Koba の庭~春夏秋冬

庭や鉢植えの樹木や草花を中心に、家庭菜園も楽しみ、四季の彩を写真で紹介します。

庭の「ナンバンギセル」 (2)イトススキの株で、

2022-11-28 | 山野草

東庭の踏み石通路脇に植えたイトススキでも、
ナンバンギセルが咲きました。
イトススキ」は茎葉が細い、少し小型のススキです。
 

 
 
8月下旬、咲き始めました。
(下周りの丸い緑葉はホタルブクロです)

 

 

 
4日後の8月末日、咲き揃いました。 
 

 

 
茎も葉も地上には出ず、1本の花柄に1輪だけ、筒状の紅紫色の花を、
うつむきかげんに咲かせます。
その姿を万葉人は「思い草」と詠みました。 
 

 
9月上旬の花盛りです。 
 

 
9月下旬、先に咲いた花は種子を稔らせ黒化しています。 
 

 

 
10月中旬、周りで自然実生のリンドウも咲いてきました。 
 

 

 
11月上旬、遅れて芽生えた花が、
株の中からも顔を出していました。 
 

 
 
ススキ以外での開花例を1つ。
今年は播種してないのですが、前年のこぼれ種から、
空き地のミョウガの株元でも咲いていました。
10月下旬の終い花です。

 

 

 
 
毎年花後にナンバンギセルの種子を採取しておき、
翌年にススキの株元に蒔きつけていますが、
播種が遅れたのと梅雨の雨が降らず、異常高温が続いたためか、
鉢植えのヤクシマススキでは芽生えがありません。
庭植えススキのナンバンギセルも、
前年のこぼれ種で芽生えたようです。



コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 庭植え「ヒオウギ」の花と実 ... | トップ | 庭植え「ヒオウギ」の花と実 ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

山野草」カテゴリの最新記事