かなたんの更年期を楽しむブログ♪

ただいま 更年期真っ最中のアラフィフ女デス
自分のこだわり・思うコトなど
独断と偏見で言いたい放題綴ってマス 

ユーミン

2018年10月14日 12時06分45秒 | 好きな歌♬

ワタクシの青春・・というか人生を語るのに

ユーミンは欠かせない存在です

ガラケー携帯のワタシにとってSONYのウォークマンは

日常的に欠かせない必須アイテムなのですけど

昨日、たまたまウォークマンのアプリで曲をダウンロードしようかと

moraを開いたら

「ユーミン全424曲配信開始」

の文字が飛び込んできて( ゚Д゚)もービックリ仰天しました

小学低学年の頃、ラジオから流れてきた

「わ~た~しが~今~しん~でも~♬」

というワンフレーズに心を奪われて

一時期このフレーズばかり歌っていました

誰の曲か 全く分からなかったんですけど

とにかく、このフレーズだけしか分からないのに

この曲が好きで好きでしょうがなかったのです

5年生の頃、長女の部屋から

しょっちゅう聴こえてくるカセットデッキの曲に

どハマりしてしまい 

「その曲なんていうの?」と、姉に訊ねたところ

「ユーミンのひこうき雲」

と、言われ 初めてユーミンという言葉を知りました

当時小学生だったワタシには

イントロのエレクトーンピアノの奏でる不思議な世界が

おとぎ話のようで 

そこにユーミンのよくわからない不思議な声色が

サビに向かってダンダンとダンダンダダンと

盛り上げていくその曲調に

少しだけ片思いどころか

完全にハートを射抜かれてしまいました

やさしさに包みまれたような音楽の中に

なんともいえない情景が 

浮かび上がってくるような感覚・・・

それは ありきたりで恐縮ですが、まさに衝撃でした

ひこうき雲を「坂道」と表現するその感性 

この曲のテーマは 曲調に反して

どうやら「自殺」のようなのですが

「他の人には分からない」

このフレーズのユーミンの心の込め方に

なんだか グッとくるものを感じてしまいます

こうしてワタシはユーミンにハマっていくことになるのですが

学校で、あまりにも「ユーミン・ユーミン」と

そればかり口にしていたら ワタシと同じく中学生の姉を持つ

級友の1人が 「ユーミン貸してあげる」と持ってきてくれたのが

「時のないホテル」でした

こちらをダビングさせて頂いたときから

ワタシのユーミン熱は不動のものとなりました

A面の第1曲目は「セシルの週末」

今まで耳にしたことのないようなオシャレな曲調に

初っ端からやられてしまいました

当時のワタシのお気に入りは

「雨に消えたジョガー」で

歌を聴いただけで涙がでちゃう・・なんて

ホントにワタシ・・どーかしちゃってる・・

でも、ユーミンの曲は曲調と歌詞が1本の映画のようで

来てほしい音楽がまさに今!という場面で押し寄せる

もーこの方は天才! 一生ついていくわ!!

そんな感じでした

中学生に上がるとき

学生カバンを姉のおさがりで我慢するという条件で

ユーミンのLPを2枚買ってもらう約束を取り付けました

さんざん悩んだあげく

「ユーミンブランド2」と「流線形'80」を買ったのですが

そう・・この「ユーミンブランド2」

この最後の「翳りゆく部屋」

教会を思わせるイントロが流れ

洗練された厳かな曲調が流れてきた時点で

もう「うわ・・・なにこの曲・・すごい・・」

と、きた最高潮部分で

「わ~た~しが~今~死んでも~♬」が

流れてきた時のワタシの驚愕・・分かります?

「ユ・・ユーミンだったんですか!!

足長おじさんはあなただったんですか!!

もしくは

あなたが紫のバラの人だったんですか!

の北島マヤより驚いたかもしれません

この辺りからユーミン自身も絶頂期を迎えていくのですが

中学1年の秋には「昨晩お会いしましょう」に間髪入れずに

「水の中のASIA」をリリース

中2年の冬には、超絶神アルバム「REINCANATION」をリリース

そしてトドメは半年も立たない中3の夏にリリースされた

「PEAL PERCE」!さらにこの冬には

あの「結婚しようか 今夜」で大きな反響を呼んだ

「不思議な体験」を収録した「VOYAGER」発売ですよ!

この5枚のアルバムを聴けばワタシの中学時代は

すぐによみがえってくるほど

ワタシの思春期はユーミン一色で染まりまくっていました

この頃には、貸しレコード屋というお店が出現し

ワタシはユーミンが出している全曲をゲットしました

当時、LPは2500円~3000円くらいしてましたので

中学生のワタシには貸しレコード屋は 有難い存在でした

それをカセットテープにダビングして

毎日聴く生活・・・ テープの伸びや絡まりの恐怖に耐えながら

とにかく聴きまくりました

お年玉や誕生日などでLPも少しずつ増えていったのですが

なんと!! 時代の流れでレコードというものが無くなり・・

CDが台頭してしまいました・・・

このころ、ワタシは成人を迎えましたので

あるとき、思い切って今まで買ったLPを捨て去り

新たにCDで買え揃えるという 

今思うとタイヘンもったいない行為を犯してしまいました・・

デッキもカセットテープからMDなんてものに変化していき・・

そうこうしていくなかで

2度と手に入らなくなってしまった・・という曲が何曲か発生し

その中でも

「白日夢・DAYDREAM」

「星のルージュリアン」

「ナビゲーター」☜同時収録の「遠い旅路」はあまり好きではないのでカット

この3曲が いつの間にか どのCDにも収録されず

幻の曲と化していきました

20年くらい前にも一度大々的にアルバムに入っていないシングル曲を

一斉にCD化した事があったんですけど

あのとき、レンタルじゃなくて現物をなぜ買っておかなかったんだろうと

かなり後悔いたしました・・・(-_-メ)

それがそれが!!

今回!!!

なんと!全424曲の中に

しっかり入っておりました!!パンパカパーン

さっそくダウンロードしましたよ~

気分は まさに中学時代 きゃっ きゃっ

うれしすぎる~

ユーミンファンの方は この機会にぜひぜひ!!

ダウンロードしましょう

最後に これからの季節を踏まえて

ユーミンの曲で 

メジャーではない部類の中から

ワタシのオススメを少し・・

①スラバヤ通りの妹へ(水の中のASIAより)

②キャリー・オン(ティアーズ&リーズンズより)

③TUXED RAIN(ダイアモンドダストが消えぬ間により)

④りんごのにおいと風の国(オリーブより)

⑤さまよいの果て波は寄せる(かなしいほどお天気)

しんみりする曲ばかりですが 聴けば聴くほど

奥の深い作品ばかりです

とくに TUXED RAINは 

駆け落ち?かな?まわりに祝福されない愛を誓った感じの二人が

障害をはねのけて一緒になるという内容で

場面は雨のなか、たぶん土砂降りなんですけど

「やるせなく・・でも誇らしく 舗道打つ拍手の中・・」

雨の音を拍手に置き換える

すごくないですか?

天ぷらを揚げてる

油の音じゃないんですよ!!( ゚Д゚)

商店街を歩いたら揚げ物屋の油揚げてる音が

祝福の拍手に聞こえた・・・

人の手以外の拍手といったらその程度が凡人センスです

このようにユーミンの歌は 歌詞のセンスを

ぜひ堪能してみてくださいませませ(*'▽')



 




 



 






 

 



 




コメント

孤独なアラフィフのワタシ

2017年11月22日 06時58分42秒 | 好きな歌♬

だいぶ紅葉がキレイになってきました

Mrs.GREENAPPLE熱が止まらず

ここのところMrs.GREENAPPLEばかり・・というか

Mrs.GREENAPPLEしか聴いておりません

聴けば聴くほどハマってしまいます・・(>_<)

このトシで このようなパワーある曲を夜に聴いてしまうと

もー交感神経がはりきっちゃって 

眠れなくなります

メンバーが誰なのかも顔もよく分からないんですけど

とにかくスキ・・・

ということをバイト仲間の二十歳のお姉さんに言ったら

「かなたんさん・・・若いですね・・

   高校生に人気のバンドですよ・・・

と言われてしまいました

ワタシは このほか

RADWIMPSと米津玄師が大好きですが

話の合う人が同年代では ほぼいないため

大変寂しい思いをしております・・

米津玄師は 同じくバイト仲間の

20代のお兄さんがファンなので 

一生懸命語りかけておりますが

オバサンなのに・・・てな感じで

ちょっと引かれている気がすごくします・・

米津さんを知っていただくために

バレンタインデーの時

バイト先に袋詰めのチョコを持って行き

そのチョコに「当たり」の文字を仕込み

「見事当たりチョコを引いた人には

 米津玄師のCDをプレゼント」と

自分で選んだ曲をコピーしたCDをつけといたのですが

この米津さんの名前が珍しいので

「なにこれ?」

「かなたんが持ってきたんだけど

 かなたんのことだから 

 きっとどっかの

お坊さんのお経かなんかじゃないの?」

「説法でも入ってんのかしら・・」

と・・ワタシの知らないところで こんなハナシが

盛り上がっていたようで・・・ビックリです・・・

でもでもでも

ワタシの周りのアラフィフ、それ以上の方には

ジャニーズファンは たくさんいるんですよ

「ニノが~」とかファンクラブに入って

キャーキャーいってる方多数・・・

申し訳ないけど ジャニーズのほうが 

ずっと若い趣味だと思うんですけど・・・

そこで ワタクシ あることに気づきました

ジャニーズファンの方って たいていが娘持ち!

私の統計では100%に近いと思います

ワタシにも娘がいますが 娘は中学生の時でさえ

ジャニーズを「シェ―キーズ?」と言ってたくらいなので

・・・ん?

これはムスメの影響? それとも母親の影響?

母が若い頃に好きで娘も感化→母娘でジャニーズ命になる図式?

もしかしてワタシが失敗したピーターラビット現象と同じなのでは・・

というか ピーターラビット現象の成功例?

母娘で趣味が似ているというのは 実に羨ましいことです(>_<)

ワタシは どちらかというと息子と似ているので

RADだの米津さんだの そっちにいっちゃってるのか・・

ということに気づきました たった今・・

よく女性脳とか男性脳を見極めるのに 

人差し指と薬指のどちらが長いかで分かるとか言いますが

ワタクシ・・人差し指がものすごく短いです

中指の爪の下です 

女性ホルモンが足りてないような気はしてましたけど

それでも 息子を見てると やっぱり男の趣味は理解できない・・

と思うコト ものすごくあります

特に漫画の趣味

息子が「面白いから読んで」と言って持ってくるマンガの5割は

     (👆祖父似

全然面白くない・・・

自分が大人だからかな?・・と思ってると

ダンナ様は大爆笑して読んでたりするんですよ

男女の違いって色々あって不思議で面白いです

 



 

 

 

 






 







コメント

Mrs.Greenappleにハマるゆとり世代を育てた親(自分)

2017年10月29日 10時26分15秒 | 好きな歌♬

(>_<)くーーーーーーっ

最近 もーーーーっ Mrs.Greenappleにハマってしまって

ハマってしまって 苦しいのなんのって

(>_<)くーーーーーーっ

Mrs. Greenapple ご存じでしょうか?

とんでもないバンドが出てきたものです

知らない人は是非聞いてみましょう

ワタシは こういう歌い方をする人が好きです

子供たちが

「かーちゃんの好きそうな曲があるよ」と言ってきたのが出会いでしたが

バンドと同名のアルバム「Mrs.Greenapple」

その中の

「絶世生物」

これが一日中 頭の中で

ぐるぐるぐるぐるぐる ・・・ 

もー誰か助けて状態です かなりやばいデス・・・

この押し寄せるような曲調に加えて ボーカル(大森元貴氏)の声が 

たたみかけるようにパワー全開に響き渡ります 

Greenappleといい 米津玄師といい 浅田真央たんに羽生くん 大谷選手

みーーーんなゆとり世代で育った子供たちですが

かくいうワタクシの子供たちも ドンピシャ・・

ゆとり世代とは言っても 始まった時、あの教科書の薄さをみて 

たいていの保護者は「これはヤバい・・・」という危機感を 

政府よりも先に抱いたハズです!!

ゆとりが始まった初めての学期末に先生が懇談会で

「1・2・3の3段階評価は変わりませんが・・・ いいですか?2でふつうですから!

2でいいんですから!」としきりにを強調してきました

そのときは保護者の誰もが 「?」という感じでしたが

子供たちが通信簿を持って帰って来て その意味が分かりました

2人とも見事に「オール2」

なんの特技もないわけ?

怒りがこみ上げてきました

さらに オール2の備考欄には

「〇〇を頑張りました」←例えば「九九」とか「リコーダー」とか「音読」とか

バカにしてんの?

としか思えないような くだらなすぎるコメントの嵐・・・

家庭欄の判を押すのもバカバカしい感じ・・

その数日後 町内会のお祭りで近所のママ友たちと会いました

最初は 誰も 通信簿について口を堅くつむんでいましたが・・・

ある1人のママが 

「うち・・・・ オール2なんだけど・・・」と口火を切ると

その場にいた全員が

「うちもよ!!」

ほーーーーんと 信じられない・・・

どんな子にだって得手不得手ってものがあるじゃないですか

自分の子は何が向いてるのかとか・・ 少しは知りたいじゃないですか?

運動が得意なのか 歌が上手いのか 絵がうまいのか 上手に発表できるのか

はたまた引っ込み思案なのか 

成績表には出来たことしか書かれていません。 

何を頑張るべきなのかもさっぱりわからん!

ほぼ全員の成績がオール2なんて 意味ないし!! ホントにクソつまんない通信簿を

下の子なんて6年間もらいましたから

それから運動会! うちの子たちは 1度たりとも徒競走を走りませんでした!

そんなこんなで 順位がつかない教育で育ったので

あんまり競争心がない感じ?

そのかわり 自分以外の子をすんなりと認め称える事が出来るのが特徴といえば特徴。

例えばテスト前に頑張って勉強する その姿って見せるの恥ずかしかったり

周りから「何頑張っちゃってんの~?」と嫌味を言われたり・・なんて一昔前は

必ずありましたけど

この世代の子って

「頑張ってる」事が 恥ずかしくない子が多い!

むしろ「〇〇ちゃんは 頑張ってる」と誰もが感心してるくらいで

ゆとりの子は性格が良い子が多いな~

平和だなぁ~ なんて思いながら 

子供たちの小中高時代は過ぎ去っていきました

(ワタシはツッパリ暴走族全盛期で学校は殺伐としてましたので・・)

こんなわけですから学校外のお稽古事や塾が超盛んになったのも

ゆとりの特徴のような気がします

小学校はテストの点が良くても悪くても「2」しかもらわないわけだし

(全部100点でやっと3に到達するくらい2の幅が広い。逆に全部0点でやっと1)

親がしっかりと子供の長所や特技を見出してやらないと

それには学校の拘束時間が

   長すぎるんだよっ(; ・`д・´)(怒)

なーーんて思ったりもしたものです 

ゆとり失敗と叫ばれて ゆとり世代がレッテル貼られて気の毒ですが

ゆとりの子たちは学校以外に活動の場所を求めて専門的なレッスンや

自分がやりたいものへ邁進していく子も多かったので

今、ゆとり世代が大人になって 少なくとも芸術やスポーツ面では

かなりの逸材が育っているんではないかしらん なんて思ったりもします

中高一貫の私立に進ませようとするご家庭もかなり増えたし

小2からお受験のための塾とか 

みなさんフツーに通ってましたから            

ゆとりに危機感をいち早くもったのは保護者ですから

この世代は保護者が頑張るざるを得なかった!!

てか ホントにみなさん頑張ってた!

そんなわけで

ゆとりだから学力が低いとか ダメだとか

それは 「ない」とワタクシはキッパリ断言致します

ゆとりをバカにする者は

Mrs.Greenappleを聴いてみろ~!!

と言ってみますデス はい・・






 

 

 


 













コメント

根岸の森林公園から見える私が怖い建物と好きな歌手

2017年04月04日 08時48分43秒 | 好きな歌♬

東京の大学に通っている息子からメール届きました 東京は かなり咲いているようで・・・(*_*)

横浜の桜は・・といいますと

 こんな感じ・・・ でも今日は 暖かいそうなので 一気に咲くかもしれません

昨日は 根岸の森林公園まで行ってみました まだ桜は全然・・・ でも菜の花がキレイでした

 根岸の森林公園が横浜で一番好きな場所というのは 前にもお伝えしましたが

 ☝実はワタクシ・・ 昔からこれがすごく怖い・・・  ここで観ても もう怖い・・・

これ 競馬場跡なんですよね

 ヨコハマ物語の万里子お嬢さんは きっとここで競馬観戦していたハズ・・

歴史ある建造物なんですが とにかくこれ見ると ものすごく怖いキモチになってしまうのです・・

どうしてこんなに怖いのか・・・理由を知りたくて 一度この建物目指して突き進んでみました

けっこー遠いのです ここまでたどり着くの・・・

ようやく近くにたどり着いたら 入れない・・・・・  バリ線みたいな柵もあるし・・

ますます怖い・・・ なんでか ものすごく怖いの・・・なぜかしら・・

ネットの画像なんかでみると なんだかオシャレで蔦の葉がからまって 一見立教大学?みたいな

美しい建物にみえるんですけど

それでも 私にはとても恐ろしい建物に見えてしまう・・・ 窓なんかギョロ目にしか見えない・・

せめて 赤レンガ倉庫並に 補修してくれたらいいのに・・ なんか形がもうすでに怖いんだけど・・

底知れぬ恐怖の館が 一番好きな公園にあるというのが ちょっと残念なとこなんですが・・・

怖くないですか? え? 私だけ?

昨日は そのほか 大岡川にも行ってみました こちらも桜は1分咲きといったところで やっぱりまだまだ・・

 でも 水面がキラキラしていたので 思わず春を感じてパシャリ

大岡川 ものすごくキレイになりました 昔は 捺染工場がの排水で黄色になったり青になったり

ドブネズミ色になったりと もんのすごく汚い川になり下がっておりましたけど・・・

今では 鯉まで泳いでます

 サギもいます 川の柵には「息子はサギ?」という看板が貼ってありますけど 

これは鳥の鷺ですね あは

川は場所によっては階段で降りれる遊歩道もあって こんなキラキラな川面を眺めていると

私の大好きなユーミンの

「水面が~♪眩しすぎて~ なさけなーい顔になる~♪ 」というフレーズが出てきます

REINCANATIONの「川景色」アラフィフ風でいうならば A面の5曲目です

A面? レコードって ひっくりかえしてたっけ? それすらももう記憶は薄い・・

ユーミンは曲の詩と音が とにかくピッタリで 曲を聴くだけでその情景が浮かんでくる事が多く

特に感受性が豊かだった思春期から青春期がユーミンの全盛期だった私の人生において

もう 神と呼べる存在だったお方の一人です

川の曲では 「ハルジオンヒメジョオン」も好きです

「川向うの街から 宵闇がくる・・・」このフレーズに鳥肌が立ちました

このワンフレーズだけで 自分の中で ハッキリと情景が浮かびます

   ㊟決して大岡川ではありません

「悲しいほど紅く夕陽は熟れてゆくの・・・」 夕陽が熟れる・・ すごい表現ですね・・

  ㊟ここで熟れ切った汁が出てるような柿を想像してはいけません

「悲しいほど紅く川面は揺れていたの・・・」 揺れる川面に自分の気持ちを重ねる姿・・分かる・・・

 ㊟ここは 昔の少女アニメのヒロインの大きな瞳のウルウル感で多分OK・・

そんでもって とどめが

    「・・・土手と空の間を風が渡った・・・」 はぁ・・・・

もー この感性に脱帽です すごすぎる・・

 

そーいえば横浜市には「川向町」という町があります ヤマザキのバイトに行ったことありますが

この町は全然カンケーないのですけど

貧乏草とよんでたお花に こんな横文字の名前があったことにも衝撃を受けました 

ユーミンの曲は 生活の中で 今でも 急にフレーズが浮かびだす事がよくあります

ちょくちょくワタクシのブログにも乗る可能性大・・・でございます

 

とはいえ 今 ワタクシが 最もハマっている歌手・・・

一昔前は RADWIMPSでした 

「君の名は」の「前前前世」で紅白出場まで果たしましたので

かなり知名度アップしましたね 

テレビに出ないのに いきなり紅白に出るとは ちょっとビックリしました

RADの野田さんも天才・・・ とにかく歌詞がスゴイ・・

ユーミンとは また違った感性で 若いのにスゴい感受性だなー・・と唸ってしまいます

「前前前世」のMVは ちとビミョーだったけど・・ そうくるかぁ~ 残念!(ギター侍風)的でした・・

「君の名は」も 新海監督だからじゃなくて RADの曲ということで 観に行きました

アラフィフ1人で でも私の両隣も アラフォーぐらいの1人女子でしたので なんとなく3人とも

他人でありながら 心でつながってしまっていた感じ? とにかくいい席でした

その時 上映前の宣伝で 流れた歌声に「きゃっ」と声を上げてしまったのは 私1人でした

その歌声の主こそ 今私がハマりまくっている歌手 

「米津玄師」さん (本名です よねづけんしさん)

この人は 天才・・・別次元の世界で生きてる天才です

ユーミンとか野田さんとか そういう天才の仲間では・・・ないですね・・ 

米津さんについて語ってしまうと とんでもないことになってしまうので 

取り合えず 今回は 紹介のみにとどめておきます 

この人は 単調の達人でして 

不協和音を心地よいサウンドに変えてしまう とんでもない人なのです

本人自身 単調の曲の方が得意であるものの 

最近は この手法を避けた作品を作る傾向にありますが それにしてもスゴイ・・

さらに 曲から歌から編曲から MVから CDのイラストから 何から何まで全部1人でやってしまう・・

そっちの方がラクだからだそうで

その彼が紡ぎだす歌は キレイで 気持ちよくて ちょっと切なかったり ワクワクしたり

キラキラ光る石みたいな曲ばかりなのに 

イラストだったり 彼自身の風貌を見ると

彼の ものすごく繊細ですぐに壊れてしまいそうで 彼にしかわからない独特の内面が浮かんでる

そのギャップが・・なんというかびっくりなんですが・・・

興味があったら ぜひぜひ聴いてみてくださいまし

比較的 入りやすいのは セカンドアルバム「YANKEE」かと思います

 

 

 

 

 

 

 

コメント