花と低山を目指して

自然での美しさを追い求めて、花や風景を撮っています。

今月の空模様から(その3)、満月、赤味を帯びて、2021年4月

2021年05月13日 | 

先週末は、当地でも黄砂の飛来によって透明感が欠ける空模様が続いた。黄砂の影響は消えたが、今日も周囲はどんよりとした雰囲気で包まれた。さて、前記事の続きとして、満月(4月27日)の画像をアップする。

尾根には厚い雲がかかっていたために、満月が木立から顔を出す場面を捉えることはできなかった。撮影対象が雲の切れ間に現れたのは19時過ぎであった。

 

 

4月の満月は英語圏でピンクムーンと呼ばれ、その名は4月にピンク色の花が咲くことに由来すると聞く。今回は、雲から顔を出した月そのものが、由来を忘れさせるほどまで、赤味を帯びていた。波長の短い光(青色系)が薄い雲によって散乱されたためである。

 

この画像は月が尾根から昇る前の空模様である(17時半頃、月の出の時刻は18時40分(群馬))。

 

これまでの画像と比較できそうな満月の姿が撮れたのは、20時頃からであった。

 

21時頃の満月。

 

 

ところで、当方が満月の撮影にこだわっているのは、今月(5月26日)、最も地球に近い満月(スーパームーン、20時14分での地心距離 35万7千キロメートル)において、皆既月食が起こるからだ。

食の始まりは20時09分、食の最大は20時19分、終わりは20時28分と予測されている。西日本では欠けた状態の月が昇ってくる「月出帯食」が見られる(国立天文台ホームページ)。

空模様次第では、いわゆるスーパームーンが赤銅色と呼ばれる赤黒い色の月に変化する過程を観察できるだろう

 

******

添付した画像は、10年前(2011年12月10日)での皆既月食である(スーパームーンによるものではなかったが)。

皆既食の前にて。22時56分、シャッター速度、1秒。 月の大部分が地球の本影に入っている。地球の形と大きさを想像したくなる場面である。

 

寒空での赤銅色の月は、心を揺さぶる絶景であった。23時14分、シャッター速度、2秒。

 

 

 

Comments (2)

今月の空模様から(その2)、尾根から昇る満月近くの月、2021年4月

2021年05月07日 | 

いつものことながら、先月も満月のときまで、数日間ほど近くの尾根から昇る月にレンズを向けた。このときは、周囲が暗くなっても青空の色が残っている時間帯に、月齢14の月が明るい顔を見せた。

 

幾分か赤味を帯びて満月前夜の月。尾根の木立は高さ10 mほどである。

 

 

 

庭では、クレマチスが蕾と花をつけていた。

 

この時季限定の場面として(苦笑)。

 

 

 

 

 

4月25日午後6時半頃、群馬県桐生市にて。

 

*******

その前日は、尾根の上に浮かぶ夕暮れ時の雲から、月齢13の月が現れた。

 

 

 

 

 

4月24日午後6時40分頃、群馬県桐生市にて。

 

Comments (8)

桐生川沿いでの新緑、雨上がり後の朝にて、2021年4月

2021年05月01日 | 桐生川

今年は新緑が例年よりも美しい。とくに、雨上がり後の朝においてである。この日、渡良瀬川で赤城山を眺めた後に桐生川沿いで、朝日を浴びる新緑の山並みを撮ってみた。

 

朝日で浮き出る山城跡が残る城山。左端の山頂は鳴神山(980 m)である。

 

 

 

 

 

4月30日午前6時過ぎ、桐生市にて。

 

 

Comments (4)

雨上がり後の朝に眺めた赤城山、渡良瀬川にて、2021年4月

2021年04月30日 | 渡良瀬川

今日は久し振りに、赤城山を渡良瀬川に架かる橋の上で時間に急かされることなく眺めてみた。午前5時半頃に撮った画像をアップする。ちなみに、日の出は4時52分(群馬)であった。

 

前日の天候を反映して、黒檜山(最高峰、1828 m)の頂には雲がかかっていた。しかし、雨上がり後の赤城山と周辺はこの時季ならではの色彩を帯びていた。

 

余談ながら、1ヶ月前のことであった。雨上がり後に赤城山が立ちのぼる霧の中から姿を見せている場面に出会った。そのときは、早朝の時刻に車で1時間を要する目的地に到着しなければならなかったので、その場面の撮影を諦めざるを得なかった。今朝もそのような場面が現れることを期待した。しかし、霧は夜明け前の風で消え去ったようである。

 

この時間帯では、風景での色彩が刻々と変化した。少しばかり視点の位置を変えながら撮ってみた。

 

 

 

 

新緑の彩りは山腹の半分くらいまで進んでいる。間もなく、緑は山頂まで駆け上がるだろう。

 

左から、荒山、地蔵岳(山頂のアンテナ群)、長七郎山、鳥居峠(山間部)、籠山(小さな山頂)、そして雲がかかっている駒ヶ岳と黒檜山(最高峰)。高度が低い日差しで、かつては火山活動が活発であったことを物語るような山容も浮き出ている。

 

*******

このときは交通量が少ない状態であった。

南西方向を向いて。月の入りは7時5分(群馬)、月齢は18であった。

東南の方向では逆転層が現れていた。

 

*******

赤城山と市街地中心部(2枚組パノラマにて)。

 

雨上がり後の新緑は際立って美しかった。

 

山並みの標高は500 m弱である。これらの山並みから鳴神山(980 m)までは健脚コースとなっている。鳴神山から縦走した場合、右側の尾根から吾妻山(中央、480 m)に登る地点が、疲れた登山者にとってゴール寸前での高いエネルギー障壁になると言われている。

 

 

******

EOS 6D、EF 50 mm F1.2L、ホワイトバランスは太陽光、RAW(撮影、現像)をJPGに変換。

 

記事をアップした後、大幅に書き直しました(5/1)。

Comments (2)

今月の空模様から(その1)、2021年4月

2021年04月24日 | 雑感

画像は、今日と一作日の空模様である。湿度が低いために、この時季にしては透明感のある眺めが上空に広がっている。湿度の低い日が続いているからだ。

24日午後6時半頃において。

 

 

*********

22日午後1ー6時半頃において。

 

 

上空に波状雲が浮かぶ時間帯があった。

 

 

 

雲の夕焼けを期待していたが、雲は夕刻になると消え去った。

 

上弦のときは過ぎたが、月の輝きも印象的であった(22日、月齢 10.0)。

 

********

22、24日、桐生市にて。

 

地においても、高齢者に対する新型コロナウイルスワクチン接種の受付が今週から始まった。ところが、間もなく開始される集団接種については、市の予約センターに電話が繋がらない状態が続いている(当地では電話受付のみ)。接種は集団接種のほかに指定保険医療機関(かかりつけ医)で受けられる。しかしながら、かかりつけ医からは、ワクチンがいつ頃に配送されてくるか不明であるとの返事を受けている。余談まで。

Comments (4)