報道写真家から(2)

中司達也のブログ 『 報道写真家から 』 の続編です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

民主党は参院選で勝つ気などなかった

2010年07月30日 13時52分28秒 | 政党政治の虚構


菅直人首相、消費税発言の真意

 民主党は楽勝で勝てるはずの選挙を取りこぼした。
 日本政治史上の珍事と言うしかない。

 国民の期待を背負って誕生した鳩山政権は、一年もたたずして著しく支持率を下降させ、参院選を有利に展開するため、鳩山首相は泣く泣く辞任した。代わって菅直人氏(以下敬称略)が民主党政権の二番目の首相に就くと、支持率は57%に跳ね上がった。そのまま選挙に臨めば、余裕で参院選を制していたはずだ。しかし、菅首相は、唐突な消費税増税発言をおこなった。

 民主党議員ですら寝耳に水の発言に、国民は詐欺か裏切りにあったような気分になった。かくして民主党は楽勝のはずの参院選で大敗した。そんなできすぎた間抜話がこの世にあるだろうか。

 菅首相は、なぜ有権者の誤解をまねくような不明瞭な消費税増税発言をしたのだろうか。財務官僚が消費税増税の必要性を菅直人に巧妙に刷り込んだ、という観測もある。たとえそうであったとしても、民主党は4年間は消費税を増税しないとはっきり公約している。選挙前の微妙な時期にわざわざ誤解をまねくような発言するのは、あまりにも不自然というしかない。菅直人のようなベテラン政治家が、そんなボンミスを犯すとは考えにくい。

 菅首相の発言は意図されたものだと考えるのが妥当だ。発言の真意がどこにあるのかは、民主党が政権について以降の短い歩みを見ればわかる。

 昨年九月に政権について以来、民主党は公約をほとんどまともに実行できていない。というより、実行する気があるようにはとうてい見えない。方針は二転三転し、まったく焦点が定まっていない。国民の期待をかわして、適当なところで決着をつけたいというような様子だ。民主党への期待が絶大であっただけに、国民の失望感は大きく、内閣支持率は急降下した。普天間基地問題では、社民党が連立を離脱し、郵政改革法案先送りで、亀井静香金融・郵政改革担当大臣が辞任した。国民だけでなく、連立相手さえも呆れるほどの迷走ぶりだ。

 民主党は、公約を実行する能力がないのではなく、もともと実行する気がないのだ。民主党のマニフェストは人気取りの単なる大風呂敷だったのだ。マニフェストを実行するためには多大な軋轢と果敢に戦わなければならない。民主党は、そんな面倒な事態と立ち向かう気は最初からなかったのだ。したがって、あらゆる局面でボロを出し続けた。大風呂敷を国民に見透かされる前に、マニフェストを実行しないですむような策を考え出す必要があった。

 その答えが「ねじれ」だ。かつて民主党が「ねじれ国会」で自民党を翻弄したように、今度は、自民党がねじれを利用できるようにしてやればよい。つまり、民主党が選挙で負ければよいのだ。野党に落ちた自民党が参院選で勝てば、民主党が提出する法案をこれみよがしにつぶしにかかるだろう。民主党は自動的にマニフェストを実行しなくてもすむ。民主党はマニフェスト実現のために全力で戦っているのだという演出ができる。

 菅首相の唐突な消費税増税発言は、選挙戦を不利に展開するための意図的な作戦だった。民主党は思惑どおり選挙に敗れた。これで、マニフェストの実行という重圧から開放される。もちろん一般議員や党員はそんなことなど知る由もない。


 しかし、今回の出来事は、民主党がまんまと自民党を利用したというわけでもない。もともと民主党は、自民党なしではとうてい独り立ちなどできない。それは、社民党も共産党も、その他の政党も同じだ。自民党の存在によって、その他諸政党ははじめて存在できるのだ。


惑星と衛星

 自民党はとっくの昔に国民の求心力を失っている。にもかかわらず自民党が長期政権を維持できたのは、日本には「野党」政党が存在しないからだ。

 戦後、多数政党による議会制民主主義が導入されたが、それは名目上の制度にすぎない。自民党とその衛星政党によって議会制民主主義の体裁を整えたにすぎない。日本の議会は実質的な一党支配体制なのだ。

 野党諸政党は、自民党の強力な引力圏を、ただくるくると回っているだけの存在だ。自民党の引力が弱まると、衛星は宇宙の彼方に放たれてしまう。惑星あっての衛星なのだ。

 90年代前半、自民党が国民の求心力を失ったとき、消滅したのは自民党ではなく、なぜか社会党だった。自民党の危機に慌てふためいたのは、社会党の方であり、社会党は自ら消滅することで自民党を守った。そして、名前を変えてまた所定の位置にもどった。つまり、現在の民主党だ。

 国民の意見が大きく二分された2005年の「郵政選挙」の時、国民の盛り上がりとは裏腹に、民主党にはまったく戦う気概が見えなかった。共産党も社民党もやる気のなさは同じだった。精力みなぎる小泉首相の絶叫だけがこだまするような選挙だった。結果、自民党は歴史的大勝を手にした。ただし、有権者は自民党を圧勝させるつもりはなかった。自民党は安定多数を確保したが、得票数はほぼ二分されていた。衛星諸政党の露骨なサボタージュがなければ、自民党の圧勝はなかったはずだ。

 しかし、2009年の選挙では、国民は明確な意思をもって民主党を大勝させた。民主党のマニフェストを信じたのだ。だが政権担当後の民主党の無惨な迷走ぶりは、かつての社会党に通じるものがある。民主党とは、自壊した社会党と分裂した自民党が、弱い引力でつながっているだけの集団だ。基本的には衛星時代と何も変わっていない。

 惑星の仮面をつけただけの民主党にとって、政策の実行を迫る国民の圧力は、あまりにも荷が重過ぎるのだ。かといって衛星にはもどりたくない。仮想惑星にとどまったまま、政策の実行という重圧からは開放されたい。その答えが、「ねじれ」だった。死に体の自民党を救済すると同時に、国民の圧力からも解放される。あとは、無意味なパフォーマンスでお茶を濁していればいいのだ。

 今後、国民は、自民党の躍進は避けたいが、しかし、民主党にも期待はできない、というジレンマに陥ることになる。どちらも野党の間は国民受けする耳ざわりのいい言葉を口にするが、政権に就いたとたん、あっさりすべてを忘れる。国民はどちらも選びたくないが、どちらかを選ばなければならない。このジレンマを恒久的に制度化するのが、二大政党制だ。

 二大政党制とは、惑星と衛星の関係が、連星の関係に変わるだけだ。彼らは手を取り合ってダンスを踊るだけで、国民の生活や日本の将来には何の興味もない。


衰退し続ける日本

 1990年のバブル崩壊以来、日本の「失われた10年」は、ついに20年になった。世界第2位の経済大国日本は、ゆっくりと貧困化に向かっている。「一億層中産階級」はすでに今は昔の話だ。中間層はしずかに貧困層へと滑り落ち、「二極化」へ進んでいる。今後も日本が先進国に分類されるとしても、国民生活の質は先進国とは呼べなくなるだろう。

 戦後の日本の優位性を保障してきた技術開発力も、とっくに陰りはじめている。革新的な技術や発明はほとんど生まれていない。過去の技術的貯蓄によって、何とか「技術立国日本」のメンツを保っているにすぎない。技術的貯蓄も遠からず枯渇する。

日本がモノづくりが好きだとか、匠の技だとか、メディアでも色々と特集をやっていますけど、あれは1980年代の「モノづくり」なんです。何度も言いますが(笑)。その後は何もできていないんです。
2009.10.14 出井伸之氏に聞く(後編)「もはやニッポンはモノづくりでは勝てない」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20091007/206549/?P=2

今年(2003年)4-9月の業績を比較すると、サムスン電子1社の営業利益に日本の電機9社が束になってかかってもかなわない。
2003.11.12  9社でもサムスンに届かず/電機決算、ソニーだけではない低収益
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/275/275462.html

  今年(2009年)10月末、主要企業の7-9月期の実績が公開されると、日本は騒々しくなった。日本経済新聞が「韓国の三星(サムスン)電子1社の収益(4兆ウォン)がソニー・パナソニック・東芝・日立など日本上位9社の収益の合計(2兆ウォン)より多い」と報じた。
2009.12.24  ソニー・東芝など日本ビッグ9を抜いた‘韓国のライジングサン’   http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=124323

 日本を代表する電機大手9社の営業利益の合計が、サムスン1社の半分にさえ届かない。この原因を、ソニーは「商品力」、パナソニックは「グローバル展開力」の差と認めている。バブル以前に、誰がそんな事態を想像しただろうか。革新的なものを生みだす創造的土壌が日本から失われつつある。これが「技術立国日本」の現状なのだ。

 次代の人材を育成する日本の教育の地盤沈下が、この傾向に拍車をかけている。1993年以降、少子化が進行しているにもかかわらず、なぜか新設大学や学部がどんどん設立されてきた。そのため大学の関心は教育の質よりも、学生の獲得に向かった。有名大学も例外ではない。学生を確保するため、たいていの大学が一般入試に加え、推薦、OA入試などを採用している。さらに、付属校の増設で入学者を確保する。一般入試枠は水増ししないので、学生数を増やしても、大学のランクは維持できる。大学進学率や学生数は上昇しているものの、教育の質は逆に低下している。

 少子化の進行の中で、大学や学部の新設ラッシュという矛盾が発生したのは、大学設立のプロセスが、厳しい認可制から事実上の届出制に変更されたからだ。その理由は、グローバル・スタンダードである自由化、規制緩和の圧力が教育行政にも及んだためだ。タイミングとしては最悪というしかない。自由化、規制緩和すれば、教育の質まで神の手が最適化してくれるわけではない。

 あらゆる分野でシステマティックに日本の破壊が進んでいる。その根底には必ず、自由化、民営化、規制緩和が顔を出す。日本の政治は、こうしたグローバル・スタンダードだけは、積極的に実行する能力がある。菅直人も、G20でしっかりグローバル・スタンダードの信者に変心したようだ。IMF(国際通貨基金)も菅首相に熱いエールを送っている。

 いいかげん、グローバル・スタンダードに盲従するのはやめるべきだ。
 それよりも経済成長するのアジアに学ぶべきだ。
 そこには、かつての日本の姿があるはずだ。


ルック・アジア

 リーマン・ショック以来、先進国経済はドロ沼に足を取られ、身動きできない状態にある。今後さらに深みに落ちていきそうな勢いだ。それに比べてアジア経済は、金融危機の影響からいち早く抜け出し、順調に経済成長を続けている。しかし、なぜアジア経済はすばやく回復できたのだろうか。

 アジア経済の中で、インドと中国はリーマン・ショックの直接的影響をほとんど受けていない。中国は輸出減という影響はあったが、輸出に頼らないインドは、ほとんど何の影響も受けていない。この両国の政策の特徴は、自由化や民営化、規制緩和といったグローバル・スタンダードとは明確に一線を画してきたことだ。

 他のアジア諸国も、97年のアジア通貨経済危機によって、過度な自由化や民営化、規制緩和は、欧米資本の勝手気儘な振る舞いによって、自国経済に大惨事をまねくということを学んだ。ただ、インドや中国のような大国ではないアジア諸国は、グローバル・スタンダードとは一定の協調と妥協を強いられてはいる。しかし、決して警戒を怠ってはいない。

 アジアの経済成長の要因とは、政府による一定の介入にある。「政府介入」は、グローバル・スタンダードのタブー中のタブーだ。この地上から葬り去るべき悪のナンバーワンなのだ。競争原理による自由市場こそが世界経済を明るい未来へと導く。しかし、実際は逆だ。自由市場は世界経済を混沌の渦の中に放り込んだ。自由市場によって、世界の富は一部の企業や金融資本に集中しただけだ。

 自由市場の本場である欧米諸国が、金融危機の中で多大な打撃を受けたのは当然の帰結だった。しかし、欧米諸国は危機の原因が自由市場にあることを認めるわけにはいかない。世界の市場が閉ざされば、先進国の優位性は脅かされる。欧米諸国は、金融危機の責任を一部の金融機関に押し付けて、自由市場を守ろうとしている。

 しかし、今後も発生するであろう世界的金融危機から自国を守りたければ、アジアを見習い、自由市場とは一線を画すべきなのだ。そのアジア経済は過去何十年も、日本の政策を見習って経済成長を遂げたのであって、決してグローバル・スタンダードのおかげではない。しかし、当の日本はバブル崩壊以来、グローバル・スタンダードの信者になってしまった。

いま「小さい政府」「市場原理」が最優先だと言っている国はほとんどない。つまり、日本は世界の動きから大きく同期ズレしてしまっているのではないか。
2009.10.14  出井伸之氏に聞く(後編)「もはやニッポンはモノづくりでは勝てない」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20091007/206549/?P=2

 日本は、かつての日本を見習えばいいだけなのだ。
 そして、グローバル・スタンダードとはきっぱり縁を切ることだ。
 消費税の増税などまったく必要ない。
 


民主党は参院選で勝つ気などなかった : 資料編
http://blog.goo.ne.jp/leonlobo2/e/1a0f7a12afec7652850aa3deec958188 


民主党は参院選で勝つ気などなかった : 資料編

2010年07月30日 13時52分14秒 | 政党政治の虚構

菅直人首相消費税発言

2010.06.11 菅首相、所信表明で「消費税視野」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100611/plc1006111409021-n1.htm
2010.06.17  民主・参院選マニフェスト、全容明らかに
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/news1/20100617-OYT1T00290.htm
2010.07.17  衆院選の公約「政権運営の指針」に異論噴出
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100713-395440/news/20100716-OYT1T01266.htm
2010.06.18  増税先行に懸念 首相、唐突な消費税論議
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100618/fnc1006180016001-n1.htm
2010.06.18  菅首相が消費税10%に言及:識者はこうみる
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15879720100618?sp=true
2010.06.18  民主マニフェスト 消費税増税検討 成長戦略との両立、不透明
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100618/mca1006180504009-n1.htm
2010.06.18  菅首相、消費税増税に踏み込むも説明不足 ねらいは主導権
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100618/plc1006180036001-n1.htm
2010.06.19  波紋広がる首相「消費税」発言 広がる波紋 首相の真の狙いは?
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100619/plc1006190106001-n1.htm
2010.06.21  「引き上げないと言っていたのに」消費税で民主に戸惑い
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E0E3E2E1E68DE0E3E2E4E0E2E3E28297EAE2E2E2
2009.06.30  「4年間は消費税上げない」、マニフェストに=民主政調会長
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-38789920090630
2010.07.12  参院選 与党過半数割れ 民主大敗44、消費税響く 自民51、改選第1党
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100712ddm001010120000c.html
2010.07.12  【首相会見詳報】(1)消費税論議「否定されていない」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100712/plc1007120232000-n1.htm
2010.07.14  菅首相:消費税争点化で党に迷惑かけた--稲盛氏に
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100714dde001010025000c.html
2010.07.15  首相の消費税発言 ブレーンの小野阪大教授も苦言 
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819481E3E7E2E3888DE3E7E2E5E0E2E3E29797E0E2E2E2;bm=96958A9C93819481E3E7E2E0998DE3E7E2E5E0E2E3E28297EAE2E2E2
2010.07.17  「下り最速伝説」返上へ 首相のメディア戦術に変化 巻き返し図る?
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100717/plc1007171955011-n2.htm
2010.07.19  【世論調査】消費税に拒否反応…20代女性の民主離れ進むhttp://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100719/stt1007192029009-n1.htm
2010.07.20  インタビュー:消費税、参院選総括で軌道修正も=民主参院幹事長
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-16349320100720?sp=true
2010.07.20  菅首相、消費税「反省している」=稲盛特別顧問と会談
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201007/2010071400244
2010.07.20  民主敗因、「消費税」が過半数 都道府県連幹部調査
http://www.asahi.com/politics/update/0719/TKY201007190453.html
2010.07.20  予算編成、「党高政低」必至=求心力低下でかすむ菅首相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&rel=j7&k=2010072000887
2010.07.21  今度のねじれは本当の麻痺状態を生み出す  菅首相はブレてはいけなかった
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100721/215517/
2010.07.27  民主党は「内ゲバ」から分裂・崩壊
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4070
民主党政策集INDEX2009
http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/img/INDEX2009.pdf
民主党マニフェスト2009
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/pdf/manifesto_2009.pdf

凋落する日本経済

2003.11.12  9社でもサムスンに届かず/電機決算、ソニーだけではない低収益
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/275/275462.html
2005.07.04  サムスン好調の理由
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/trend/ippitsu/at_ip_05070401.htm
2009.10.13  出井伸之氏に聞く(前編)「許認可商圏に巣ごもる大企業」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20091007/206504/?P=1
2009.10.14  出井伸之氏に聞く(後編)「もはやニッポンはモノづくりでは勝てない」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20091007/206549/
2009.10.30  電機大手9社軒並み減収、見えぬ先行き 9月中間決算
http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY200910300449.html
2009.11.09  日本の電機が韓国勢に完敗した理由
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20091109/209298/
2009.12.02  韓国に追い抜かれた電子大国・日本 (1)(2)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122230
2009.12.24  ソニー・東芝など日本ビッグ9を抜いた‘韓国のライジングサン’
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=124323
2009.12.29  なぜ日本の製造業はサムスンに勝てないのか
http://president.jp.reuters.com/article/2009/12/29/3DC5EB14-EADC-11DE-AA5B-6E193F99CD51.php
2010.04.09  戦略なき「新衰退国」の将来
http://blogs.jp.reuters.com/blog/2010/04/09/%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%80%8c%e6%96%b0%e8%a1%b0%e9%80%80%e5%9b%bd%e3%80%8d%e3%81%ae%e5%b0%86%e6%9d%a5/
2010.05.25  世界競争力ランキング、アジアの台頭が鮮明に
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20100524/214566/?P=1
2010.06.30  すでに日本は中国に抜かれてしまった
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20100630/215199/
IMD WORLD COMPETITIVENESS YEARBOOK 2010
http://www.imd.ch/research/publications/wcy/upload/PressRelease.pdf
IMD国際競争力ランキング2010
http://www.mri.co.jp/NEWS/report/economy/__icsFiles/afieldfile/2010/05/20/dc10052001_1.pdf

教育の地盤沈下

2001.01       「ゆとり教育」は何を目指すのか?
http://www.kyoto-seika.ac.jp/matsuo/thesis/0101.html#heading
2002.03      特集 「規制改革」時代の幕開け
http://benesse.jp/berd/center/open/dai/between/2002/03/bet18207.html
2002.08.05  大学の質の保証に係る新たなシステムの構築について(答申) 文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/020801.htm
2003.11      教育における規制改革の経緯と課題
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/200311_634/063402.pdf
2009.06      日本における高等教育の市場化
http://home.hiroshima-u.ac.jp/oba/docs/kyoikugakukenkyu076-2.pdf
2009.09      熾烈化する私立大学の淘汰・破綻
http://univ.howtolearn.biz/gakuji/gakuji_0909.html
2010.04.14  年間5万人 就職できない有名大学
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/452
2010.05.24  講師の「細切れ雇用」で、大学は教育できるのか?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100520/214539/?P=1#author_profile_tag
2010.06.14  「ゆとり」が「甘やかし」に化けた日本
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100610/214875/?P=1
大学及び短大数の推移(平成元年~平成13年)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/gijiroku/03052801/006/001.pdf
大学数・学生数の推移
http://www.nui.or.jp/machidukuri_info/databook/2-1-3.pdf
大学の学校数、在籍者数、教職員数(昭和23年~)  ∮文部科学省
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001015843&cycode=0
2011年度新設大学・増設学部・学科一覧
http://www.keinet.ne.jp/doc/dnj/11/shinzo/11shinzo.pdf

躍進するアジア経済

[書評] 世界銀行編『東アジアの奇跡-経済成長と公共政策-』
https://ir.ide.go.jp/dspace/bitstream/2344/404/1/ARRIDE_AjiaKeizai_Vol35(2)_1994_review_kuchiki.pdf
2008.07.09  中国は米上回る超大国に!国連、世銀も移転へ―カーネギー財団
http://www.recordchina.co.jp/group/g21445.html
2009.09.25  世界経済の回復をリードするアジア
財政金融の超緩和によってもたらされたV字型回復
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20090924/205385/
2009.08.17  アジア諸国:驚異的な回復
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1581
2009.0817  世界経済の回復、アジアの内需拡大がカギ=英中銀政策委員
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-11036920090816
2009.09.22  アジア開発銀、09・10年のアジア成長率見通しを上方修正
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-11601320090922
2009.10.01  世界支えるアジアの成長「痛し痒し」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20090924/205445/
2009.12.02  いち早く回復したアジア景気
http://diamond.jp/series/exchange_market/10022/
2010.01.04  スティグリッツ教授:新興国は資本流入を抑制する必要ある
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=a9WW5Yp6VDR4
2010.02.01  アジアが直面する資本流入圧力
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20100201/212535/?P=1
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20100201/212535/?P=2
2010.05.14  欧米の混乱に動じないアジア経済過熱が懸念されるほどの急成長
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3481
2010.06.16  世界経済の上下が逆転する
http://newsweekjapan.jp/stories/business/2010/06/post-1366.php

菅発言とIMF提言

2010.01.18  菅財務相とIMF専務理事、財政刺激が必要との認識で一致=財務省幹部
http://jp.reuters.com/article/economicPolicies/idJPnTK0351169
2010.07.14  経済健全性調査: IMF、日本に対し債務の抑制を提言  ∮IMF
http://www-bcc.imf.org/external/japanese/pubs/ft/survey/so/2010/car071410bj.pdf
2010.07.15  「日本は消費税上げを」IMF提言14~22%
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100715-OYT1T00418.htm?from=yoltop
2010.07.15  菅首相、IMFの消費税引き上げ提案「しっかり読みたい」
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE3E7E2939A8DE3E7E2E5E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL
2010.06.22  消費税増税ならデフレ・景気悪化も、雇用100万人増が先-クレディS
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=ahd6A4kabNqU