みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

安倍一味に逆風、トランプの「戦争屋・ ハザールユダヤ」のブッシュ、ヒラリー、オバマらの大量逮捕が始まる!カバノー氏が最高裁判事に任命で!世の中に劇的な変化が起きる直前の状態でありながらメディアは沈黙

2018-10-06 17:44:41 | 政治
安倍晋三一味に逆風、トランプの「戦争屋・麻薬密売人・ ハザールユダヤ」のブッシュ、ヒラリー、オバマらの大量逮捕が始まる!カバノー氏が最高裁判事に任命で!世の中に劇的な変化が起きる直前の状態でありながら、メディアは沈黙しており、何が起こっているのかを理解している人はごく少数!不正選挙、麻薬密売人、安倍晋三一味を駆逐へ!


カバノー氏が議会で正式に認証されれば:あいつらはみんな掴まる~:現実にそれが目前だ | サファイアのブログ PARTⅢブログ(記事は下記に)


カバノー氏は6日に最高裁判事に任命される可能性が高く、それに対し全米で組織的暴力行為を実行に移そうとしている ~暴動に対して戒厳令を敷くことが可能なトランプ政権~ - シャンティ・フーラの時事ブログ(記事は下記に)


CNN.co.jp : カバノー氏、米最高裁判事に承認の見通し 上院で票まとまる

人類の敵「戦争屋」マケイン粛清死亡!ポチ「安倍晋三一派」駆逐の日は近い!粛清の嵐に命乞いの末…天皇陛下、キッシンジャー、トランプ、小沢一郎らの軍門に完全に陥落!安倍家も麻薬密売人!日米メディアはマケインを英雄と洗脳報道! - みんなが知るべき情報/今日の物語




 

「汚物処理」安倍晋三首相は3選後「1か月余りの短命」か?「 戦争経済屋」粛清の嵐に命乞いの末!天皇陛下、キッシンジャー博士、トランプ大統領、小沢一郎代表らの軍門に完全に陥落!板垣英憲氏説 /戦争屋…共和党重鎮のジョン・マケイン上院議員が8月25日急死!米国上下院内でいち早く「汚物処理」が始まったことに危機感を感じたらしい!  みんなが知るべき情報/今日の物語




トランプ氏/IS・イスラム国を作った張本人は…ヒラリー・クリントン氏とバラク・オバマ氏だと暴露した!米元外交官、米国は…まるで殺人民族、国内でも外国でも!


トランプ氏【麻薬密売人】は国から追放すると表明!麻薬カルテルのクリントン夫妻から追放…でいいんじゃないですか?ブッシュも安倍晋三も麻薬密売の元締め!まともな国民は拍手喝さいするはずです!1%ユダヤ裏社会の主たる資金源である『麻薬』を米国から根絶してください! 「駆除の方法」はドゥテルテ大統領に学んでください!シャブ列島日本…成人40人に1人が覚醒剤、合成麻薬MDMA乱用者!ついでに日本のシャブ中も片づけていただけるとありがたいのですが!– richardkoshimizu official website


♪20.【不正選挙は】ハザールユダヤの鎮静歌【許さない!】 ( アメリカ情勢 ) - 庄 I A : 庄内とけちゃま中央情報局のブログ - Yahoo!ブログ


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します

クリックお願い致します

カバノー氏が議会で正式に認証されれば:あいつらはみんな掴まる~:現実にそれが目前だ | サファイアのブログ PARTⅢブログ


2018-09-25 09:43:01

カバノー氏が議会で正式に認証されれば:あいつらはみんな掴まる~:現実にそれが目前だ

カバノ-氏が議会で正式に承認されれば、そのまま大量逮捕に! ~トランプ大統領が大量逮捕を計画しているのは間違いがなく、現実にそれが目前に迫っている~

■竹下雅敏氏からの情報です。

 フルフォードレポートも、ブレット・カバノ-氏の最高裁判事への指名の問題を取り上げています。カバノ-氏が議会で正式に承認されれば、そのまま大量逮捕に直結します。

なので、旧体制側はパニック状態で、少しでもカバノ-氏の承認を遅らせるべく、カバノ-氏の性的暴行疑惑をでっち上げ、“キャンペーン報道を展開”し始めたようです。

 記事で、フルフォード氏は、“告発している女性の父親はCIAの工作員”だと言っており、証拠も無いことから、これでカバノ-氏の就任を阻止するのは難しそうです。あくまで時間稼ぎで、その間に、大量逮捕を回避する何らかの手を打ちたいのではないかと思います。

 次の記事を見ても、トランプ大統領が大量逮捕を計画しているのは間違いありません。しかし、“左翼による大規模暴動とそれによる社会的混乱”が予測されるため、トランプ大統領は戒厳令を宣言しなければならないだろうとしています。

 “続きはこちらから”の記事では、トランプ大統領が、スピードが大切だと発言していることから、これは中間選挙を見越しての発言だとしています。

 今しばらく、カバノ-氏の問題やFISA申請の機密解除に関する問題で小競り合いが続きそうですが、確実に言えるのは、連中がついに土俵際まで追い詰められたということです。

これまで何度も大量逮捕の噂がありましたが、今回は、現実にそれが目前に迫っていることが、様々な情報からはっきりしています。

 おそらく逮捕は、ヒラリー・クリントンはもちろん、オバマ元大統領にまで及ぶはずで、とんでもない事件なのです。ところが不思議なことに、日本のメディアは、これを全く報じません。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

米最高裁判事の承認と英国のEU離脱をめぐる攻防戦

引用元)

Benjamin Fulfordからのメッセージ 18/9/24 VOL480

ハザールマフィアの支配体制が崩れ行く今、アメリカの国内外では何とも馬鹿馬鹿しい泥仕合戦が繰り広げられている。


ここ最近も、パニック状態の旧体制勢はドナルド・トランプ大統領が最高裁判事に指名したブレット・カバノーの承認採決を遅らせるべく躍起になっている。また、2016年大統領選を巡る「ロシア疑惑」の捜査情報の開示も必死になって止めようとしている。

CIA筋によると、それらの目的は「米最高裁の新会期(10月1日)から始まる」
と伝えられているエリートたちの大量逮捕劇を回避することだという。
 
【 逮捕劇をめぐる攻防戦 】

ブレット・カバノーの指名が米議会で正式に承認されれば、米連邦最高裁判所の判事団は揺るぎないトランプ陣営寄りの構成に変わる。それを防ぐために、先週からハザールマフィア所有の大手マスコミが突然カバノーの「性的暴行疑惑」に関するキャンペーン報道を展開し始めた。

現在、カリフォルニア州の大学教授クリスティーン・ブレイジー・フォードという女性が「高校生の時、とあるパーティーの場で泥酔したカバノーに押し倒され、性的暴行を受けた」と告発し、それを理由に米議会におけるカバノーの承認採決が遅れている。しかし、それに対してカバノーは疑惑を全面的に否定、既に彼の高校時代の同級生65名も、その可能性を否定する証言を出している。

また、CIA筋からは「告発している女性の父親はCIAの工作員である」との...(以下有料部分)

 ————————————————————————

アメリカに関する国家非常事態特別リポート

引用元)

日本や世界や宇宙の動向 18/9/24

(前略)
https://www.naturalnews.com/2018-09-23-emergency-report-signed-executive-orders-reveal-trump-is-planning-mass-arrests-military-tribunals-for-deep-state-traitors-like-comey-clinton-and-obama.html
(一部)
9月23日付け
(前略)
トランプ大統領はディープステートの反逆者ら(アンドリュー・マッケイブ元FBI副長官、ピーター・ストゾックFBI対抗的スパイ活動部のトップ、ジェイムズ・コメィ元FBI長官、バラク・オバマ元大統領を含む)の大量逮捕を計画しています。
(中略)
時機を逃さず大量逮捕が遂行されるかは、カバノー最高裁判所判事の決定次第です。そのため気の狂った左翼はカバノー最高裁判所判事に対し虚偽の申し立てをしたり米上院にカバノー判事の決定を承認しないよう組織的に抗議活動を行うなど常軌を逸した行動をしています。
(中略)
大量逮捕を成し遂げるためにトランプは一時的な戒厳令を宣言しなければならないでしょう。大量逮捕を成功させるためにも、戒厳令で国内の秩序と社会的規範が守られている間、トランプは米国民のサポートを必要とします。
この間、左翼による大規模暴動(共産主義革命のブループリントである過激派のやり方でトランプ政権を倒す行為)とそれによる社会的混乱が予測されます。
(以下略)

 ————————————————————————

2018年9月23日のオペレーション・ディスクロージャーから

引用元)

”経済は地球を救う”- RV/GCR情報 spiritual-lighterのブログ 18/9/24

(前略)
「コミーのFBIは、トランプ捜査についての2セットの記録を保管していた」
https://operationdisclosure.blogspot.com/2018/09/comeys-fbi-kept-two-sets-of-records.html
(中略)
内容を要約すると「複数の情報源によると、FBIはFISA文書で、裁判所提出用の書類と、実際の捜査で使用する2つの書類を作っていた」というものです。

もしこれが事実だとすると、偽造文書を提出して裁判所から捜査の許可を取っていたことになり、内容以前の大問題になります。もちろん、もとの文書の内容がヤバいから、裁判所提出用を別に作ったということですが、本当にそれが行われたとしたら、指示したり作成にかかわった人間は、事実が明らかになった時点でクビになることはもちろん、即刑務所行きです。
(以下略)

 (続きはこちらから)

 ————————————————————————

トランプツイートが示唆する機密解除の威力

引用元)

ドナルド・トランプNEWS 18/9/23

先週ドナルド・トランプ大統領は、カーター・ページ氏に対するFISA申請およびロシア疑惑調査の重要人物のメール内容を完全に公開するよう命令したが、その数日後ツイッターで機密解除命令を一時保留にすると発表した。トランプ氏は後退したのか? いやトランプ氏が甘い「ディール」をするとは思えない。  @realDonaldTrump

まず単純にツイート内容を翻訳すると以下のようになる。

 様々な黒塗りなしの文書を機密解除することについて司法省と面談した。彼らは公開に同意したが、ロシア捜査に対してマイナスの影響をもたらす恐れがあると述べた。それに重要な同盟国が公開しないようにと連絡してきた。そのため監察官にこれらの文書を迅速に検証させるということになった。監察官が早急にこれに対処するだろうと考えている(またできれば彼が調査している他のことも)。最終的に必要と分かれば私はいつでも機密解除できる。スピードが私にとって、また全ての人にとってとても大切だ! 

 1つ目に重要なことは同盟国の存在だ。これについてトランプ氏はショーン・ハニティ氏とのインタビューで2つの同盟国から電話があったと明らかにしている。(中略)… その同盟国とはイギリスとオーストラリアである可能性が高い。例えばガーディアンはイギリスの諜報機関GCHQのトップが2016年の夏、当時のCIA長官であったジョン・ブレナン氏に会い、重要な情報を提供していたことを伝えている。
(中略)
最も重要な点は、「最終的に必要と分かれば私はいつでも機密解除できる」という言葉だ。上述したインタビューでもトランプ氏は、同盟国には配慮するが「すべては明らかになる」と語っている。

「ディールの名人」がそう易々と譲歩するとは思えない。機密解除権限というカードを使い、司法省に圧力をかけているのかもしれない。

最後に強調しているのが「スピード」だが、もちろん中間選挙を見越してのことだろう。この機密解除が大きな影響力を持っているのは間違いないといえる。

 ————————————————————————
Twitterやのっち(。・ɜ・)d @_yanocchi0519

米最高裁判事に指名されたブレット・カバナフの告発者とジョージ・ソロスが繋がっていたことが判明 https://www.washingtontimes.com/news/2018/sep/18/brett-kavanaugh-christine-blasey-ford-and-links-ge/

これまた共謀罪。金に物を言わせてやりたい放題やっているソロスは、トランプ陣営にとって最大級の粛清対象になる。

14:46 - 2018年9月22日

やのっち(。・ɜ・)d @_yanocchi0519

 ロッド・ローゼンステイン司法副長官がトランプの通話を盗聴し、トランプの閣僚たちと共謀して憲法第25修正案の下にトランプをホワイトハウスから追放しようとしていたとマッケイブが暴露http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52032233.html

NYTimes紙が報じたのだから、連中の牙城は総崩れ状態。

17:15 - 2018年9月23日

カバノー米最高裁判事候補、採決へ前進 6日にも - WSJ


カバノー氏は6日に最高裁判事に任命される可能性が高く、それに対し全米で組織的暴力行為を実行に移そうとしている ~暴動に対して戒厳令を敷くことが可能なトランプ政権~ - シャンティ・フーラの時事ブログ
(抜粋引用)

カバノー氏は6日に最高裁判事に任命される可能性が高く、それに対し全米で組織的暴力行為を実行に移そうとしている ~暴動に対して戒厳令を敷くことが可能なトランプ政権~

2018/10/05 8:40 PM

竹下雅敏氏からの情報です。

 カバノー氏が最高裁判事として承認されると、大量逮捕が起こることは、すでにお伝えしています。このためカバールは、民主党を中心にカバノー氏のレイプ疑惑をでっち上げ、承認を遅らせる行動に出ました。

 フルフォード氏などの情報によると、時間稼ぎをしている間に、トランプ氏の暗殺、大規模停電の実施等を計画していたようですが、失敗に終わりました。

 記事によると、カバノー氏に対するFBIの追加調査は終わり、カバノー氏は6日に最高裁判事に任命される可能性が高くなったようです。このため、全米で組織的暴力行為を実行に移す計画があり、それを実行に移そうとしているとのことです。

 しかし、トランプ政権は10月3日に緊急警報システムのテストを成功させています。なので、暴動に対しては戒厳令を敷くことが可能です。

記事では、“10月6日にカバノー最高裁判事が任命されたなら、ワシントンDCでは様々なことが一度に起き…その時、トランプと軍のサポートチームは妨害者を全て排除する”とあります。

 世の中に劇的な変化が起きる直前の状態でありながら、メディアは沈黙しており、何が起こっているのかを理解している人はごく少数です。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

カバノー氏の疑惑が共和党に有利に働いているとの世論調査

引用元)

 ドナルド・トランプNEWS 18/10/5

<引用元:FOXニュース 2018.10.4>
最高裁判事候補のブレット・カバノー氏を取り巻く歴史的な党派的怨恨のおかげで、共和党が11月に上院議席で勢力を維持することになる可能性があると、新しい世論調査と現場でのデータが示唆している。
(中略) 
大統領は4日、こうツイートした。
「ブレット・カバノー裁判官に対する辛辣で不公平な扱いが、有権者に対して信じがたいほど上向きの影響を与えている」
(以下略) 

————————————————————————

FBI、カバノー氏調査結果を報告 トランプ政権「承認を確信」

引用元)

 日本経済新聞 18/10/4

【ワシントン=中村亮】米ホワイトハウスは4日、米連邦捜査局(FBI)が連邦最高裁判所の判事候補に指名されたブレット・カバノー氏に浮上する性的暴行疑惑の追加調査を終え、米議会上院に結果を伝えたと発表した。声明では「調査を踏まえて、上院がカバノー氏を最高裁判事に承認すると確信している」と強調した。
(中略) 
トランプ大統領は4日、「(カバノー氏への疑惑は)確証が全くない!」とツイッターに投稿した。
(以下略) 

————————————————————————

態度を保留していた共和党議員がFBI報告に満足の意を表明 カヴァノー候補の土曜日での承認は決定的

引用元)

 former-spiritual-lightのブログ 18/10/5

 FBIによるカヴァノー連邦最高裁判事候補の性的暴行に関する確たる証拠は確認されなかたとの報告を受けて、カヴァノー候補を承認するかどうか態度を明らかにしていなかった共和党のジェフ・フレイク氏やスーザン・コリンズ氏といった上院議員がこのFBIの報告に関して十分に満足のいくものだと表明しました。
 これで共和党の全上院議員がカヴァノー氏を承認するのが確定的でカヴァノー候補が連邦最高裁判事として承認されるのは決定的となりました。
https://www.axios.com/brett-kavanaugh-fbi-report-collins-flake-reactions-88847817-588e-41fc-b1c0-a184305b6eb7.html
 (以下略) 

(続きはこちらから)

————————————————————————

トランプ・チーム 対 反トランプ過激集団の戦いが激化

引用元)

 日本や世界や宇宙の動向 18/10/5

(前略) 
https://beforeitsnews.com/v3/opinion-conservative/2018/3404281.html?currentSplittedPage=0
(概要)
10月3日付け
デイブ・バーナード元大佐曰く:
カバノー最高裁判事候補に対する(左翼の)「でっち上げ」が正式に確認されたなら、トランプと米軍のサポート・チームは妨害者全員を排除します。
(中略) 
10月6日(土)にカバノー氏が最高裁判事に任命されるため、アンティファは全米のあらゆるレベルの保守派に対する組織的暴力行為を実行に移そうとしています。 
(中略) 
10月6日にカバノー最高裁判事が任命されたなら、ワシントンDCでは様々なことが一度に起き急進展するでしょう。その時、トランプと軍のサポートチームは妨害者を全て排除するでしょう。また、ペンタゴンが動き中間選挙が法の下で公正に行われるようにするでしょう。
(以下略) 

————————————————————————

米議会で人気コメディアンなど数百人逮捕 キャバノー最高裁判事候補に抗議

引用元)

 Yahoo!JAPANニュース 18/10/5

(前略) 
性的暴行疑惑で揺れる米最高裁判事候補の承認手続きをめぐり4日、数千人が連邦議会などで抗議し、人気コメディアンのエイミー・シューマー氏など数百人が逮捕された。
(中略) 
抗議する人たちは、「(性的暴行の)すべての生存者を信じる」と書かれた横断幕や、「女性の声を聞かなくては」、「務める資格なし」、「最高裁を救え」、「キャバ・ノー」などと書かれたプラカードを掲げて、承認に抗議した。
(中略) 
現在の上院は、共和党が51対49で多数党だが、僅差だけに数人の穏健派議員が造反すれば承認は否決される。しかし、上院司法委員会でその穏健派共和党議員の1人、ジェフ・フレーク議員(アリゾナ州選出)が求めた連邦捜査局(FBI)の捜査の結果、フレーク議員を含め穏健派議員2人が4日、性的暴行疑惑は裏づけられなかったなどと発言。キャバノー判事承認の公算が強まったとみられている。(以下略) 


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

ヒラリー、オバマ、ブッシュら【国家反逆罪】で起訴された【911内部犯行者】ネバダ州最高裁!安倍受託収賄晋三さんのお仲間が続々とお縄に! - みんなが知るべき情報/今日の物語




トランプ大統領、ケネディ暗殺機密文書公開へ!黒幕は…すでにプーチン大統領に送られている54年前の真実、その黒幕はこれか?9.11事件の黒幕でもある! - みんなが知るべき情報/今日の物語





安倍晋三は「首相辞任」に追い込まれる!自民党総裁選で「3選」が決まった途端…トランプ、プーチン、習近平らから袋叩きの目に合わされ!安倍と麻生を主犯とする「MSA資金一部と保証金抜き取り事件」板垣英憲氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語



トランプ大統領「安倍晋三首相を落とせ」自民党各派閥の国会議員の多くが動揺!キッシンジャー博士との命令を受けた駐日米大使館・CIAが指示を出し!派閥が何を言おうが、マスコミがどう書こうが、とにかく安倍晋三政権を打倒せよというのだ!板垣英憲- みんなが知るべき情報/今日の物語




米オバマのロシア原発攻撃発覚で、プーチンにオバマが完全降伏!ヒラリーのメールでロシアが握り!ISISのロシア攻撃が、ロシアの軍事施設はもちろん、原発を標的にしており、それにヒラリー・クリントンが関わっていることが、彼女のメールによって証拠立てられた。それ以外に、核戦争も辞さないというロシアの怒りと、米国のが狼狽した…- みんなが知るべき情報/今日の物語


沖縄知事選、小沢一郎の戦略で安倍自民は不正選挙「ムサシ」が使えなかった!安倍晋三を政権の座から引き摺り下ろせるのは「小沢一郎」しかいないということ!非戦争屋とコネクションを持つ小沢氏!大勝した玉城氏は小沢氏の真弟子!新ベンチャー革命 - みんなが知るべき情報/今日の物語




小沢一郎「安倍打倒」に立ち上がり、安倍官邸動揺!玉城デニー沖縄県知事選挙に出馬宣言!トランプ大統領は安倍首相との蜜月関係崩壊を宣言「小沢一郎政権樹立」を熱望、G20議長を念頭に!トランプ大統領は、駐韓米軍と駐日米軍の撤退を発言しており、辺野古沿岸の埋め立ては不要になる!日刊ゲンダイ、 板垣英憲氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語







ノーベル賞対象の「オプジーボ」恐ろしい副作用、死亡例!製造販売元が警告 「がん免疫療法」超高額な治療費「夢の新薬」ではない!有効性が立証されていない!本庶佑氏にノーベル医学生理学賞!■実際に治療を受けた患者の声からは、モラルなき実態も浮かび上がる。ジャーナリスト・岩澤倫彦氏がレポートする。 ■日本人は「癌は死の病気」と医療マフィア、手下のマスメディアに洗脳されて、必要以上に恐れ、金儲け病院、医師のいいなりになり、挙げ句に「癌治療」で命を落とす人が多いのです。(管理人の見解)■ 本庶佑氏にノーベル医学生理学賞は、免疫システムの一部を解明した事は素晴らしい研究ですが、所詮、薬剤…抗がん剤は強い副作用が生じます。癌で死ぬのでなく、金儲け癌治療、副作用で死ぬのである。■癌は42度の風呂と食事術で治る位の病気である! - みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

気分上々物語/みんなが知るべき情報

楽笑楽園M

日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


クリックお願い致します


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 10月5日(金)のつぶやき | トップ | 10月6日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事