かなたんの更年期を楽しむブログ♪

ただいま 更年期真っ最中のアラフィフ女デス
自分のこだわり・思うコトなど
独断と偏見で言いたい放題綴ってマス 

フジテレビ日曜14時から「ザ・ノンフェクション」

2018年02月28日 06時43分11秒 | ドラマ・テレビ・映画

日曜日の午後2時 フジテレビの「ザ・ノンフィクション」という番組が

意外と好きで、昔から観てます(*'▽')

「サンサーラ」でしたっけ? 

「生きて~く生きてゆく~♪」の曲が流れる番組です

でも、番組の進行があまり好きではなくて

リアルタイムでは観ていません(/・ω・)/

最初に、ざっと その回の流れを説明するんですが

その中で どーなっちゃうの(・・? って思うような

会話や発言を散りばめて

「意外な行動に出ます」とか「意外な結末に」

いつもいつもキーワードは

「意外な〇〇」

結局、どうなっちゃうの? と思うような発言は

順を追って観ていく中で 前後が分かれば

たいした発言でもなく むしろありきたりな会話の流れだし

意外な結末も何も、 とにかく何が何でも

いいように前向きにムリヤリにでもキレイにまとめたいっていう

制作側の意図が出過ぎてて(特に近年)

それに最初に所々ピックアップして全体を紹介する手法が

ワタシは嫌い

バラエティーでも オープニングやCM前に

毎回毎回 爆笑シーンとか流して

「このあと!」

みたいに流すのも ドン引きです

「面白いから聞いて!絶対笑うから!」と前もって言われると

笑いのハードルが上がるっていうか

何が何でも この話笑わなくちゃいけないんじゃないだろうか・・

っていうプレッシャーで ふいに話されれば面白いんだろうけど

全然笑えない どころか 無理して笑って疲れる・・ってこと

ありません?

最近のテレビは そんなのばっかりで 

ここ数年は

観たいテレビは録画して 

あとで観たい所だけみるようにしています

「ノンフェクション」でいえば

オープニングの説明はすべて飛ばします

あの説明 ホントにいらないです

だらだら前置き流すくらいなら

その分、もっと充実した内容にしてくれよ・・(--〆)

(て・・それはワタシのブログのことかもしれない


昨日は1日朝からフリーだったので

3週分を一気に観ました

25日の東京女子大の新体操部の話は

女子あるあるな世界で

ワタシも中学時代に部活の部長をやってましたけど

部を束ねるのって大変です

嫌われるくらいの覚悟がないとムリですね

みんなにいい顔してるようでは 

絶対にまとまりません(特に運動部)

最後は みんなの心が

ひとつになったみたいな終わり方でしたけど

11人いる4年生でピックアップされたのは

約3人・・

この番組みて また亀裂が入らないか

ワタクシ ちょっと心配ですよ


そして11日、18日 2週連続で前後編で放送された

卒婚・同棲・事実婚の3組のハナシ

同棲組と事実婚組は

「結婚」という法律の価値観が自分とは合わない

みたいな理由だったり まあ、色々持論があるようでした

                (特に女性の方が)

ワタシは・・・ というと

自分が育った家族が とてもキライで

早く籍から抜けたくて

自分の居場所を作りたいっていうか

新しい家族を自分で作りたいなぁ・・ と

ずっと思っていたので 

生涯、結婚前の籍のままでいるなんて

考えられないことでした


ふつうの家庭に育った人は 

そういうことを あまり感じないんだなぁ・・

と ちょっと新鮮に思いました


卒婚のご夫婦については

あまりにも頭がよろしすぎて

なんだかよく分かりませんでした

離婚と卒婚の違いってなんでしょうか

お互いが好きなことをする

干渉しない 夫婦別財産・別生計

      👆でも夫婦がどれだけの財産を持っているかは

       お互いに把握する

干渉しないわりには

旦那さんは奥様が髪を染めない自然な風貌でいることが

我慢ならないし、仕事をリタイヤしている現在に

輝きが感じられないと不満たっぷり・・・

一緒に住んでれば 相手の存在が気になるだろうし

何の目的での卒婚なのか(・・?

1.5倍速で 飛ばしながら観てるせいか 

ちょっと分かりませんでした

観終わって 1日経って やっと気づきました

(観るのは早いけど理解出来るまでに時間がかかる1.5倍観賞)

この旦那さんにとっての卒婚っていうのは

家族じゃなくて恋人に戻りたいことだったんだ。と

(もちろん それが全てではないけれど)

なるほどなるほど

人生を輝き続けるためには 

もう一度、そんな緊張感やスリリングな不安

ドキドキな気持ちで

奥さんと接していければ・・という考え方も

ありといえばあり?

てか・・旦那さん 

どんだけ奥様を愛してらっしゃるの?

(奥さんの卒婚に そういう気持ちはなさそうですけど・・)

子供が自立したあと

夫婦が2人、どう暮らしていくか

今は昔と違って いろいろな選択肢や考え方を

持てる時代です

面白い時代になったなぁと思います

そんな時代に生きれている自分

もっと 考えた方がいいかな

なんて思った今日の朝です




 

 

 

コメント

娘の天晴な性格(/・ω・)/

2018年02月27日 08時29分33秒 | 家族のこと

先日、娘が日帰りで

ちょこっと帰ってきました

2キロ圏内に住んでいるんですけど

滅多に帰ってきません

家に帰って録画してあるドラマを観たいといって来たのに

テレビつけたら

5分もしないうちにコタツでスヤスヤ・・(-_-)zzz

結局、夜の8時までいたのに ほとんど寝てました

よっぽど疲れてるんですね・・


帰るというので送ってあげる事にしたのですが

「カギがない」とか言い出してバッグをひっくり返して

探し始めたので

時間かかりそうだなぁと思ったワタシは

送り届けたらすぐ寝れるように布団を敷き始めました

敷き始めた途端、

「あった」と言って立ち上がる娘

ワタシはマットレスを敷いたばかり

「あら、そう」と言って、敷布団を下ろしました

「カギあったんだけど」

「ちょっと待ってね 

 あんたカギ探してたからさ

 それなら敷いちゃおうと思ったのよ

  ママは時間を無駄にしないのよ

すると娘が

「かーちゃんを待ってる

   私の時間が

 無駄になってるんだけど」

・・・

娘は いつもこんな感じです

よく、 絶妙に言い返す言葉がぽんぽん浮かんでくるなぁ・・

と感心してしまいます

この前も

娘が買ったスタバのラテが美味しそうなので

「ママもひと口飲みたい」と言ったら

「いいよ」

と、言って差し出してくれたのですが

ワタシがちょっと口をつけるが早いが

奪い返されてしまい

「え?まだちょっとしか飲めてないんだけど!」

と言うと

「いや、もう充分飲んだよ!

かーちゃんは

掃除機のように吸い込むから


・・ホントにちょっとしか飲めなかったんですけど・・

掃除機のようにドリンクを吸い込む・・

スゴイ表現だなぁ・・と感心してしまいました

このように 口から出る言葉は

意外と表現力のある子なのですが

子供の頃は 国語が苦手で苦手で・・・(/・ω・)/

彼女が小3の頃

個人面談で 担任の先生が

「この前、〇〇について講師の先生を

 招いて授業をしてもらったんですよ。

それについて子供たちに、どのくらい

興味を持って理解してもらえたか

作文を書いてもらいました。

お子様の作文は これです」

と、差し出された用紙を見たワタシは

我が目を疑いました

そこに書いてあったのは

「〇〇についてよく分かりました」

この一行のみでした・・・


娘はワタシとは全然似てません

息子はワタシに似ていて

子供の頃から 

虹だの日食だの月食だの流星群だの

一緒に興奮して探したり観察したりしてきましたが

娘と そういうものを一緒に楽しんだ記憶が

全くありません

そういうとき、娘は何をしていたんだろう(・・?

それすら記憶にありません

ついこの前も

「昨日の空がすごくキレイだったの!」というワタシに

「かーちゃん

 最近ますますヤバいよね。空だの海だの星空だの

  悟り開いた坊さん

と、バッサリ言われました

また、息子が受験生の時のこと。

「おれさぁ・・

決してイケメンじゃないし

最近になって

(かーちゃん似の)自分の顔が

中の下ぐらいだなって事に気づいたんだ。

だから、少しでもいい大学に

行きたいんだ・・」

👆つまりそれしか女の子にモテる要素を持てないと(・・?

 てか、進学理由がそれってどうなの?・・

と、真剣に悩んで告白してきた弟に


「(あんたの顔は)中の下じゃないくて

 下の上だよ

 

娘はものすごい自信過剰な性格でもあり

とにかく自分が大好き!なのですけど

    (👆ここは父親似)

「ママは2人の子供を

  全く同じ愛情を注いで育てたからね」

と、言ったワタシに

「え?ちがうよ」

と言い返すので 

ナニ・・弟を溺愛したとか言いたいの(・・?

と、ちょっとドキッとしてしまったら


「ワタシの方が愛情多かったよ

と自信満々

このヒト・・ホントにすごいなぁ・・

我が娘ながら

この性格・・

ちょっと羨ましいです・・

 


 

 

 

コメント

八重島巡り・小浜島から竹富島へ

2018年02月26日 08時05分20秒 | 沖縄

3時間のジャングルトレッキングで

尿意も何とか我慢することが出来、

恐怖の滝上から無事生還したワタシ達は

石垣島行きの船に乗り込み、西表島を後にしました

次なる目的地は大好きな小浜島です(*'▽')

小浜島は西表島と石垣島の間にある小さな島ですが

一度小浜島を通り越して石垣島に戻り

小浜島行きの船に乗り換えなくては

なりません(/ω\)

小浜島にはコンビニがないので

石垣島に寄って夕飯を買う必要があるのです(/・ω・)/

ああ 小浜島・・

なんでしょう・・ この安心感・・

八重島諸島は 島ごとに特色があって 雰囲気も感じも似ているようで

全く違います 

うっそうと茂るジャングルが多い西表島に比べて小浜島は

見通しのよい小さな島で ゆったりととした感じが ワタシはすごく好きです 

特に 西表島のあの滝の上から生還したあとだけに

感慨もひとしおです はぁ~ まったり・・(≧◇≦)

小浜島といったら はいむるぶしに泊まりたい・・

てか、八重島にきたら はいむるぶしを素通りなんて出来ない(>_<)

それくらい はいむるぶしが大好きです

西表島とは また少し違った海の色です

はいむるぶしの 園内は どこもキレイ・・・ てか広い 

これぞリゾートホテル・・・

もはや 小浜島が好きなのか 

はいむるぶしがあるから小浜島が好きなのか

分からなくなってまけど

一番好きなお宿なんです

大好きな はいむるぶし・・で何もしない贅沢を楽しんでも

良かった・・と後になって思いますが

常に じっとしていられないお子様気質のワタクシ・・・(/・ω・)/

3日目は スノーケルに挑戦です

悲しいことに 珊瑚は全滅・・・(/ω\) 👇は数年前の同じポイントの海

魚をみなくても珊瑚を見るだけで圧巻だったキレイなキレイな珊瑚の海が・・

(/ω\) 人間へのストレスも原因のひとつ? 

ううっ・・申し訳ない・・

白骨みたいになっちゃって・・・

もとに戻るまで どれくらいかかるのでしょうか・

 

スノーケルのあとは 小浜島にサヨナラし

竹富島へ行きました

雨が降っていたので水牛車に乗りました

自転車で 島内を回るのも楽しいですけど 

水牛車も 意外と楽しいです(*'▽')

30分くらいかけて ゆらゆらと町中を ゆっくりゆっくり巡ります

ガイドさんが 歌を歌ってくれたり 町並みを説明してくれたり・・

水牛車のあとは

町中を徒歩でお散歩しました

竹富島は 石垣島や西表島・小浜島と また全然違って

なんというか・・・ 町そのものが観光地・・

今となっては この景観を守る為 2階建て家屋も作れないそうです

でも・・毎日毎日 観光客が1日中 家の前を水牛車や自転車で

グルグル回って 写真とられて イヤじゃないのかなぁ・・・(/・ω・)/

と・・心配になってしまいます 

(と、思いながらも 何度も行ってしまうワタシ・・)

西桟橋もカイジ浜も 

徒歩で行けない距離ではない事を

今回初めて知りました

👇西桟橋  天気が悪くてもキレイ

バナナの木もありました  青いバナナがわかりますか~?

以上2泊3日 沖縄八重島旅行

凝縮した3日間を送りました

帰りの飛行機は2時間ちょっとで羽田に着きました

行きと帰りが同じ時間で着くわけではないんですね(*'▽')

帰りの飛行機は時速にすると 

なんと1040キロ!!

1040キロですよ! 

ものすごい速度ですよね

時速100キロの10倍の速さですよ

高速道路で考えてみたら 

ビュンッと一瞬ですね・・

行きは沖縄本島を縦断しましたが帰りは久米島上空を

通過してました

なんでも行きと帰りの時間が違うのは

航路が違うこともあるけれど

西から東へ吹く偏西風の影響もあるんだとか

帰りの方が疲れてるから 

早く帰れるにこしたことはないですね(*'▽')


さて・・

旅行から帰ってきたあと・・

沖縄ロス・・は いつものことですけど

今回はコンディションが戻るのに

2,3日かかりましたデス

ちょっとハードすぎたかも・・・

息子はというと

現在 

彼女とタイに旅行に行ってます

若いって スゴイ・・・(/・ω・)/


 






 


 









 







 

 

 

コメント

目指せ!ピナイサーラの滝の上

2018年02月25日 09時09分03秒 | 沖縄

👆こちら、沖縄で一番高い所から落ちるといわれる

ピナイサーラの滝でございます(西表島にあります)

この写真は石垣空港の柱のポスターですが、 

だいたい55mくらいの高さがあるとのこと。

 

「ピナイサーラの滝上トレッキング」

 滝の上をトレッキングで目指すツアー

 目もくらむような高さの滝上は

 数あるツアーの中でも随一の絶景

トレックングの道のりは片道1.5キロ

 

こーんな紹介文につられて

絶景 いいねぇ 

せっかく西表島に来たんだから

ジャングル歩かないとね

1.5キロくらいなら余裕だし

こんなツアー、娘やダンナ様じゃあ

間違いなく却下されるので

息子と来ている 今回がチャンス

とばかりに 

2日目の観光に申し込んでみました

と、ここで豆知識を1つご紹介しましょう(*'▽')

西表島の2月の日の出って何時かご存知ですか?

なんと7時半なんですよ(/・ω・)/

八重島諸島は、日本なので

日本の時刻が採用されておりますが

実際は台湾に近い場所ですので

時差があります

1時間ほど遅いのです

時間的に時差はないので混乱はしませんが

ここまでの日の出の遅さには やっぱり時差を

感じずにはいられません(+_+)

ワタクシ、4時半から朝ヨガを始めてしまい

そこから夜明けが長い事長い事ったら・・

参りましたデス・・

ツアーの集合時間は8時50分!(*'▽')

それまでに朝食とチェックアウトを済ませ

息子と2人で集合場所へ向かうと

ピナイサーラの滝のツアー客は

ワタシ達だけでした

ガイドさんはしょっぱなから

「途中でトイレは出来ません」

げげげ・・朝食バイキングで 

ガブガブ飲んでしまいましたよ 

コーヒーもジュースも

「今のうちに行っておいてください」

そう言われても・・

利尿作用のあるコーヒー飲んじゃってるし・・

昼に帰ってくるまでワタシ持つかしら・・( ゚Д゚)

トイレが出来ないと言われると 

したくなってしまうのが、人の心理ってものです・・

「飲み物は 

ちゃんと持ってきてますか?

私は昨日1ℓ飲みました。

水分補給は必須です!」

え!

1ℓ(・・?  500mlのペットボトルしか持ってきてないし

1ℓなんて重たいの持ちたくないんですけど・・・

しかも、飲んだらますますトイレの心配が・・・

「あのぉ・・・1.5キロですよね・・・

 そんなに大変なんですか?このトレッキング・・」

「ラクではありません!!」

「え・・・キツイんですか?」

するとガイドさんは コクっとうなずき

「人によります。

  感じ方は

人それぞれですので!」

なんか・・・

ツアーの紹介文と エラく違うような

「それじゃあ、この靴に履き替えてください

川の中を

ジャバジャバ進みますからね!」

・・・長靴のようなものを手渡され

息子と無言で履き替えるワタシ・・・

「では出発しますよ!

体調は万全ですね!

途中で何かあっても

運べませんからね!!」

・・・・・・・

イヤな予感しかしないんですけど・・・

車に乗せられた私達は 滝を見た事がないと言うと

ガイドさんが、まず滝が見える場所まで連れて行ってくれました

            👇ジャン!これがピナイサーラの滝です

かなり遠くに滝が見えます(*'▽') 

わースゴイ・・・ と、フツーなら思うところですが

あそこまで これから行くの(・・?  どーやって?

「見ましたか? じゃあ 滝まで通じる登山口まで行きますよ」

と、車を走らせること数分で

ジャングルの入口に着きました(/・ω・)/

「いいですか?

ジャングルの中では

何かに

触ってはいけません!

絶対に木にも触らない事!

危険なものがたくさんあります!

何かあっても責任持ちませんよ!」

「は・・はい( ゚Д゚)」

ますます募る不安と尿意の心配に

ワタシは 申し込んだことを後悔し始めていました・・・

と、

そんなワタシの不安をよそに

トレッキングは開始されました!

これが西表島のジャングルの中です

こんな感じの沢や川をジャバジャバ歩いて行きます

このツアー、雨天決行だそうで 雨天なんて ここどーなるんんでしょうか

とはいえ ジャングルの中は いろんな植物が生えています

それも かなりの巨大サイズで・・・ 上の写真の中央の葉っぱは

クワズイモです。里芋に似ていますけど食べられない(食わず芋)とのこと。

間違えて食べると大変なことになるそうです。

               👇ちょっと拡大

となりのトトロで サツキが雨の中、

この葉っぱを傘替わりにしているシーンがありますけれど

実際は この葉の汁でさえ 触れない方がいいそうです


                 👇こちらはシロアリの蟻道です

この蟻道をむしると 中に白アリがウジャウジャいるんですよ・・・

となりのシダ植物も すごく大きいですよね

      👇写真でみると平坦に見えますが 急斜面なんですこれ・・

不思議と木の根っこが 自然の階段を作ってくれています 

でも ものすごく滑って怖いの

どこも触るなって言うし・・ でも滑るし・・

     👇ここも かなり急です うっそうと葉っぱが生い茂ってます

 でも・・触れるなっていうから よけながら進むのタイヘン( ゚Д゚)

(息子に荷物を全部持ってもらっているので 実は手ぶらなワタシ・・)

さらには・・

こんなとこ 

何も触らずに登れるかっちゅーの!

アラフィフで 

こんなに膝あげて

進めるかっちゅーの!

とにかくガイドさんについていかねば!

と、必死のワタクシ・・

それなのに

ガイドさんは

「お母さん!くっつきすぎないでください!

 もっと離れてついて来て下さい!

 さっきから背後にお母さんが近すぎて

 蹴ってしまいそうですからっ!」

と、10回以上 注意されました・・・

         👇ワタシがとっても気に入った木

ひかげへご といいます

葉っぱが落ちた部分が 八を逆さにした字に似てます

ここを触ると幸せを呼ぶとか

(ここは触っていいと言われたので触ってきましたよ)

こんな希少生物も いました

サキシマノボリトカゲ これは可愛い

ちょっとイグアナに似ています。木登りが得意だそうです

ジャングルの中を歩きながら ガイドさんが

色々な説明をしてくれるのですが

歩くだけで精一杯なのに 

「この木は 何ですか?

 さっき私言いましたよ」

と、次から次へと質問攻め・・・(+_+)

ワタクシ アラフィフで記憶力が衰えに衰えまくっている上に

全然脳に響かない沖縄言葉のネーミング

さらには尿意は持つか、という不安との闘いで

正直

木の名前なんか 

覚えられるわけねーだろ(--〆)

と、何度も思いましたが

今となっては 質問攻め地獄にあったおかげで

写真を眺めて ああ、これは・・

と、思いだせるので

ガイドさん ありがとう

と、やっと 感謝出来ます

 もー こんなのみると ホントに 南の島の密林って感じですよね

イノシシの足跡があったり、鳥の鳴き声がしたり

なんだかんだと ジャングルの緑は とっても綺麗でした

2月なのに こんなに青々としてるんですよ

横浜に帰って来たら、街が茶色に見えて困りました

これが1.5キロなんだか もう何がなんだか分かりませんが

ワタシ達は

とりあえず へたれることなく 滝にたどり着くことができました 

「着きました!」

そういわれて着いた場所は

この写真でいうところの

            👇ここでした

滝の上って・・・

ホントに 滝の上だったんです!

ドドドドドーッッ!!

怖すぎるっつーの!

 (しかも濡れてるしっ!)

 

 

ひぃぃぃっ!

今 見ても 身震いします・・・

ワタシ達・・ 

こんな恐ろしい所を目指して 今まで頑張ってきたの(・・?

絶景なの(・・? これ・・・

恐怖でしかないんですけど・・・

100mを登ってきたアラフィフのワタシの膝は

ガクガクなのに こんなとこに立って

自分を支える自信なんてありませんっ(>_<)

「20分ここで休憩します」

 20分もこんなところで

我慢できるかっつーの!

さっさと下界に帰してちょうだい!

 

寝れば落ちない と言って 乗り出して写真を撮る息子の足を

引っ張りすぎて 息子に怒られました・・

自分より ヒトの姿を見るほうが怖いですよ・・・

これが 西表随一の絶景です   てか曇ってるし・・・(/ω\)

息子が落ちたらどうしよう・・・

早く この場所から去りたい・・・

そればかり祈ってました 

バンジージャンプとかで

何時間も ジャンプできない芸人さんとか いますけど

ワタクシ・・ その気持ち よく分かりました

55m下が すぐそこに・・・

やめてぇ~

お願い・・ もうそれ以上行かないで~ 

落ちたらどーすんの

若者は無謀すぎる!

写真撮ってる余裕あるじゃないの とか言わないでください

もうもう・・怖くて怖くて 

 何もせずにいる事自体が出来なかったんです

てか、 こんな危険なところ 

柵一つ作らず

観光スポットに出来るなんて

日本じゃあ

ここだけかもしれません・・


ホントにたまげたツアーでした

が、西表島に行ったら

ジャングルを歩くのは オススメです

単独でいくより

ガイドさんの説明つきの方が楽しいし安全です

出来れば ピナイサーラの滝

ぜひぜひ挑戦してみてください

 

 


 



コメント

西表島アクティビティ

2018年02月24日 08時00分08秒 | 沖縄

西表島のホテルニラカナイに到着後、

すぐさま自転車を借りて 星砂の浜へ出発です(*'▽')

レンタサイクルは 自転車が1時間300円 電動自転車は600円です

ワタシは 年齢を考慮して電動付き自転車にしてみました!(^^)!

普通自転車を借りた息子は

「この自転車ギアもねぇし、油もさしてねぇ・・」

と、かなり重たそうだったので

電動にして正解でした(≧◇≦)ホッ・・

道路は平たんなようで 意外となだらかな坂が多いので

借りるなら電動がオススメです

電動自転車はスーイスイッと気持ちよいほど軽く進みます

ホテルから10分ほどで星砂の浜に到着しました

珊瑚の浜ではないので裸足でも歩けそうな沖縄にしては珍しい浜辺です

やっぱり水がとってもキレイ

西表島の寛大なところは この時期の海って遊泳禁止が普通ですが

「泳ぎたいならどうぞ でも冷たいですよ」

と、こんな感じ。

この浜も ちょっと入ってみるとお魚がたくさんいます

沖縄の海は どこもかしこもホントに素晴らしいですね~

由布島も もしかしたら 良い日に当たれば相当素晴らしいんじゃないかしらん

いつか再挑戦しなくては

さてさて

ここに来た第一目的は「星の砂」探しでした

竹富島に行った時、カイジ浜で星砂を探したんですけど

全然みつけられなかったので 

今回も「星砂」と言っても たいしてないんだろうなぁ~

と、正直あんまり期待しておりませんでした

ところが!!ババーン!

みて下さい! (≧◇≦)

ほんの少し 砂をすくってみただけで 

あるあるあるあるあるあるある・・・

うそみたいに たくさん 簡単に 見つけられるじゃないの! 

星の形が うひょうひょ!

もー なんて

 かわいいの!!

ちゃんと五角になっているからビックリですよね!

自然の力ってすごーい

西表島の星砂の浜 

是非行ってみて下さい

100均で小瓶を買って持って行きましょう

すぐにみつけられますよ

星砂探しに夢中のワタシに対して

息子は海の中にジャブジャブと入って魚を追っておりました

小一時間ほど遊んで ホテルに戻り

自転車を返して お次はホテル内にある

ジャングルブックカフェへ

こちら、無料のドリンクと書棚が置いてある

なかなか素敵な無人カフェでして

冷たいドリンクはこちら、暖かいドリンクはマシーンで抽出

                👇奥の木に書棚があります

    👆このチェアがゆりかごみたいなんですよ(≧◇≦)

マンゴージュースで ちよっと休憩

鳥のさえずりの中、ブランコにゆられて リフレッシュ

夏は、きっと虫や蚊が多いんだろうと思いますが

今の時期は 全然大丈夫です

ジャングルブックカフェで休憩を終えたら

お次は 夕暮れマングローブカヤックに挑戦です

ホテル前の月が浜(トゥドゥマリ浜)の端の河口からカヤックに乗ります

          👆神がとどまる

ボート漕ぐのは大好きですけどカヤックは初挑戦なワタシ

ビチョビチョになるので 水着とラッシュガードで参加しましょう(*'▽')

                 👇お尻びっちょびちょ

夕陽とマングローブとアラフィフのワタシ・・・

干上がったマングローブしか見たことがないワタシは

マングローブがこんなにかわいい植物だって今回初めて知りました(≧◇≦)

川の中に こんなふうに 植物が根を張って点在する姿は 

とっても不思議な光景です ここでしか見れないかも。。  

両端マングローブ林に囲まれた川をカヤックで進みます

西表島は全体的に酸素がいっぱいです

※マングローブのツアーは 潮の満ち引きをチェックして参加しましょう(*'▽')

満潮の方が素晴らしい景色に出会えます(今回は満潮)

西表島の川はカヤックが断然オススメです 

マングローブの林を見ながら探検隊のように進んだり

雄大な景色に櫂を止めたり・・・ 

酸素が充満しているこの島の空気を思いっきり吸い込むと

サイコーにリフレッシュできますよ

マングローブの木って 海水の多い川にも生えておりますが

根がちゃんと海水を真水に変えて体に水分を送るそうです

適応能力って神秘ですね














コメント