時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

そうだ 京都、行こう。①

2011-11-30 | ご馳走さま~♪
                                          泉涌寺境内で一服

実は先週
ず~と京都に
潜伏しておりました

食に関して申さば
京都駅での
独り飲みに始まり

昼・四条河原町
夜・先斗町
で友人M女史とご子息Hくんと飲み続け



鞍馬寺から貴船に抜ける
山歩き(恒例に近い修行)前の腹ごなし!
昼からガッツ食い

貴船で一服

下界に舞い戻り
向かった先は
またまた先斗町…
鉄板焼き



コース



若干の睡眠不足と
ふくろはぎの筋肉痛に耐えながら
早起きして
これまた食べに行ってしまった
瓢亭の朝粥



帰りの新幹線内で
駅弁&つまみに舌鼓を打ちながら
ビールで乾杯~

ジャンクフードではありますが
久しぶりに食べた
マクドナルドの朝マックも
美味しゅうございました
コメント (4)

コンテイジョン 45 

2011-11-29 | 映画
ベス・エムホフは
香港出張の帰り
夫のミッチが待つ
ミネソタの自宅に向かわず
シカゴで
元恋人と密会する

だがベスは
咳と熱を発症しており
同じような症状の人間が香港
ロンドン 東京など各地で次々と亡くなっていた



その事件に疑惑を抱いた
フリー・ジャーナリストのアラン・クラムウィディは
政府が
伝染病を隠しているのではないかとブログで指摘
更に
帰国から2日後
ベスが死亡
続けて
ベスの連れ子クラークも命を落とす

報告を受けたWHO(世界保健機構)の
ドクター・レオノーラ・オランテスたちが
続いて
アトランタのCDC(疾病予防センター)が
調査に乗り出す



エリス・チーヴァー博士の指示で
ミネソタに派遣されたドクター・エリン・ミアーズは
感染が疑われる人々の隔離を実施
カリフォルニア大学の医師が
コウモリと豚のウィルスが混ざった
新種のウィルスであることを解明したが
現時点では
治療法もワクチンもない



WHOは
ウィルスが48時間以内に
世界主要都市に拡散すると宣告
ワクチン開発に全力が注がれるものの
ウィルスは変異し
恐るべき速度で感染拡大してゆく

折しも
ネットでは
米仏が治療薬を
極秘に製造しているとの噂が広まったことから
中国衛生部のスン・フェンが
故郷の村人のワクチンとの引き換えとして
レオノーラ・オランテスを拉致


             

任務途中で
感染するエリン・ミアーズ
恋人に極秘情報を漏らしてしまうエリス・チーヴァー
娘を家に閉じ込めるミッチ・エンホフ

それぞれが
愛する者を守ろうとする中
アラン・クラムウィディは
政府が有効な治療薬を隠していると主張
恐怖は
ウィルスよりも早く感染し
パニックを起こした人々によって
各地で暴動が勃発する

それぞれが選んだ決断は?
そして
明かされるウィルスの発生地点とは…



ロビン・クックの作品に
アウトブレイク -感染(1987)
と言う小説があります
これは
不謹慎な表現ですが
非常に面白かった

同タイトルで
1995年に「アウトブレイク」と言う映画が公開されました
小説とは無関係みたいですけど
それなりにヒットしたのかな?
日本でも
2009年に「感染列島」と言う映画が
公開されσ(^_^;)拝見いたしました

この手の作品は
世界的に何度も公開されている訳ですが
それなに怖い



今回は
感染・流行範囲が非常に広いパンデミック(pandemic)を描いております

ウィルス 人類

終わりのない戦いみたいなもんですかね~




映画の感想なのですが

中途半端な結末と申しますか
感染を食い止めようとする
人間たちの個々を描きながら
唐突に
感染しエリン・ミアーズは画面から姿を消し
拉致から救出された
レオノーラ・オランテスは
自分と引き換えに
スン・フェンに渡されたワクチンが
ニセモノと知らされるや否や
空港から
立ち去りその後
どうなったのか一向に語られず

感染する人間と
感染しない人間の違いも
語れずじまい

何とも
中途半端な作品でございました

出演者が何気に豪華!
にも関わらず
その良さが全然出ておりません



ラストで
ミッチ・エンホフが
亡き妻・ベスが撮影したデジカメを再生
誰が
感染源なのか
観客は
何気に知ることができます

また
ブルトーザーが
森林の木なぎ倒し
その木にとまっていた蝙蝠の一匹が
養豚場内の梁にとまりながら
糞を落とす
その下にはブタの群れ

そのブタが子供を産み
子豚が売られ
香港のレストランへ
子豚を調理中のシェフがベスに呼ばれ…
と言う映像も流れます



ですが

そのブルトーザーに書かれた
会社名…

ワクチンを発見したのは
本当に
アリー・ヘックストールだったんでしょうか…

このパンデミックは
アメリカ政府とCDC&制約会社が結託して
意図的に
流行させたモノなのではなかったのか…

そんな
疑問を残す終わり方でした

制作陣営は
この映画を
3D化しようとしていたようですが
理解出来ません





        
コメント

ATP WORLD TOUR FINALS in London

2011-11-28 | Singles Race to World Tour Finals
Winner ロジャー・フェデラー

6-3,6-7,6-3

第2セット
5-3から逆転された時
全仏の悪夢が頭を過ぎり
頭を抱え
オロオロしてしまいました



ですが
フェデラー自身
決して諦めることなく
自分を信じて
自らの力で
勝者の座を勝ち取りました

最終戦10年連続出場!
そのうち
2003/2004/2005/2006/2007
2010/2011
と7年決勝進出を果たしております!


2003/2004
2006/2007
2010/2011
史上最多6度目の優勝
因みに2年連続3回…



             

そして
ATPランキングは
1位 ノバク・ジョコビッチ  13,675
2位 ラファエル・ナダル   9,575 
3位 ロジャー・フェデラー  8,170

3位に順位を戻し
2012年のシーズンを
迎えることができます

因みにフェデラーは
9年連続でTop3を
キープし続けていることになります



短い休息の時を経て
年明け早々
全豪オープンが始まります

来年こそ
グランドスラム
完全制覇するくらいの強さを
魅せつけて欲しいです




そして
願わくば
連続ではありませんが
現在
ピート・サンプラスの持つ
286週世界ランキング1位保持記録についで
男子歴代2位の285週で止まっている記録を
是非更新して
新記録を打ち立てて欲しい







                          画像はYAHOO! SPORTSより引用
コメント

各地で熱い戦いが!

2011-11-28 | Sport
本日も
色々なスポーツの世界で
熱戦が繰り広げられておりました

まずは
東京・両国国技館で行われた
男子個人総合大会

2位の選手に3.467点の大差をつけ
合計93.565点で
内村航平選手が
ワールドカップ初優勝~

日本のメディアは
悲しいからテニス同様
注目度が低い!

地味なんですけど
世界王者なんですよね
内村航平選手…
床運動
つり輪
跳馬
平行棒でトップの得点を出し
一度も首位を譲らなかったそうです

おめでとうございました


次!



ロンドン五輪男子アジア最終予選
五輪出場を目指すC組2位のU-22日本代表が
シリア代表を2-1で下し
同組首位に立った様子

おめでとうございます

こちらは
テレビでもリアルタイムで
放送してました

次!



ロンドン五輪出場権をかけた
バレーボールのワールドカップ男子第6戦
日本はエジプトを3-1で破り
今大会
やっと初勝利を挙げたらしい

現在9位
五輪への道は凄まじく
遠い感じ!?

あとは

横浜F・マリノスが
川崎フロンターレに0-3で負けた…
4位…
優勝レースに全然絡めない!
和司さ~ん


                画像は「sportsnavi.com」他から引用







コメント

ATP WORLD TOUR FINALS in London

2011-11-27 | Singles Race to World Tour Finals
ロジャー・フェデラー vs フェレール
ジョーウィルフリード・ツォンガ vs ベルディヒ

両方の試合を拝見させて頂きましたが
フェデラーとフェレールの試合は
実に面白かったです
試合運びがとてもスピーディー!
テンポは良い
力と技術のせめぎ合い!

第2セットでは
フェデラー
1ゲーム1分20秒前後で
あっという間に終わらせてしまう…
フェレールも
最後まで戦闘意欲満々
気合十分!
果敢に攻めていく姿勢が
素晴らしかったです

一方
ツォンガvsベルディヒ
双方
ダブルフォルト連発するわ
スピード感ないわ…
前者の試合の後では
何とも
精彩を欠く試合でした


                      


決勝ですが
フェデラーvsツォンガ

フェデラー100回目の決勝進出!

素人の小生が見ても
安定感・技術共に
フェデラーの方が
優位のような気も致します
しかも
3週連続対戦して
取り敢えず
フェデラーが3勝

ですが
ウィンブルドンの準々決勝が
頭を過ぎる…

もとより
フェデラー曰く
ツォンガと対戦するときは
ずっと試合をコントロールすることはできない

とB組の初戦でコメントを残している通り
なかなか侮れない選手なのであります!

ですがですが
トップ3が予選敗退している中
是非とも
フェデラーには4位の意地を見せて頂きたい
そして
何とかして3位に順位を上げて
シーズンを終わらせて欲しい!



                    画像はATP WORLD TOUR FINALSより引用
コメント

グランプリシリーズ第6戦 ロシア杯 男子FS

2011-11-27 | Figure skating
とても嬉しいニュースが
飛び込んで参りました

グランプリシリーズロシア杯
羽生結弦選手が逆転優勝!


<男子FS結果>
1位 羽生結弦            158.88(合計:241.66)
2位 ハビエル・フェルナンデス  163.13(合計:241.63)
3位 ジェレミー・アボット      147.34(合計:229.08)


羽生結弦選手
冒頭の4回転ジャンプで転倒
中盤のステップの際にも転倒してしまいましたが
その他のジャンプを決め
SPに続いてまたまた自己ベストを更新
2位のフェルナンデスをわずか0.03点差でかわし
シニア参戦2年目で
初のGPシリーズ表彰台を優勝で飾りました

震災で
練習場が使えず
リンク転々としながら練習に励む中
掴んだファイナル進出!
最後まで諦めず
本当に良く頑張ったと思います

グランプリシリーズが開催される
12月9日の2日前の7日
17歳になられるとか!?

失敗を恐れる事無く
4回転に挑戦して欲しい
何より
思う存分楽しんで滑って欲しい!

<GPファイナル進出者>
高橋大輔(日本)
羽生結弦(日本)
パトリック・チャン(カナダ)
ジェレミー・アボット(アメリカ)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
ハビエル・フェルナンデス(スペイン)

小塚崇彦選手
ポイントでは
羽生結弦選手と並びましたが
アメリカ大会3位・NHK杯2位と言うことで
2年連続のファイナル進出は
残念ながら叶いませんでした

個人的な意見…
浅田真央選手も羽生結弦選手も
FSの衣装よりSPの衣装の方が
σ(^_^;)は好きです

                 画像は「sportsnavi.com」から引用
コメント

グランプリシリーズ第6戦 ロシア杯 女子FS 

2011-11-27 | Figure skating
1位 浅田真央            118.96(合計:183.25)
2位 アリーナ・レオノワ ロシア  116.54(合計:180.45)
3位 アデリナ・ソトニコワ ロシア 111.96(合計:169.75)

NHK杯同様
冒頭のジャンプをダブルアクセルに変更
トリプルルッツや
後半のダブルアクセルで着氷が乱れるなど
ミスが連発だったようですが
取り敢えず
演技構成点でトップの得点をマークし
完全優勝だそうです

<GPファイナル進出者>
浅田真央(日本)
鈴木明子(日本)
エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
アリーナ・レオノワ(ロシア)
アリッサ・シズニー(アメリカ)
カロリーナ・コストナー(イタリア)

正直申し上げて
年齢的なものもありますが
ジャンプに関しては
エリザベータ・トゥクタミシェワ
飛びぬけてます
浅田真央選手
優勝狙うならジャンプ頑張らないと…

                 画像は「sportsnavi.com」から引用
コメント

グランプリシリーズ第6戦 ロシア杯 

2011-11-26 | Figure skating
<女子SP結果>
1位 浅田真央             64.29
2位 アリーナ・レオノワ ロシア   63.91
3位 アデリナ・ソトニコワ ロシア  57.79



<男子SP結果>
1位 ジェレミー・アボット    83.54
2位 羽生結弦          82.78
3位 ミハル・ブレジナ チェコ 79.01

両名頑張っとります!
問題は
羽生結弦選手
フリー演技でのスタミナが…

頑張るんだぞぉ~

                      画像は「sportsnavi.com」から引用
             
コメント

ATP WORLD TOUR FINALS in London Part2

2011-11-26 | Singles Race to World Tour Finals
ラウンドロビン グループA
トマシュ・ベルディヒ vs ダビド・フェレール
3-6,7-5,6-1

この結果
グループAの準決勝進出は
1位 トマシュ・ベルディヒ
2位 ダビド・フェレール

ノバク・ジョコビッチ予選敗退



準決勝の組み合わせは

ロジャー・フェデラー vs フェレール
ジョーウィルフリード・ツォンガ vs ベルディヒ

となりました
TPO3が
予選敗退です
まぁ
ランキングには支障ないし
いいか!?

                    画像はATP WORLD TOUR FINALSより引用
コメント

ATP WORLD TOUR FINALS in London Part1

2011-11-26 | Singles Race to World Tour Finals
なんと言うことでしょう

予選グループB組の試合では
ロジャー・フェデラーが
ラファエル・ナダルを
6-3,6-0のストレートで倒すと言う
ここ数年では
考えられない試合結果!

そしてナダルは
ジョーウィルフリード・ツォンガにも
6-7,4-6,6-3で競負け
予選敗退

B組1位 フェデラー
B組2位 ツォンガ
この両名が準決勝に進みました



一方A組ですが
ご存知の通り
アンディ・マレーが
股関節の故障を悪化させたことを理由に
大会を棄権すると発表
マレーに代わり
ヤンコ・ティプサレビッチが出場することになりました
再度再試合なのか
マレーの勝敗を
ティプサレビッチの成績になるのか

そして
ダビド・フェレールが
ノバク・ジョコビッチをストレートで破り
準決勝進出を決めております

ジョコビッチと
トマーシュ・ベルディヒ
そろって1勝1敗なのですが…

完璧な形&体勢で
準決勝に進んだのは
ロジャー・フェデラーただひとり!

個人的に
非常にテンション

             画像はREUTERSより引用しています 


コメント

インモータルズ -神々の戦い- 44

2011-11-25 | 映画
人間が誕生する遥か昔
‘光’と‘闇’の神々の戦争が起きた
戦いは
光の神が勝利し
闇の神は
奈落の奥底に封印された


              

時は流れ
古代ギリシアの時代

闇の力を手に入れ
世界を支配しようと野望を抱く
ハイペリオンが
人類に対し宣戦布告

光の神が造った武器の一つであり
闇の神を解放するための重要なカギ
‘エピロスの弓’を捜し求めるハイペリオンは
軍隊を結集し
ギリシアの地を侵攻していく



弓が
ハイペリオンの手に落ちれば闇の神は復活し
人類の破滅も免れない
ハイペリオンの野望を阻止すべく
光の神の頂点に立つゼウスが選び出したのは
自らが鍛え上げた人間
テセウスだった



のっけから疑問
ハイペリオンさんとやらが
何故
一個人や一大国に対し宣戦布告するのではなく
同類の人類に宣戦布告するんだろう…

冒頭の台詞だと
かつて神を信仰したにも関わらず
妻や子が
無残にも殺され
以来
神を信ずる事無く
恨むようになったみたいなんですけど…

なら
宣戦布告するのは
‘人類’ではなく‘光’の神じゃない!?


             
                                 古来の‘拷問’道具…

打倒‘光’の神々と言うなら
奈落に封印されている‘闇’の神々を
復活させるべく
‘エピロスの弓’を探すと言うのなら
筋は通るんだが…

そもそも
ハイペリオンさんとやらが
怒りを爆発させたと言う
原因(事情)が語られておらず

???
と言う感じで話が進んでいくのでありました



迷惑極まりないのが
テセウスさんです!

‘エピロスの弓’を死守し
ハイペリオンの野望を阻止するなら
恨みを作った
‘光’の神の頂点に立つとか言う
ゼウスさんがおやりよ…

自らが
子供の頃からテセウスを
わざわざ鍛えんでも…



神を信仰していなかったテセウスですが
ハイペリオンに母を目の前で殺され
復讐するため
結果的に‘光’の神々側に就きます



結局
‘エピロスの弓’はハイペリオンに手に渡り
‘闇’の神々が復活!
そこへ
‘光’の神々が登場!
‘光’と‘闇’の神々の戦争勃発



ハイペリオンを殺害し
復讐を成し遂げたテセウスは
神となり天へ

神々の戦いの結末は…?

時は流れ

テセウスが去り
巫女・パイドラは
テセウスとの間に生まれた子をしっかり育てております

そこへ
またまた老人の姿となって
ゼウスが登場

お前の父親は
今も(お前のために)戦っている
もうすぐお前の時代となる


天空を見上げると
‘光’と‘闇’の神々が
エンドレスで戦っておりました

え”~

結局
‘光’の神 ‘闇’の神

これがメインなんじゃないですか

ハイペリオン彼の存在意義は
一体
何処にあったんだろう…

  

ギリシャ神話って
映像にすると綺麗だし
それなりに楽しめるけど
この映画に関しては
何を言いたかったのか
何を描きたかったのか
最後まで意味不明でした

ところで

牛さんの拷問道具…

明治大学博物館には
刑事部門の展示物や資料が豊富なんだそうな
テレビ番組で紹介され
たまたま見ていたσ(^_^;)
映画に‘牛’が登場し
しかも牛のお腹の下で焚き火…
そう言えば
映画「赤ずきん」にも登場していたような…




         
コメント

堤真一さん 一年ぶりの舞台「寿歌」

2011-11-24 | 舞台
自分の原点は舞台!
そう言って
毎年1本は舞台に出演していた堤真一氏ですが
今年は
残念ながら舞台作品がございませんでした

ですが

来年早々
シス・カンパニープロデュースによる
寿歌(ほぎうた)の出演が決まっております

堤氏には
一般に言う所の
‘ファン倶楽部’はないのですが
‘堤真一の会’と言う組織がございます
一応
小生も登録しております


‘堤真一の会’は
公演チケットの先行発売がある訳ですが
まずもって
この枠で
チケットが取れた事がにゃい

今回も
例に漏れることなく
見事にハズ

やっぱり人気の公演だからなぁ~
と諦めておりましたら

なんと
‘CNプレイガイド’と
‘ローソンチケット’の両方で
無事チケット入手!


1公演で良かったんだけど…
でも
取れて良かったデス
コメント

マネーボール 43

2011-11-23 | 映画
選手からフロントに転身し
若くして
メジャーリーグ球団「アスレチックス」の
ゼネラルマネージャーとなったビリー・ビーンは
自分のチームの試合も観なければ
腹がたったら
人やモノに当り散らす短気で風変わりな男


               

ある時
ビリーは
イェール大学経済学部卒の
ピーター・ブランドと出会い
彼が主張する
データ重視の運営論に
貧乏球団が勝つための突破口を見出す


               

そして
周囲の反対を押し切って
後にマネーボール理論と呼ばれる
戦略を実戦していく

有名選手を
高い年俸で雇う代わりに
新たな基準で選んだ
無名の有望選手を集めるのだ
当初は
理論が活きず
ビリーとピーターのコンビは
バカにされる


               

だが
主力選手一人と交換に
一見
寄せ集め風の3人の選手を入れ
キャッチャーしかやったことのない選手に
一塁を守らせるなど
ハタ目からは
無茶なトレードを繰り返すうち
誰も予期しなかった奇跡が
遂に訪れる

 
               

野球だけでなく
最近?は
女子バレーでも
データ分析を重視する傾向が見られます

その先駆け
とも言う作品が
マネーボール?になるのかな

ですが
必ずしも
データオンリーと言う訳じゃない
と言うのが
映画を見終わった後の印象です

選手ひとりひとりに
データ野球の何たるかを伝え
幾度となく
ディスカッションを繰り返しております


               

言葉に出さなければ
伝わらない
コミュニケーションを重ね
言葉と共に
思いも少しずつ伝わって言った
その結果が
スコット・ハッテバーグのホームランに
繋がったのでは?
と思うのでありました

一方
マネーボールの理論によって
選手の人生が
翻弄されていると言う現実…

プロの厳しさと言えば
それまでですが
何とも…


               

20連勝と言う
大記録を打ち立てたにもかかわらず
2年連続地区優勝を逃したビリー

その後
レッドソックスのGMとして
歴代1位の報酬を蹴るけって
アスレチックスに残る訳ですが

好きなだけお金を使いながら
マネーボール理論をしたら
勝てるに決まってる!?
むしろ
資本金が少ない中で
如何に
理論を効率よく実行していくか!

そこに
無機質なデータ理論を越えた
野球の面白さ
‘夢’があるのかもしれない




         
コメント

こんな感じ 25

2011-11-22 | 陶芸
引き続き
意味なく
‘たたら’を使って
角皿を作っております
釉薬は
無難なところで‘白鷺’か‘空’
を使って施釉してみようかと思います

因みに右奥?の角皿は
ちと変わった変形四角形となっております




こちらは片口なのでございます
花瓶もどきを作ってから
半分に割って
高台を後付してあります

ちと大きいか…


コメント

ATP WORLD TOUR FINALS in London

2011-11-21 | Singles Race to World Tour Finals
始まりました
ATP WORLD TOUR FINALSin London

今回も
GAORAさんにお世話になっております

GroupA
ノバク・ジョコビッチ
アンディー・マレー
ダビド・フェーレ
トマーシュ・ベルディヒ

GroupB
ロジャー・フェデラー
ラファエル・ナダル
ジョーウィルフリード・ツォンガ
マーディ・フィッシュ

フェデラーとナダルが
同グループとは…
贅沢過ぎます!

只今
ラウンドロビン?第2試合
ナダル vs フィッシュ
第3ゲーム真っ最中

スコア
6-2,3-6 2-2



第1試合は
フェデラー vs ツォンガ
こちらは
6-3,2-6,6-4
まずはフェデラーの1勝です

                 画像はATP WORLD TOUR FINALS他より引用
コメント