レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

相棒season16 第11話

2018年01月10日 21時51分15秒 | 2018年ドラマ

『ダメージ・グッズ』
内容
ロンドンで研修中だった陣川(原田龍二)が帰国した。
特命係の右京(水谷豊)亘(反町隆史)のもとに挨拶にやって来た陣川は、
ロンドンで知り合った岡村咲(真野恵里菜)の相談にのって欲しいと告げる。
花の里で、咲と合流し、話を聞くことに。
咲によると、自殺した親友・武田麻里(川村ゆきえ)の死に疑問を抱いていると。
遺書らしきモノは、自分に送られてきたメールだけだという。
右京が、陣川との出会いについて尋ねると、橋で会ったと。
咲の様子に妙な印象を受けた亘が、薬物に関するカマをかけると、
いきなり、咲は逃げようとする。そのことから、何かあると確信する。
麻里のことで、ロンドンに逃げてやって来たということだった。

その後、咲の友人である参議院議員の成澤良子(岩井七世)がやってきて、
咲を引き取って帰っていく。児童相談所でであったと言う事。

それから、麻里が関わったという関係先を調べると、関わっていないと分かる。
良子、麻里、そして中井亜弥の4人は、相談所で出会った親友だったという。
麻里のことが気になる咲のため、右京と亘は、陣川とともに
麻里の周辺の調査をすることに。
やがて、麻里がスナックを開店しようとしていたことが分かってくる。
しかし恋人の黒土圭司に聞いても、詳細は分からず。
ただ、咲が“シュガー”と口にしたことで。。。。


敬称略


脚本は、真野勝成さん

監督は、内片輝さん

 

脚本家さんらしい。。。エピソードですね。

たしかに、社会の闇を描く作品としては、悪くないのだが。

これ、

極論を言えば、陣川君。。。必要無いんじゃ??

そもそも。

女にほれっぽいっていう設定は、

陣川君だけじゃ無く、冠城亘も酷似する設定がアリ。

だから、先日の第9話のようなエピソードが生まれるわけである。

 

TBは以下のミラーへお願いします

http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-4121.html

この記事についてブログを書く
« 連続テレビ小説『わろてんか... | トップ | 水曜ドラマ『anone』 ... »

2018年ドラマ」カテゴリの最新記事