時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

2010 XXI Olympic Winter Games Figure Skating Gara Exhibition

2010-02-28 | Figure skating
朝から
フィギュアスケートのエキシビション見てました
と言っても
ちゃんと見たのは
安藤美姫
浅田真央
そして
エフゲニー・プルシェンコだけ

シングルのトップ男女は
つまらなそうだったのでパス

高橋大輔さんは
エキシビションは目的を達成したので
気が抜けて…
とか
しょ~もないコメントを
している記事を読み
情けなくなってしまいました

気が抜けた演技は見たくないので
こちらもパス



それに引き換え
美姫ちゃん
真央ちゃん
試合終了後
日にちもそんなに経っていないから
お疲れかと思いましたが
楽しんでしかも全力で滑ってました
良かったです



そして
エフゲニー・プルシェンコ

あぁ~
もうこれで見納めか


と思いながら
食い入るように見入ってしまった
滑りは流石でしたが
トリノで観客を魅了した
エキシビションに比べると
テンションが低かった気がします
残念

ですがぁ~
2014年のソチオリンピックの
親善大使に任命され
しかも

ソチ五輪でも滑りたいし
挑戦したい


とコメントを発表したとか



実際
4年後
ロシア代表に
選ばれるか解りません
(ジュニアも育ってますし)

それでも
競技から退かず
4回転を追及し続けてくれるのは
とても嬉しいです
4回転しない金メダリストは
つまらないです

取りあえず
トリノの世界選手権
どう?
出てみない?




真央ちゃんと二人で
4回転とトリプルアクセルで
有無を云わさず
頂点取って下さい!

採点方法とか
周りでグチャグチャ云ってますが
ジャンプを完璧に飛べば
審判は点数付けざるを得ないんだし
得点が上げるポイントを
周囲のスタッフがもっと研究すべきだ!

ただ思うに
真央ちゃんの場合
曲や振り付けを
もそっと工夫した方がいい気がする
カリスマ性みたいなモノが欲しい
コメント (2)

居眠り磐音 江戸双紙3 ~花芒ノ海~ 29

2010-02-28 | 読書
時は安永二年・初夏
江戸深川六間堀
金兵衛長屋に住む坂崎磐音
直心影流の達人なれど
日々の生計に迫われる浪人暮らし
そんな磐音にもたらされた
国許
豊後関前藩にたちこめる
よからぬ風聞
やがて亡き友の想いを胸に
巨悪との対決の時が…


いよいよ
豊後関前藩に乗り込みます
坂崎磐音
諸悪の根源・守旧派革新派

やるときゃやります!
眠り猫こと坂崎磐音

陰謀の犠牲になった
小林琴平
河出慎之輔&舞の敵を
ハッキリクッキリキッチリ
つけさせて頂きやしょう

江戸から関前まで
よく歩けるよなぁ~
昔の人は
異様なほど健脚だったのね…

四川料理

2010-02-27 | ご馳走さま~♪
友人と
YOSA PARK
リフレッシュした後
元町エピセへ…
四川料理のお店です



これまでに
4回程足を運びましたが
いつも満員で
門前払いでした

口コミで人気急上昇らしい
なので今回は
事前に予約をしてみました



中華料理とは思えない…



スタッフの対応も
キチンとしておりまして
気分良く
楽しい時間が過ごせました

居眠り磐音 江戸双紙2 ~寒雷ノ坂~ 28

2010-02-26 | 読書
江戸深川六間堀
金兵衛長屋で浪々の日々を送る坂崎磐音
直心影流の達人だが
相も変わらぬ貧乏暮らし
仕事の口を求めて奔走する磐音に
暇乞いした豊後関前藩との予期せぬ関わりが生じて…
些事にこだわらず
春風駘蕩の如き好漢・磐音が
江戸を覆う暗雲を斬り払う

親友や許婚
そして己の人生を流転ならしめた黒幕の存在が
朧気ながら見えてきたぁ~
昨日の敵は今日の味方?
侍の闊歩する時代だから
娯楽時代劇だからこそ描ける世界です

その日暮らしに近い
常に
お金に困っている磐音ですが
長屋や今津屋
そして
宮戸川の面々に助けられ
妙に明るく生きている
いや
生きていられるその強さと言うか
図太さと言うか
胆の据わり具合…
良いです

全巻読むつもりですが
全巻購入すると
‘きんす’は如何程かかるやら…

人間失格 9

2010-02-25 | 映画
貴族院議員の父親を持ち
津軽では
有名な資産家の息子・大庭葉蔵
作り笑いをこっそり練習し
体育の授業では
わざと失敗を装って
みんなの笑いを買う
人間というものが
よくわからない葉蔵にとって
周囲となじむには
“道化”が
唯一の手段だった
だが
そんな葉蔵の計算は
クラスメイトの竹一に見抜かれてしまう
あせって竹一に取入った葉蔵は
彼からある予言をうける
それは
女にモテるということ
そして
偉い絵描きになるということ



竹一の予言どおり
葉蔵は
女に不自由することがなかった
飲み屋の芸者たち
何かと部屋を訪ねてくる
下宿先の娘・礼子
金なしで酒を飲ませてくれる
カフェの女給・常子
中でも
常子に自分と同じ寂しさを感じた葉蔵は
ある日
鎌倉の海で心中を図る
だが
死んだのは常子だけだった…


      

なんか…
原作に登場する葉蔵よりも
サラッとしたと言うか
単に無気力で薄っぺらな感じだった
数々の女性遍歴が描かれてはいるけんですが
ショートドラマを
繋ぎ合わせたような印象感じて
映像としての繋がりも感じられない

中原中也を登場させるのも解らない
それ以前に
森田剛が中原中也役で登場するのが
ありえない

小池栄子さんの静子はどうなの?
物凄く違和感
あ~ゆ~役は不向きだと思います
ワンパターンなんだもん
良子さんもね~

生田斗真が
後半に進むに従って
自分なりの葉蔵を掴んで
世界に入り込んで行ったのが解ります
特にラスト
三田佳子さん演じる鉄子と葉蔵のシーンは
見応えありました
それまでのエピソードが
ぶっ飛んだ!
三田さんって…
凄いわ!!

映像は綺麗でした
耽美的?

一応
映画鑑賞の前後は
原作読んだ方がベターかな?
最初の方
眠気との戦いでした


絶景かな絶景かな

2010-02-24 | 徒然
ふと見上げれば
高圧線に人の姿が…

上空を見渡すと
鉄塔を挟み
隣の高圧縁でも
同じよう作業をする人が…


                           只今、和が家上空

定期点検でしょうかね~
仕事とは云え
怖くないんですかね
怖くないから選んだのか

風なくて良かった
暖かくて良かった

点検ご苦労様です

叫ぶのも変かと思い
密かに呟いてみましたσ(^^;)



居眠り磐音 江戸双紙1 ~陽炎ノ辻~ 27 

2010-02-24 | 読書
直心影流の達人・坂崎磐音
藩内騒動がもとで自藩を離れ
江戸深川六間堀で浪々の日々を送る
ある日
磐音はふとした縁で
両替商の用心棒を引き受けるが
幕府の屋台骨を揺るがす
大陰謀に巻き込まれてしまう
些事にこだわらず
春風のように穏やかな磐音が
颯爽と悪を斬る


いよいよ
居眠り磐音江戸双紙
手をつけ始めました
連載は続いているようで
文庫は
シリーズ32巻まで発売されとります
先は長いですが
ボチボチ読んで行こうと思います

‘勧善懲悪’が根底にある作品ですし
金兵衛長屋の皆さんや宮戸川の皆さん!
今津屋の面々も南町奉行の方々も
魅力的です

当分は
NHKで放送されたストーリーを
思い起こしながら読み進めていく感じですが
磐音役の山本耕史さんと言い
おこん役の中越典子さんと言い
ミスキャストが実に少ない
と言うよりも
主要なキャスティングが実に良い

読むのが楽しみで楽しみで

孤高のメス 神の手にはあらず 第4巻 26

2010-02-23 | 読書
死亡肝移植によって
一命をとりとめた大川が
拒絶反応を起こし
再手術のため台湾へ来る
当麻は
翔子もまた病魔に侵されていることを告げ
自らメスを執った
最愛の翔子と共に生きるため
古巣の甦生記念病院へ戻る決心を固める当麻
しかし
病魔は静かに翔子の体を蝕んでいた…
現代の医療システムに警鐘を鳴らす
衝撃の問題作
ついに完結


読み終えました
翔子さんの‘死’で
幕を閉じた訳ですが
愛する女性を二人も失った当麻鉄彦
今後
医師として生きていけるんでしょうか

この結末は
余りにも
悲し過ぎやしませんか?

ここに来て
鉄心会と云う
全国に展開する
医療チェーンの出現は大きいですね~
この手があったか!

崇高な理想を掲げた王文慶亡き後
博愛医院も甦生記念病院同様
没落するのは明らか…
地方の医療施設や大学病院
単体では
周囲からの圧力や制約が余りにも大きく
リスクが大き過ぎる

そんな中
民間でチェーン展開
しかも
人間性も含めて優秀な人材の確保を心がけた
鉄心会…
国会議員である徳岡鉄太郎の掲げる理念が
鉄心会全体に広く長く根付くことを期待するばかりです
(せめて小説の中だけでも…)

ともかく
鉄心会の傘下に納まった
甦生記念病院で
再び
その手腕を発揮することになった当麻鉄彦
心の痛手は大きいぞ!

病理学のスペシャリスト張先生は
甦生記念病院に来るのか?
王文慶の次男や
島田光治(甦生記念病院元院長)のご子息の今後は?
富士子さんの今後の動向も気になる

しかし
ここで幕を閉じるべき
っと大鐘稔彦氏が筆を下ろしたのなら
それがベストなのでしょう

困難な手術にも挑み
目の前に救いを求める患者を助けようと
全身全霊で治療に励んだ当麻鉄彦
医術の神が降臨したかの如く
神業的な彼の手
しかしそれは
決して‘神の手にはあらず’

夏には
堤真一主演で
映画が公開されるそうです
イメージ的には
堤さん悪くない気がします
楽しみです

いよいよ
『居眠り磐音江戸双紙』シリーズに入ります

銀ぶら

2010-02-22 | 徒然
新橋演舞場での
『飛龍伝2010 ラストプリンセス』
ラスト公演を観劇後
暖かいし
東京駅の地下にも用があったので
運動がてら歩いてみました



歌舞伎座が改築されるため
現在
さよなら公演が繰り広げられております
明治座のように
ビルの一部が劇場になるらしい
歴史ある建物が
また銀座から姿を消すんだ…



この後
歩行者天国となっている
銀座を歩きながら
東京方面へ向いました


見つけました

ふくしまアンテナショップ

福島県と云えば
ままどおる

迷わず
店内へ入りました

思いがけず嬉しい発見!


そうそう
千秋楽と云うことで
公演終了後
抽選会がありました
商品は
デジタル対応大型テレビとその台
そしてブルーレイの再生デッキ
50万円相当の商品一式!
当選者は1名のみ!
最前列に座って観劇されていた
お客さんが
チケットの半券が入った箱から
1枚引いて…

なんとぉ~









当たりました








2階席の方に…






えっ!?
σ(^^;) ?
1階席です

飛龍伝2010 ラストプリンセス

2010-02-21 | 舞台
あの時
学生たちの間を吹き抜けた革命運動の嵐
ひとりの女が
全共闘の委員長に祭り上げられた

女の名は
神林美智子

利用したのは
学生運動のカリスマ・桂木順一郎
作戦のために
敵対する機動隊員
山崎一平のもとへと美智子を送りこんだ

しかし
いつしか二人は深く愛し合うようになっていた
激しい闘争の日々に芽生えた
許されぬ愛
揺れ動く3人の心
しかし運命の戦いの日は近付き…

先日
新橋演舞場で『飛龍伝』
観劇してまいりました

初演以来
3回程再演されております(たぶん)
神林美智子を演じた
歴代の女性は
富田靖子
石田ひかり
牧瀬里穂
広末涼子

そして
栄えある5代目神林美智子を
黒木メイサが演じました



演技力はあるけど歌とダンスが…
歌は上手いけどダンスと演技が…
ダンスはいいけど演技と歌がが…
全部…
何処かしら欠けるモノがありました
ですが
黒木メイサ演ずる神林美智子は
演技・歌・ダンスと
高ポイントです
小生のイメージする神林美智子に
限りなく近い
何と言っても眼力が違う!

一方
山崎一平役…
徳重聡
正直笑った
徳重ファンの方には
大変申し訳ありませんが
どうみても‘うどの大木’
そう
あれほど自分身体をコントロール出来ず
なんともまぁ~切れのない動き
遠心力に体が耐えられず
ダンスの軸はふらつくし…

ですが必死に
他のメンバーに着いていこうとする
(けどついていけない)
一生懸命さは伝わって来ました
なんだか
‘許してやるか’見たいな雰囲気(笑)

とは言え
舞台映えする方ですし
ダンスは無理としても
舞台でアクションもこなせるように
体作りに励めむと
いいんじゃない??

ですが
演技に関しては
結構頑張っていたと思います
朴とつな
山崎一平の雰囲気は
出せていたと思います



この作品は
最初から最後まで
役者のテンションがめちゃ高く
常にテンパッテル状態で進行していきます
血管切れそうな…
そして
舞台から発するパワーが
問答無用
有無を言わさず
観客を巻き込んでいきます
これでもかぁ~!!って(笑)

学生運動?
闘争?安保?
平成生まれには
解らん世情背景かもしれません
昭和生まれの小生も
よう解らん(^_^;)
2010年ヴァージョンと言うことで
原発やら沖縄やら
社会が抱える問題や闇の部分を
ストーリーに織り込んで
たたみ掛けて
支離滅裂的な…

つかこうへい氏の内なるパワー
魂の叫び
語りつくせぬ想いが
練り込められた怒涛の作品とも言えます

その世界感を
役者陣がどう表現していくか!
つかこうへい役者陣
桂木順一郎や山崎一平を演じてきた役者筧利夫さん・春田純一さん
比較しちゃいけないとは思いつつ
筧利夫さん・春田純一さんに軍配が…
強烈でしたからあの演技…


たぶん
何やかんや言って
『飛龍伝』
全部観劇しているような気がする…

実は
本日が東京公演の千秋楽なんです
行きますσ(^^;)

2010 XXI Olympic Winter Games Figure Skating Gentlem's singles FS

2010-02-20 | Figure skating



ありえない…

プルシェンコがジャンプでブレタ


あっしのオリンピックは
終った…

4回転飛べない選手が‘金’かいな…
でも
プルシェンコのあの滑りでは
無理だろう‘金’

でもやはり
つまらん


とは言え
ノーミスで滑りきった
エバン・ライサチェクの
栄誉を潔く讃えなきゃ駄目よね…
Félicitations sur championnat

あとは
エキシビジョンだけかぁ~




中継を
リアルタイムで見ていたので
午後からず~と落ち込みっぱなしのσ(ToT)
どうにも落ち込みが激しく
97年以降のビデオ見直してしまいました
昔は
マッチ棒みたいな子供だったんだよぉ~ルシェンコ
知らないでしょ~


長野のイリヤ・クーリック
ソルトレイクのアレクセイ・ヤグディン
そして
トリノでは
エフゲニー・プルシェンコ
ロシア勢が
男子シングルスのトップをキープしてたんだよね
王者の風格!

高度な技術と
豊かな表現力



久しぶりに見たけど
感動したぁ~
ジャンプに関しては
あの頃の選手が
技術は最高だったね

プルシェンコが退いたら
当分
ロシアは厳しいかなぁ~

クーリック&ヤグディン&プルシェンコ
立て続けに見ると
圧巻ですよ


                                      4年後のソチ(ロシア)では是非!

小塚くん
入賞おめでとう
4回転決まって良かったね
君には期待しているよ


                   二人とも!このままで終わるなよぉ~

ブライアン・ジュベールは
このままじゃ終れないでしょ
3月のトリノ世界選手権
出てくるか?

方や
プルシェンコ

記者会見の席上で

昔の採点基準なら勝っていた
今のフィギュア界が
何を求めているのか
この結果で明白になった
もはや
4回転ジャンプに価値はない

略)

結果は受け入れる
五輪で(通算)銀2個
金1個なら悪くない
振り返らず前に進む

これが最後になるだろう
分からないが…

もう帰っていいか

そう言って
真っ先に席を立ったとか

3月のトリノ世界選手権
出てこないか…

高度な技への飽くなき挑戦
そして芸術性の追求

現段階で
4回転を自分のモノとしているのは
ブライアン・ジュベールとエフゲニー・プルシェンコくらいだろう
後に続く後継者はいないのか?
いいのかそれで!

孤高のメス 神の手にはあらず 第3巻 25

2010-02-19 | 読書
恩師・羽島富雄から
自らの癌手術に立ち合って欲しいとの依頼を受け
久しぶりの日本
関東医大で手術に臨んだ当麻鉄彦
かつてのライバル・藤城とのわだかまりも消え
心地よい一献を傾ける
一方
古巣の甦生記念病院では
盲腸の手術中に起こった麻酔事故で
患者が脳死状態に陥ってしまう
患者の弁護士と外科医長・荒井は
激しく対立
ついに訴訟問題に発展してゆく


甦生記念病院に話が移ると
途端に読む速度が…
落ちる(笑)

ここ数年
手術件数の公開されたり
マスコミによる
‘病院偏差値’なるものが出回り
患者が病院を選べるようになってきました

とは言え
依然
盲目的に大学病院に足を運ぶ人もいる

まずは
地域の小規模な医療施設
そして
より高度な治療が必要な場合に
大学病院等に紹介する云々
高度な医療を提供するのが
本来の目的であり
そのために
専門外来や専門医師が存在するわけです

個性労働省は
特定機能病院とか
色々指定制をもうけ
患者をどうにか分散させようとはしておりますが
なかなか…

医師も
重篤な病気を抱える患者さんを
時間かけて診察したくても
それ以外の軽症患者の診療もあり
思うような診療が出来ない

患者側としても
技術の伴わない(小説に登場するような)
小規模医療施設で
適当な治療されるよりは
ダイレクトに
知名度の高い医療施設での診療を希望したいだろう

どっちも解る

この
双方の思惑と現実のギャップ…

医師免許の更新制と共に
医療従事者の人間性の向上を重点的にお願いしたいです
そのためには
メンタル的なバックアップも必要ですし
その前に
人員確保か…

患者側も
症状をよくよく把握して
病院を選ぶ!

とか…

医療系の小説を読んでいて
手術の場面に登場する
専門用語に様々な病名や医療器具に
ど~も‘懐かしさ’を感じてしまう…
ワクワクすると申しますか
血が騒ぐと申しますか…

2010 XXI Olympic Winter Games Figure Skating Gentlem's singles SP

2010-02-18 | Figure skating
ショートプログラムの結果は

1 エフゲニー・プルシェンコ 90.85
2 エバン・ライサチェク90.30
3 高橋大輔 90.25
4 織田信成 84.85
5 ステファン・ランビエル 84.63
6 ジョニー・ウィア 82.10
7 パトリック・チャン 81.12
8 小塚崇彦 79.59
    ・
    ・
    ・
18 ブライアン・ジュベール 68.00
です




いやいや
信じられない
大波乱!!

ブライアン・ジュベールの4回転失敗
3回転の転倒
何が起こったんだい?
昨年暮れの怪我が影響?
ともかく
見ごたえありました
フィギュアー男子シングル

男子で
3人も選手を出しているのって
日本とアメリカだけなんですよね
男女合わせて6人選出と言うのは
もの凄いことなのね…
今更ですけど
日本のレベルの高さを知りました
檜舞台で
力を出し切れたって感じでした
フリーが楽しみでございます

ブライアン・ジュベールの失敗を
目の当たりにしたであろう小塚くん
影響を受けることなく
気負う事無く滑ったのはお見事です
泣きそうになりました

ジャンプでミスり
手をついたのに小塚くんより点が高い
パトリック・チャン!
地元の強みか!?

高橋大輔頑張りましたね
予想以上に得点が伸びてビックリです
何が良かったんでしょう…



技術とカリスマ性では
エフゲニー・プルシェンコ
表現力では
ステファン・ランビエル

勿論
個人的には
エフゲニー・プルシェンコ
応援させて頂きます



見た目は
ブライアン・ジュベールなんだけど
滑りは断然
エフゲニー・プルシェンコ

食堂かたつむり 8

2010-02-17 | 映画
おっぱい山の
麓の小さな町で生まれた倫子は
自由奔放な母・ルリ子に馴染めず
都会に住む祖母と暮らしていた
祖母は
味噌でもなんでも手作りする
料理の名人
そんな祖母の料理に影響された倫子は
祖母亡き後も
祖母のレシピを元に
自らも店を転々としながら
修行に明け暮れていた
とある
カレー店での修行中
知り合った印度人と
恋仲となり
いつの日か二人で
飲食店を出そうと思っていた

いざ店を構えようと思った矢先
恋人が家財をもってとんずら…



あまりのショックに
声が出なくなってしまった倫子
無一文となった倫子は
仕方なく実家に戻り…

母・ルリ子が飼っている
ブタ・エルメスに
天然酵母パンを作っているうちに
自分は
庭の片隅にある物置小屋を改装し
食堂を開くことを思いつく
倫子の食堂‘かたつむり’は
評判になり
‘かたつむり’で食事をすると
幸せになるという噂が流れる




食堂‘かたつむり’の評判を
快く思わない幼馴染の嫌がらせにより
せっかく気道に乗りかけた食堂‘かたつむり’に
閑古鳥が…

恋人や幼馴染の仕打ちに
心が荒み
食材に当り散らす倫子

そんな時
料理の楽しさを
食の大切さを教えてくれたのは
なんと
ブタのエルメスだった

再び
料理に打ち込み始める倫子

そんなある日
倫子は
母から衝撃の告白を受ける



どことな~く
『かもめ食堂』『めがね』と同じ
雰囲気の映画です
メルヘンチックなタッチが
映像の所々に散りばめられていて
少女趣味と言うかファンタジー調と言うか

料理云々と言うより
母が嫌いで
行き方も考え方も理解できずにいた倫子が
懸命に生きてきた姿勢を知り
ルリ子の母としての愛情に気づく
その辺りを
伝えたかったみたいですね

前半
丁寧に描きすぎて
後半
時間足らずでしたね
畳み掛けるように
話が進んで行くんのが
違和感ありました

家族のように
暮らしていたエルメスを
自分の結婚披露パーティーで食べちゃったり

倫子を見守るような形で
映像に登場していた白い鳩が
ラストで
食堂の壁に激突して
あっけなく死ぬんですけど
その鳩を料理して
『美味しい~』と言いながら
倫子が平然と食べるですよ

このシチュエーション…
監督の意図が解らん


        

作品自体は
可もなく不可もなく

です

映画館に足を運んで見ることもないかな?
でも
ルリ子役の余貴美子さんが
いい味醸し出してました


孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻 24

2010-02-16 | 読書
当麻は
台湾でも着実に評価を高め
日々多くの患者が訪れていた
そんな折
台湾の国際外科学会に
彼が日本を去る一因を作った反当麻の急先鋒
徳武が顔を見せ
不穏な空気が流れる

一方
当麻を失った病院では
医療の質が落ち
患者の数は減るばかり
経営が悪化する中
島田院長の言動に明らかな異変が現れ
事務長らは追い込まれて行く…



台湾で行われた
「太平洋国際外科学会」の壇上で
当麻先生がセッションを行い
大塩謙吾や恩師である羽島富雄が
当麻鉄彦の力量を
広く知らしめてくれた


当麻鉄彦の苦労がやっと報われる
(本人は、さして苦労と思っていないようですけど)
やっと思い通りの医療を出来る!
ここ(台湾)は
当麻先生にとって理想の地となるのか!
と思いきや
またしても医大の派閥
エゴ・見栄・虚心・猜疑心

ダークな気配が…
消えろ~徳武耕三

そろそろ
まともな医師にスポットあてて
話を進めて下さい

甦生記念病院が
傾こうが
島田病院長が苦労しようが
そんなの
ど~でもいい!
残されたレベルの低い
医者のごたく話やら
くだらん駆け引き読むのは
ウンザリです

思わず
読み飛ばしたくなる心境を
抑えております

そうそう
矢野先生は
台湾でも
しっかり失恋してしまいました
自暴自棄になりかけてるし…