記憶探偵〜益田啓一郎のブログ(旧博多湾つれづれ紀行)

古写真古地図から街の歴史逸話を発掘する日々。ブラタモリ案内人等、地域の魅力発掘!まち巡りを綴ります。

閉園が発表された「かしいかえん」歴代パンフレット&閲覧できる懐かしの写真群

2021年04月01日 07時50分40秒 | 福博まちの記憶
2021年春、桜の季節に福岡を駆け抜けた「かしいかえんが2021年12月末で閉園」のニュース。1956(昭和31)年の開園から65年、前身の香椎チューリップ園から80余念、福岡市内唯一の遊園地がついに閉園へ。数々の想い出とともに…。 公式発表前、私はいちおう西鉄広報アーカイブの顧問アドバイザーを務める立場なので、パネル等の企画展示などの相談も受けてましたが理由は聞かず、そういう . . . 本文を読む

ブリヂストン90周年、手持ちの昭和時代のパンフたち

2021年03月03日 18時12分06秒 | ひと駅ノスタルジー
3月1日、久留米市で創業したブリヂストンが90周年を迎えたとのことで、手持ちのブリヂストンや日本足袋(アサヒシューズ)の昭和時代の資料群を見返しました。 これら資料は2年前(2019年1月)、KBCドォーモ「ふるさとWish」第1週の特集で企画協力・案内人出演した際に活用したもの。会社案内や工場見学用のパンフレット、創業当時の絵葉書などがあります。 現在企画をお手伝いしているFBSめん . . . 本文を読む

春吉橋袂に完成した「平助筆復古堂(1501年創業)ビル」と春吉橋エリアの研究会登壇

2021年03月03日 17時21分20秒 | 福博まちの記憶
来週の2021年3月10日、福岡市・春吉橋エリアの研究会「那珂川ウォーターパークマネジメント研究会」にて、エリアの歴史&景観変遷についてアーキビストとして語らせていただきます。 研究会は参加費無料・Webinar (Youtubeによるオンライン配信・事前申込要)だそうです。 先日、界隈の現状把握のため春吉橋エリアを散策してみました。注目すべきは、架け替え中の春吉橋西南詰に完成した . . . 本文を読む

新造船が就航した「鬼ヶ島」こと女木島、1950年代の「鬼ヶ島遊覧御案内」

2021年03月01日 22時51分49秒 | 昭和の観光学
瀬戸内海の女木島・男木島と高松港を結ぶ航路に23年ぶりの新造船就航というニュースをみて、女木島の別名「鬼ヶ島」の観光パンフレットと鳥瞰図を思い出しました。 「鬼ヶ島」行きの23年ぶり新造船は“しましま”に 新「めおん」2月末デビュー パンフに掲載されている鳥瞰図は、吉田初三郎の高弟・寺本左近(本名:郷史)の作品です。「鬼ヶ島遊覧御案内」は印刷時期の記載はないものの、 . . . 本文を読む

今から90年前の写真集に紹介された「バスホテル」が気になる。

2021年02月24日 21時17分43秒 | 福博まちの記憶
今から90年前、1931(昭和6)年9月に大阪毎日新聞社が刊行した「西日本現代風景」を必要に駆られて再チェック。ちょうどリンドバーグ夫妻が福岡・名島水上飛行場へ来た頃ですが、私の興味は次ページ「松浦潟」肥前唐津の「バス・ホテル」の写真と解説文に。 虹の松原に「バス車両の廃車を使ったバス・ホテルが登場!」九軌会社とあるので、西日本鉄道の前身・九州電気軌道のことなのか気になりました。 バス . . . 本文を読む

福岡市「西中島橋」の明治36年頃の絵葉書と景観変遷

2021年02月22日 18時59分54秒 | 福博まちの記憶
先日、1903(明治36)年頃の撮影と推察できる「西中島橋」の絵葉書を入手しました。 絵葉書の状態は悪いものの初見の構図、現在「赤煉瓦文化館(日本生命九州支社)」が建つ場所には火災消失前の国立第十七銀行(福岡銀行の前身)があり、このアングルの絵葉書はかなり貴重です^_^。以下は十七銀行が解体され囲い塀が見える別角度の絵葉書。右側の建物は福岡郵便局です。 別アングルや遠景の絵葉書など、明 . . . 本文を読む

福岡農学校の80年前のアルバム風景の今を探す

2021年02月15日 07時22分26秒 | ひと駅ノスタルジー
以前入手した「県立福岡農学校(現・県立福岡農業高等学校)」の1939(昭和14)年と1941(昭和16)年の卒業アルバムを見ていて気づいたのは、1枚目・2枚目の写真の場所が現在の山王公園(博多区)付近らしいということです。田んぼの奥にある森が山王日吉神社付近の森とのこと。 現在の竹下2丁目付近にあった福岡農学校、この当時の実習用の田んぼは山王公園の南西側、今の筑紫通り沿線一帯だったようですね . . . 本文を読む

幻の「福岡炭鉱」を知るための記念絵葉書セット

2021年02月14日 23時27分47秒 | 福博まちの記憶
先日ずっと探していた「福岡炭坑」本社竣工記念の絵葉書セットを入手しました。現在、福岡市西区にある「小戸公園」一帯にあった炭坑です。 1914(大正3)年創業の福岡炭鉱(小戸坑)は、木屋瀬・鞍手等福岡県内の小さな炭坑を束ねたグループだったようですが、資料が少なく「産業遺産巡礼」などの著者・市原猛志さんによれば「謎多し」とのこと。 福岡炭坑といえば、早良鉱業(姪浜炭坑、現・サワライズ)の前 . . . 本文を読む

1950〜60年代のマッチ箱のデザイン、中洲の喫茶店編(その1)

2021年02月14日 22時58分13秒 | 福博まちの記憶
昨年、2020年夏に入手した段ボールいっぱいの1950〜60年代のマッチ箱から、福岡市「中洲(東中洲)」の喫茶店マッチ紹介(その1)。 中洲で最初に自動ドアが付いたという「ニューフランス」、シャンソン喫茶「ブルーシャトー」、洋酒と珈琲の「キャラバン」。 懐かしの喫茶店アンケートの中にも名前が出てくる3店。コロンパン、エスキモー、いるか。 コロンパンの裏側は、喫茶センター。デザイン . . . 本文を読む

学校給食で各地へ広まった儀助煮(ぎすけ煮)の古い資料から。

2021年02月14日 22時05分39秒 | 福博まちの記憶
先日、久留米市の道の駅で大豆の「ぎすけ煮」を見つけて購入しました。サイトで検索すると「儀助煮(ぎすけ煮)」に関する由縁の説明がいくつか出てきますが、パッケージやお店の情報は無いようですので、手持ちの資料からご紹介します。 「儀助煮(ぎすけ煮)」は博多・中洲中島町の宮野儀助さんが明治期に製造法を確立、博多名物となり戦前は東アジア(朝鮮半島や中国大陸)にも輸出されたそうです。戦前の福岡市土産品案 . . . 本文を読む

特急「有明」運行終了を聞いて思い出した「日本特急旅行ゲーム」

2021年02月14日 18時26分57秒 | 鉄道
2021年3月のダイヤ改正でJR九州の特急「有明」が運行を終えるとの事で、とりあえず手持ちの1970〜80年代ポジフィルム2000余点の中から数点拾い出し^_^。 私自身は残念ながら「有明」に一度も乗る機会がなく、「富士」「はやぶさ」等の寝台列車が運行終了した際のような感傷的な気持ちがありません。ただ、子供の頃に鉄道旅行に憧れた時期があったのも事実です。 特急「有明」で思い出したのは、 . . . 本文を読む

玉造温泉の鳥瞰図や絵葉書、発行元は著名人ゆかりの老舗旅館

2021年01月23日 19時17分20秒 | 昭和の観光学
先日のNHK「ファミリーヒストリー」長谷川博己さんの回「長谷川博己〜1300年前の伝説 老舗温泉旅館の誇り〜」は、私的にはまさに神回でした!アイデンティティを形成する家族の歴史と人の縁、まさかの「山崎の戦い」での明智つながり。ご先祖様をしっかりと辿れることが素晴らしいです。 私的に興奮した部分でいうと、絵葉書や鳥瞰図の発行元である玉造温泉「保性館」がお父様の実家と知り、見終わった後さっそく手 . . . 本文を読む

戦前の福岡の写真文化に触れる福岡市美術館の「ソシエテ・イルフ」回顧展

2021年01月22日 16時35分38秒 | 福博まちの記憶
1月11日(祝)午後、1月5日から始まった福岡市美術館の「ソシエテ・イルフは前身する〜福岡の前衛写真と絵画」を観覧しました。写真愛好家や写真史研究家の間では密かに話題となっている写真展です。 戦時下の福岡、カフェ・ブラジレイロなどを集いの場として活動を続けたメンバーと会友の濃い作品群の1987(昭和62)年以来となる企画展。今回は本ブログの過去記事からご縁をいただき、イルフ会友であることが判 . . . 本文を読む

福岡初の都市計画図、90年前の資料に見る160万都市の曙

2020年12月28日 10時07分34秒 | 福博まちの記憶
先日、ずっと探していた福岡市最初の都市計画図「福岡市都市計画街路網図」「福岡市都市計画地域図」修正版を入手しました! 1931(昭和6)年の発行。2021年はこの計画図が作成され、福岡市が大都市へ本格的なあゆみを始めてから90年です。経年の痛みはあるものの、内容部分に痛みはほとんど無く、比較的状態良し。 国道3号線(当時は2号線)整備前、当然ながら福岡空港になる場所も田園地帯です^_^ . . . 本文を読む

日本人が初めて第九第四楽章『喜びの歌』を演奏したのは福岡市?

2020年12月24日 22時24分07秒 | 福博まちの記憶
師走の風物詩のひとつ、ベートーヴェンの交響曲第9番(第九)の日本初演をめぐる逸話の中で、意外に地元でも見逃されているのが「日本人が初めて第四楽章の『喜びの歌』を演奏したのは九大フィル(九州帝国大学フィルハーモニー会)で、福岡市記念館(現在の天神1丁目、大丸エルガーラの場所にあった)で演奏した」という事実かもしれません。   ドイツ人による国内初の演奏は徳島や久留米が当然先ですが、日本 . . . 本文を読む