時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

左岸5区パンテオン

2007-04-19 | 仏蘭西探訪(20区内)


もとは
パリの守護聖女ジュヌヴィエーヴを祀った丘の古い教会だったらしく
18世紀にルイ15世が病の回復を祝って再建したそうです
病の回復を祝ってこれだけの建造物を建てる…
そう言えば
日本でも神社仏閣なんぞ建立しますものね
国は違えど
発想は同じてこと?

パンテオンを後方から撮影したものです




こちらがパンテオンの正面
こうしてみると
正面の雰囲気は右岸8区にあるマドレーヌ寺院にとても似ている
前方の階段に腰掛けて日光浴するところも同じ




正面上部には
「フランスに尽くした人々のために」と書かれているらしい・・・
どう言うことかと言えば…
地下には
フランスに貢献した偉人達が眠る霊廟がありますわけです



中央ドームの重さは約1万トンあるそうな…
1万トン…想像できません



パンテオンの館内はとてもひんやりしていました
この日の最高気温が27度
暑さ凌ぎにもってこいの場所かもしれません

館内にも大きな柱が何本もあり
巨大な壁画がこれまた一面にありました
写真はないのですが
ジャンヌダルクが処刑される場面や
聖ジュヌヴィエーヴの生涯を描いた壁画があります



中央ドーム上部にあるフレスコ画かな?



(フランス革命期の)国民公会と訳すのか?
1792年から1795年の革命会議のことをかもしれない…



これ…なんだか知ってる
地球が自転していることを証明するのに使った…
「フーコーの振り子!」

振り子を見ながら
誰が言ったか『それでも地球は周っている』という言葉が頭の中を駆け巡った
コペルニクスやらガリレオも地動説を唱えた人ですよね?


フランス物理学者レオン・フーコーは
1851年1月8日にここで振り子の実験をしたそうです



地下のcrypte(地下納骨堂)に降りる階段横に
この赤褐色の壺が飾られている
第1次世界大戦の英雄ガンベッタという方の心臓が納められているそうですよ

心臓…
何も心臓だけここに置かなくても…
と思ったのは私だけだろうか



各crypte(地下納骨堂)をつなぐ通路はこんな雰囲気です
方向感覚がまったくわからなくなりました



右の棺はエミール・ゾラ
奥の棺はアンドレ・デュマ



左の棺はビクトル・ユーゴー
奥の棺はアンドレ・デュマ

お三方同室なんです
夜な夜な語り合っているのでしょうか…
なんてことは
ないですね




こちらは
マリ・キューリー(キューリー夫人)の棺です
唯一の女性
ご主人様と同室です



パンテオンを背にして撮影した風景
エッフェル塔がみえました
手前の木々は
リュクサンブール公園です

左岸5区から6区を歩く

2007-04-16 | 仏蘭西探訪(20区内)


セーヌ川の南‘左岸’5区にある円形のリュテス闘技場
紀元前1世紀
かつてこの地がローマ帝国の主要都市のひとつだったことを教えてくれる
他にも
ローマ浴場跡などが残っている



今は
近くの子供達がサッカーやキャッチボールをしたり
大人達が本を読みながら日光浴したり
ランチをする憩いの場
小生も
ここでバケットのサンドイッチをガブリ




パリ市内を歩く時
何がありがたいかって
どんなに小さな通りにも名前がついているってこと
この点については
日本も見習った方がいいといつも思う




ツアーで来る旅行者も
特に時間の制約がある日本人ツアーの面々は
ノートルダ大聖堂の正面・内部は歩けど
流石に裏にある公園には足を運ばないだろう
と思ってアップしてみました
桜の桃色がとても綺麗でした



パリには沢山の公園がある
ここもその一つ
パリ人の安らぎの場所‘リュクサンブール公園’
面積25ヘクタール
大きな泉を真ん中にフランス式庭園とイギリス式庭園からなる公園
所々に彫刻なんかもあったりする
2つある自由の女神のひとつがこの公園にある

色とりどりの花々と噴水そして青い空~
日陰にいると心地よい風がとても気もいよい



小生は
ガーデニングに関心がなく
実家の庭も雑草を取ったり伸びた枝をちょん切る以外
全くもって放置したまま…




それに引き換え
ヨーロッパの人達は
とても庭や公園というものを大切にする
動物の立ち入りを禁止して
人間様が羽を伸ばす



動物を園内に入れないから
フ○もない!
だから
芝生に寝そべったりできるんだろうね~

しかし…



多すぎやしませんか?
平日の午後ですよ?
春休みなので
子供やお母さん達がいるのはわかるけど
働き盛りの若者よ!
君たち~~~



もう一つ理解に苦しむのが
皆さん揃って光り輝く太陽に向かって日光浴してるってこと
オゾン層の破壊で
紫外線が沢山降ってきてるんだよぉ~
この時季の紫外線は
シミやソバカスの原因になるんだぞぉ~




暑いのに…
日陰でノンビリ昼寝するならわかるけど
何も
汗かいてまで日光浴しなくたって…
皮膚癌になっちゃうよ



砂埃かぶって日に焼けて
楽しいんかい?
楽しいんだよね~
彼らには


彼らを横目に
そそくさ日陰に非難したのは
σ(^^;) です



奥の建物は
リュクサンブール宮(フランス国会上院)



ここにも桜の木が…
公園で日光浴しながら時間を過ごす生活なんて
きっと私には出来ない
涼しいCaféで


涼しいCaféもここにはないか…

サンシャイン2057

2007-04-14 | 映画


金曜の夜
シネマぴあのサイトで真田広之さんの記事を読んだ
「サンシャイン2057」について熱く語っておられました

先週「ラストサムライ」をテレビで見たこともあり
ちょいと興味をそそられた私
日本では14日の土曜日から公開されてますが
パリではすでに始まってました
ちなみに
フランスでのタイトルは‘SUNSHINE’

日本のサイトですと
真田広之扮するカネダ船長は
クルーの先頭にたってバシっと主役張ってる風ですが
こちらでは
3列目にいらっしゃいます




ストーリーについては
公式サイトやYahoo!映画を参照頂ければと思います



あくまでも
太陽の崩壊で地球滅亡の危機にひんした近未来を舞台に
究極の任務に向う宇宙船クルーに襲いかかる予期せぬ事態を描く
作品であって
地球を救うというテーマは二の次みたいです



クルーの先頭に経って
困難に立ち向かうと思われたカネダ船長は
早々に太陽に焼かれてスクリーンから姿を消します


彼の死に
何の意味があったのか
インタビューで氏が語っておられたコメントの数々・・・
映画では残念ながら感じられなかった




スクリーン見ながら
英語聞きつつフランス語を読む感じなので
日本で見たらもっと理解できなのかもしれない

サブリミナルなんかもあったりして
でも
サブリミナルの意図が
最後まで私には理解できなかったし

イカロスⅠ号に接触してからは
ほとんど
マイケルジャクソンのスリラー…
オカルトチックてんこ盛り



太陽は崩壊を免れ
地球を含め太陽系の惑星は無事・・・
めでたし メデタシ

確かに
クルーは頑張りました


感動と言うものを感じられませんでした
来週は
遅ればせながら「ゲド戦記」見てこようかと思います



公式サイト:サンシャイン2057
http://movies.foxjapan.com/sunshine2057/

Yahoo!映画 サンシャイン2057
http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/sunshine2057/

シネマぴあ
http://www.pia.co.jp/cinema/tokusyu/interview/070413_sunshine2057/interview.html

ノートルダム大聖堂

2007-04-13 | 仏蘭西探訪(20区内)


余りにも有名な‘ノートルダム大聖堂’もフランス革命以後
廃墟のような状態になったこともあったそうな
その後
1804年ナポレオンが戴冠式を行ったり
ビクトル・ユーゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』で
その重要性が見直され
19世紀半ばに大修理が行われたそうです

                      「地球の歩き方」より

寺院前の広場には
人人人人人人人人人人人人



説明は
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ノートルダム大聖堂 (パリ)あたりを検索してみてください

下手ですが
とにかく写真を・・・







 








滞在許可証入手

2007-04-11 | 仏蘭西探訪(20区内)


3連休もあっという間に終わってしまい
今日から1区にある語学学校に通いはじめた(2週間お世話になります)
喋らないと喋れない!
当たり前の事なんですけどね


イギリス・アメリカ・スイス出身者と同郷の方
一期一会…



連日
暖かい日が続いています
今日の最高気温は20度かな?
半袖でも充分OKです
上2枚と下1枚は
先週撮影したものです
チュイルリー公園内とセーヌ川沿いとオルセイ美術館




そして
こちらの下2枚は19区
午後から19区のCriméeという駅から
歩くこと15分
鉄柵?に周囲を囲まれた
人を拒絶するこの雰囲気…
2回目の更新となる‘滞在許可証’を取りに行ったのであります!
何故か引き取り場所が前回と違っている…

郊外に片足突っ込んだような雰囲気で
ちょいとぉ~この先進んで大丈夫?
あたし・・・無事帰れる


っと言うのはオーバーとは思いつつ
不安な道のりを独り歩いたのであります



ここかな~
と思った建物が
これまた紫色の鉄格子に覆われておりまして

あると思われた入り口付近を覗いてみれば駐車場…
ない入り口…どこ~


どうしたモノかと思案していたら
東洋系の若者が何処からともなく現れて
(って建物から出てきただけだけど)
入り口を教えてくれた
サンキュウ~boy



引き換えの書類を入り口の兄ちゃんに見せると
すぐ中に案内してくれて
さっさと書類出してきてくれて
ななんと~
5分足らずで‘滞在許可証’を入手


今までの時間と労力を覚悟していたので

かなり戸惑ってしまったのです
帰りは
ポリスの兄ちゃん二人が両脇に陣取る出口から
そそくさ退出してまいしましたとさ

メデタシ メデタシ