レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蜜の味~A Taste Of Honey~ 第9話

2011年12月08日 23時07分38秒 | 2011年ドラマ

『俺はお前を許さない!許さない!許さない!許さない』

内容
直子(榮倉奈々)が担当していたい患者に異変が発生する。
誰かが直子のIDでカルテを改ざんし、投薬量の変更したのが原因だった。
患者の容態が安定しているため謝罪はするなと
滝ノ原(升毅)教授は、雅人(ARATA)に指示を出す。
一方で、調査の結果、医局からのアクセスと判明。
院内の誰かが犯人だと思われた。
雅人は、滝ノ原と消化器外科の評判を落とすか直子を陥れるのが目的だと推測。
その雅人は、、、、彩(菅野美穂)の顔が浮かんでいた。

同じ頃、自分のIDを知る人物を考える直子は、
以前、則杉(溝端淳平)に教えたことを思い出し、呼び出すのだった。
だが当然、犯行を否認する。

その日の夜。則杉は彩のもとを訪れ、全てを伝える。
自分が仕組んだモノだと。彩が喜ぶと思ったというが、彩は。。。。。

そんななか、週刊誌に医療ミスと禁断の恋愛が掲載され。。。。。。

敬称略



則杉が犯行を彩に伝えて、彩が驚く意味が分からない
あれだけ色々していたのに。

まさかと思うのだが、彩、、、いや、菅野美穂さんのイメージを修正中?

『医者としての誇りを失っていないし、あなたのように愚かでもないわ』

だって。。。。(苦笑)



それはさておき。

お話は、、、愛情が憎悪に、、嫉妬に。。。そして暴走。

そんなお話である。


個人的には、
良い感じでサスペンス感が出ていて、

今作が始まって以来いちばん面白かったと思います。

病院内でのドタバタ劇としては悪くは無いと思いますしね。

実際のところ、
“彩だけが目立っている”という状態でないのが、ドラマとして健全。

一番良かったのは、則杉の暴走や憎悪を、シッカリと表現したこと。
俳優さんの怪しい演技だけで表現されるよりは、

こういう作品なら、面白さがあります。

そして最重要なことが表現された。

それは、雅人の気持ちがシッカリと表現されたことだ。

これが無いため、バランスが悪くなるだけで無く、
オモシロ味が薄れてしまっていたのだ。

そう。。。
軸としてあるはずの“禁断”が、表現しきれていなかったと言うことだ。

やはり登場人物たちが動くのは、そこに“感情”があるからであって、
なんらかの“結果”だけを表現されても、
イマイチオモシロ味を感じにくいんですよね。

たしかに、見せない魅せ方もあるのだが、
ここまで見せないと、ミステリー、サスペンスと言うよりは、

何をしたいのかが、サッパリ分からなくなるのも自明である。

とはいえ。

今までのことを、あれもこれもと忘れれば
今回のお話は、

そんなモヤモヤが、ほぼ払拭され、ホントにドラマとして面白かったと思います。




楽天ブログ版
第9話 


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« DOCTORS 最強の名医... | トップ | ランナウェイ~愛する君のた... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (菅野仁恋太郎@菅野美穂ファンブログ)
2011-12-15 00:49:10
初めまして、今晩は♪
菅野仁恋太郎と申します。

第9話面白かったですね~。

仰る通り、
雅人の気持ちがシッカリと表現された事で禁断の恋が、

そして、このドラマの方向性が
やっと見えたという感じが致します^_^;

今夜も楽しみですね♪

2011年ドラマ」カテゴリの最新記事