時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

Grand Slam THE CHANPIONSHIPS WIMBLEDON 2018 Gentlem's Singles Draws

2018-06-30 | Tennis
<Top Half>
第1グループ
ロジャー・フェデラー(1/2) vs ドゥシャン・ラヨビッチ( /57) 
ルカシュ・ラツコ( /94) vs ベンジャミン・ボンジ(285)
ミハイル・ユージニー( /100) vs イボ・カロビッチ( /112)
レオナルド・マイエル(32/36) vs ヤンレナード・ストルフ( /65)
アドリアン・マナリノ(22/24) vs クリスチャン ガリン( /169)
ライアン・ハリソン( /58) vs ロベルト・カルバレス バエナ( /74)
ギリェルモ・ガルシアロペス( /69) vs ガスタン・エリアス( /118)
ボルナ・チョリッチ(16/21) vs ダニル・メドベージェフ( /59)
     
サム・クエリー(11/13) vs ジョーダン・トンプソン( /99)
ジョアン・ソウザ( /47) vs セルジー・スタホフスキー( /109)
パオロ・ロレンツィ( /86) vs ラスロ・ヂェレ( /101)
リシャール・ガスケ(23/29) vs ガエル・モンフィス( /41) 
フィリップ・コールシュライバー(25/25) vs エフゲニー・ドンスコイ( /82)
ジレ・ミュラー( /60) vs マイケル・ムモー( /119)
アンドレアス・セッピ ( /43) vs ジョン・パトリック・スミス( /211)
ケビン・アンダーソン (8/8) vs ノルベルト・ゴンボス(/186)

第2グループ
マリン・チリッチ(3/5) vs 西岡良仁( /259) 
グイド・ペジャ( /72) vs ジェイソン・クブラー( /147)
リカルド・ベランキス( /96) vs マッケンジー・マクドナルド( /102)
フィリプ・クライノビッチ(28/28) vs ニコラス・ジェリー( /66)
ルーカス・プイユ(17/20) vs デニス・クドラ( /83) 
ピーター・ポランスキー( /110) vs デニス・ノバック( /172)
ジョン・ミルマン( /62) vs ステファノ・トラバグリア( /138) 
ミロス・ラオニッチ(13/32) vs リアム・ブローディ( /175) 
     
ジョン・イスナー(9/10) vs ヤニック・メイデン( /134) 
スティーブ・ジョンソン( /42) vs ルベン・ベメルマンス( /104)
アリアス・ベデネ( /71) vs キャメロン・ノーリー( /79)
パブロ・カレノブスタ(20/12) vs ラドゥ・アルボット( /92)
ステファノス・チチパス(31/35) vs グレゴア・バレール(/193)
ジェリード・ドナルドソン( /54) vs マレク・ジャジリ( /61)
ユキ・バンブリ( /85) vs トーマス・ファビアーノ( /121) 
グリゴル・ディミトロフ(6/6) vs スタン・ワウリンカ( /225)



<Bottom Half>
第3グループ
ドミニク・ティエム(7/7) vs マルコス・バグダティス( /84)
ダビド・フェレール( /38) vs カレン・カチャノフ( /40)
マートン・フチョビッチ( /50) vs ジュリアン・ベネトー( /64)
フェルナンド・ベルダスコ(30/33) vs フランシス・ティアフォー( /52)
カイル・エドモンド(21/18) vs アレックス・ボルト( /205)
杉田祐一( /45) vs ブラッドレー・クラーン( /170)
ギド・アンドレオッシ( /105) vs オラシオ・セバジョス( /128) 
ノバク・ジョコビッチ(12/17) vs テニーズ・サンドグレン( /56)
     
ニック・キリオス(15/19) vs デニス・イストミン ( /91)
ロビン・ハーセ( /44) vs マリウス・コピル( /95)
フベルト・フルカチ(/123) vs バーナード・トミック(/162)
錦織圭(24/27) vs  クリスチャン・ハリソン( /200)  
ダミル・ジュムール(27/30) vs マクシミリアン・マーテラー( /49)
エルネスツ・ガルビス( /139) vs ジェイ・クラーク( /236)  
テイラー・フリッツ( /68) vs ロレンツォ・ソネゴ( /122)
アレキサンダー・ズベレフ(4/3) vs ジェームズ・ダックワース( /752)

第4グループ
フアンマルティン・デルポトロ(5/4) vs ピーター・ゴヨブジク( /39)
フェリシアノ・ロペス( /70) vs フェデリコ・デルボニス( /81)
ブノワ・ペール(/48) vs アンディ・マレー( /156)
デニス・シャポバロフ(26/26) vs ジェレミー・シャルディー( /46)
ジャック・ソック(18/15) vs マテオ・ベレッティニ( /80)
ジル・シモン( /53) vs ニコロズ・バシラシビリ( /76)
アルベルト・ラモス( /37) vs ステファン・ロベール( /157)
ダビド・ゴフィン(10/9) vs マシュー・エブデン( /51)
     
ディエゴ・シュワルツマン(14/11) vs ミルザ・バシッチ( /78)
フロリアン・マイヤー( /89) vs イジ・ベセリー( /103)
アレクサンドル・ドルゴポロフ( /63) vs パブロ・クエバス( /73)
ファビオ・フォニーニ(19/16) vs ダニエル太郎( /87)
マルコ・チェッキナート(29/31) vs アレックス・デミノール( /77)
ミーシャ・ズベレフ( /67) vs ピエールユーグ・ エルベール( /75)
ミハイル・ククシュキン( /90) vs バセク・ポシュピシル( /93)
ラファエル・ナダル(2/1) vs ドゥディ・セラ( /129)

※( )内 … シード/世界ランキング



パッと見ただけで
神様~仏様~
ありがとうございます!
です
σ(^_^;)的に…
Bottom Half
厳しい~~

Top half
第1グループ
ロジャー・フェデラーの山には
超要注意選手いません!
しいてあげるなら
ゲリー・ウェバー・オープンで
競り負けた
ボルナ・チョリッチくらいでしょうか?
基本的に
敵は
自分の体力のみかと
思われます

第2グループ
マリン・チリッチの山には
ミロス・ラオニッチ
スタン・ワウリンカが
入りました
スタン
1回戦で
いきなり
第6シードの
グリゴル・ディミトロフと対戦します
調子のあがってこない
スタンにとっては
厳しい初戦となりそうです
順当に
勝ち進んでも
準々決勝には
チリッチかラオニッチ
そして
フェデラーが…




熾烈な戦いが
繰り広げられそうな
Bottom Half
第3グループ
アレキサンダー・ズべレフの山に
ノバク・ジョコビッチ
錦織圭が入りました
錦織選手は
4回戦で
ズべレフ弟と
準々決勝で
ジョコビッチと対戦する
可能性があります
途中で
エネルギー切れ
バッテリーあがって
しまうと思われます

第4グループ
ラファエル・ナダルの山
ここがまた
大変!
フアンマルティン・デルポトロ
アンディ・マレーが
入りました
4回戦で
デルポトロとマレーが対戦
その勝者が
準々決勝で
ナダルと対戦します
ここで勝った選手は
第3グループの
勝者と対戦する訳ですよ
いきなり
グラスコートで
試合をすることになる
ナダルと
デルポトロ
どれくらい
調整できているのか



フェデラーからすると
Big3の
ナダル ジョコビッチ マレーや
調子の良い
デルポトロ
ズべレフ弟らが
揃って
Bottom Halfに入り
本当に
有難いと言うか
ラッキーと言うか…
体力的に
温存できるのでは?
と勝手に思っています
ウィンブルドンだけは
連覇して欲しいなぁ~

因みに
今月のグラスコートで
優勝しているのは
ロジャー・フェデラー(ATP250 メルセデス・カップ)
リシャール・ガスケ(ATP250 リベマ・オープン)
チリッチ(ATP500 フィーバー・ツリー選手権)
ボルナ・コチッチ(ATP500 ゲリー・ウェバー・オープン)
です

そうそう
ジョーウィルフリード・ツォンガの名前が
見当たりませんでした
全米には
どうにか間に合って欲しい?

         画像はThe Championships, Wimbledon 2018 - Official Siteより引用しています
コメント

2018 - 2019 Figure Skating Competition Assignment

2018-06-29 | Figure skating

<グランプリシリーズ>
第1戦 スケートアメリカ(エバレット) 2018年10月19~   男子:出場者なし 女子:宮原知子 坂本花織 本田真凜
第2戦 スケートカナダ(ラヴァル)   2018年10月26~   男子:宇野昌磨 友野一希 女子:樋口新葉 松田悠良 山下真瑚
第3戦 フィンランド(ヘルシンキ)   2018年11月02日~  男子:羽生結弦 田中刑事 女子:本郷理華 坂本花織 白岩優奈  
第4戦 NHK杯(広島)          2018年11月09日~  男子:宇野昌磨 佐藤洸彬 山本草太 女子:宮原知子 三原舞依 紀平梨花
第5戦 ロシア杯(モスクワ)      2018年11月16日~  男子:羽生結弦 友野一希 女子:樋口新葉 松田悠良 山下真瑚
第6戦 フランス杯(グルノーブル)  2018年11月23日~  男子:田中刑事 女子:紀平梨花 三原舞依 本田真凜、
     ファイナル(バンクーバー)   2018年12月06日~

来シーズンの
大会スケジュールの日程に続き
Assignment(アサイントメント)
略して「アサイン」

発表になりました
アサインとは
10月から行われる
グランプリシリーズの
どの大会に
どの選手が出るかの
予定のことらしいです

因みに
グランプリシリーズの
大会開催日程は

<国内大会>
全日本選手権(大阪)          2018年12月20日~
<国外大会>
四大陸選手権(アナハイム)      2019年02月04日~
世界選手権(さいたま)         2019年03月18日~
国別対抗戦(福岡)           2019年04月11日~

って
常連のファンさんは
そんなこたぁ~
百も承知でしょうけど…



Photo/朝日新聞デジタル:遠藤啓生撮影

これまで
アジア圏は2大会でしたが
何をしでかしたのか
辞退したようで
第3戦の開催地が
フィンランドになりました
個人的には
良いイメージないので
ずっとなくていい
もう
フィンランドに固定しましょう


羽生結弦選手ですが
ここ最近は
第2戦 スケートカナダ
第4戦 NHK杯
にエントリーしています

なんとなく
来シーズンは
体調的にも
調整期間的にも
NHK杯
エントリー回避するかな?
と思っていたら
案の定
第3戦 フィンランド
第5戦 ロシア杯に
換えてきました    
フィンランドは
羽生選手自身
シーズン最初の大会として
毎年
フィンランディア杯や
CSオータムクラシックを
選んでいるように
相性の良い国です!
いいんでないかい?


Photo/朝日新聞デジタル:北村玲奈撮影

国内にの大会に
羽生選手が出ないのは
残念ではありますが
大丈夫!
宇野昌磨選手が
第4戦 NHK杯に
エントリーしています

来シーズンは
新たなルール改正で
臨むことになります
男子フリーは
演技時間が4分30秒から
4分になります
誰とは言わないけれど
ジャンプするまでの
助走時間を要する選手には
辛いし
厳しでしょね


Photo/THE ANSWER(Getty Images)

ファビエル・フェルナンデスは
来シーズン
1月にベラルーシで開催される
ヨーロッパ選手権あたりが
ラストでは?
なんて勝手な記事
書いているようです
真意はわかりません
わかりませんが…
来季も競技選手続けるのなら
グランプリには
是非出てきて欲しい
採点方法にしても
不利にはならないと思うし…

羽生選手と
一緒にいて欲しい
2人の
ショートプログラム
フリープログラム
みたい!
楽曲気になる
コメント

軽井沢グルメ

2018-06-29 | ご馳走さま~♪
山長黒うどん(左上)
気のせいか
思い過ごしか
季節がらか
野菜の種類が少ない?

L'ibisdo(右上)
夏イチゴ&グレープフルーツのダブル

Cafe涼の音(下)
ブルーベリーのチーズケーキ
室生犀星記念館の向かい側にあるカフェ
喧噪から離れ
リラックスできる
静かなカフェです





enboca
久しぶりの
アスパラのパスタは
絶品でした



ベーカリー&レストラン 沢村
軽井沢の朝食は
沢村の
モーニングプレート
これσ(^_^;)の定番

以上で~す
コメント

ATP World Tour 250 Nature Valley International Second round

2018-06-28 | Tennis

<Top half 組合せ&結果>
ディエゴ・シュワルツマン(1/11) vs ルカシュ・ラツコ( /94)
  6-4,4-6,5-7

キャメロン・ノーリー( /79)(WC) vs ジェイ・クラーク( /236)(LL)
  6-4,6-3

マルコ・チェッキナート(4/31)  vs デニス・イストミン( /91)
  4-6,6-4,7-5

レオナルド・マイエル(5/36) vs ジレ・ミュラー( /60)
  6-7(7-6),6-7(4-7)

<Bottom Half 2回戦組合せ>
スティーブ・ ジョンソン(7/42) vs ミーシャ・ズベレフ( /67)  
  3-6,3-6  

デニス・シャポバロフ(3/26) vsジェリード・ドナルドソン( /54)
  6-4,4-6,6-2

ダビド・フェレール(6/38) vs  ミハイル・ククシュキン( /90) 
  2-6,0-6

カイル・エドモンド(2/18) vs アンディ・マレー( /156)(WC)
    6-4,6-4 


Photos/ATP World Tour Tennis Official Site

1回戦で
スタン・ワウリンカを破っていた
アンディ・マレーですが
2回戦で
ストレート負けです
ここにきてもまだ
本調子と言うか
試合の感覚が
掴み切れていないのか?

ウィンブルドン
エントリー有やなしや
コメント

Grand Slam THE CHANPIONSHIPS WIMBLEDON 2018 Gentlem's Singles Seed

2018-06-28 | Tennis

~20018年~                          ~2017年~                      ~2016年~
第1シード ロジャー・フェデラー(2)※1            第1シード アンディ・マレー            第1シード ノバク・ジョコビッチ
第2シード ラファエル・ナダル(1)               第2シード ノバク・ジョコビッチ          第2シード アンディ・マレー 
第3シード マリン・チリッチ(5)                 第3シード ロジャー・フェデラー         第3シード ロジャー・フェデラー
第4シード アレキサンダー・ズベレフ(3)          第4シード ラファエル・ナダル          第4シード スタン・ワウリンカ
第5シード フアンマルティン・デルポトロ(4)        第5シード スタン・ワウリンカ           第5シード 錦織圭
第6シード グリゴル・ディミトロフ(6)             第6シード ミロス・ラオニッチ            第6シード ミロス・ラオニッチ 
第7シード ドミニク・ティエム(7)               第7シード マリン・チリッチ             第7シード リシャール・ガスケ 
第8シード ケビン・アンダーソン (8)            第8シード ドミニク・ティエム            第8シード ドミニク・ティエム 
第9シード ジョン・イスナー(10)               第9シード 錦織圭                  第9シード マリン・チリッチ 
第10シード ダビド・ゴフィン(9)               第10シード アレキサンダー・ズべレフ      第10シード トマシュ・ベルディヒ
第11シード サム・クエリー(13)               第11シード トマシュ・ベルディヒ         第11シード ダビド・ゴフィン
第12シード ノバク・ジョコビッチ(17)            第12シード ジョーウィルフリード・ツォンガ   第12シード ジョーウィルフリード・ツォンガ   
第13シード ミロス・ラオニッチ(32)             第13シード グリゴル・ディミトロフ         第13シード ダビド・フェレール
第14シード ディエゴ・シュワルツマン(11)
第15シード ニック・キリオス(19)
第16シード ボルナ・チョリッチ(21)
第17シード ルーカス・プイユ(20)    
第18シード ジャック・ソック(15)
第19シード ファビオ・フォニーニ(16)
第20シード パブロ・カレノブスタ(12)
第21シード カイル・エドモンド(18)
第22シード アドリアン・マナリノ(24)
第23シード リシャール・ガスケ(29) 
第24シード 錦織圭(27) 
第25シード フィリップ・コールシュライバー(25)
第26シード デニス・シャポバロフ(26)
第27シード ダミル・ジュムール(30)
第28シード フィリプ・クライノビッチ(28)
第29シード マルコ・チェッキナート(31)   
第30シード フェルナンド・ベルダスコ(33)
第31シード ステファノス・チチパス(35)
第32シード レオナルド・マイエル(36)  

※1 … ( )内は世界ランキグ

2015年/2014年のシードはコチラ

ロジャー・フェデラーは
2014年 第4シード(世界ランキング4位)
2015年 第2シード(   〃   2位)
故障により
順位を落した時期もありましたが
ウィンブルドンに関しては
まぁ~
見事なまでに
調整出来ている
フェデラーです

因みに 
過去15年ウィンブルドン歴代優勝者は
と言うと

2003年 ロジャー・フェデラー(1)※2
2004年     〃     (2) 
2005年     〃     (3)
2006年     〃     (4)
2007年     〃     (5)
2008年 ラファエル・ナダル(1)
2009年 ロジャー・フェデラー(6)
2010年 ラファエル・ナダル(2)
2011年 ノバク・ジョコビッチ(1)
2012年 ロジャー・フェデラー(7)
2013年 アンディ・マレー(1)
2014年 ノバク・ジョコビッチ(2)
2015年      〃    (3)
2016年 アンディ・マレー(2)
2017年 ロジャー・フェデラー(8)
 
※2 …( )内は優勝回数


Photo/From the left Ben Radford, Lindsey Parnaby, Julian Finney and Lindsey Parnaby (Getty Images)

グラスコートを得意とする
クレーの王者にして
Defending Champion
ロジャー・フェデラーが
第1シードになりました
女子の方でも
現在
世界ランキング183位の
セリーナ・ウィリアムスが
第25シードになってるし
基本的に
ウィンブルドンは
リアルな実力≪伝統と実績
ですし
男子に関しては
左程
文句もでまい
実際
アンディ・マレーや
スタン・ワウリンカは
ノーシードみたいだし


以下
第2シード ラファエル・ナダル(1)
第3シード マリン・チリッチ(5)
第4シード アレキサンダー・ズベレフ(3)
第5シード フアンマルティン・デルポトロ(4)
第12シード ノバク・ジョコビッチ(17)
第13シード ミロス・ラオニッチ(32)
です
ジョコビッチは
これまでの
業績で第12シード
これはまぁ~
わからいでもないけれど
ラオニッチの
第13シードも
過去の実績が
考慮されているんでしょう
とは言え
出場出来るのかな?

ウィンブルドン選手権は
過去15年
Big4が優勝している
唯一のGrand Slamです
今年も
死守したい最後の砦?
願わくば
2018年 ロジャー・フェデラー(9)

問題は組合せ
運命のDraws発表は
29日です



Photo/THE TENNIS DAILY:Tony McDonough

そうそう
年末年始
12月29日~1月5日に開催される
男女混合国別対抗戦
Hopman Cup 2019ですが
Defending Champion
ベリンダ・ベンチッチ/フェデラ組が
出場を表明しました
ドイツからは
昨年の
準優勝ペア
アンジェリック・ケルバー/ズベレフ弟組も
ドイツ代表で
エントリーするようです
連覇云々より
楽しんでくれるといいなぁ~
コメント