レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女はそれを許さない 第10話(最終回)

2014年12月23日 22時49分30秒 | 2014年ドラマ

「最後の対決!子を失った親達の救いとは」

内容
死亡事故を起こした運転手・平田正人が、かつて危険ドラッグを使用し、
起訴されていた事実が浮上する。
その弁護を引き受けていたのは忠守(上川隆也)だった。
そのことで、涼子(安達祐実)ら遺族は動揺。
忠守に憤り、麗(深田恭子)凛香(寺島しのぶ)を解任するという話に。
他に引き受けてくれる弁護士は居ないだろうと言っても、信用されず。
弁護士が見つかれば解任すると言われてしまうのだった。
忠守も、遺族のため、麗、凛香のために、解任要求を受け入れると告げる。
その後、涼子から、正式に解任すると言われ、受け入れるしかない麗達。
ただ涼子自身は、
このまま真実が明らかにならず終わってしまうのかと思っているようで。。。

そんななか平田の妻・真由美(原田佳奈)から、
忠守を裏切るようなことはしていないという訴えを聞く麗たち。
そこで忠守が涼子たち遺族に謝罪した上で、もう一度、弁護を引き受けることに。

その後、事件当日の目撃証言や、トラック事故の記録などから、
1つの疑惑が浮上してくる。。。。

敬称略




どうなるかと思っていたら。

そっか。なるほど。

たしかに、重なっているワケなので、そういう展開もアリでしょう。

ほぼ、普通の弁護士モノになっていますね。

成長だとか、改心だとかも、ドラマとしては面白いんだけど。

やはり、法廷こそがオモシロ味。..醍醐味


もう少し序盤で、成長、改心が決着ついていれば、

もっと盛り上がったかもね。


今の状態ならば、《2》があったら期待出来るかもね。

ただし、凛香のグレー部分だけは、それなりに残して。。。だけど。

個人的には、“月8”でお願いしたいですね。
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« すべてがFになる 第10話... | トップ | マッサン 第75回 »

2014年ドラマ」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

女はそれを許さない #10 最終回 (ぐ~たらにっき)
『最後の対決!子を失った親達の救いとは』
女はそれを許さない 最終回「最後の対決!子を失った親達の救いとは」 (のほほん便り)
仲間達のタッグ。足を使い、現場に出向いて地道に検証した、逆転勝利でしたね。運転手の薬物や、居眠り疑惑は晴れ、実はブレーキの不具合を隠してた、会社ぐるみの隠蔽措置。勤務体制と併せてブラックだっただなんて…いったんは、法廷に立った麗(深田恭子)がピンチに陥...
女はそれを許さない (第10話・12/23) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBS系『女はそれを許さない』(公式) 第10話/最終回『最後の対決!子を失った親達の救いとは』の感想。 麗(深田恭子)は、死亡事故を起こした運転手が実は真面目に働いていたと確信し、事故現場で会った老女から新事実を聞き出す。一方、凛香(寺島しのぶ)は...
女はそれを許さない 第10話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
第10話「最後の対決!子を失った親達の救いとは」2014年12月23日放送 事故を起こし亡くなったトラック運転手・平田(和泉崇司)は、かつて危険ドラッグの使用で起訴されたことがあり、その弁護を忠守(上川隆也)が担当していた。そのことを知った野村涼子(安達祐実)た...
女はそれを許さない&ファーストクラス最終回感想 (NelsonTouchBlog)
■女はそれを許さない最終回 法廷に立つことすらできなかった主人公の深田恭子が、ビシッと法廷で決めていました。もっとも、寺島しのぶの助力ありきだけど。。このふたりのコンビがなんでか良かった。最後はお互いの得意技を習得していたという(笑) 前回と最終回の前後...