとします。


ただし。どうしても右京の大活躍。

それも捜査員達への詳細な指示は、気になるモノで。

そのあたりは、もう少し、大河内か、中園を使って欲しかったかな。

いや、峯秋でも良いか。



トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« ごちそうさん 第78回 | トップ | タイムスクープハンター・ス... »

2014年ドラマ」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

「相棒 12」第10話 元日スペシャル (日々“是”精進! ver.F)
思いもよらない出来事… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401020000/ 【送料無料選択可!】相棒season12 オリジナルサウンドトラック[CD] / TVサントラ (音楽: 池頼広)価格:3,150円(税込、送料別)
相棒 「ボマー」~弱者を保護したところで国は繁栄しない (平成エンタメ研究所)
 公安部長の正木浩輔(中村橋之助)は国を担うエリートとその犯罪を暴くジャーナリストについてこう叫ぶ。 「弱者を保護したところで国は繁栄しない。  国の舵取りを担う優秀な人材を確保するためには彼らに相応な見返りを与える必要があるんだ!  それをいちいち暴き...
相棒season12 (第10話 元旦スペシャル・1/1) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
テレビ朝日『相棒season12』(公式) 第10話 元旦スペシャル『ボマー』の感想。 亨(成宮寛貴)は体に爆弾を巻きつけられた少年・悠馬(大和田健介)と出会う。彼を助けようとするが、謎の人物の脅迫により逃亡犯として追われるはめに…。 ---上記のあらすじは...
相棒12元日スペシャル 第10話 (ぷち丸くんの日常日記)
年末、有休を消化するために一足早く休暇に入る亨(成宮寛貴)は、病院で健康診断を受けてから出かけようとしていました。 病院から出て来た亨は、近くの交番が爆破されるのを目の当たりにします。 駆け付けようとした時、亨は現場で裸足で逃げ出そうとしていた少年...
知るべきか、知らざるべきか・・・それが問題だ(中村橋之助) (キッドのブログinココログ)
毎度、おなじみの「相棒 元日スペシャル」である。 「相棒」脚本陣の中では・・・「奇妙な味」とも言える脚本家の登場。 昨年の「アリス」・・・「不思議の国のアリス/ルイス・キャロル」に続いて・・・今回は「ハムレット(デンマークの王子ハムレットの悲劇)/ウィリアム...
相棒12第10話(1.1) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
新年明けましておめでとうございます 今年も自分のペースでちょくちょくブログを更新していきたいと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。 皆様にとって、僕自身にとって、2014年がよい年でありますように で、2014年初っ端の感想は、すっかり元日恒例となっている...
相棒12 元日スペシャル テレ朝(1/1)#10 (ぬる~くまったりと)
第10話 ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐亨を射殺せよ! 公式サイトから年末、一足早く有休を取り海外へバカンスにでかけようとする享 (成宮寛貴)だが、その道中、交番が爆破されるのを目の当たりにする。その近くから裸足で逃げ出してくる少年(大和田健介)を追いか...
相棒(12)第10話元日スペシャル・感想。 (色・彩(いろ・いろ))
お正月恒例?なので、まずはこれから。 享が「事件」に巻き込まれて云々、と言うのは
「相棒 season 12」第10話 (三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ)
爆弾魔が殺人事件の真犯人探しをする理由。 ジャーナリストは何を調べ、何故口を噤むのか。 第10話『ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!』ネタバレです。
「相棒12 元日sp」 (ドラマでポン)
カイトが少年を誘拐?? カイトの指名手配写真がイケメンすぎて笑えましたw ……って、犯罪に巻き込まれた少年を助けた形でそうなるわけですが。 シリーズも12年になるとさらに ...
相棒12 SP ボマー (シフォンなキモチ)
新年明けましておめでとうございます!今年もよろしくですー♪ さて、毎年恒例の相棒の新春スペシャルです。今年も格付けから相棒へ雪崩れ込みー!って、CM入れてくれないと、トイレに行けないじゃん!! それはさておき、スペシャルらしく力が入っておりました! 公安の...
「相棒season12」第10話(元日SP) (またり、すばるくん。)
第10話「元日SP ボマー」         
相棒season12 第10話 (ドラマハンティングP2G)
2014年1月1日(水・祝)9:00~11:30pm テレビ朝日開局55周年記念 元日スペシャル 第10話「ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」  年末、一足早く有休を取り海外へバカンスにでかけようとする享(成宮寛貴)だが、その道中、交番が爆破されるのを目の当た...
相棒「ボマー」 (blog mr)
 うーん、色んな方面に棘のむいたエピソード。そういう意味では「相棒」らしい。  直接的には、政府・議員の暴走を刺しているように見えるが、ジャーナリストだってそれほど立派じゃないよな、ということを思い出せば、単に権力者を非難しているだけのエピソードではな...
相棒12 元旦スペシャル「ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」 (のほほん便り)
ヒッチコック・サスペンスよろしく、カイト君、爆弾犯に巻き込まれて、共に逃走劇。その中で、右京さんを信じてヒントを残していき、それを彼の抜群の推理力で追っていくのですが、事件は次第に大事になっていきます。お正月スペシャルらしく、伊丹サンタに芹沢トナカイ♪...