Koba の庭~春夏秋冬

庭や鉢植えの樹木や草花を中心に、家庭菜園も楽しみ、四季の彩を写真で紹介します。

シャコバサボテンの花 2019~20(7)~「タマ」

2020-01-24 | 園芸草花

タマ」はデンマークで改良された、比較的新しい品種?
花色は濃いピンクです。
 

 
 
11月中旬の蕾、 
 

 
11月下旬、開花しました。 
 

 
白から濃いピンクへの、グラデーションが綺麗です。 
 

 

 
12月上旬、寒さには弱いので、無暖房の玄関に置きますが、
晴天時の昼は外に出して、日光浴と撮影です。 
 

 

 
寒さで、葉色も褐色になっています。 
 

 
12月中旬の花です。 
 

 

 
1月初めまで咲いて、今は無暖房の納屋で眠りに就きました。

コメント

狂い咲いた 実生ツツジ

2020-01-23 | 花木

このツツジは、古典菊を植えていた7号平鉢に、
自然実生で勝手に芽生え、鉢を占領しました。
 
今年初めて蕾が着き、暖冬ゆえの勘違いか、

晩秋から冬に、玄関外で開花です。
 
12月末、先住の肥後菊1輪と仲良く? 冬陽を浴びて、
 
 
 
 
11月上旬、蕾が膨らんで、 
 
 
 
1輪開花しました。 
 

 
11月中旬、2輪目が開花、
花を見ると、庭植えの山ツツジの実生か? 
 

 
11月下旬、菊も1輪だけ開いてきました。 
 

 
12月中旬、最初の2輪が散って、次々に開花してきました。
ラベルが無くなっていた菊は、不完全な肥後菊のようです。 
 

 
1月3日、元旦の雪が玄関前通路脇に残っています。
 

 
1月中旬になりましたが、庭に雪がありません。
残りの蕾は春に咲くでしょう。
 

 

 
今も、寒い玄関外で、残り花が咲いています。
 

コメント

鉢植えの花梅 2020(3)~「紅白梅」

2020-01-22 | 花木

正月を飾った、鉢植えの「紅白梅」は、
1本の樹に紅梅と白梅の枝があります。
白花の「冬至」と、
紅梅の「紅冬至」か「大盃」を接木したもので、

樹高は40cm程です。
 

 
 
1月上旬、開花し始め、 
 

 

 
一重の5弁花で、しべが長い紅梅と、
 

 

 
白梅です。 
 

 

 
1月中旬の花姿、 
 

 

 

 

 

 
紅白で正月を祝い、花弁を散らし終えようとしています。


コメント

カンアオイ「御所桜」の花

2020-01-21 | 山野草・園芸草花

カンアオイ」(寒葵)は、ウマノスズクサ科の常緑多年草で、
本州の関東~近畿・四国に分布し、
山地の林下に自生する日本固有種です。

長岡にもコシノカンアオイが自生します。
 
主に葉模様から選別栽培された、園芸品種群を「細辛」と呼び、
御所桜」(ごしょざくら)はその中の1品種です。
 
4号浅鉢植えで長年栽培してますが、花は毎年咲いて丈夫です。
 

 
 
10月末の黄緑色の花です。(一般的な自生種は暗紫色です) 
 

 
花弁に見えるのは、3枚のガク片が基部で癒着しガク筒となった
もので、
花弁は退化しました。 
 

 
積雪の無い雪囲いの中で、1月中旬の花です。 
 
 
 
 
下は、傷んでいない夏の葉です。 
その特徴は、
灰白色の斑模様が大きく入り、
暗緑色の地が少なくなった葉模様です。
 
  

 

コメント

サザンカの花2019~20(4)~「朝倉」

2020-01-20 | 花木

朝倉」は、白花八重咲きで、中~大輪のカップ咲きです。

11月上旬から1月上旬まで咲いていました。
 
 
  
 
開花前の蕾は、外側が濃い桃色です。 
 

 
開き始めると、内側は白い花弁です。 
 

 
 
 
外弁に桃色を残し、重なり合う白い花弁が美しく、バラのようです。 
 

 
7号鉢植えで、樹高が110cm余りになりました。 
 

 
全開した花です。 
 

 

 


 
花の終盤は、花弁が垂れ下がってきて、
椿とは違って、花弁が1枚ごとばらばらに散り落ちます。 
 

 

 

 
 
 
 



 

コメント