博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ

博多湾に面した福岡市を拠点に、仕事にプライベートに活動する日々を綴ります。趣味の吉田初三郎話や郷土の旬ネタも満載!

夏空のもと、大迫力の追い山ならし・櫛田入り。

2009年07月12日 21時35分24秒 | 博多部
 今日の博多は夏空。博多祇園山笠の「追い山ならし」は雲間から時折強い日
が差し込む中で行われた。櫛田神社周辺、川端通りの賑わいは日曜日の今日が
ピークか。人波をかき分けて進むのも困難だった。

 一番山笠・東流のスタートは午後3時59分。時間が近づくにつれ、神社内の
観覧席は超満員。私は予定通り恵比寿会館2階、TV各局のカメラが集う最前列
で撮影した。上から見下ろすと人々の顔がとてもよく見える。私に気づいた知
人が声をかけてくる。中洲流れに毎年参加される小松政夫さん、土居流れの長
谷川法世さんの顔も見える。

 一番山・東流の「追い山ならし」表には、おやじの会で一緒だった重枝さん
が台上がり。事前に町内の木戸さんから情報を得ていたので、意識してアップ
も撮影した。清道を廻っての博多祝い唄の場面、昨年も感じた「究極の集団美」
に圧倒される。見下ろす位置でなければ判らない感動。最高のカットが撮れた。

 二番山以降も各流れの「櫛田入り」をきっちり撮影。タイムは全体的に昨年
よりも抑え気味。そんな中、まさかの千代流の櫛田入りでトラブル。20分の中
断の後に再開され、各流の櫛田入りを最後まで自己満足ながら良いカットを撮
って締めくくることができた。

 八番山・上川端通の「動く飾り山」の櫛田入りは今年も圧巻!清道入り口にあ
る「ぎなん樹」の枝葉が飾り山の衝突で飛び散る豪快さ。仕掛けも観衆を喜ばせ
た。上川端通りの山が商店街へ戻るところを最後に撮影して、この日の撮影は終
了した。

 帰宅し、東流の「櫛田入り」写真をA3判でプリンタ出力。愛用の一眼レフデジ
カメの性能は、やはりこれくらい大きく出力しなければ判らない。早速、いつも
会うという町内の木戸さんに重枝さんへの出力写真を手渡した。8月1日は住ん
でいる東光の夏祭り、この日は博多小など各地で同様の夏祭りが行われるが、今
年は2年ぶりに東光のお手伝いに出ようと思っている。

写真は、一番山笠・東流の「櫛田入り」。
このアングルからの撮影は私だけ、そのためどんなに自信作が撮れても、
写真コンクールなどには出せないのが残念である。

写真集「西鉄ライオンズとその時代」
フォトブックシリーズ解説・通販
美しき九州「大正広重」吉田初三郎の世界 九州・初三郎研究会
アンティーク絵葉書に観る懐かしの風景・町並み
ギンギラ太陽's
冷泉のあゆみ1945~2007まちづくり戦後史
鳥瞰図絵師・前田虹映
オールド地図鳥瞰図コレクション・吉田初三郎ほか
人気blogランキングへ
ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
« 一日に二度、朝山と他流舁き... | トップ | 最高の天気と熱気!集団山見せ。 »
最近の画像もっと見る

博多部」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事