夢色

集めてるもの 見たもの 書きたいものを 思いついた時に。
基本ネタバレ注意。
火月 神の気まぐれ よろずメモ。

<輝ける場所は、ただひとつでいいのかもしれない。>

2016-05-29 | つれづれ

雨の日は、紫陽花が綺麗

キューズモールに行ったら、人混みの中に大きなお腹のベアが(笑) 

ようやく近くにNEW OPENした「フライング タイガー コペンハーゲン」に行って来ました~
 お目当ては、、、この店舗限定のエコバッグ
ワニさんがいっぱい( ´艸`)  
オリジナルのクッキーとか、あまり使う機会のないペーパーナプキン、可愛くて買ってしまった

やっぱり混んでた~
今度は他の店舗にも行ってみよー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<「デッドプール」試写会招待券>

2016-05-26 | Luck

無責任なヒーロー「デッドプール」なるものがマーベルコミック原作で公開。
しょうもない映画観るのキライじゃないから応募したんだけど・・・(笑)ハガキに気付いたのが遅すぎて、もう当日過ぎてしまってたという
観に行った方は楽しんだのかな~。
機会があれば観てみたいと思いますwww

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<好き、を確かめてみる in 東京 その4。>

2016-05-22 | Travel

深大寺の前に来たところで友達が、「・・・ここ、なんかワンディッシュで来てた気がする・・・」と。
で、気付いたのがこちら。
 ・・・なんか・・・スタイルの良いダルマが踊ってた気がする・・・よね・・・(笑)

関西では観れないけど、坂本さんが被ってダルマ踊りをしてたワンディッシュ
もやさまなどでもロケに来てるみたいです

 深大寺は緑がいっぱいの境内。
都内から少し行くだけで、こんな素敵な所があるんだなね~。   
  近くには植物公園もあるし、秋もキレイだろうな~。
白鳳仏を観る事も出来ます。

お詣りした後、山門を出てお店を観ながら歩いていると、びっくり!
小さなフクロウをお散歩させてるオジサンが
手や肩に乗せてもいいよ~と言われたので、手乗りフクロウ
  すっごいフワフワ~
暑いらしくて、「はっはっはっ」って口開けてた
オジサンが、霧吹きで足に水を吹きかけて冷やしてあげてました。
たしかに毛皮の着ぐるみ着てるようなものだもんな~
私の指を掴むフクロウの足が、かっかかっか熱くって、あぁ命ってこういう事なんだな~って何故か思ってしまった。

 こんな近くで自撮りしても全然動じない、とっても良い子!笑。 
オジサンの手に戻す時にバサバサッて羽ばたいたら、こんなに小さい子なのに、すごい風なの!
ビックリした~
生き物は、やっぱり野生の動物なんだな~って。
こんなにちっちゃくても、成体なのも驚き!
とても良い経験をさせてもらいました!( ´艸`)
頭をこしょこしょ~ってしたら、気持ちよさそうに首を竦めて ぺちゃ~ってなってた( ´艸`)


駅までどうやって帰ろう?歩いてみる?とか言ってたら、今度もちょうど良いタイミングで臨時便バスが来たので、キャッチ 
そして、ちょうどこの日の夜中のGrowing reed(岡田くんのラジオ。笑)ゲスト・清川あさみさんの個展が、原宿で開かれていて、それを観に行こうと思ってるんだけど、と友達が言うため、それなら折角だから~、と原宿GYREに行って来ました。
初の原宿(笑)
なんか・・・私に縁のないオシャレな人がいっぱい歩いてて気後れするわ~(笑)

 「ITOTOITO」 展。
本に糸でドローイングした作品「わたしたちのおはなし」     
  ちゃんと本からイメージするものを描き上げてるみたい。
 芥川の「蜘蛛の糸」とか、「月の光」の楽譜。 
  紙に針を刺すのは、結構難しいと思うんだけど、すごいよね~。

他には、写真をポジからネガで糸へプリントして流し込んで固める「1:1」という作品。
立体的だけど近くで見るのと離れてみるのと印象が変わって不思議な感じ。
  この空の写真好きだな~ 

スナップ写真に刺繍をする作品もあって、前衛的でした。。。


地下には、これまた夜会での「あーん」案件のお店(笑)
マグノリアベーカリー」に寄ってお茶( ´艸`) 
 5月限定・ピスタチオケーキにしました
   外人さんが食べに来てたり、おしゃれ~。
あのロケ、楽しんだ方はごめんなさい、個人的には全然面白くないな~って思ったんだけど(笑)あの「アーン」顔だけはナイスだったw


そろそろお互いにtime upだったので、ここでお別れして、私も帰阪。

 健ちゃん歌舞伎に行った友達が、お土産にくれた歌舞伎パック

東京で買ったもの~。
 「あめやえいたろう」の 「羽一衣」と「ぬちまーす Sweet Lip」
羽一衣は、有平糖を板状にした飴で、伊勢丹限定の湘南ゴールドと白鳳味の2種類。
Sweet Lipは、春夏限定のぬちまーすシリーズの ハイビスカスと瀬戸内レモンの2つ。
にしました。
どれもパッケージが可愛いし、羽一衣は味も美味しい!
女の子のお土産には最適です( ´艸`)

 あと、前から欲しかった「西光亭」の東京限定パッケージのくるみクッキーほろほろ~。
そしてmy favorite candyな「CANDY SHOW TIME」の東京MIX
最近のお気に入り東京土産「東京カンパネラ」。

今回はゆっくりとできて楽しかった~ 
行きたいところいっぱいあるし、会えなかった友達もいるし、また時間見つけて東京に遊びに行きたいな~ 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

<好き、を確かめてみる in 東京 その3。>

2016-05-22 | Travel

今日はいつもより心持ちゆっくりと起きて、昼の待ち合わせまでは朝活(違)を
ホテルの近くにある八幡さん「銀杏岡八幡神社」 にお参りを。
  
ワンディッシュで坂本さんがちょうど来てた浅草橋ですが、行きたかった佃煮のお店は日曜お休みだし、今回は見送り~。

  お腹が減ったのです、ひとまず近くにあった「CAFE&BAKERY MIYABI」でミニデニッシュ
宮家献上食パンを作っている京都祇園のお店です。
東京で京都のお店(笑)
でも時間なかったから~

秋葉原まで歩けると聞いてたので、朝のお散歩。
駅の近くにある「柳森神社」にお参りに。
 いくつもの神社が勧請されてる、不思議な境内でした。
太田道灌が江戸城の鬼門除けとして京都の伏見稲荷を勧請した神社とのこと。
富士山にお詣りしたのと同じくらいの御利益が得られるという富士塚などがあります。  
  本殿には対の狐さん。「ねぇねぇ お母さ~ん」って甘えてる子も居た。
 幸神社、金刀比羅さん、江島大明神、秋葉大神、明徳稲荷神社。
「おたぬきさん 福寿神」は、綱吉のご生母・桂昌院が江戸城内に建てたお社。 
他を抜いて(=たぬき)玉の輿にのった桂昌院の幸運にあやかりたい、と江戸の若い娘さんに人気なんだって。
  ということで、たぬきさんがいっぱい
狐さんと狸さんが一緒に居るのが面白い~。
 13個の力石は有形文化財に指定されているそうです。

そこから電車に乗って、虎ノ門方面へ。
愛宕神社」 はオフィス街の中に小高い山になってて、裏の参道から上がったのですがそれでも十分な階段が。。。
 結構沢山の人がお参りに来てました。
  鯉にエサやりも出来るみたい。
せっかくだから出世の階段を使ってみようかなと、覗きに行って・・・・・・  
急すぎて諦めた(笑)
登るならまだしも、絶対下りるとか無理 座りながらなら まだしも(笑)
 ということで、また裏の参道を通って帰ったのでしたw



友達と新宿待ち合わせの後、向かったは「調布」
喋ってたら思ってたよりもすぐに着いた~
そして、目的地が歩くにはちょっと遠い・・・タクる??とか言ってたら、ちょうどバスが来たのでキャッチ 

で、お邪魔したのは・・・ 
 深大寺門前にある お蕎麦屋さん「湧水
 門前に並ぶお蕎麦屋さんの中でも人気のお店だそうで、結構な行列でした。

こちらに行きたい!という事になった訳は、そう(笑)、、、
 (ちょっとピンボケ )図書戦ドラマのロケで使われたお店だからですっ!( ´艸`)

最初は2階に案内の予定だったのですが、頑張って声を掛けてみたら、すぐに「あ!図書館戦争?!」ってお店のオバチャンにバレて(笑)
かなり混んでるお昼時だったので、オバチャンに「ごめんなさいね、混んでる時間じゃなかったらお二人でも座っていただけるんだけど~」と何度も言っていただきましたが、無問題です
観れただけで(笑)  

って、恥ずかしながらもたまにはファンっぽい事をしてたら(笑)「良かったら次のお客さんを案内する前に、座ってお写真でも撮りましょうか!」と言って頂いちゃったので・・・(笑)
 お願いしちゃいました( ´艸`)
岡田くんと奈々ちゃん席で(笑)
隣のオジサン不思議そうな顔で見てたw
 湧水天盛り
おつゆは、しっかりとした味付け。
天つゆも別で出してくれて、サクサク天ぷらも美味しかった~

他のお客さんが頼んでるのを見て、なんだろう・・・?と言いながら頼んでみたのが、こちら。
 そばようかん 
甘さはかなり控えめで、真ん中の餡子が無かったら おかず系な渋いお味。
「また混んでない時間にぜひ来てね~」ってオバチャンに言ってもらい( ´艸`)

ご馳走様をした後は、ファンのお決まりコースらしいこちらへ(笑)
 教官と笠原が、ご両親とのお蕎麦ランチの後で歩いた径 
お店の向かい、深大寺に向かう途中にあります~。


友達も寺社巡りが好きだという事で、丁度良かった!
深大寺にお詣りに向かいます~。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<なかなか良かったんでないの?。>

2016-05-22 | 暇つぶし

あー

イイコトいっぱいしてきた!( ´艸`)

 

明日の朝ちゃんと起きれますように…(´・_・`)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<好き、を確かめてみる in 東京 その2。>

2016-05-21 | Travel

今晩はまだまだ予定がいっぱいな~のよ~、ということで、すぐにホテルを出発して、まずは渋谷へ。
お腹が減ってしまったので、目的地に行く前に「ゴリラコーヒー」へ

 「ガツンとくるコーヒー」が飲めるN.Y.ブルックリンから来たコーヒーショップ。
一番スタンダードそうなラテと、ゴリラブレッドというパウンドケーキみたいなの。 
出来たら光って知らせてくれるボタンを持って待機。
呼ばれて行ったら、お客さんを確認してからミルクを入れて、ラテアートしてくれるみたいです
珈琲は確かに、苦いというか、ガツンと来た 
ちょっとだけ食べて、ケーキは持ち帰って 先を急ぎまする~。

グーグルマップをグルグル回しながら(←えw) 渋谷センター街なるものを抜け、目指すはBunkamura

ていうか、渋谷・・・人多すぎる・・・オシャレな人多すぎる・・・
ゴリラコーヒーにも、モデルとかアパレルっぽい男の子が居たわ。
私には無理だわ トーキヨ― ←誰・・・


着く直前に空模様が怪しくてドキドキしながら駆けこんだのは、「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞展」です
 土曜日は遅くまで開いてるから、と思って行ったんだけど、予想以上の人出
ま、入場制限掛かってないだけマシかな

事前のチェックではオススメと言われていたので、音声ガイドを借りて出発~。
  もうね、どれもめちゃめちゃ良かった!!!
まず、音声ガイドは中村七之助さんでしょ。
んで、B'zの松本さんのオリジナル「Ups and Downs」が聴けるでしょ。
もうね、雰囲気は準備万端だよ(笑)
 

そして、展示方法も面白くて、やたらポップなルビが振られてるサブタイトルが妙にカッコいいw
国芳国貞の、現代でさえオシャレでカッコいいと感じるセンスが、かなり新しいと思うし、この時代にこの発想力はすごいと思う。

国芳は豪快な武者絵と大胆な構図が、国貞は粋な美人画や緻密な表現がイチオシポイント。
むしろ漫画好きな人には堪らないと思う(笑)
武者絵では、水滸伝をもじって 歌舞伎役者で描いたり。

妖怪とか、面白いし、大迫力なんだけど、どこか くすっと笑えたり。
化け猫がノリノリで踊ってるしw
着物の柄がスカルなんだけど、良く見たら猫が集まって だまし絵みたいになってたり。

そういう構図取るんだ!ってビックリするアングル、例えば 頭を上から見下ろした感じのアングルとか。
だけど、どれもが確実な絵画技法の上に成り立つものだってコト。
技量不足の人が描いたら、描き切れずに一気に画が崩れてしまうけど、彼らが描くと まるで写真みたいにハイセンスになるアングル。

走る稲光が 幾何学模様のように描かれていたり。
提灯から漏れ出た光が パッキリしたラインで描かれて、ピンスポットのように登場人物を照らし出す。
そしてその後ろに 影だけで描かれる町行く人々。
でもそれぞれ影だけど、何をしてるのかが分かる。

海の中の絵は、本当に海底を潜水艦で観に行ったみたいに 海中生物が生き生きと描かれてる。
「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」とか、3枚続き絵で描かれてすごい迫力だし、違う場面だけど一枚の絵にまとめて書くことで ストーリー性が出る。
一応この世に存在しないものとして扱う烏天狗は、色を載せずに・・・と言っても実は薄いグレーを刷ったうえで実線で描くことで、虚実の世界を区別してて。
その烏天狗の髪の毛や爪の線の細い事!

幽霊の透けて見えるグラデーションも、細雨も、アイディアだけじゃなくて、やっぱり素晴らしい技術力、だよね。
隅々まで観てるともう時間が全然足りなくて、しかも120点ほど作品があるから観切れないくらい!

武者絵では、柴田勝家が敵をなぎ倒すシーンを臨場感あふれる迫力で描いていて、何がすごいって、倒された敵兵が空中を吹っ飛んでいく瞬間を一時停止したみたいに。
どうやったらこの瞬間を切り取ろう!って発想できるんだろう?! って、なんかホントに羨ましいし何となく悔しい(笑)
別に絵描きさんじゃないのに(笑)
まるでマトリックス。
今は映像やアニメがあるけど、この時代には静止画しかなかった。
それなのに、これ、絶対観てたその時代の人たちは狂喜乱舞しただろうなって思える。

歌舞伎の楽屋の情景とか、花魁や歌舞伎役者の 今でいうコレクターカードとかアイドルのフォトセットみたいなシリーズものとか。
時代が変わっても皆 おんなじなんだな~って

大きな場面を3枚綴りとか、縦綴りとかにして描いてる。
この型破りさは、なんというか・・・かなりイケてるよね
70歳くらいの年齢なのに、歌舞伎役者の背景に各人の紋をあしらって、ピンクに黄緑、群青などをチョイスするなんて。

お上の締め付けが厳しい時には、むだ書きとして風刺画みたいにデフォルメした絵を描いてて。
密かに、昔書いてた手ぬぐい頭に被ってダンシング~な化け猫を、子供の落書きみたいな画風で再登場させてて、思わず笑ってしまった


一つ一つ感想言えないくらいにスゴイ(笑)
図録を買おうと思ってたんだけど、思ったよりも小さい写真しか乗ってなくて、うーん 私の欲しいのはこれじゃないって思っちゃって
マグネットのガチャガチャして、ポストカード買って会場を後にしました。
もう一回観たいよ~!
関西にも来るけど、そうやっていつも行けないことが多いから、今回は先に東京で行った訳ですが、また行っちゃおうかな~( ´艸`)


考えていたよりも、どんどん時間が押したままのスケジュールで ←通常運転。笑。 
急ぎ向かうは、代々木公園方面。
東京の何が困るって、駅が乗り換え出来るはずなのに、1駅以上歩かされることがあって、接続が上手く出来ないことw
そして駅を上がってお店に行く直前、途中にすんごい勢いで夕立が始まって、半泣きで雨宿り
あぁ~ この建物の反対側なのにぃ~ って、じりじりしながら小降りになるのを待機。。。
瞬間見計らってダッシュかまして、ようやく到着しました  「格之進Rt」 
そう・・・夜会で岡田くんがお気に入りで モグモグ りすさんと化していたメンチカツが食べられる 噂のお店
笑。

本格的なお肉のお店なので コース料理がメインなのですが、こちらは割とカジュアルな店舗で、アラカルトでも大丈夫。
3月に予約した時、ちょうど放送直後にすごく緊張して電話したのですが  ←こういう時だけ、フットワーク超絶軽い私
一人でアラカルトだけでも大丈夫、お酒とアテだけで帰る方もいらっしゃいますよ~と、とても親切なスタッフさんの対応に好感を持っていたのです
今回も大丈夫ですよ、という事で、夜遅くに一杯ひっかけてメンチカツ食べて帰ろうと企む。 ←オッサンか。 

まずは気兼ねなく白ワインを頼んで、食事メニューを・・・眺めてたら、スタッフさんが「すぐにお肉をお持ちしますので」と言い置いて、厨房の方へ。
「・・・?メニューが別にあるのかな?」って思ってたら、、、奥から 肉 出て来たwww

3つくらいの部位がお盆に乗って出てきて、「100g~ ●●円」とか説明が書かれてて、ここの部位はお尻のところで~、とか、他にも○●があります~、とか色々説明してくれて、速攻 後悔した私www
だって、こんなお店来ることないんだもんwww
間違えたと思ったねwww
「あぁぁ~ 私なんかが来て す゛み゛ま゛せ゛ん゛ん゛ん゛~」ってなったwww
んで、博なら「あぁ~ それ美味しいんですよね~(じゅるり)」とか絶対言ってるな、とか現実逃避を始める私www

笑。
説明してくれたお兄さんに、「・・・ごめんなさいっ!今日はメンチカツ食べに来ました!」って言ったら、お兄さん気合入った声で「りょ~うかいしました!メンチカツですね!」って(笑)
感じ良い方ばかりのお店です

メンチカツには白ご飯野菜も食べなきゃと定食屋に来たんかお前は、ってオーダーを(笑)
 サラダ、おひとり様だと多いと思いますでもおひとり様用にも出来ますよ~と言ってくださって、一人分のサラダ作ってもらいました( ´艸`)
胡麻のドレッシングがめっちゃ美味しかったんだけど、オリジナルなんだろうか・・・? 
ドレッシングだけでも欲しいくらいだった(笑)

 実は、雰囲気を聞いただけだったんだけど、オーダー通ってしまってたピクルス(笑)
結局は、白ワインのおつまみに 

で、こちら!  噂のメンチカツになりまする~。
肉汁がじゅわ~ってなるどっしりタイプのメンチカツ。
個人的には・・・もう少しお肉が細かいのが好きなので、思っていた味とはちょっぴり実は違ったのだけど・・・
これはもう、人それぞれの好みですから
玉ねぎも大きなざくざく切りで入ってます。

いい具合にワインが回って、なんとなくゴキゲンさんになって(笑)
うふふふ~って怪しい人になって、それがまた面白くて笑けるという(笑)  ←近寄るな危険w

お店出たら雨も上がってて、明日は満月。
 私はカウンターに席を取ってくれてたけど、奥にはボックス席があって、でもお客さんも割とカジュアルな感じのグループが多そうな印象でした。
おひとり様は私だけだったけどw

ほろ酔いで、翌朝起きなくていいならもう一杯いきたいとこだったんだけどね~( ´艸`)
やめときましたw 

はぁ~ 満喫の1日目でした( ´艸`) 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

<好き、を確かめてみる in 東京 その1。>

2016-05-21 | Travel

そろそろ発作が起きて、東京に来ました(笑)
今回は、友達と一緒に色々とウロウロするのが目的(←え)
そして、本当は若冲展に行きたかったのだけど、平日ですら5時間待ちとの情報に、速攻諦め
巡回してくれたり、時間制にしてくれたら良かったのにね~
上野待ち合わせの予定が、若冲展諦めたので、秋葉原集合に変更。
一度は行ってみたかったんだけど、一人で行っても どこ行っていいか分からないし

お昼過ぎに着いたので、 お腹ぺこぺこ~
ということで、初めての「かんだ やぶそば」に連れて行ってもらいました!
  初めて行ったので以前の様子はお話でしか分かりませんが、ちょっと室内レイアウト変わってるんだって。
室内は空調もついてます。
でも、女将さんの「せいろう 1枚~」 という独特の読み上げが、風情があって、思わずきょろきょろ

 初めてなので、基本から行きました(笑)
せいろ・・・結局は2枚!(笑)
つゆもしっかりした味です。
あっという間に1枚を平らげてしまう

沢山待ってらっしゃるので それほど長居することは出来ないため、さっと食べて出てきましたが、熱燗とかと一緒に食べたら・・・美味しいだろうなぁ~( ´艸`)笑。

 以前の店先にあった行灯はそのまま使用されてます。
週末のお昼ですが、それほど待つことなく入れたので、ラッキーでした


で、どこに行こう???という事で、周りをブラブラ。
老舗のお店が点在しているみたいで、下町というか、懐かしい町並みです。
そして通りかかったのが甘味処の「竹むら」 
 小さな店構えで、知らなかったら通り過ぎちゃいそう。。。 
秋葉原が近いからなのか、アニメやライダー関連なのか・・・甘味処にはあまり縁のなさそうな男子グループが次々と来てました。
でも、すんごい礼儀正しくて(笑)ちゃんとお店出るときにお店の方に挨拶してたり。
隣のテーブルに座ってた男の子は、私たちがお店の方に声を掛けて気付いてもらえなかったのを見て大きい声で「すみませーん!あの、こちらの方が・・・」って(笑)代わりに呼んでくれたwww

入り口に写真撮影は禁止って書いてたから、お店の方には聞かず 写真はやめときました。
私は粟ぜんざいを
揚げまんじゅうも一口頂いたけど、どちらも甘すぎず上品なお味

お店を出たら、長蛇の列になっててビックリした!  いいタイミングだったわ~ 


そのまま散策を御茶ノ水方面に進めて~。。。
 高架がレンガ造りでオシャレな感じ! 橋もレトロになってます。
旧万世橋駅が今ではカフェとか展示スペースになってました。
 昔のままの階段。
昔の建物はイチイチ オシャレ。  壁のタイルは「覆輪目地」という高級な施工になってるそう。 
カフェデッキでは、中央線の電車が通り過ぎるのを間近で見ることが出来て、鉄ちゃんじゃなくても ちょっとワクワク 


で、またテクテク歩いて~
 ニコライ堂へ。
キリスト=ハリストスをお祀りする正教会の教会なんだって。
だから、すこし普通のキリスト教の教会とは違うところがあったりして、ロシア風。
たまたま行った時に団体さんが来られてて、神父様が説明をしているところだったので、一緒に隣で聞けた
 日本語の文字で書かれてるのは珍しいなーと思った。
正教会の十字架は、八端十字架という  変わった形をしてる十字架が使われてました。  
十字の下に斜めの線があって。それは磔にする十字架の足台を表していて、キリストの左右に一緒に磔になった盗賊のエピソードから来てるんだって。
イコンに十字架を持って描かれてるのは、殉教した証なんだ、とか。
へー って思いながら聞いてきました。
 街中にあるのが不思議な感じの大きな教会!  
 マリア様のことを、「生女神」って言うんだって。


面白いなと思うのは、この教会のすぐ近くに 神田明神や、湯島聖堂があること(笑)
和洋中が合わさってるのは、長崎だけじゃないんだね~。
以前行った時は、神田明神で御神馬のあかりちゃんに手をガジガジされて
横を通ったもののどこから入れるのか分からず素通りしてしまったので、今日連れて行ってもらいました
  孔子銅像。
・・・思ったよりめっちゃ大きかった びっくり・・・
友達に「夜中・・・歩いてたりして」と言われて、納得してしまうくらい(笑)

 楷の樹 孔子の墓所に植えられている木なんだって。
 入徳門は中華風の門で、どんどん進むと・・・  杏壇門があって・・・ 大成殿があります。
中国に来たみたい!
 屋根の上には  妙に可愛いシャチホコと虎みたいな子が。
シャチホコは、鬼頭(きぎんとう)と呼ばれる変わったシャチホコで、ちゃんと頭から水が吹き上がってます。
お座りしてる子は、鬼龍子(きりゅうし)という霊獣で、孔子のような人の徳を感じて出現するらしい。
他にもオリエンタルな飾りが多いなと思ってたら、築地本願寺を手掛けた伊東忠太博士の考案した飾りということで、道理で!と思ってしまった~。
どことなく可愛いんだよね


秋葉原まで戻ってきて、ちょっと表通りをウロウロ・・・したけど、どうも専門外な私なので「酸素が薄い~」「息が~」 って言って笑われた(笑)
だって・・・なんか・・・熱気というかなんというか・・・濃いんだもん・・・
そして、半ば期待せずに東京アニメセンターに寄ったら。。。
最初展示ブースの方に行ってしまい、やっぱ無いよね~と思いつつ スタッフの方にダメ元で聞いてみたら、2階のショップかもしれないです、と教えてもらい。。。 
 教官っ!ゲットいたしましたっ!(`・ω・´)ゞ  図書缶パンっ

笑。
いやー もう売り切れたと思ってたけど、まだ普通にあったよ( ´艸`)
ミルクとチョコとどっちにしよーって うにゃうにゃ言ってたら、どっちも買ってしまえ~!って悪魔の声が隣から聞こえたので、買っちゃった(`・ω・´)ゞ

友達はここでtime upのため お別れして(お世話になりありがとうございましたっ)、私はとりあえずホテルへチェックイン 
今日はまだまだこれからなんだよー( ´艸`)ヒヒヒ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<ワン、ツー、スリー、と華麗に決め技。>

2016-05-21 | 暇つぶし

昨日は居残りしてたら、事務が当直医の到着を連絡してくれず、まさかの放置プレイという…(。-_-。)

何処かで事故ってるんじゃないかとか 色々心配してたら、すでに部屋でくつろいどるし(笑)

私の心配を返せ(。-_-。)www

まぁ、同期だったから久しぶりに色々話して、ついでに私も仕事して、お詫びにミスドを貢がせて帰宅(笑)

 

んで、今日は3月にぶっ飛んだ東京入りを再決行(`・ω・´)ゞ

ホントは若冲展を観に行くつもりが、まぁ…断念するよね(´・_・`)

私の人生、それほど待てない(笑)

もう幾つか企み中だから、楽しみだな~( ´艸`)

 

でも、朝は目覚まし鳴っても頭がカオス状態。

そこから準備して、急いで出てきたら、手持ちのお金が心許なく(T_T)

構内ではATM無いから、改札で言って出してもらって、機械の前に行った時点でカード忘れた事に気付き。←お財布別のに替えたから。

若干ドキドキしながら売店でコーヒー買ってホームに上がったら、カフェオレ…の棚に紛れ込んだらしいエスプレッソが出てきて、ムキーッてなるという、トリプルコンボを決めたところです(´・_・`)

まぁ、そ、そういう時も…あるさ…(T_T)

 

田植えが済んだ田んぼが映す、真逆のスカイ。

 良い季節だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<魔法の飲み物、あげる(効果はお楽しみで)。>

2016-05-17 | Sweets

週末に用事で梅田に行った帰り、マックス ブレナー チョコレートバーで、ダークチョコレート飲んできた
ホットのショコラショ―って、自分で作るの難しいから、久しぶりだ~。
甘かったけど、わりとあっさり系かも。。。個人的には、ジャン=ポール・エヴァンのが好みだったかな。
ま、周りはコレに加えてチョコレートチャンクピザ食べてたけど、そこまでの勇気は無かった私(笑)


昨日は、しゃべくりの剛ちゃん&岳くん観て、暴走おじさん達も観て爆笑してました(笑)
お母さんは”好き”なのに、口うるさくて真面目なお父さんとお兄ちゃんは”キライ”で、絡みまくる片割れも”キライ”で、いつまでたっても 弟は俺が守るんだからな!な末っ子は”好き”、な剛ちゃんが、安定の尊さでした ←
あんなにライブではアイドルのオーラ出しまくりなクセに、「じろりですよ」なんてシレッと言ってのけるツンデレ具合が、安定のt・・・(以下略)
剛ちゃんって本当に、求められる役割を理解するのが素晴らしく早いwww
でも何気に、お茶碗に「適度な」量でよそう事は、もしかしたら健ちゃんなら さりげなくやってのけるかも?!と妄想しつつ、、、いや、健ちゃんが自分でよそうことはしないだろう・・・と冷静に落ち着いてみたw
なかなかこのこだわりは、難しいねぇ
岳くんがウケまくってるのが、可愛かったです
んで、最後の方に剛ちゃんの高くて可愛らしい笑い声が聴こえてきて、幸せな気分でした ←何者(笑)

いや~ これ、Vファンにはお宝だけど、この可愛さは世間様には伝わるんだろうか・・・
正統派人見知りが出てるの観ると、自担じゃなくても気を揉んでしまいますわ~。
苦手なのに番宣よく頑張ってるよね!
笑。

続けて、最初から最後まで、木久扇師匠を誰か止めて~って思って爆笑し続けて腹筋疲れました(笑)
やっぱ噺家さんは、すごいわ~!
そして皆さん、良いお顔してるなぁと思って観てました。
人を幸せにする人は、良いお顔になるんだなって思った!
私もがんばろー ←え?(笑)



今日は帰りに、ご褒美(←何の?笑)甘夏みかんシェイク 
え、だって・・・仕事頑張ったもん・・・(小声)
  可愛いアイツが(笑)

今年もやってきました、燕さん。  
最近、軒下が汚れるからって燕の巣を落としちゃう人が増えてるんだって!!!
何てこと!!!信じられない!!!
縁起物なのにね。。。 
今年も会えて良かったです~ 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

<アイアムアヒーロー>

2016-05-11 | Art

公開延期にもなってたから、ずっと楽しみにしてた佐藤監督の新作( ´艸`)
4月から仕事が忙しくて、レイトショーで起きてられる自信がなかったので、なかなか行けなかったのですが(笑)
ようやく観てきました~。


あのねー・・・

めっちゃ面白かった!!!

でも、、、

めちゃめちゃ怖かった!!!

これ15禁で大丈夫?!ってくらい(笑)に、グロイし怖いし、何度悲鳴を上げそうになったか・・・


最初は・・・っていうか最後の盛り上がりに行くまでは、本当にヘタレでちょっとキモメンで平凡過ぎる鈴木英雄。
これはやっぱり、大泉洋さんじゃなきゃ、ね(笑) 
謝るのが口癖になってて、怖いんだけども笑えるとこもあって、さすが佐藤監督(笑)
「東テレでアニメを放送している間は~」ってくだりとか、時計付けまくりとか
高跳び選手のZQNが拍手を要求してる動作をするとことか、音楽とのマッチ具合が(笑)
ロッカーに隠れながら、何度突入をシュミレーションしても、結局ZQNに襲われて死ぬイメージしか想像できずに「無理無理無理~」ってなってるところが、いかにもで(笑)
なのに、まさみちゃんの叱咤によって、架純ちゃんを守るって言ったのは自分だった、と覚悟を決めるところは、徐々に眼の光が変わって行って、カッコよかった!


架純ちゃんは、何しても可愛いね(笑)
にゃんこお手てに首傾げて、ハイパー強力な猫パンチでZQNぶっ飛ばすところとか、めちゃカワ
半ZQNになってからは、ほとんど寝ててしゃべらなかったのに、英雄の声聞くと覚醒するようなところが、なんか、良いなぁと。
うっすらと微笑むとことか、もう可愛くて( ´艸`)

長澤まさみちゃんは、やっぱりそれなりに年取ったなと思いつつも、可愛いよね~( ´艸`) ←もうどれもオジサン目線(笑)
やっぱり女性は強い。
でも「助けてメガネ」って英雄に助けを求めて震えてたところとか、やっぱり女性なんだなーとキュンキュンした ←あれ?作品が違って来てる?笑。

井浦は気持ち悪いし最低だし
他の奴らも、、、人間ってやっぱり最低だなって思ったりもした。
ゾンビよりオバケより、怖いものは人間なんだな。。。 
ZQNが、一番深層心理で望んでる欲だけが残って、それだけを繰り返し行動原理にしているところとか、、、なんか、逆に人間っぽい。


最初は、昨日と変わらない平凡な毎日。
でも、TVや会話からは、ちょっとずつ伏線が・・・。
ゆっくりじわじわと浸食していくように変わる日常が、パンデミック起こしたみたいに一気にパニックに持っていくところは、もうドキドキで・・・
てっこの時には意味わからず放心状態で、職場戻って、そこでもパニックだったけど、ミーちゃんから逃げ出して外に出てから後はもう、大パニックで。
ZQNって、突然ハイスピードで襲い掛かってきたりするから怖すぎるねん・・・

架純ちゃんが半ZQNになった時に英雄を逃げさせるとか、最後アベサンが選ぶ道だとか、こういう時でもそれぞれ優しさだったり弱さだったりが垣間見えるのが良かった。
何気にサンゴって嫌なヤツって思ってたけど、最後は英雄も撃つの躊躇ってしまうのもちょっと分かったし。


モール自体の演出も怖かった~。
あの廃墟感
最初、どんなに危機的状況でも撃つ事が出来なかった英雄が、心を決めて銃を構えて撃ちまくる所、背中が大きく見えてカッコよかった。
まさみちゃんがヘロヘロになっちゃったのを見て、最後の力を振り絞ってまた立ち上がるところとか、全然最初と違う。
全てが終わって、まさみちゃんと架純ちゃんが見つめる中、逆行で見せる背中に 思わずウルっと泣きそうになったよ。。。
まさかこの作品で泣きそうになるとは思わんかった(笑)
一瞬、教官・・・・・・あ、違った大泉洋だった・・・(`・ω・´)真顔 みたいな。←失礼(笑)


血飛沫や吹き飛び感、ZQNに変身するところとか、CGもそんなに違和感なかったから良かった~。
光のふわふわフォーカス加減が、やっぱりさすが佐藤監督って感じで(笑)
最後の車内とかね。図書戦の教官みたいなね(笑)
ガンアクションとふわふわフォーカスは、佐藤監督がお気に入りの私です

劇中の音楽が、あまりオリジナルじゃないのもお洒落で良かったと思います。
脚本も野木さんだし、安心して観れた。
佐藤監督&野木さんペアは、当たりだわ~♪
ドキドキして、絶対出てくるよ!って薄目になってたら、絶対出てきてくれるから(笑)
珍しく邦画でここまでやってくれて、佐藤監督よく頑張ったな~って、なかなか良かったと思いました( ´艸`)
原作は1巻しか読んでなくて、あとはあらすじ追っただけなのですが、私的には、これでもうラストにしてしまっても良いかも?という満足具合でした。
ただ怖くてパニックになってアクションしてお終い、なゾンビ映画じゃなくて、心理的な揺れ動きとか、パニック状態の中でも他人を思いやる心とか、そういう人間としての心理描写があったのが、映画としても良かったと思います。

あまりに怖すぎたから、エンドロール途中で帰ろうと歩いてるお客さんが暗がりの中で隣を通るたびに、ひぃっ!!!って声あげそうになるし(笑)
帰りに車運転するのも、異様に緊張したし(笑)
夜は安定の、ゾンビの夢を観るという  
・・・これ、やっぱり15禁じゃないわ(笑) 

コメント   トラックバック (17)
この記事をはてなブックマークに追加